平成7620日目

平成21年11月18日(水)

2009/11/18

【プロ野球MVP】アレックス・ラミレス外野手(巨人)、ダルビッシュ有投手(日ハム)

プロ野球のセ・パ両リーグは18日、今季の最優秀選手(MVP)、最優秀新人(新人王)、ベストナインを発表した。セ・リーグのMVPは巨人のアレックス・ラミレス外野手(35)が2年連続2度目の受賞。セの連続受賞は76、77年の王貞治(巨)以来3人目で、巨人からは07年の小笠原から3年連続となった。パは日本ハムのダルビッシュ有投手(23)が2年ぶり2度目のMVPに輝いた。

セの新人王は3年目の巨人・松本哲也外野手(25)。育成選手枠で入団した選手の受賞は昨季の山口(巨)に続いて2人目で、巨人から2年連続選出は57、58年の藤田元司、長嶋茂雄以来。パはJR東日本東北から入団1年目でリーグ最多の70試合に登板し、新人最多登板のリーグ記録も樹立したソフトバンクの摂津正投手(27)が選ばれた。《朝日新聞》




【伊東美咲さん】ご結婚

女優の伊東美咲(32)が18日、パチンコメーカー京楽産業(本社・名古屋市)社長の榎本善紀氏(41)と結婚した。所属事務所がマスコミ各社にファクスで報告したもの。伊東は所属事務所を通じて「同じ時間を過ごしていくうちに、将来を共に歩んでいきたいと思える大切な存在となり、今日を迎える運びとなりました」コメント。19日未明には、所属事務所のHPで、ファンにも入籍の報告をした。《スポニチ》

【平野博文官房長官】普天間移設「日米相違、立場の違い」

平野博文官房長官は18日午前の記者会見で、沖縄県の米軍普天間基地の移設問題について、オバマ米大統領が日米合意に基づくキャンプ・シュワブ沿岸部への移設を求め、鳩山由紀夫首相が「現行計画を前提にしない」との考えを示していることについて「立場の違いだ」と語った。

北沢俊美防衛相が沖縄県の米軍普天間基地の移設問題は年内に決着させることが望ましいとの認識を示したことについて「担当閣僚としては年内(予算)編成をしてもらいたいという思いではないか。私は推移を見守っている」と述べた。決着時期は「できるだけ早く、というのが正確だ」と強調した。

【鳩山由紀夫首相】「子ども手当」所得制限に否定的

鳩山由紀夫首相は18日、民主党がマニフェスト(政権公約)に明記した子ども手当について「マニフェストに書かれている方向、すなわち所得制限を設けないのが基本理念だ」と語り、所得制限の導入に否定的な考えを示した。

同時に「国民がどの程度、マニフェスト通りにやれというか。その気持ちも考えながら、しかし、基本線としては(所得制限を想定していない)マニフェストの方向で議論していきたいと思う」とも述べた。《日経新聞》

【鳩山由紀夫首相】北方四島でロシア大統領と会談したい

鳩山由紀夫首相は18日、北方領土返還促進の要請に官邸を訪れた高橋はるみ北海道知事らと会った際、領土問題解決への意欲を語る中で「北方四島のどこかでロシアのメドベージェフ大統領と会談したい」と述べた。高橋氏によると、首相は会談時期など具体的な計画内容には触れなかった。《共同通信》

11月18日のできごと