平成10389日目

2017/06/18

【ゴルフ・全米オープン】松山英樹選手は2位

男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権は18日、米ウィスコンシン州エリンのエリンヒルズ(パー72)で最終ラウンドが行われ、6打差の14位からスタートした松山英樹は8バーディー、2ボギーの66と伸ばし、通算12アンダーの276で2位に入った。

Embed from Getty Images

メジャーでは自己最高で、1980年の同選手権での青木功に並ぶ日本勢最高順位。賞金105万12ドル(約1億1700万円)を獲得し、世界ランキングは4位から自身の日本勢史上最高を塗り替える2位に上がった。

ブルックス・ケプカ(米国)が67で回り、通算16アンダーでメジャー初優勝。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【民進党】加計で閉会中審査を

与野党は18日のNHK番組で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り討論した。民進党の野田佳彦幹事長ら野党側は、選定過程に疑問点が多いとして通常国会が同日閉会した後の閉会中審査を実施するよう要求した。自民党の下村博文幹事長代行は「新たな問題があれば拒否するつもりはない」と述べるにとどめた。

野田氏は「行政手続きが公正だったかが問われている」と指摘。共産党の小池晃書記局長は「安倍晋三首相出席の閉会中審査は絶対に必要だ」と強調した。

下村氏は前川喜平・前文部科学省事務次官の証人喚問について「いまさら国会で聴くことではない」などと力説した。《共同通信》

【プロ野球交流戦】ソフトバンクが3連覇

日本生命セ・パ交流戦◇広島4―7ソフトバンク◇18日◇マツダ

ソフトバンクが広島を下し、3年連続最高勝率チームとなった。広島と12勝6敗で並んだが、直接対決で2勝1敗と勝ち越しているため。巨人には1勝2敗で唯一、負け越したものの、史上初の“3連覇”となった。

2005年に始まった交流戦は14年まで完全なホームアンドアウェーで行われており“優勝チーム”として表彰されていたが、15年から同一カードが3試合になり、ホームあるいはビジターのみで行われるため“最高勝率チーム”としている。《スポーツ報知》

【韓国】新外相に康京和氏

韓国の文在寅大統領は18日、康京和・前国連事務総長特別顧問(62)を新外相に任命し、康氏は外相に就任した。康氏は5月、外相候補に指名されたが、野党は能力や過去の不祥事を問題視し、就任に反対してきた。文氏は今月下旬に迫った米韓首脳会談など外交懸案への対応が急がれることから、大統領権限による任命に踏み切った。

康氏の外相就任に野党が批判を強めるのは必至。文政権では16日、法相候補だった安京煥・ソウル大名誉教授が過去の醜聞で指名を辞退したばかりで、文氏は他の閣僚候補の任命でも難しい対応を迫られる。《共同通信》

【イラク軍】モスル旧市街へ突入

イラク軍は18日、過激派組織「イスラム国」(IS)が拠点としてきた同国北部モスルで、ISが最後のとりでとして立てこもった旧市街への突入作戦を開始した。既にモスルのほとんどを奪還しており、完全制圧を急いでいる。国連によると旧市街には市民10万人以上が「人間の盾」として取り残されており、作戦完了の時期は不明。

イラク軍などは昨年10月に奪還作戦を始めた。今年5月下旬のラマダン(断食月)開始前にモスル全体を制圧したい考えだったが、慎重姿勢を取り、作戦は長期化していた。イラク軍高官は18日、突入作戦は「厳しい戦いになる」と述べた。《共同通信》



6月18日 その日のできごと(何の日)