平成4698日目

2001/11/18

【 JR東日本】「Suica」サービス開始

改札機通過は触れるだけでOK–。首都圏のJR東日本各駅で18日、集積回路(IC)内蔵カードの定期券の使用が始まった。これまでの磁気式と違い、定期入れから出さず「スイスイ行ける」の意味を込めて愛称は「スイカ」。

一枚で定期券とプリペイドカードの機能を持ち、乗り越し精算も改札を通るだけで、精算機の列に並ばないで住む。定期券の取り忘れや取り違えもなくなる。

プリペイド機能だけのタイプも同時に発売。期限切れが近づいたり、残額が少なくなったら券売機などでデータを書き換えて繰り返し使える。《共同通信》




【三重・海山町】住民投票で原発誘致「反対」

三重県海山町で原発誘致の是非を問う住民投票が18日行われ、即日開票の結果、誘致に反対する票が投票総数の3分の2を占めた。当日の有権者数の約60%にあたる。これを受けて、塩谷龍生町長は同日夜の記者会見で「町内の原発論議はこれで終わった」と断念を宣言、同町への原発誘致は不可能となった。中部電力は「期待したが残念な結果だった。動向を見守りたい」とのコメントを発表した。《共同通信》

【小泉純一郎首相】「道路4公団を民営化」

小泉純一郎首相は18日午後、都内で開いた小泉内閣の対話集会「タウンミーティング」で、特殊法人改革の焦点となっている日本道路公団など道路関係4公団をいったん統合した上で分割・民営化する意向を初めて表明した。

併せて高速道路整備計画を見直し、同整備計画に即して一般会計から出資金として支出している年間3000億円の投入を来年度から取りやめて、予算歳出を削減する考えも明らかにした。《共同通信》

11月18日/のできごと