平成9658日目

2015/06/18

この日のできごと(何の日)

【この日の安倍総理】

衆院予算委員会

安倍晋三首相は18日の衆院予算委員会で、日本年金機構の個人情報流出問題に関し「最終的に行政全般の責任を取るのは私だ。責任を感じている」と表明した。同時に「私の責務は、こうしたことを二度と起こさないようにし、徹底的に原因究明する態勢を整えることだ」と述べ、再発防止に努める姿勢を強調した。


https://www.kantei.go.jp/

予算委に出席した年金機構の水島藤一郎理事長は、情報が流出した基礎年金番号の不正利用防止のため実施する番号変更を、9月をめどに開始すると明らかにした。

塩崎恭久厚生労働相は「監督責任がある」とし、第三者委員会の検証結果を踏まえて自らの責任の取り方を明らかにする考えを示した。《共同通信》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【警視庁】麻薬密輸容疑でトヨタ初の女性役員を逮捕

麻薬成分を含む錠剤を密輸したとして、警視庁は18日、麻薬取締法違反(輸入)の疑いで、トヨタ自動車の常務役員で、米国籍のA容疑者(55)を逮捕した。組織犯罪対策第5課によると「麻薬を輸入したとは思っていません」と容疑を否認している。A容疑者は、4月1日付でトヨタ初の女性役員として登用されていた。《産経新聞》

【九州南部】記録的豪雨

九州地方は18日朝、南部を中心に強い雨が降った。この影響で各地で土砂崩れなどがあったほか、九州北部の北九州市八幡東区でも同日早朝、高さ約13メートル、直径約50センチの木が県道に倒れているのが見つかり、現場付近が6時間余りにわたって通行止めとなった。

各地の気象台によると、18日朝は熊本県南部で1時間に30ミリ以上、鹿児島県や宮崎県の一部の地点でも1時間に20ミリを超える雨が降った。鹿児島県鹿屋市吉ケ別府では今月1日から18日午前までの雨量が、6月の平年値の2倍以上にあたる約1230ミリを観測したという。《朝日新聞》

【サッカー・宮市亮選手】独2部ザンクトパウリへ移籍

ドイツ2部ザンクトパウリ入りが決定的となっていたFW宮市亮(22)の移籍加入が18日、同クラブから発表された。背番号は13で、契約期間は18年6月末まで。日本代表招集歴もある快足ウイングは、名門アーセナルからの完全移籍。日本代表復帰も見すえ、心機一転、ドクロをモチーフにした特徴的なクラブから再出発する。《日刊スポーツ》

【韓国】新首相に黄教安氏

韓国国会は18日、裏金疑惑で4月に辞任した李完九前首相の後任に指名されていた黄教安法相(58)の任命同意案を、賛成多数で可決した。

黄氏は元検察官で、公安担当などを経て釜山高検検事長などを歴任。2013年、朴槿恵政権発足とともに法相に就任した。朴政権は、裏金疑惑に問われた前任者に代わって法相を充てることで、腐敗を一掃する姿勢を強調する狙いがある。

李前首相の辞任後、崔ギョン煥・経済副首相兼企画財政相が首相代行を務めており、MERS感染拡大に伴い経済にも悪影響が及ぶ中、朴大統領には早期に首相を決め、崔氏を経済政策に専念させたい意向もあった。《共同通信》

【北朝鮮】「百年に1度」の干ばつ

朝鮮中央通信は18日までに、北朝鮮では「100年に1度」の干ばつに見舞われ、各地の農村で深刻な被害が出ていると伝えた。昨年も大干ばつに襲われており、恒常的な食料不足がさらに悪化する懸念がある。

同通信によると、田植えを終えた全国の田んぼ44万1560ヘクタールのうち、13万6200ヘクタールで稲の苗が既に枯れ始めている。とりわけ穀倉地帯の黄海北道や黄海南道、平安南道などの被害が深刻で、黄海南道では田んぼの8割が干上がった状態だという。

韓国統一省は、北朝鮮で干ばつが7月初めまで続いた場合、食糧生産量が昨年比で最大2割減少すると試算している。《共同通信》

【ミシェル・オバマ米大統領夫人】ミラノ万博視察

ミシェル・オバマ米大統領夫人は18日、「食」をテーマにイタリア北部ミラノで開催中の国際博覧会(万博)の会場を訪れた。同国のレンツィ首相のアニェーゼ夫人と共にイタリアや米国の展示館を視察し、学生や子供らとの交流を楽しんだ。

ミシェル夫人は子供たちの健康的な食生活の奨励に熱心なことで知られる。ミラノ万博では約150の国や国際機関が飢餓や食料廃棄など地球規模の課題への取り組みを紹介しており、ANSA通信によると、ミシェル夫人は「多くの米国人に見てほしい」と話した。視察には2人の娘も同行した。《共同通信》

【デンマーク】4年ぶり政権交代へ

デンマークで18日に投票が行われた国会(一院制、定数179)総選挙は即日開票され、DPA通信などによると前首相のラスムセン自由党党首率いる中道右派の野党陣営が過半数に達し、勝利した。ラスムセン氏が約4年ぶりに首相に返り咲く見通しで、政権が交代する。

自由党は議席を減らしたが、移民排斥を唱える極右デンマーク国民党が躍進し、陣営全体で議席増となった。同党は自由党を抜き、トーニングシュミット首相率いる社会民主党に次ぐ第2党となった。デンマーク国民党は、EU残留の是非を問う国民投票を構想しているとされ、対EU外交への影響が注目される。《共同通信》



6月18日 その日のできごと(何の日)