【FIFA・W杯日韓大会】日本、8強進出ならず(平成14年6月18日)

6月18日のできごと(何の日) W杯で日本8強ならず

サッカーの第17回ワールドカップ(W杯)は18日、決勝トーナメント1回戦の2試合を行い、日本はトルコに0−1で敗れ、準々決勝進出を逃した。2度目のW杯出場で目標だった決勝トーナメント進出を果たした日本は、ベスト8の壁に阻まれた。

※転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。



1985 昭和60年6月18日(火)

【豊田商事会長刺殺事件】

台湾現地法人への多額不正送金事件で兵庫県警捜査本部の事情聴取を受けた後、自宅に“ろう城”していた豊田商事(本社・大阪市北区)の永野一男会長(32)=同市北区=の自宅に18日午後、約40人の報道陣の目前で、2人組の男が窓ガラスとアルミの格子を破って乱入、刃渡り40センチの銃剣で寝室にいた永野会長の胸や腹などに切りつけた。永野会長は救急車で病院に運ばれたが、出血多量でまもなく死亡した。犯人の2人は現場近くで大阪府警天満署員に殺人の現行犯で逮捕された。大阪府警は天満署に捜査本部を設置、背後関係や動機など本格的捜査を始めた。

逮捕されたのは、大阪市東住吉区、鉄工所経営、A(56)と同市淀川区、建設作業員B(30)の2人。

調べによると、2人は同日午後4時25分ごろ、永野会長宅付近に現れた。ガードマンが永野会長に救急箱とドリンク剤を差し入れようとしたところAは「こんなやつをガードするのか。給料はいくらだ。永野は87歳の老人から850万円をだまし取った。6人から“ぶっ殺してくれ”と頼まれている。わき差しを持ってきた」などとまくしたて、ガードマンの持っていた救急箱をひったくり、床にたたきつけた。

2人は通路にいたカメラマンや記者ら約40人を押しのけるようにして永野会長宅のドアに近づいた。

Bが会長宅のドアをけり始めると、Aが「捕まるのはオレ1人でいい。バールを出せ」と叫び、近くにあったカメラマン用の金属製折りたたみいすでドアを叩いた後、ドア左側の窓ガラスをけ破り、アルミ製のさんを引き抜いて2人は室内に乱入、隠し持っていた銃剣でベッドに横になっていた永野会長に切りつけた。

Aは数分後、全身に返り血を浴び、窓から身を乗り出し「やった」と叫び声を上げた。

同5時すぎ、永野会長は応急手当ての後、救急車で大阪市北区の行岡病院に運ばれたが、頭や腹など8ヶ所を刺されており、同5時15分、出血多量で死亡した。

捜査本部の調べに対し、Aは「法律が手ぬるい。会長のやり方が気にくわない。他にやる者がいないので自分がやった」と犯行の動機を自供している。《共同通信》

1989 平成元年6月18日(日)

【 JR南武線】電車が駐車場に突っ込む

18日午前0時10分ごろ、川崎市中原区小杉三丁目のJR南武線武蔵中原ー武蔵小杉間の警報機、遮断機付き踏切で立川発川崎行き上り電車(6両編成)と東京都葛飾区、大学生Aさん(21)の乗用車が衝突した。電車は衝突後約130メートル突っ走り、前2両が脱線、1両目が線路わきの団地駐車場に突っ込み、駐車中の車13台を押しつぶした。《共同通信》

【宇野宗佑首相】閣僚の派閥応援は注意

宇野宗佑
https://www.kantei.go.jp/

宇野首相は18日、参院新潟補選応援のため訪れた新潟市内のホテルで記者会見し、宇野内閣の閣僚が派閥離脱後も派閥系列議員の応援に出かけている問題について「私としては厳重注意したい。申し合わせを履行してもらわなければ困る」との厳しい見方を示した。

このほか(1)中国に対しては国際社会で孤立しないよう隣人として助言したい(2)女性問題では人倫にもとることはやっていない–と強調した。《共同通信》

平成162日目

1990 平成2年6月18日(月)

【スパイクタイヤ粉じん発生防止法案】成立

スパイクタイヤによる雪国での深刻な粉じん公害を防ぐための「スパイクタイヤ粉じん発生防止法案」が18日、参院本会議で可決され成立した。環境庁はこれを受け、焦点となっているスパイクタイヤの使用を禁止する地域指定に向けた調査に、今秋から本格的に取り組む。

同法の主な内容は、環境庁長官が知事の意見を聞いた上で、スパイクタイヤの使用禁止地域を市町村単位で指定する。しかし、禁止地域でも凍結した道路での使用については罰則の適用対象とせず、事実上スパイクタイヤの使用を容認している。

【海部俊樹首相】秘書が株売買

海部首相の公設第二秘書の安藤光男氏(43)が、海部内閣誕生直後の昨年8月、約3000万円単位の株売買をしていたことが明らかになり、安藤氏も18日午前、この事実関係を認めた。

リクルート事件を契機に、宇野内閣は閣僚、政務次官の株売買の自粛を申し合わせ、海部内閣も「自粛」を継続しており、首相は「厳粛に受け止めている。非常に軽率なことで、監督不十分だった」と述べ、遺憾の意を表明した。《共同通信》

平成527日目

1991 平成3年6月18日(火)

【富山県・中沖豊知事】北陸新幹線「加越トンネル問題がカギ」

富山県の中沖知事は18日の記者会見で、同県が提案している北陸新幹線のルート変更案に関し「(運輸省の基本ルート内で既に調査工事が完了の)加越トンネルをめぐり若干の問題が残る」と述べ、これまでに約9億円が投入された加越トンネル問題の処理が、運輸省が変更案を了承するかどうかのかぎになっていることを認めた。

中沖知事は「9億円は工事費とは違い、基本的に調査費の性格」としつつも「難工事推進事業費」として支出されたことを指摘。「微妙な問題もある」と述べ、基本ルートならそのまま利用されるはずの調査掘削坑がルート変更で無駄になることを暗に認めた。《北國新聞》

【自民党・小渕恵三幹事長】臨時国会の開催を提案

自民党と社会、公明、民社野党3党の幹事長・書記長会談が18日午後、国会内で開かれた。自民党の小渕幹事長は政治改革関連3法案を中心に審議する臨時国会を「7月の先進国首脳会議(ロンドン・サミット)終了後の極めて早い時期に2カ月程度の会期で開きたい」と、早ければ7月22日にも臨時国会を召集したいとの方針を伝え、理解を求めた。

これに対し、野党側は政治改革関連法案を審議するのが目的の臨時国会召集にはこぞって反対した。ただ、特別立法措置など雲仙岳火砕流惨事に限定した短期間の国会召集には応じる姿勢を示し、21日に再び幹事長、書記長会談を開き協議することになった。《共同通信》

平成892日目

1992 平成4年6月18日(木)

【 JAS】ストで国内線終日運休

夏のボーナスなどをめぐり18日にストライキを設定して労使交渉を続けていた航空3社のうち日本エアシステム(JAS)は交渉が決裂し、18日の初便から国内線の全便が欠航した。日航、エアーニッポンの各労組はそれぞれ17日深夜と18日未明にストを回避した。

JASの労組がストに突入したのは昭和63年11月の冬のボーナス闘争以来。パイロット、スチュワーデスと一般地上職の2組合は終日ストを継続。同日のJAS便は国内線の全便、67路線計350便が欠航となり、約4万4000人の利用客が影響を受けた。《共同通信》

【自民党・藤尾正行元文相】宮澤首相「天皇訪中」発言に反発

自民党の藤尾元文相は18日昼、国会内で開かれた同党代議士会で、天皇陛下の訪中問題に触れ「仮に訪中すれば、お言葉を通じて過去の戦争での私どもと中国の絡み、私どもの立場に触れないわけにはいかない。容易ならぬ問題を提起するだろう」と反対する考えを改めて表明した。

この発言は宮澤首相が17日、日本新聞協会総会で行った講演で、今秋の天皇訪中に積極的に取り組む姿勢を示したことに反発したもの。《共同通信》

平成1258日目

1993 平成5年6月18日(金)

【宮澤内閣不信任案】可決

衆院は18日、解散された。政治改革をめぐる政局の混乱は宮澤首相が大幅な会期延長による事態打開を最終的に断念、社会、公明、民社三野党提出の宮沢内閣不信任決議案は、午後6時半から開かれた衆院本会議に緊急上程された。その結果、賛成255票、反対120票で不信任案は可決された。

政治改革に対する首相の姿勢を批判して自民党議員39人が賛成票を投じた。内閣不信任案の可決は1980年5月の大平内閣以来で、戦後4回目。政府は不信任案可決後、直ちに臨時閣議を開き、憲法69条に基づき解散を決定、再開後の本会議で桜内議長から解散詔書が朗読された。《共同通信》

平成1623日目

1994 平成6年6月18日(土)

【福岡】中学校で丸刈り拒否者を隔離

校則で丸刈りを定めている福岡県内の町立中学校が、丸刈りを拒否した1年生の男子生徒に対し「他の生徒に影響する」として、5月下旬から教室とは別の部屋で1人だけ隔離し授業を受けさせていることが18日、分かった。少年の父親は「教育を受ける権利の侵害だ」として福岡法務局に人権救済を申し出た。福岡県教育委員会も「教育の機会を保障する点で問題がある」として同日までにこの中学に是正を指導した。《共同通信》

【羽田孜首相】不信任でも解散せず

羽田首相は18日夕、JR総武線錦糸町駅前で街頭演説し、自民党が提出の動きを見せている内閣不信任案について「内閣不信任案が通れば総辞職か解散しかない。私は解散はしてはいけない、と言っている。そうなると総辞職ということになるが、国民や野党の理解を得なければならない」と述べ、場合によっては総辞職に踏み切っても社会党の連立政権復帰を促す考えを強調した。《共同通信》

平成1988日目

1995 平成7年6月18日(日)

【山陽電鉄】震災から5カ月、全線で運行再開

阪神大震災で不通になっていた山陽電鉄西代ー板宿間(神戸市、1キロ)が18日始発から運転を再開。同電鉄は震災後約5カ月ぶりに西代ー姫路間が全線開通した。また、神戸高速鉄道高速長田ー西代間(0.9キロ)も同日運転を再開した。《共同通信》

【村山富市首相】カナダからパリへ

村山首相は18日朝、河野外相とともに政府専用機でカナダ・ハリファクス市郊外のシェアウオーター空軍基地を発ち、パリへ向かった。首相はパリでフランスのシラク大統領らと会談する。橋本通産相はすでにパリ入りし、首脳会談に同席する。《共同通信》

平成2353日目

1996 平成8年6月18日(火)

【日本相撲協会】週刊ポストなどを八百長記事で告訴

日本相撲協会(境川理事長=元横綱佐田の山)は18日、大相撲の八百長疑惑などを掲載した週刊ポストを発行する小学館の社長、同誌の編集人らと、同誌の連載をまとめた単行本「八百長」を出版した鹿砦社(本社兵庫県)の社長を名誉毀損で13日に東京地裁に刑事告訴したことを明らかにした。

同協会が週間ポストを八百長関連記事で告訴するのは、夏場所中だった先月22日に次いで2度目。今回は今月7日号に掲載された、夏場所の八百長記事を対象としている。また4月に発売された「八百長」では、春場所の八百長疑惑の記述部分に絞って告訴した。《共同通信》

【住専法案】可決、成立

住宅金融専門会社(住専)処理法と金融関係5法の計6法が、18日午後の参院本会議で与党3党などの賛成多数で原案通り可決、成立した。これにより、1996年度予算に計上された住専処理のための6850億円の財政支出が可能になり、政府は1カ月後を目めどに「住専処理機構」を設立、本格的な住専処理の取り組みに着手する。《共同通信》

平成2719日目

1997 平成9年6月18日(水)

【細川護熙元首相】新進党を離党

細川護熙元首相が18日、新進党を離党した。昨年末の羽田孜氏(太陽党党首)に続く首相経験者の離党で、小沢一郎党首の求心力低下は必至、執行部は苦しい対応を迫られよう。細川氏の政治目標は判然としないが、将来の政界再編に新たな一石を投じる可能性もある。

細川氏は国会内で記者会見し、政治の閉塞状況を指摘しながら「新進党にとどまって幅広い政治勢力の結集ができるのか」と離党理由を説明。当面は無所属で単独活動する考えを表明したが、党運営をめぐる小沢氏との確執が直接原因ではないと強調した。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】細川氏離党「それなりの理由が」

橋本龍太郎首相は18日夜、細川護熙元首相の新進党離党について「政治家の進退というのは自分で決めるということだ。それなりの理由があって行動されるということだろう」と述べた。《共同通信》

平成3084日目

1998 平成10年6月18日(木)

【橋本龍太郎首相】「景気対策と不良債権処理は車の両輪」

橋本龍太郎首相は18日午後、第142通常国会閉幕を受け、首相官邸で記者会見し「景気回復と不良債権処理は車の両輪だ」と強調、金融機関が抱える不良債権処理問題に参院選期間中も全力で取り組む構えを表明した。その上で、不良債権処理の関連法案を参院選後の臨時国会に提出する意向を示した。

日米両国によるドル売り円買いの協調介入について「それなりの評価を市場からいただいた」との認識を示し「そういう評価を継続するためにも、日本経済の先行き不安を消す努力に全力を挙げ、目に見える結果を出せるよう進めていく必要がある」として、市場安定の立場からも不良債権処理の重要性を強調した。《共同通信》

平成3449日目

1999 平成11年6月18日(金)

【小渕恵三首相】米・クリントン大統領と会談

小渕恵三は18日午前、ドイツ・ケルン市内のホテルで主要国首脳会議(ケルン・サミット)に先立ってクリントン米大統領と会談した。大統領は日本の今年1−3月期の国内総生産(GDP)の伸び率が前期比1.9%増と1年半ぶりにプラスに転じたことについて「世界経済にも、米国にとっても良いことだ」と評価。「すべての可能な手段を使うことが重要だ」と述べ、財政的な措置を含む継続的な景気刺激策をとるよう求めた。首相は努力を約束した。《共同通信》

平成3814日目

2000 平成12年6月18日(日)

【公明党・神崎武法代表】与党過半数で森首相続投を支持

公明党の神崎武法代表は18日午後、名古屋市で記者会見し、今後の政局に関連して「連立政権をめぐって国民の審判を受けるので(与党で)過半数を獲得した場合、森政権を支える」と言明した。

自民、公明、保守の3与党で過半数の241議席を確保できれば、森喜朗首相の続投を支持するとの考えを明確に示したのは初めて。《共同通信》

平成4180日目

2001 平成13年6月18日(月)

【田中真紀子外相】米・ハウエル国務長官と会談

田中真紀子外相は18日午前、米国務省でパウエル米国務長官と会談し、日米安保関係の重要性を確認した。これに先立ち、外相はホワイトハウスでブッシュ大統領と会談、大統領は地球温暖化防止について日米が協力して取り組む意向を表明した。

ただ外相会談で京都議定書への参加問題では、パウエル国務長官は「受け入れられない」とし、平行線だった。《共同通信》

【小泉純一郎首相】日米首脳会談前に民間人を米に派遣

小泉純一郎首相は18日、ブッシュ大統領との初の日米首脳会談を控え、米国に小泉内閣が進める不良債権処理など経済政策や安全保障政策への理解を得るため、近く島田晴雄慶大教授、岡崎久彦元駐タイ大使を米国に派遣することを決めた。《共同通信》

平成4545日目

2002 平成14年6月18日(火)

【 FIFA・W杯】日本、8強進出ならず

Embed from Getty Images

サッカーの第17回ワールドカップ(W杯)は18日、決勝トーナメント1回戦の2試合を行い、日本はトルコに0−1で敗れ、準々決勝進出を逃した。2度目のW杯出場で目標だった決勝トーナメント進出を果たした日本は、ベスト8の壁に阻まれた。《共同通信》

髪の毛をぬらした雨が、薄いグレーのスーツにも広がっていた。「冒険は終わった。日本を指揮したこの4年間は幸せだった」フィリップ・トルシエ監督(47)はそこまで言うと声を詰まらせた。就任以来3年9カ月。選手に「闘う姿勢」を求め「赤鬼」とも恐れられた同監督が、人前で見せた初めての姿だった。

18日、宮城スタジアムで行われたワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦。日本はトルコに破れ準々決勝進出を逃した。W杯までが契約のトルシエ監督にとっては、これが最後の試合だった。《共同通信》

平成4910日目

2003 平成15年6月18日(水)

平成5275日目

【マリナーズ・イチロー外野手】シーズン100安打到達

米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手は18日、エンゼルス戦の1回に中前打を放って3年連続両リーグ最速となるシーズン通算100安打をマーク。連続試合安打も「14」に伸ばした。3回にも7打席連続安打となる左中間三塁打するなど4打数2安打で打率はリーグ2位、トップに9厘差の3割4分9厘。マリナーズは2−0で勝ち、4連勝。《共同通信》

【小泉純一郎首相】ルベルス国連難民高等弁務官と会談


https://www.kantei.go.jp/

6月18日、小泉首相は官邸でルベルス国連難民高等弁務官と会談を行った。

2001年から緒方貞子氏の後を継いで国連難民高等弁務官を務めているルベルス氏は、19日から都内で開催される難民問題に関する国際シンポジウムに出席するため来日。ルベルス氏はアフガニスタンの難民支援の継続を要請、小泉首相は前向きに対応する考えを示した。《首相官邸》

2004 平成16年6月18日(金)

【金融庁】UFJ銀行に改善命令

金融庁は18日、融資先企業の評価に重大な影響を与える重要資料を組織的に隠ぺいし検査忌避を行ったなどとして、UFJ銀行を中核とするUFJグループに、適切な業務運営と内部管理体制の確立などを求める4件の業務改善命令を同時に発動した。《共同通信》

【政府】多国籍軍参加を閣議決定

政府は18日午前の閣議で、イラク主権移譲後に編成される多国籍軍に自衛隊を参加させるため、イラク復興支援特別措置法の施行令改正と、自衛隊派遣の基本計画の変更を決定した。同時に自衛隊が多国籍軍の指揮下に入らず主体的に人道支援を行うと明確にした「政府見解」も閣議了解した。

自衛隊が多国籍軍に参加するのは初めて。小泉純一郎首相の説明や、9条との関係などの憲法論議が不十分との批判が出ている中で、「戦時」派遣の自衛隊活動はあいまいさを残したままで新たな段階に入った。《共同通信》

平成5641日目

2005 平成17年6月18日(土)

【中国・重慶】日本製モノレール開業

中国の重慶市に、日本の円借款事業で整備したモノレール路線が完成し、同市は18日午前、開通式を開いた。中国で日本の技術を導入したモノレールは初めて。重慶は戦時中に旧日本軍の爆撃により多数の犠牲者が出たことから未だに反日ムードが強い。

靖国問題で日中関係がぎくしゃくする「政冷」状態となっているが、式典には国土交通省の岩村敬事務次官や次期日中経済協会会長に決まった千速晃新日本製鉄会長ら、多数の日本関係者が招待され「経熱」は続いていることをうかがわせた。《共同通信》

【西武・涌井秀章投手】プロ初勝利

西武11−1ヤクルト◇18日◇神宮

新人の涌井(横浜高)が7度目の登板でプロ初勝利をものにした。高卒ルーキーの今季初白星はダルビッシュ(日本ハム)に譲ったが、6回を2安打1失点に抑えた18歳は「焦りはなかった。これで乗っていければいい。84球だったので、まだまだ行けました」と控えめに喜んだ。《共同通信》

平成6006日目

2006 平成18年6月18日(日)

【皇太子殿下】父親参観に出席

皇太子さまは父の日の18日、長女愛子さまが通う学習院幼稚園(東京都豊島区)の父親参観に出席された。2人は車で午前9時半前に学習院に到着。雨の中、愛子さまは、雨がっぱに長靴姿。自分で傘をさし、皇太子さまに手を引かれて幼稚園に入った。

宮内庁東宮職によると、園内では、愛子さまがほかの園児たちと一緒にブロック遊びや折り紙に興じ、自分で折った折り紙を皇太子さまに見せることもあったという。《共同通信》

平成6371日目

2007 平成19年6月18日(月)

【丸山和也弁護士】自民党から参院選出馬へ

自民党は18日、参院選比例代表候補として、テレビ出演で知られる丸山和也弁護士(61)の公認を決めた。これに先立ち安倍晋三首相(党総裁)が丸山氏と党本部で会い「逆風の中なので、元気にやってもらえるとありがたい」と期待を示した。《共同通信》

【トンネルじん肺訴訟】国と原告が和解

国が発注したトンネル工事に従事し、じん肺になった元作業員ら約970人が国に損害賠償を求め、全国11地裁に起こした集団訴訟で、厚生労働省や国土交通省など関係省庁と原告団が18日。和解の合意書に調印した。

調印に先立ち、安倍晋三首相と原告ら約20人が18日午前、首相官邸で面会。首相は「トンネル工事に長い間従事され、わが国の発展に貢献していただいた。患者、家族に心からお見舞い申し上げ、亡くなった患者、遺族に哀悼の誠をささげたい」と述べた。《共同通信》

平成6736日目

2008 平成20年6月18日(水)

【朝日新聞】鳩山法相に対し「死に神」

永世名人 羽生新名人。勝利目前、極限までの緊張と集中力からか、駒を持つ手が震え出す凄み。またの名、将棋の神様。

永世死刑執行人 鳩山法相。「自信と責任」に胸を張り、2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神。

永世官製談合人 品川局長。官僚の、税金による、天下りのためのを繰り返して出世栄達。またの名、国民軽悔の疫病神。《朝日新聞・6月18日付夕刊》

【福田康夫首相】岩手・宮城内陸地震の被災地を視察

福田康夫首相は18日午前、岩手・宮城内陸地震の被災地を視察した。視察後、首相は被災自治体の激甚災害指定について、記者団に「手続きがあるのでいま言える段階ではない。ただ、やることはやらないといけない」と語った。

首相は同日朝、陸上自衛隊のヘリコプターで首相官邸のヘリポートを出発し、上流が大規模な土砂崩落に襲われた荒砥沢ダム(宮城県栗原市)や「駒の湯温泉」(同)などを上空から視察。その後、岩手県一関市内の避難所となった小学校を訪れ、「県も市も国も全力を挙げてやっていますから。もうしばらく我慢して」などと被災者を激励した。《時事通信》

2009 平成21年6月18日(木)

【麻生太郎首相】フィリピン・アロヨ大統領と会談


https://www.kantei.go.jp/

麻生太郎首相は18日夜、来日中のフィリピンのアロヨ大統領と首相官邸で会談した。両首脳は、北朝鮮の再核実験に対する国連安全保障理事会決議の厳格な実施に向け協力することで一致した。

首相は「北朝鮮が決議の実施に向け建設的に対応することを期待するが簡単ではないだろう。拉致、核、ミサイル問題の包括的な解決を図りたい」と協力を求めた。大統領は支持を伝えた。大統領が日本の安保理常任理事国入りを支持する考えを重ねて示し、両首脳は安保理改革の早期実現に向け緊密に連携することを確認した。《産経新聞》

平成7467日目

2010 平成22年6月18日(金)

【自民党・谷垣禎一総裁】菅首相の消費税「10%」言及を批判

菅直人首相が消費税率「10%」に言及したのを受け18日、野党側は民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)実現に向けた「バラマキ財源の用意だ」(谷垣禎一自民党総裁)などと批判を強めた。

閣僚や民主党幹部が首相発言を評価する一方、与党の亀井静香国民新党代表は反対を表明するなど、参院選に向けた与野党の消費税論争が一気に活発化した。《共同通信》

【菅直人首相】拉致問題解決に決意

政府は18日午前、首相官邸で拉致問題対策本部(本部長・菅直人首相)を開いた。菅内閣発足後は初めての開催。首相はあいさつで10日に拉致被害者家族と面会したことに触れ、「家族の方々の30年以上にわたる、言葉に言い尽くせないご苦労を直接感じた。拉致は主権侵害そのもので、断じて容認できない」と、解決に向けた決意を示した。

首相は過去に日本人拉致の実行犯、辛光洙元死刑囚の助命嘆願書に署名したことがあるが、14日の衆院本会議では「間違いだった」と謝罪している。《産経新聞》

平成7832日目

2011 平成23年6月18日(土)

【社民党・福島瑞穂党首】「原発が止まっても、火力、水力が有るので大丈夫」

社民党の福島瑞穂党首は18日、長崎市の会合で挨拶し、菅直人首相の退陣時期に付いて「脱原発が後戻りしない様、道筋を付けてから辞めて欲しい」と述べ、当面の続投に理解を示した。民主、自民両党による大連立構想に付いては「脱原発弾圧への道だ」と批判した。

東京電力福島第一原発事故に関しては「事故を過小評価し、国民を被曝させた。罪は大きい」と述べ、経済産業省原子力安全・保安院の対応の不味さを指摘。停止中の原発再稼働に対しては「原発が止まっても、火力、水力が有るので大丈夫だ。再稼働させない為に頑張りたい」と強調した。《産経新聞》

【菅直人首相】千葉県の液状化被害を視察

菅直人首相は18日、東日本大震災による液状化被害を受けた千葉県習志野、浦安両市を視察した。浦安市内で記者団に「外から見るより大きな被害があることが改めて分かった」と語った。液状化被害については第2次補正予算だけでなく3次補正でも対応する考えを示した。《朝日新聞》

平成8197日目

2012 平成24年6月18日(月)

【野田佳彦首相】ロシア・プーチン大統領と会談


https://www.kantei.go.jp/

野田首相は18日午後(日本時間19日未明)、ロスカボスでロシアのプーチン大統領と初めて会談した。停滞している北方領土交渉を「再活性化」させることで一致し、実質的な協議を進めるため、 玄葉外相が今年夏にモスクワを訪問することで合意した。

会談は約30分間行われた。首相は領土問題について 「解決しなければならない問題だ。これまでの諸合意、諸文書、法と正義の原則に照らして、実質的な協議を始めたい。(柔道の)『始め』の号令をかけることに合意したい」と述べた。大統領は「話し合っていく用意がある。外務省間で話し合わせよう」と応じた。《読売新聞》

平成8563日目

2013 平成25年6月18日(火)

【大谷翔平投手】「5番・投手」で二刀流

プロ野球日本ハムのドラフト1位ルーキー、大谷翔平投手(18)は18日、広島市のマツダスタジアムで行われた広島戦に「5番・投手」として投手と野手の「二刀流」で出場し、投げて打って守った。

投手で4回3失点だったが、打者で二回に二塁打を放ち、同点の五回に遊ゴロで勝ち越し点をもたらした。五回から右翼の守備もこなし、九回に代打を送られて退いた。チームは7―4で勝った。《共同通信》

【安倍晋三首相】アベノミクス「ぶれずに実行」


https://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は18日夜(日本時間19日午前)、主要国首脳会議(サミット)閉幕を受け、英国北アイルランドのベルファストで記者会見した。自らの経済政策「アベノミクス」について、「実体経済は着実に改善している。大切なことは自信をもってぶれずに着実に実行していくことだ」と述べ、徹底して推進する決意を強調した。

サミットの成果について、首相は「わが国の経済政策がこれほど注目されたことは近年なかった」と自賛。「それだけに、日本をデフレから脱却させ、強い経済を取り戻し、世界経済の成長に貢献しなければならない責任を痛感した」と述べ、経済再生に全力を挙げる考えを示した。《時事通信》

平成8928日目

2014 平成26年6月18日(水)

【東京都議会】「早く結婚しろよ」

東京都議会の本会議で18日、みんなの党会派の塩村文夏議員(35)が、女性の妊娠・出産を巡る都の支援体制について一般質問をしていた際に、男性の声で「早く結婚しろよ」「子供もいないのに」などのヤジが飛んだ。同会派は、議員席からだったとして「公の場でセクハラ発言を受けた」と反発。発言議員を特定し、注意するよう議会運営委員会に申し入れる。

塩村氏は議長席前の演壇でヤジを浴び、声を詰まらせる場面もあった。質問終了後、報道陣に「女性の気持ちを代弁していただけに腹が立つし、悲しい」と語った。同会派の両角穣幹事長は「6年後に五輪が開かれる都市の議会でこういう発言が出るのは恥ずかしい」とあきれた様子。一方、議運の吉原修委員長(自民)は「聞いていない」とした上で、「(各)会派の中で品位のない発言をしないよう確認すればいいのでは」と述べるにとどめた。《毎日新聞》

平成9293日目

2015 平成27年6月18日(木)

【サッカー・宮市亮選手】独2部ザンクトパウリへ移籍

ドイツ2部ザンクトパウリ入りが決定的となっていたFW宮市亮(22)の移籍加入が18日、同クラブから発表された。背番号は13で、契約期間は18年6月末まで。日本代表招集歴もある快足ウイングは、名門アーセナルからの完全移籍。日本代表復帰も見すえ、心機一転、ドクロをモチーフにした特徴的なクラブから再出発する。《日刊スポーツ》

【九州南部】記録的豪雨

九州地方は18日朝、南部を中心に強い雨が降った。この影響で各地で土砂崩れなどがあったほか、九州北部の北九州市八幡東区でも同日早朝、高さ約13メートル、直径約50センチの木が県道に倒れているのが見つかり、現場付近が6時間余りにわたって通行止めとなった。

各地の気象台によると、18日朝は熊本県南部で1時間に30ミリ以上、鹿児島県や宮崎県の一部の地点でも1時間に20ミリを超える雨が降った。鹿児島県鹿屋市吉ケ別府では今月1日から18日午前までの雨量が、6月の平年値の2倍以上にあたる約1230ミリを観測したという。《朝日新聞》

平成9658日目

2016 平成28年6月18日(土)

【蓮舫氏】都知事選不出馬を表明

民進党の蓮舫代表代行は18日、都内で開いた事務所開きであいさつし、東京都知事選(7月14日告示、31日投開票)には出馬しない意向を示した。

支援者らを前にあいさつした際、12年に及ぶ国会議員としての取り組みを語る中で「下を向かず、常に前を向き、正面から課題に向き合ってきた。この国で政権交代が可能な2大政党制をつくりたいと思ったからだ。まだこの願いはかなっていない」と主張した。《日刊スポーツ》

平成10024日目

2017 平成29年6月18日(日)

【ゴルフ・松山英樹選手】全米オープン2位

男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権は18日、米ウィスコンシン州エリンのエリンヒルズ(パー72)で最終ラウンドが行われ、6打差の14位からスタートした松山英樹は8バーディー、2ボギーの66と伸ばし、通算12アンダーの276で2位に入った。メジャーでは自己最高で、1980年の同選手権での青木功に並ぶ日本勢最高順位。賞金105万12ドル(約1億1700万円)を獲得し、世界ランキングは4位から自身の日本勢史上最高を塗り替える2位に上がった。

ブルックス・ケプカ(米国)が67で回り、通算16アンダーでメジャー初優勝。《共同通信》

平成10389日目

2018 平成30年6月18日(月)

【大阪北部地震】

18日午前7時58分ごろ、大阪市北区、大阪府高槻市、枚方市、茨木市、箕面市で震度6弱の地震があった。大阪府で3人が死亡、けが人は兵庫、京都、三重、滋賀も含め240人以上になった。交通網もまひした。気象庁によると、震源地は大阪府北部で、震源の深さは約13キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・1と推定される。大阪府で震度6弱を観測したのは観測態勢が整った1923年1月以降、初めて。《共同通信》

【台湾・蔡英文総統】見舞いの投稿

大阪府北部で18日起きた地震を受け、台湾の蔡英文総統は同日、自身のツイッターで、お見舞いと早期復旧を願うメッセージを日本語と英語で投稿した。蔡氏は「日本国民の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。また、被害に遭われた方々の速やかな回復と被災地の早期復旧を心からお祈り申し上げます」と投稿。「出来る限り必要な支援を行う用意をしています」と結んだ。《毎日新聞》

平成10754日目

2019 令和元年6月18日(火)

【新潟県村上市】震度6強

18日午後10時22分ごろ、新潟県村上市で震度6強の地震があった。気象庁によると、震源地は山形県沖で、震源の深さは約14キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6.7と推定される。他に山形県鶴岡市で震度6弱を観測。秋田県由利本荘市、山形県酒田市、新潟県の長岡市と柏崎市などで震度5弱を記録した。村上市や酒田市、石川県七尾市などで高齢者ら約10人が転倒するなどして負傷した。《共同通信》

【香港・林鄭月娥行政長官】混乱について謝罪

香港政府トップの林鄭月娥行政長官は18日、記者会見し、香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正を巡る混乱について謝罪、市民の理解が得られない限り「絶対に改正作業を再開しない」と述べ、改正案を事実上撤回した。ただ「撤回」とは明言せず、辞任の意向もないことを強調した。《共同通信》

令和49日目

2020 令和2年6月18日(木)

【河井克行前法相夫妻】逮捕

参院選の票のとりまとめを依頼する目的で地元議員らに多額の現金を配布したとして、東京地検特捜部は18日、公選法違反(買収)の疑いで、前法相で衆院議員、河井克行容疑者(57)=広島3区=と妻で参院議員、案里容疑者(46)=広島選挙区=を逮捕した。案里容疑者が初当選した昨年7月の参院選をめぐる買収疑惑は、ついに現職議員2人に対する強制捜査に発展した。

克行容疑者の逮捕容疑は、昨年3月下旬~8月上旬、参院選で案里容疑者を当選させるため、投票や票の取りまとめなどの報酬として116回にわたって計約2400万円を91人に供与。また、案里容疑者は克行容疑者と共謀し、5人に5回にわたり、170万円を渡したとしている。《産経新聞》

令和415日目



→6月19日のできごと

6月のできごと

←6月17日のできごと