平成8716日目

2012/11/18

【民主党・蓮舫国民運動委員長】「おわび」繰り返す

民主党は18日、2009年の衆院選で掲げたマニフェスト(政権公約)の成果を検証する「政策進捗報告会」を金沢市で開き、同党の蓮舫国民運動委員長が、マニフェストの多くが未達成であることについて、おわびを繰り返した。

報告会には、党員・サポーターや一般参加者ら約300人が参加。会場からは、「ずさんな財源の見通しが問題だったのではないか」「借金の山をどう崩していくのか示されていない」など、批判的な意見や質問が相次いだ。

蓮舫氏は「財源見通しが甘かった」と謝罪。「頂いた意見は全て野田代表や細野政調会長に報告する」と約束した。《読売新聞》




【阪神ー巨人OB戦】江夏氏、江川氏が投げ王氏、掛布氏が打つ

プロ野球の阪神-巨人OB戦が18日、甲子園球場で行われ、4万4000人の観客を沸かせた。阪神からは田淵、江夏、掛布、巨人からは王、原、清原といった往年の名選手が参加。今季引退した金本が江川から3ランを放つなどして、阪神が10-7で勝った。金本は「ラッキーゾーンってええね(笑)あんな緩い球でも、対戦できただけでうれしい」と大喜び。

阪神は今季巨人に5勝15敗4分けと大きく負け越したが、OB陣が意地を見せた。王氏は「阪神、巨人は強くならないと盛り上がらない。きょうは現場にいい刺激になったんじゃないかな」。かつての伝統の一戦を懐かしみながら、阪神にエールを送った。《時事通信》

【日本維新の会・橋下徹代表代行】石原代表を首相候補に

日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長は18日、衆院選で石原慎太郎代表は東京ブロックから比例単独候補として出馬し、首相候補にすることを表明した。テレビ朝日やフジテレビの番組で述べた。

橋下氏はフジテレビの番組で「一国民として石原首相を見たい。石原首相と僕に任せてほしい」と強調。自らの出馬はあらためて否定した。

テレビ朝日の番組に中継で出演後、大阪市内で記者団に「全国を回ってもらう」と述べ、石原氏の知名度を生かし、東京に限らず支持拡大を目指す考えを示した。1次公認した47人にとどまらず、衆院過半数の241人以上を擁立する方針も重ねて表明した。《共同通信》

【民主党・自民党】「世襲」で舌戦過熱

衆院解散後初めての日曜となった18日、各党幹部はテレビや街頭で主張を展開、早くも原発、世襲問題を争点に舌戦が過熱した。民主、自民両党は太陽の党の日本維新の会への合流をけん制し、既成政党批判を背に台頭を図る第三極への警戒心をあらわにした。

野田佳彦首相は民主党公認候補に関し「私が全部目を通して決めるが『脱世襲』の方針は貫徹する。例外はつくらない」と述べ、引退議員の後継に親族の擁立が相次ぐ自民党との違いを打ち出した。公邸で記者団の質問に答えた。

これに対し、自民党の菅義偉幹事長代行はNHK番組で「公募で新人候補を約100人決め、世襲は1割弱」と反論した。《共同通信》

【野田佳彦首相】カンボジア入り

野田首相は18日、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に出席するため、政府専用機でカンボジアに到着した。20日にはオバマ米大統領との首脳会談をプノンペンで行う予定で、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に向け積極的な考えを伝える見通しだ。

首相はプノンペンで、1993年に国連ボランティアで活動中に殺害された中田厚仁さんの慰霊碑に献花するなどした。《読売新聞》

11月18日/のできごと