平成、令和の11月18日

沖縄県知事選、大田昌秀氏が初当選(平成2年11月18日) JR東日本「Suica」サービス開始(平成13年11月18日) ハンセン病元患者宿泊拒否事件(平成15年11月18日) 大阪市長選、平松邦夫氏が初当選(平成19年11月18日) 元厚生事務次官宅連続襲撃事件(平成20年11月18日)

※転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。



1989 平成元年11月18日(土)

平成315日目

【坂本弁護士一家失踪事件】新興宗教団体幹部が関与否定

横浜弁護士会の坂本堤弁護士一家3人が行方不明となっている事件で、失踪前に入信をめぐるトラブルで同弁護士と交渉を繰り返していたほか、同弁護士の自宅に信者バッジが落ちていた新興宗教団体は、18日までの共同通信社の取材に対し「事件とは全く無関係だ」と語り、疑惑を否定した。

同教団の幹部(26)によると、失踪直前の10月31日、団体の顧問弁護士と同幹部ら3人が坂本弁護士の事務所を訪れ、入信者の問題などで交渉した。

話し合いは約1時間半で終わり「被害者の会」から出されていた質問に対し文書で回答することなどを約束して別れた。交渉は理詰めで「たたりがある」などと脅したという事実はないという。

坂本弁護士が失踪した後の11月6日にこの回答書が完成。同弁護士の事務所に電話で連絡した後、8日夕、団体の顧問弁護士が事務所まで回答を持参したが、その時初めて失踪を知り驚いたーという。

この幹部は「われわれが失踪に関与していたら、苦労して回答書を作り、事前に訪問時刻の約束を交わしたりしない」と強調。バッジについては「エネルギーが入ったお守りのようなもので、セミナーの度に信者に配り、多数出回っている。弁護士が被害者の会からもらったのでは」などと述べている。《共同通信》

1990 平成2年11月18日(日)

平成680日目

【沖縄県知事選】大田昌秀氏が初当選

保革一騎打ちになった沖縄県知事選は18日投票、即日開票の結果、革新共闘会議で新人の大田昌秀・琉球大名誉教授(65)=社会、共産、社民連、沖縄社大推薦、公明支持=が無所属で4選を目指した西銘順治氏(69)=自民、民社推薦=に約3万票の大差をつけて当選し、屋良朝苗、故平良幸市両知事以来、12年ぶりに革新県政を奪還した。投票率は76.78%だった。《共同通信》

【天皇、皇后両陛下】即位後初の一般参賀

天皇陛下の即位を祝う一般参賀が18日、皇居の宮殿東庭で行われた。両陛下が一般参賀を受けられるのは即位後初めて。今回は「即位の礼」を記念した特別の一般参賀のため、天皇ご一家だけでなく、皇族方も並び、天皇陛下が「国民の祝意に深く感謝の意を表します」とお言葉を述べられた。《共同通信》

1991 平成3年11月18日(月)

平成1045日目

【金丸信元副総理】「コメ開放柔軟に」

自民党竹下派会長の金丸信・元副総理は18日午前、都内で講演し、年内合意に向け大詰めを迎えている新多角的貿易交渉(ウルグアイ・ラウンド)の農業交渉に関連して「自由貿易体制の下、自動車を(米国に)何百万台も売りながら、コメは(国内に)入れませんで済むのか。全部買っても(コメの当初輸入量は)30万トン程度だ」と述べるとともに、輸入米の取り扱いについては「もし余ったら(食糧難に直面する)アフリカやインドに配ってもいい」と指摘、コメ自由化問題に対し、部分開放も含めて柔軟に対応すべきだとの判断を表明した。《共同通信》

【宮澤喜一首相】「PKO協力法案早期成立を」

衆院国連平和特別委員会(林義郎委員長)は18日、前国会から継続扱いとなっている国連平和維持活動(PKO)協力法案、国連緊急援助隊法改正案の審議を再開した。

宮澤首相は「カンボジアでPKOが行われようとしており、(同法案を臨時国会で)速やかに成立させたい」と述べた。その一方カンボジアへの国連平和維持軍(PKF)への参加には、日本側との訓練が必ずしも十分ではないとの理由から、困難との見通しを示した《共同通信》

1992 平成4年11月18日(水)

平成1411日目

【T-BOLAN】シングル「Bye For Now」発売

【WBAジュニアフライ級タイトル戦】井岡弘樹選手、3度目の防衛ならず

世界ボクシング協会(WBA)ジュニアフライ級タイトルマッチ12回戦は18日、大阪府立体育会館で行われ、チャンピオンの井岡弘樹(グリーンツダ)は、挑戦者で同級1位の柳明佑(韓国)に判定負けし、3度目の防衛に失敗した。柳は昨年12月、井岡にタイトルを奪われて以来の王座返り咲きを果たした。《共同通信》

【宮澤喜一首相】派閥弊害除去に意欲

首相経験者などによる自民党の最高顧問懇談会が18日夜、宮澤首相も出席して都内のホテルで開かれ、出席者から派閥の解消など政治改革の断行に向け首相が強い指導力を発揮するよう求める声が相次いだ。首相は「派閥の在り方については方針をもって決断したい」と述べ、派閥の弊害除去に積極的に取り組む考えを表明した。《共同通信》

1993 平成5年11月18日(木)

平成1776日目

【コメ輸入第一便】タイから加工用米7000トン

コメ市場の開放問題で日本列島が揺れる中、コメ凶作の対応策として外国産米の第一便が18日朝、横浜に入港した。タイの加工用うるち米7000トンを積んだ貨物船タンジュン・ピナン(7701トン)で、空前のコメ大量輸入の幕開けとなる。コメの本格的な輸入は9年ぶり。

全体で200万トン以上の輸入が予想されており、主食用のコメも近く輸入される予定。《共同通信》

【政治改革法案】衆院通過

衆院は18日午後1時すぎから本会議を開き、政府が提出し連立与党が修正した政治改革4法案を連立与党などの賛成多数で可決、4法案は衆院を通過した。リクルート事件発覚以来、5年間にわたり政治の抜本改革が叫ばれてきたが、海部、宮沢政権では果たせなかった。緊急改革を除き衆院通過は初めてで、細川内閣が最大の懸案に掲げた政治改革は実現へ大きく前進した。

採決に際し、自民党の政治改革推進議員13人が政府案に賛成票を投じ、社会党では5人が政府案に反対した。海部元首相、後藤田前副総理や社会党の計8人が政府案の採決を棄権した。こうした造反の動きを受け自民、社会両党内は新たな政界再編に向けて激動することも予想される。《共同通信》

1994 平成6年11月18日(金)

平成2141日目

【プロ野球ドラフト会議】ダイエー、城島健司捕手を1位指名

新制度になって2年目を迎えたプロ野球ドラフト会議は18日、東京都港区の高輪プリンスホテルで開かれ、明日のスターを夢見る指名63選手の交渉権が確定した。指名(10位まで可能)は広島とロッテの7位を最後に終了した。

昨年は抽選がなかったが、ことしは高校生2人に1位指名が競合した。紀田彰一内野手(横浜高)は中日と横浜、嘉勢敏弘投手(大阪・北陽高)はオリックスと近鉄の指名を受け、紀田は横浜、嘉勢はオリックスが当たりくじを引き交渉権を得た。

逆指名が行われた大学、社会人選手は競合のない“無風”の指名が続いた。5年ぶりの日本一に輝いた巨人は1位に河原純一投手(駒大)、2位に織田淳哉投手(早大)と、大学球界の本格派を射止めた。《共同通信》

ダイエーに1位指名された城島捕手(別府大付高)は、推薦入学の決まっている駒大でアトランタ五輪を目指すと決めていただけに、当初は戸惑った様子だった。

しかし、ダイエーは卒業後に逆指名したいと考えていたそうで、次第に喜びがこみ上げてきたらしい。「大学に行く気持ちはまだあります」とドラフト前にはには考えられない軟化した発言も飛び出し、揺れる心理をうかがわせた。《共同通信》

1995 平成7年11月18日(土)

平成2506日目

【大相撲九州場所】7日目

大相撲九州場所7日目(18日・福岡国際センター)横綱貴乃花が平幕の土佐ノ海に送り出され2敗目を喫する波乱。土佐ノ海は3度目の横綱挑戦で初金星を挙げた。

横綱曙は落ち着いた相撲で関脇武双山を突き出し、大関武蔵丸は栃乃和歌を押し倒し、若乃花は首投げで水戸泉に逆転勝ちし、それぞれ1敗を守った。関脇琴錦と平幕安芸乃島も勝って6勝1敗。大関貴ノ浪は琴の若のすそ取りに敗れて3敗目。関脇魁皇は4連勝の後3連敗。《共同通信》

【村山富市首相】中韓首脳と会談

村山富市首相は18日午前、大阪市内で中国の江沢民国家主席、韓国の金泳三大統領と相次いで会談した。首相は韓国、中国との関係悪化の原因となった歴史問題についてわびるとともに、8月15日の首相談話が国民の気持ちと同じであると強調。金大統領、江主席ともに「歴史を直視せよ」とくぎを刺したが、今後は未来に目を向けた関係を築くことで一致した。これにより江藤隆美前総務庁長官の植民地支配をめぐる問題発言できしんだ関係は修復された。《共同通信》

1996 平成8年11月18日(月)

平成2872日目

【橋本龍太郎首相】仏・シラク大統領と会談

橋本龍太郎首相は18日午前、東京・元赤坂の迎賓館でフランスのシラク大統領と会談した。会談後、両首脳は政治、安保、経済、文化の各分野にわたる両国の行動計画「21世紀に向けての日仏協力20の措置」に署名、発表した。

日仏行動計画は両国の関係緊密化のため(1)原則年1回以上の首脳会談、年2回の外相会談の開催(2)外交・安保などで事務レベルの政府対話推進(3)アジア・アフリカなど第三国市場での日仏企業間の協力、科学技術、青少年交流の活発化(4)国連改革、核不拡散・軍縮、地域安全保障での協力–を盛り込んでいる。また日本の国連安保理常任理事国入りへのフランスの支持を確認した。《共同通信》

1997 平成9年11月18日(火)

平成3237日目

【プロ野球脱税事件】5球団10選手を在宅起訴

プロ野球選手の脱税事件で、名古屋地検特捜部は18日、名古屋国税局の告発を受け所得税法違反(脱税)の罪で福岡ダイエーホークス所属の小久保裕紀選手(26)らセ・パ5球団の現役選手10人を在宅のまま名古屋地裁に起訴した。脱税額の最高は小久保被告が約2800万円に上る。

名古屋国税局は、起訴された10選手以外に選手ら11人について脱税と認定。特捜部はこの計21人のうち20人について、脱税工作にかかわったとして同法違反(脱税)の罪で名古屋市の経営コンサルタントS被告(41)=別の所得税法違反の罪で公判中=を追起訴した。脱税額は20選手で計2億5000万円に達した。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】テロ行為を非難

村岡兼造官房長官は18日の記者会見で、邦人を含む多数の外国人犠牲者が出たエジプト観光客襲撃事件に関して、橋本龍太郎首相からエジプトのムバラク大統領あてに(1)事件の真相の徹底解明(2)テロへの断固たる非難(3)負傷者の手当てや遺族の現地入り、邦人の遺体搬送への全面的な支援ーを求めるメッセージを送ることを明らかにした。

橋本首相は同日、首相官邸で記者団に「亡くなられた方には心からお悔やみを申し上げ、弔意を表する」と述べ、さらに「何処の国であれ無差別な攻撃をすることが、一体その国の抱える問題の解決に役立つのか。何処の国であれテロに屈することはあり得ない」と、イスラム過激派によるテロ行為を強く非難した。《共同通信》

1998 平成10年11月18日(水)

平成3602日目

【文部省】ゆとり教育を推進

文部省は18日、2002年度から実施される完全学校週5日制の下での学習内容、指導方法を示した小中学校の学習指導要領案と幼稚園の教育要領案を公表した。指導要領の海底は1989年3月以来、約10年ぶり。

「ゆとりの中で自ら学び考える力を育成する」ことを柱に、教科内容を基礎・基本に厳選。創意工夫を生かした教育のため「総合的な学習の時間」(総合学習)を新設し、授業時間を弾力化したり学校の裁量範囲を広げたりするなど21世紀の学校像を提起した。

教科内容は現行より約3割、最も量があった68−69年指導要領に比べ4割近く消滅したとしている。《共同通信》

【民主党・菅直人代表】「自自連立は民主に有利」

民主党の菅直人代表は18日午後、山形市で講演と記者会見を行い、公明党に対して「個別の政策協議とは別に政権協議に踏み込んでほしい」と要請し、近く正式に申し入れる意向を表明した。管代表は自民、自由両党の政策協議に関して「保保連合というより、自由党の自民党への復帰路線だ」と分析。

その上で「自自(連携)が進めば進むほど大きなチャンスだ。私たちが野党の王道を歩んでいくことが明確になる」と述べ、今後、政策的な対立軸が鮮明になるなど、民主党に優位に働くとの認識を示した。《共同通信》

1999 平成11年11月18日(木)

平成3967日目

【ライフスペース】ミイラ事件で会見「司法解剖されるまでは生きていた」

11月18日のできごと(何の日)

千葉県成田市のミイラ事件で、自己開発セミナー主催団体ライフスペース創設者の高橋弘二氏(61)が18日午後、茨城県大洗町で記者会見し、ミイラ化した遺体で見つかった兵庫県川西市の会社員、Aさん(66)について「司法解剖されるまでは生きていた」などと、不可解な主張を繰り返した。事件後、高橋氏が公式の場で会見したのは初めて。《共同通信》

【自民党】自由党との合流「棚上げ」へ

自民党は18日、自由党との合流問題をめぐる本格協議を今国会中は見送る方針を固めた。小渕恵三首相は、小沢一郎自由党党首との会談が行われた場合でも、合流問題に踏み込まない考えだ。自民党内は合流問題をめぐり賛成、反対両論で揺れ、執行部批判も起きている。首相も慎重姿勢を示しており、森喜朗幹事長は当面、沈静化をはかる意向。

こうした自民党の情勢に対し、自由党も合流・連立離脱問題は棚上げせざるを得ないとみている。12月15日までの残り会期中は、3党合意に基づく安全保障など重要政策の実現に重点を起き、連立政権内で存在感を高めるのが得策としている。《共同通信》

2000 平成12年11月18日(土)

平成4333日目

【イチロー外野手】マリナーズ入りが決定

日本人選手で初のポスティングシステム(入札制度)による米大リーグ入りを目指していたオリックス・イチロー外野手(27)のシアトル・マリナーズ入りが18日、決まった。神戸市内のホテルで行われていたイチローの代理人とマリナーズ球団首脳の契約交渉が合意したもので、契約内容は明らかにされていないが、3年以上の複数年で、総額12億円以上とみられる。《読売新聞》

【自民党】主流派「(森内閣不信任案)可決なら解散」

森喜朗首相首相に対する退陣要求で分裂含みの危機的状況に陥っている自民党抗争は18日、主流、非主流派両派の激しい多数派工作が続き、内閣不信任決議案の賛否は極めて伯仲した情勢になってきた。

野党4党は党首会談で内閣不信任案を20日に提出する方針を確認、同日中に採決される見通しだ。加藤、山崎両派を除く主流派は派閥会長レベルの会合で、内閣不信任案が可決された場合、衆院解散・総選挙の方針で一致、情勢は厳しいとの認識が示された。《共同通信》

2001 平成13年11月18日(日)

平成4698日目

【 JR東日本】「Suica」サービス開始

改札機通過は触れるだけでOK–。首都圏のJR東日本各駅で18日、集積回路(IC)内蔵カードの定期券の使用が始まった。これまでの磁気式と違い、定期入れから出さず「スイスイ行ける」の意味を込めて愛称は「スイカ」。

一枚で定期券とプリペイドカードの機能を持ち、乗り越し精算も改札を通るだけで、精算機の列に並ばないで住む。定期券の取り忘れや取り違えもなくなる。

プリペイド機能だけのタイプも同時に発売。期限切れが近づいたり、残額が少なくなったら券売機などでデータを書き換えて繰り返し使える。《共同通信》

【小泉純一郎首相】「道路4公団を民営化」

小泉純一郎首相は18日午後、都内で開いた小泉内閣の対話集会「タウンミーティング」で、特殊法人改革の焦点となっている日本道路公団など道路関係4公団をいったん統合した上で分割・民営化する意向を初めて表明した。

併せて高速道路整備計画を見直し、同整備計画に即して一般会計から出資金として支出している年間3000億円の投入を来年度から取りやめて、予算歳出を削減する考えも明らかにした。《共同通信》

2002 平成14年11月18日(月)

平成5063日目

【国連監視検証査察委員会】先遣隊がイラク入り

イラクの大量破壊兵器開発疑惑の査察を実施する国連監視検証査察委員会(UNMOVIC)と国際原子力機関(IAEA)の先遣隊約25人が18日昼すぎ、キプロスから国連機でイラクの首都バグダッドの空港に到着した。

国連査察団のイラク入りは、1998年12月にイラクが査察を拒否し、米、英両国軍がミサイル攻撃で軍事制裁して以来、4年ぶり。今回の査察の成果と結果で、危機回避か対イラク開戦かの流れが事実上、決まる。《共同通信》

【自民党・亀井静香前政調会長】小泉首相の経済政策を批判

小泉内閣への批判を強める自民党の江藤・亀井派(江藤隆美会長)は18日、都内のホテルでパーティーを開き、会長代行の亀井静香前政調会長らが「景気対策をやるというなら、なぜこの国会でやらないのか。補正予算を組むのは10日もあれば十分だ」などと、経済対策を中心に厳しい注文をつけた。

亀井氏は小泉純一郎首相の構造改革路線を「弱い木を枯らせ、強い木だけで元気な森をつくろうとしているが、景気を悪くしながら枯れ葉作戦をやって、生き残れる企業があるか」と攻撃した。《共同通信》

2003 平成15年11月18日(火)

平成5428日目

【ハンセン病元患者宿泊拒否事件】

ハンセン病元患者を対象に熊本県が実施する「ふるさと訪問事業」で、県が宿泊を依頼したアイレディース宮殿黒川温泉ホテル(同県南小国町)が「乳幼児など他の宿泊者に感染する恐れがある」として拒否。県は18日「感染の恐れはない。偏見に基づいた行為で人権侵害にあたる」として公表した。

ホテル側はあくまで拒否する構えで、県は同日、熊本地方法務局に事実を通報した。

同県によると、9月に約25人分の宿泊をホテルに依頼し、いったん承諾を得たが、11月になって県が、宿泊者らは元患者であることを伝えると、ホテル側は一転して宿泊を拒否。県が説得を続けたが応じなかった。

同日午後記者会見した同ホテルの前田篤子支配人は「感染するしないの問題はわれわれは実際には分からないが、社会一般に広く受け入れる認識や体制が整っていない状況で、サービス業を営む当ホテルとして受け入れることができない」と語った。また「一般の利用客が100%受け入れるか疑問」とも述べた。《共同通信》

【小泉純一郎首相】公明党・神崎武法代表と会談

小泉純一郎首相(自民党総裁)と公明党の神崎武法代表は18日夜、国会内で会談し、19日の第二次小泉内閣発足に先立ち、新たな政権合意書に署名した。

首相は署名後、国会内で記者団に対し「自公は信頼関係ができている。協力を進めながら改革を進めることができると思う」と指摘。神崎氏は「自民党と連携しながら、国民に約束したことを実現できるよう全力で取り組みたい」と述べた。《共同通信》

2004 平成16年11月18日(木)

平成5794日目

【奈良小1女児誘拐殺害事件】

18日午前零時ごろ、奈良県平群町菊美台の側溝で、小学生ぐらいの女児が死んでいるのを通り掛かった男性(64)が見つけ、110番した。奈良西署などが現場で遺体を見つけ、女児は6歳の小学1年と両親が確認した。県警は殺人、死体遺棄容疑事件として捜査を始めた。

28歳の母親から「娘が帰宅しない」と17日、警察に届け出があった。女児は同日午後1時ごろ、学校を下校したとみられる。母親の携帯電話に同日午後8時ごろ「娘は預かった」とメールがあったという。同署管内では不審な男がうろついているとの情報があったが、同署は確認していないとしている。現場は奈良県西部の新興住宅地。《共同通信》

【自民党・加藤紘一元幹事長】小里グループに復帰

自民党小里グループは18日の総会で、加藤紘一・元幹事長の入会と最高顧問への就任を決めた。加藤氏の“復帰”は2年8か月ぶりで、同グループは総勢16人となった。

総会後、加藤氏は、イラクへの自衛隊派遣問題で小泉首相の外交・安保政策へ批判を強めていることについて、記者団に「仲間のことはあるが、自由にしゃべっていきたい。(イラク問題では)1年前から主張して、状況はその方向になってきた。党内で分かってもらえるよう努力しなきゃいけないし、ここでもその努力はしたい」と述べた。

しかし、グループ内には「亀井静香・元政調会長と連携した加藤氏の言動には違和感を覚える。何を考えているが分からない」との冷ややかな声も出ている。《読売新聞》

2005 平成17年11月18日(金)

平成6159日目

【耐震偽装事件】1級建築士が偽装を認める

首都圏のマンションなど21棟の建築確認に偽造した構造計算書が使われたとされる問題で、千葉県市川市のA建築設計事務所のA一級建築士(48)は18日、取材に対し偽造を認めた上で、「仕事を増やしたかった」などと語った。一方、国土交通省はこの日、国交相の諮問機関、社会資本整備審議会の中に専門部会を新たに設けて早急に検討することを決めた。《朝日新聞》

【小泉純一郎首相】韓国・盧武鉉大統領と会談

小泉純一郎首相は18日夕、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開かれている韓国釜山で、韓国の盧武鉉大統領と約30分間会談した。盧大統領は首相の靖国神社参拝について「韓国に対する挑戦であり、日本が過去に戻ろうとしているのではないかと懸念がある。韓国国民の考えをよく分かってほしい」と厳しく批判し、参拝中止を求めた。

首相は「戦争の美化、正当化では決してない」と強調、「二度と戦争をしないという決意と同時に戦没者に対する哀悼の念から参拝している」と理解を求めたが、双方の主張は平行線に終わった。《共同通信》

2006 平成18年11月18日(土)

平成6524日目

【プロ野球・日本ハム】札幌で優勝パレード

プロ野球パ・リーグ、日本シリーズ、アジアシリーズ優勝の快挙を成し遂げた北海道日本ハムファイターズの優勝パレードが18日、札幌市の中心街で行われた。オープンカー3台、スカイバス2台に乗った選手、監督、コーチらが、沿道に詰め掛けた多くの人たちの祝福を受けた。 《苫小牧民報》

【安倍晋三首相】米・ブッシュ大統領と会談


https://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は18日昼、首相就任後初めて米国のブッシュ大統領とハノイ市内のホテルで会談した。両首脳は北朝鮮の核放棄に向け六カ国協議で「早期に成果を出すよう努力する」との方針で一致。国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議の履行を加盟各国に求めることを確認した。《共同通信》

2007 平成19年11月18日(日)

平成6889日目

【東京国際女子マラソン】野口みずき選手、大会新記録で初優勝

来年の北京五輪女子マラソンの国内代表選考会第1戦、東京国際女子マラソンは18日、国立競技場を発着点とするコースで行われ、アテネ五輪金メダルの野口みずき(シスメックス)が、大会記録を8年ぶりに更新する2時間21分37秒で初優勝し、五輪2大会連続出場を確実にした。従来の大会記録は山口衛里(当時天満屋)が1999年にマークした2時間22分12秒。《共同通信》

【大阪市長選】平松邦夫氏が初当選


https://www.dpfp.or.jp/

大阪市長選は18日、投開票され、元毎日放送アナウンサーの平松邦夫氏(59)=民主、国民新推薦、社民支持=が、いずれも無所属で現職の関淳一氏(72)=自民、公明推薦=、元市議の姫野浄氏(72)=共産推薦=、元大阪市立大教授の橋爪紳也氏(46)、人材派遣会社員の藤井永悟氏(31)の4氏を破り、初当選した。助役出身者以外の市長選出は60年ぶり。今後、関氏が進めた市政改革を見直すかどうかが焦点になる。《朝日新聞》

2008 平成20年11月18日(火)

平成7255日目

【元厚生事務次官宅連続襲撃事件】第1の事件

18日午前10時15分ごろ、さいたま市南区、元厚生事務次官で全国生活協同組合連合会理事長Yさん(66)方玄関で、Yさんと妻M子さん(61)が胸から血を流して倒れているのを近所の人が発見し、110番した。2人は既に死亡しており、埼玉県警浦和署は殺人事件の可能性もあるとみて捜査を始めた。 調べでは、2人は普段着姿で着衣に乱れはなく、胸には服の上から刃物で刺されたようなあとがあった。2人はYさんが室内側、M子さんが外側に、いずれもあおむけで倒れていた。凶器は見つかっていない。《共同通信》

【元厚生事務次官宅連続襲撃事件】第2の事件

18日午後6時半ごろ、東京都中野区上鷺宮、元厚生事務次官Aさん宅の玄関前で、宅配便を装った男にAさんの妻B子さん(72)が刺された。胸を刺され重傷という。Aさんは1988年から90年まで厚生事務次官を務めた。警視庁野方署は、さいたま市で元厚生事務次官、Yさん(66)夫妻が刺殺された事件との関連を調べている。警察庁は元厚生省幹部を狙った連続テロの可能性があるとみて、全国の警察に関係者の警備強化を指示した。《共同通信》

2009 平成21年11月18日(水)

平成7620日目

【プロ野球MVP】アレックス・ラミレス外野手(巨人)、ダルビッシュ有投手(日ハム)

プロ野球のセ・パ両リーグは18日、今季の最優秀選手(MVP)、最優秀新人(新人王)、ベストナインを発表した。セ・リーグのMVPは巨人のアレックス・ラミレス外野手(35)が2年連続2度目の受賞。セの連続受賞は76、77年の王貞治(巨)以来3人目で、巨人からは07年の小笠原から3年連続となった。パは日本ハムのダルビッシュ有投手(23)が2年ぶり2度目のMVPに輝いた。

セの新人王は3年目の巨人・松本哲也外野手(25)。育成選手枠で入団した選手の受賞は昨季の山口(巨)に続いて2人目で、巨人から2年連続選出は57、58年の藤田元司、長嶋茂雄以来。パはJR東日本東北から入団1年目でリーグ最多の70試合に登板し、新人最多登板のリーグ記録も樹立したソフトバンクの摂津正投手(27)が選ばれた。《朝日新聞》

【鳩山由紀夫首相】北方四島でロシア大統領と会談したい

鳩山由紀夫首相は18日、北方領土返還促進の要請に官邸を訪れた高橋はるみ北海道知事らと会った際、領土問題解決への意欲を語る中で「北方四島のどこかでロシアのメドベージェフ大統領と会談したい」と述べた。高橋氏によると、首相は会談時期など具体的な計画内容には触れなかった。《共同通信》

2010 平成22年11月18日(木)

平成7985日目

【プロ野球MVP】和田一浩外野手(中日)、和田毅投手(ソフトバンク)

プロ野球の表彰選手が18日、東京都内で開かれたコンベンションで発表され、最優秀選手(MVP)はセ・リーグが和田一浩外野手(中日)、パ・リーグは和田毅投手(ソフトバンク)がともに初受賞した。中日の和田はセで最年長となる38歳での受賞となった。最優秀新人(新人王)にはセが1年目の長野久義外野手(巨人)、パは2年目の榊原諒投手(日本ハム)が選ばれた。《共同通信》

【仙谷由人官房長官】自衛隊は「暴力装置」


https://www.youtube.com/

仙谷由人官房長官は18日の参院予算委員会で、自衛隊を「暴力装置」と表現した。質問した自民党の世耕弘成氏から抗議を受け「実力組織」と言い換え「不適当だった。自衛隊の皆様には謝罪します」と述べた。

この後、菅直人首相は参院予算委で「自衛隊の皆さんのプライドを傷つけることになり、おわびする」と陳謝。終了後、仙石氏に対し「今後注意するように」と注意した。《共同通信》

2011 平成23年11月18日(金)

平成8350日目

【プロ野球・巨人】清武球団代表兼GMを解任

プロ野球巨人は18日、コーチ人事などを巡って渡辺恒雄会長を批判した清武英利代表兼ゼネラルマネジャー(GM)を解任したと発表した。巨人の親会社である読売新聞グループ本社が臨時取締役会を開き、清武氏の球団取締役解任を決めた。

解任の理由について、記者会見した桃井恒和社長は、清武氏が正当な手続きなく独断で11日に記者会見を開いたことや、会見でコーチ人事などについて誤った事実などを公表したことなどで、巨人および読売新聞グループの名誉、信用を傷つけて業務の遂行を阻害した、と説明した。《日経新聞》

【野田佳彦首相】ASEANに2兆円の支援を表明

野田首相は18日、インドネシア・バリ島のヌサドゥアで開かれた日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議で、総事業費2兆円規模のインフラ整備を対象に資金・技術協力する方針を打ち出した。

経済成長が続くASEAN市場で存在感を高める中国などに対抗し、日本のインフラ輸出を立て直すのが狙いだ。《読売新聞》

2012 平成24年11月18日(日)

平成8716日目

【民主党・蓮舫国民運動委員長】「おわび」繰り返す

民主党は18日、2009年の衆院選で掲げたマニフェスト(政権公約)の成果を検証する「政策進捗報告会」を金沢市で開き、同党の蓮舫国民運動委員長が、マニフェストの多くが未達成であることについて、おわびを繰り返した。

報告会には、党員・サポーターや一般参加者ら約300人が参加。会場からは、「ずさんな財源の見通しが問題だったのではないか」「借金の山をどう崩していくのか示されていない」など、批判的な意見や質問が相次いだ。

蓮舫氏は「財源見通しが甘かった」と謝罪。「頂いた意見は全て野田代表や細野政調会長に報告する」と約束した。《読売新聞》

【野田佳彦首相】カンボジア入り


https://www.kantei.go.jp/

野田首相は18日、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に出席するため、政府専用機でカンボジアに到着した。20日にはオバマ米大統領との首脳会談をプノンペンで行う予定で、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に向け積極的な考えを伝える見通しだ。

首相はプノンペンで、1993年に国連ボランティアで活動中に殺害された中田厚仁さんの慰霊碑に献花するなどした。《読売新聞》

2013 平成25年11月18日(月)

平成9081日目

【NASA】火星探査機を打ち上げ

米航空宇宙局(NASA)は18日、火星を取り巻く非常に薄い大気成分を調べる無人探査機「MAVEN(メイブン)」を、米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地からアトラス5ロケットで打ち上げた。

かつては温暖で水にあふれる環境だった火星が、ほとんどの大気を失って赤い惑星に変化した謎を解明するのが目的。NASAは2030年代に有人火星飛行の実現を目指しており、将来に向けて飛行士の活動環境や有望な着陸地点の候補を探る狙いもある。順調なら来年9月に火星に到達する。《共同通信》

【菅義偉官房長官】普天間県外移設「あり得ない」

菅官房長官は18日、自民党沖縄県連の翁長政俊会長と国会内で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設を容認するよう求めた。移設が実現しなければ宜野湾市の市街地に位置する同飛行場が使われ続ける可能性が高いことも説明した。

日米両政府は、飛行場を名護市辺野古沿岸部に移設することで合意しているが、自民党県連は「県外移設」を掲げて今年夏の参院選を戦ってきた経緯がある。会談後、菅氏は記者会見で「政府の立場は明快で『県外移設はあり得ない』と厳しくしっかり申し上げた」と語った。《読売新聞》

2014 平成26年11月18日(火)

平成9446日目

【安倍晋三首相】衆院解散と消費増税先送りを表明


https://www.kantei.go.jp/

安倍首相は18日夜、首相官邸で記者会見し、2015年10月から予定されている消費税率10%への引き上げを17年4月に1年半先送りするとともに、21日に衆院を解散する考えを表明した。

首相は「国民経済にとって重い決断をする以上、速やかに国民に信を問うべきだ」と述べた。記者会見に先立ち、首相は関係閣僚に新たな経済対策の策定を指示した。衆院選は「12月2日公示・14日投開票」の日程で行われる。各党は12年12月以来2年ぶりとなる衆院選に向けて走り出した。

2015 平成27年11月18日(水)

平成9811日目

【TPP首脳会合】早期発効へ努力


https://www.kantei.go.jp/

日米など環太平洋経済連携協定(TPP)に参加する12か国の首脳会合が18日、マニラで開かれ、TPPの早期発効と参加国の拡大に向け、各国が努力を続けることを確認した。10月の大筋合意以降、12か国の首脳が一同に集まったのは初めて。会合後に発表された共同声明では、TPPが各国の結びつきを強め、競争力強化や雇用創出でなどで地域の経済成長につながると強調した。《読売新聞》

2016 平成28年11月18日(金)

平成10177日目

【熊本地震】最後の避難所が閉鎖

熊本県西原村は18日午前、熊本地震で開設していた避難所のうち、県内で唯一残っていた1カ所を閉鎖した。最後の避難者2人が退去した。4月の地震後、ピーク時は855カ所、18万3882人に上った県内の避難者は約7カ月でゼロになった。今後、生活再建に向けて、災害公営住宅の建設など恒久的住まいの早期確保が焦点になる。《西日本新聞》

【安倍晋三首相】ペルー大統領と会談

安倍晋三首相は18日午後(日本時間19日早朝)、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議出席などのため、ペルーの首都リマに到着した。クチンスキー大統領との首脳会談で、環太平洋経済連携協定(TPP)の早期発効をめざすことなどで一致した。《朝日新聞》

2017 平成29年11月18日(土)

平成10542日目

【天皇、皇后両陛下】鹿児島からご帰京

鹿児島県を訪問していた天皇、皇后両陛下は18日、沖永良部島の小学校を視察後、特別機で帰京された。多くの島民と触れ合われた離島を巡る今回の旅の移動距離は、3日間で計3273キロに及んだ。帰りの機中では噴火による被災者を見舞った口永良部島が見え、両陛下は身を乗り出すようにしてご覧になっていた。《産経新聞》

【自民党・石破茂元幹事長】民進分裂「日本のためによかった」

自民党の石破茂元幹事長は18日、東京都内で講演し、先の衆院選に際して民進党が希望の党や立憲民主党などに分裂したことに関し「憲法観が根本から異なる人たちが一つの党にいた。日本にとっては、今の方がよかったのではないか」と述べた。

衆院選の結果について「消去法で自民党が勝ったというのが現実だ。自民、公明両党で圧倒的多数を得たが、議席は多く取ることが目的ではない。何をするかが問われる」と語った。《産経新聞》

2018 平成30年11月18日(日)

平成10907日目

【APEC】首脳宣言断念して閉幕

パプアニューギニアで開かれている日米中など21カ国・地域が参加するアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が18日午後、閉幕した。会議では米中の首脳が通商政策を巡り批判合戦を繰り広げて最後まで意見の隔たりが埋まらず、首脳宣言の採択を断念した。採択断念は1993年のAPEC首脳会議の発足後、初めて。今月末には米中首脳会談がアルゼンチンで予定されているが、両国の対立激化が改めて浮き彫りとなった。

米中両国がそれぞれの主張を首脳宣言に盛り込むよう求め、折り合えなかった。代わりに議長声明を近く公表する方針だ。《共同通信》

【安倍晋三首相】保護主義台頭に懸念

安倍晋三首相は18日、パプアニューギニア・ポートモレスビーでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、米中両国の貿易摩擦を踏まえ、保護主義の台頭に懸念を示した。世界貿易機関(WTO)改革など、自由貿易を巡る国際ルール策定へ積極的に関与する姿勢も表明した。《共同通信》

2019 令和元年11月18日(月)

令和202日目

【香港】警官隊が理工大周辺を封鎖

香港では18日、デモ隊の学生らが立てこもる九竜半島の香港理工大学周辺を警官隊が封鎖し、緊張が高まっている。理工大前では17日から、道路を占拠したデモ隊と警官隊の激しい衝突が続いていた。香港政府によると、17日午前0時から18日午前7時半までの間に病院で治療を受けた負傷者は38人に上っている。

デモ隊は17日夜から18日未明にかけ、警官隊に向け大量の火炎瓶を投げて弓矢を放ち、理工大付近の歩道橋や警察車両に火をつけた。警官隊は18日早朝、放水車を投入し、催涙弾を発射して強制排除に乗り出した。デモ隊は火を放ちながらキャンパス内に逃げ込んだ。キャンパス内には手作りの投石器なども準備している。《読売新聞》

2020 令和2年11月18日(水)

令和568日目

【COVID-19】国内新規感染、初の2000人突破

国内の新型コロナウイルスの感染者は18日、42都道府県と空港検疫で新たに2201人確認され、1日あたりの感染者数が初めて2000人を超えた。これまでの最多は今月14日の1737人だった。1日の感染者が493人で過去最多となった東京都は、19日にも都独自の警戒レベルを最高に引き上げる方針を決めた。

都道府県別では、東京、神奈川(226人)、埼玉(126人)、静岡(87人)、長野(30人)の5都県で過去最多を更新した。大阪府(273人)と兵庫県(103人)では過去2番目の多さとなった。



→11月19日 その日のできごと

平成、令和 11月のできごと

←11月17日 その日のできごと