2002 平成14年12月13日(金)

平成5088日目

平成14年12月13日(金)

2002/12/13

【福島地検】15歳少年を初起訴

福島地検郡山支部は13日、福島県郡山市で今年9月に女性の部屋に侵入して乱暴したなどとして、強盗強姦、監禁などの罪で福島県内の15歳と16歳の無職少年2人を起訴した。昨年4月の改正少年法施行後、16歳未満の少年の起訴は初めて。少年らは今後、公開の法廷で審理を受け、刑事責任を問われる。

福島地検は11月8日に2人を家裁送致した際「刑事処分相当」の意見を付けず、福島家裁郡山支部の少年審判でも検察官は立ち会わなかった。《共同通信》

【西武・松坂大輔投手】プロ入り初のダウン

右ひじ痛などで6勝に終わった松坂大輔投手は13日、所沢市内の球団事務所で契約に臨み、2500万円減の年俸1億1500万円で更改した。現棒はプロ入り初めて。今季は開幕戦から6連勝するなど新人の年からの4年連続最多勝に向けて好スタートを切った。しかし、5月に右ひじ痛を訴えて戦列を離れた。

8月に復帰したものの、4試合に投げただけで右足内転筋痛で再び戦列離脱、たび重なる故障で14試合、6勝2敗に終わり、復活を期した巨人との日本シリーズでも第1戦、台4戦に登板したが2敗を喫した。《共同通信》

【民主党】菅ー岡田体制スタート


http://archive.dpj.or.jp/

民主党は13日午後、党本部で両院議員総会を開き、9月の代表選で三選された鳩山由紀夫代表の辞任を了承、菅直人代表と岡田克也幹事長を軸とする新体制が正式にスタートした。総会で菅代表は幹事長に岡田氏、政調会長に枝野幸男氏、国対委員長に野田佳彦氏を充てるなど新役員人事を提案し、全会一致で承認された。《共同通信》

12月13日のできごと