平成、令和の10月7日

社民党・土井たか子党首、拉致問題対応を謝罪(平成14年10月7日) ヤクルト・古田敦也選手兼任監督、引退試合(平成19年10月7日) 菅直人首相、尖閣ビデオ「見ていない」(平成22年10月7日) 民主党・蓮舫氏、うちわ問題で松島みどり法相を追求(平成26年10月7日) 立憲民主党、衆院選公約を発表(平成29年10月7日)

※転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。



1989 平成元年10月7日(土)

平成273日目

【ブラックレイン】リドリー・スコット監督作品公開

10月7日のできごと(何の日)

【東ドイツ・ベルリン】民主化要求デモ

厳戒態勢の中での東ドイツ建国40周年記念式典が終了した7日夕から夜にかけ、首都ベルリンの中心部で数千人規模の民主化要求デモがあり、参加者の多数が拘束された。5日から始まった建国記念行事の期間中、地方都市でのデモは伝えられていたが、ベルリンでの街頭デモはこれが初めて。《共同通信》

【自民党・小沢一郎幹事長】解散を否定

自民党の小沢幹事長は7日、党主催のブロック懇談会出席のため訪れた仙台市内のホテルで記者会見し、野党の提出している消費税廃止法案への対応について「疑問のある点を聞いた上でもう聞くことがないとあれば民主主義なのだから(参院で)採決し可決されれば衆院に回るのは当然だ。その際は衆院で審議を拒む理由はない」と述べ、今国会中に参院で廃止法案が採決される事態になっても解散は考えず徹底審議するとの考えを明らかにした。《共同通信》

1990 平成2年10月7日(日)

平成638日目

【巨人・斎藤雅樹投手】2年連続20勝達成

中日5−6巨人◇7日◇東京ドーム

不調の斎藤を打線と救援の水野が助け、斎藤の2年連続20勝を後押しした。

巨人は宇野の2点本塁打で再逆転された六回、中尾の右犠飛で追い付き、八回には左前打の原が内野ゴロと三盗で三塁まで進んだ二死から駒田が中前に適時打して勝ち越した。前半の3点を追い付いた粘りの攻めといい、九回水野をマウンドに送る継投といい、斎藤へのバックアップが厚かった。

中日は斎藤に今季8敗目を喫し、全日程を終了した。《共同通信》

【海部俊樹首相】オマーン国王と会談

中東歴訪の最終訪問国オマーンのサララ入りした海部首相は、7日午後7時半からホスヌ宮殿にカブース国王を表敬訪問し、約1時間15分にわたってペルシャ湾岸情勢、二国間問題をめぐり会談した。

国王は湾岸危機に関し「平和のうちに解決することを望む」としながらも「ただそれがいつまでも不可能なら他の方法も考えなければならない」と述べ、事態が長引けば武力行使の可能性も否定できないとの認識を示した。《共同通信》

1991 平成3年10月7日(月)

平成1003日目

【自民党・竹下派】総裁選独自候補論が噴出

自民党総裁選で動向が焦点となっている竹下派は7日、緊急総会で独自候補擁立論が相次いだため一任を受けた金丸会長が同日夕、改めて小沢会長代行に出馬するよう説得したが、小沢氏の固辞の姿勢は変わらなかった。独自候補擁立が困難な状況は続いており、時間切れで宮澤喜一氏を軸に渡辺美智雄氏のどちらかの支持にまわる可能性が高い。

ただ、金丸氏が総会や三塚博氏との会談で独自候補擁立を明言したことから金丸、小沢両氏とも苦しい立場に立たされかねないこともあり、不透明感も出ている。《共同通信》

1992 平成4年10月7日(水)

平成1369日目

【B’z】シングル「ZERO」発売

【自民党竹下派】小沢一郎会長代行が辞表撤回

自民党竹下派の小沢一郎会長代行は7日、同派会長の金丸前副総裁に提出していた辞表を事実上撤回し、派閥活動を再開した。

5億円献金事件に対する党内外の厳しい批判にさらされている金丸氏が、派閥会長としての活動を当面「自粛」する意向を固めたのを受け、同派の態勢立て直しの先頭に立たざるを得ないとの判断による。

小沢氏は同日の竹下派常任理事・幹部会に出席し「竹下派を取り巻く環境は非常に厳しいので、一致団結して乗り切っていこう」と訴えた。

1993 平成5年10月7日(木)

平成1734日目

【プロ野球・オリックス】土井正三監督の退団を発表

オリックスは7日、神戸市内のホテルで土井正三監督(51)の今季限りでの退団を発表した。猿渡球団社長、井箟球団代表と並んで辞任会見に臨んだ土井監督は、退団について「今年で契約が切れるので予測していた。優勝争いもできず責任を感じている」と心境を明かした。井箟代表は「これから複数の候補者との交渉に入る。できるだけ早く決めたい」と語った。《共同通信》

【細川護熙首相】輸入拡大へ決意

政府は7日朝、輸入拡大策などについて官民で話し合う貿易会議(議長・細川首相)を首相官邸で開いた。細川首相はこの中で「わが国が海洋国家として生きていくためには、自由な通商体制を維持していくことが最も重要だ。そのためにはできる限りの手を尽くしていく」との決意を表明した。

同会議は大幅な経常収支不均衡を是正するための「輸入拡大基本方針」を決定し、7月の日米首脳会談で合意した「経常黒字の十分意味のある縮小」の実現に取り組むことを事実上公約した。《共同通信》

1994 平成6年10月7日(金)

平成2099日目

【中国】通算41回目の核実験

新華社電によると、中国外務省スポークスマンは7日、中国が地下核実験を同日実施したと発表した。6月10日に続いて今年2回目で通算では41回目。昨年10月にも実施した。米国、英国、フランスなど核保有国が一時的に核実験を停止している中での度重なる実験だけに、国際社会から非難を浴びるのは必至だ。

同外務省は実験場所を明らかにしていないが、新疆ウイグル自治区のロプノル実験場で行われたとみられる。爆発に伴う地震波を観測したオーストラリア地震センターによると、実験は日本時間7日午後0時25分実施され、規模は40〜150キロトン。センターはマグニチュード6.1〜6.3の地震を観測した。《共同通信》

【村山富市首相】消費税率再引き上げは「白紙」

国会は7日、参院本会議で引き続き代表質問を行い、3日間にわたる衆参両院での代表質問日程を終えた。11日からは、論戦の舞台を衆院予算委員会に移す。

村山首相は税制改革大綱で5%に決定した消費税率の見直し条項に関連し「社会保障費や財政状況を総合的に勘案し、必要とされれば1996年9月末までに見直しを決めるが、何ら予断を持っていない」と答弁。税率再引き上げは白紙だとの考えを強調した。《共同通信》

1995 平成7年10月7日(土)

平成2464日目

【新党さきがけ・鳩山由紀夫代表幹事】新党立ち上げ時期「慎重に」

新党さきがけの鳩山由紀夫代表幹事は7日、札幌市で記者会見し社会党の新党問題について「(新党結成が)村山政権に与える影響を(社会党は)より深刻に考えるべきだ。立ち上げの時期はもっと慎重に選んでいくべきではないか」と述べ、10月末とする新党結成を急ぐべきではない」との考えを示した。《共同通信》

【警視庁】オウム真理教「正大師」逮捕

オウム真理教の熊本県波野村進出に伴う国土利用計画法違反事件の公判で、上祐史浩緊急対策本部長(32)が、教団の公認会計士にうその証言をさせたとして警視庁は7日午前1時10分、偽証容疑で上祐容疑者と公認会計士のA容疑者(47)を逮捕した。また元教団顧問弁護士B被告(35)の逮捕状を取った。

上祐容疑者は、教組の麻原彰晃被告(40)に次ぐ「正大師」の地位にある教団の事実上の最高実力者。A容疑者も資金運用の実務を担当しており、警視庁は偽証事件を突破口に、武装化やサリン事件につながる資金の流れや教団資産の実体解明を急ぐ。《共同通信》

1996 平成8年10月7日(月)

平成2830日目

【相川七瀬さん】シングル「恋心」発売

10月7日のできごと(何の日)

【プロ野球・阪神】吉田義男氏が監督に復帰

プロ野球阪神の第27代監督に1985年に同球団を初の日本一に導いた吉田義男氏(63)の復帰が決まり、7日、発表された。吉田氏は来季10シーズンぶりの現場復帰で阪神では初の3度目の監督就任となる。

阪神は9月13日に成績不振を理由に藤田平監督を解任した。その後、監督経験のある球団OBを中心に後任の選定に入ったが、最終的に吉田氏に絞り、3日朝、就任を要請した。《共同通信》

【与野党6党首】公開討論

総選挙の公示を控え、自民、新進、民主、社民、さきがけの6党党首による公開討論会が7日午後、東京・内幸町の日本記者クラブで開かれ、行政改革、消費税率引き上げ、選挙後の政権構想などについて論戦を展開した。

橋本龍太郎自民党総裁(首相)は省庁の統合再編などの行革の具体案について首相直属機関で1年をめどに成案をまとめるとの方針をあらためて示すとともに「総選挙後に仕組みづくりにすぐ着手し、何ヶ月かで中間的な骨格を出す」と述べ、中間報告として具体案を提示する考えを明らかにした。

これに対して小沢一郎新進党党首は「行革のアイディアは出尽くしているが、自社さ連立政権は衆参両院で絶対多数を持ちながらも何もしなかった」と現政権の取り組みを強く批判した。

鳩山由紀夫民主党代表は国会に「行政監視評価委員会」の設置を提唱、大蔵省改革を優先させるべきだとの考えを強調した。新党さきがけの井出正一代表は「行革政権の一員を目指す」と述べた。《共同通信》

1997 平成9年10月7日(火)

平成3195日目

【サッカー日本代表・加茂周前監督】帰国

サッカーのワールドカップ(W杯)フランス大会アジア最終予選での成績不振を理由に解任された加茂周・前日本代表監督(57)は7日朝、成田着の航空機でカザフスタンから帰国。終始無言で通し、任期途中での戦線離脱の悔しさをにじませた。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】郵政3事業での応酬に沈黙

自民党内の反発で厳しい状況になっている行政改革会議の郵政3事業改革案をめぐって、7日午前の閣議後の懇談会で激しい議論の応酬があった。肝心の橋本龍太郎首相は内容については沈黙したままで、行革に関する閣僚懇談会をあらためて開催するよう指示しただけ。自民党だけでなく閣内の意思統一の難しさを見せつける一幕だった。

口火を切ったのは郵政民営化論者の小泉純一郎厚相で、「(自民)党では3事業国営形態維持の大合唱だが、橋本行革の原点は何だったのか。改革の意識が乏しいのではないか」と指摘。

これに対し自見庄三郎郵政相は「中間報告は重いが、遂行には与党の理解が必要だ」と述べ、中間報告の修正もあり得るとの認識を表明した。《共同通信》

1998 平成10年10月7日(水)

平成3560日目

【スズキ・Kei】発売

10月7日のできごと(何の日)【スズキ・Kei】発売
http://www.goo-net.com/

【プロ野球・西武】2年連続13度目のリーグ優勝

7日、西武は本拠地の西武ドームで行われた近鉄とのダブルヘッダー第2試合に勝って、リーグ優勝を決めた。マウンドにベテランの伊東を中心にした輪ができた。ベンチから駆け付けた東尾監督は4度、ナインの腕で宙に舞った。《共同通信》

【韓国・金大中大統領】来日

韓国の金大中大統領は7日正午すぎ、国賓として李姫鎬夫人らとともに特別機で羽田空港に到着、大統領就任後初めて来日した。同日夜には大統領夫妻を歓迎する天皇、皇后両陛下主催の宮中晩さん会が皇居・宮殿の「豊明殿」で開かれた。《共同通信》

1999 平成11年10月7日(木)

平成3925日目

【世界柔道】日本、3階級で金

世界柔道選手権第1日は7日、英国・バーミンガムの室内アリーナで男女各2階級が行われ、男子100キロ超級では篠原信一(旭化成)、同100キロ級は進境著しい井上康生(東海大)が初優勝し、女子78キロ級は阿武教子(警視庁)が、階級変更前の72キロ級に次いでの2連覇を達成した。同78キロ超級の二宮美穂(24)=コマツ=も銅メダルを獲得した。

日本男子が最重量級(無差別級を除く)で優勝したのは1989年ベオグラード大会の小川直也以来で10年ぶり。重量2階級をそろって制したのは79年に8階級になってからは初。《共同通信》

【小渕恵三首相】介護保険「4月に予定通り実施」

小渕恵三首相は7日朝、亀井静香自民党政調会長が介護保険制度の抜本的見直しを提案したことについて「政府としては来年4月1日に実施する方向でいるので万全を期していくことに尽きる」と述べ、予定通り実施する考えを強調した。《共同通信》

2000 平成12年10月7日(土)

平成4291日目

【東海北陸道】荘川IC〜飛騨清見IC供用開始

東海地方と北陸地方を結ぶ東海北陸自動車道の荘川(岐阜県荘川村)ー飛騨清見インター(同県清見村)間18.9キロが完成し、7日午前、開通式が行われた。一般車両は同日午後3時から通行できる。

同区間にある松ノ木峠付近は標高1085メートル地点を通過。これまで最高だった中央自動車道の1015メートル地点(長野県富士見町)を70メートル更新、日本一の高さとなる。《共同通信》

【プロ野球・ダイエー】2年連続2度目のリーグ優勝

プロ野球パ・リーグは7日、王貞治監督(60)が率いるダイエーが2年連続優勝を決めた。ことしのプロ野球日本一を争う日本シリーズは、4年ぶりにセ・リーグを制した巨人の長嶋茂雄監督(64)との「ON決戦」という夢の顔合わせとなった。

優勝へのマジックナンバーを「1」としていたダイエーは、地元福岡ドームでの今季最終戦でオリックスを1−0で下し、132試合目でゴール。王監督がナインの手で6度宙に舞った。《共同通信》

2001 平成13年10月7日(日)

平成4656日目

【マリナーズ・イチロー外野手】首位打者・盗塁王獲得

米大リーグは7日、レギュラーシーズン(公式戦)の全日程を終了。同日のレンジャーズ戦で4打数1安打だったマリナーズのイチロー外野手(27)が打率3割5分でア・リーグの首位打者に輝き、56盗塁で盗塁王のタイトルも獲得した。

新人の首位打者は、1964年のトニー・オリバ選手(ツインズ)以来、史上2人目。盗塁王とのダブルタイトルは49年、黒人初の大リーガーとして有名なジャッキー・ロビンソン選手(ドジャース)以来の快挙だった。《共同通信》

【福田康夫官房長官】小泉首相に「お守り」

福田康夫官房長官は7日夕、首相公邸で、8日に中国を訪問する小泉純一郎首相と会い、旅の安全を祈願した「お守り」を手渡した。

福田長官によると、「京都の古いお寺」のもので、記者団に「道中安全を祈ってね」。日帰り訪中の強行日程を心配しての女房役としての心遣いのようだが、「米中枢同時テロ後の第二弾テロを警戒して」とか、「靖国神社参拝問題で中国政府首脳との厳しい会談が予想されることをねぎらって」とか、「お守り」をめぐる解説がさまざま。《共同通信》

2002 平成14年10月7日(月)

平成5021日目

【社民党・土井たか子党首】拉致問題対応を謝罪

10月7日のできごと(何の日)

社民党の土井たか子党首は7日、国会内で記者会見し、北朝鮮の朝鮮労働党と友党関係にある社民党が日本人拉致事件の解明に積極的ではなかったことについて 「今にして思えば(朝鮮労働党から)間違ったことを言われていたが、社民党自身が(北朝鮮側を)追及したかというと、率直に言って十分とはいえず、期待に沿うよう尽くしてきたとはいえない。かえりみて申し訳ない」と謝罪した。

さらに、「被害を受けた家族の皆さんにも申し訳ありません、とおわびしたい」と陳謝した。 社民党のトップが北朝鮮による日本人拉致事件に対するこれまでの党の姿勢について公式に謝罪したのは、旧社会党時代を通じて今回が初めて。《産経新聞》

【北朝鮮による日本人拉致事件】曽我さん親子も拉致認定へ

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)による拉致事件で警察庁は7日、1978年に新潟県真野町(佐渡島)で拉致された曽我ひとみさん(43)と母親ミヨシさん=当時(46)=親子について、今週中にも拉致被害者に追加認定する方針を固め、詰めの作業に入った。これで政府認定の拉致事件は9件13人になる。

新潟県警が5日、政府調査団に対するひとみさんの証言に基づき、拉致されたとみられる現場付近を実況見分。この結果、県警と警察庁は「証言と現場状況に矛盾はない」と判断した。《共同通信》

2003 平成15年10月7日(火)

平成5386日目

【巨人・原辰徳監督】甲子園で最終戦

今季限りでの辞任を表明しているプロ野球・巨人の原辰徳監督(45)が7日、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われた阪神戦で最終戦を迎えた。勝利で飾った試合終了後、阪神の星野仙一監督から花束を贈られ、ねぎらいと激励の言葉を掛けられながら肩を抱きかかえられると感極まって涙を流した。

高橋由伸外野手からも花束を受け取るとマイクを握り、初めてファンに直接、声を掛けた。

「ここで宙に舞った時の巨人ファンの歓声、最後まで祝福してくれた阪神ファンの歓声は忘れることはできません」。就任1年目の昨年9月24日、幾多の思い出が詰まった球場での胴上げを振り返ると、スタンドを埋め尽くした4万8000人のファンからは敵味方を越えて温かい拍手が送られた。《共同通信》

【小泉純一郎首相】中国・温家宝首相と会談

10月7日のできごと(何の日)
https://www.kantei.go.jp/

小泉純一郎首相は7日午後、インドネシア・バリ島で中国の温家宝首相と初めて会談し、小泉首相の靖国参拝で途絶えている日中首脳の相互訪問再開に向けて努力する考えで一致した。

温首相は靖国参拝問題に直接言及せず、日中関係の発展に向けて協力する必要性を強調。両首相は北朝鮮の核開発問題解決への連携を確認した。《共同通信》

2004 平成16年10月7日(木)

平成5752日目

【プロ野球・巨人】文芸春秋を提訴

プロ野球の巨人球団は7日、IT関連企業楽天のプロ野球参入を巡る「週刊文春」の記事に虚偽の事実が掲載されたとして、発行元の文芸春秋と「週刊文春」編集長を相手取り、慰謝料3000万円などを求め、東京地裁に提訴した。

巨人球団広報部は、週刊文春に掲載された「巨人の球団幹部が9月14日に楽天の三木谷浩史社長と面会し、球界参入を依頼した」などの記載は事実無根だとしている。記事の取り消しなどを求める抗議書を送ったが、誠意ある対応が得られなかったため、提訴したという。《朝日新聞》

【小泉純一郎首相】沖縄米軍海外移転促進を表明

小泉純一郎首相は7日昼、ベトナムのハノイ市内で同行記者団と懇談、在沖縄米軍部隊の移転問題について「抑止力(の維持)も含めて国外移転はあっていい」と述べ、部隊の一部を海外へ移転させる方向で米側との協議を進める方針を表明した。

首相が在沖米軍の海外移転を目指す考えを明言したのは初めて。海兵隊の一部を念頭においた発言とみられる。《共同通信》

2005 平成17年10月7日(金)

平成6117日目

【プロ野球・オリックス】来季監督に中村勝広氏

プロ野球オリックスは神戸市内で7日、来季監督に元阪神監督で現在はオリックスのゼネラルマネジャー(GM)を務める中村勝広氏(56)の就任を発表した。 中村氏は「青天のへきれき。責任の重い大役ではあるが、チームの融合や基盤づくりをさらに進めたい」と抱負を語った。来季はGM職を置かず、監督に専念する。契約期間は未定。《共同通信》

【小泉純一郎首相】“郵政民営化”国民の支持に自信

衆院郵政民営化特別委員会は7日、政府の郵政民営化関連法案と、民主党が対案として提出した郵政改革法案の総括質疑を行った。小泉純一郎首相は通常国会での政府案否決、衆院選での与党大勝の経緯に触れ「一度死んだ法案を国民が生き返らせてくれようとしている」と述べ、民営化に対する国民の支持に自信を示した。《共同通信》

2006 平成18年10月7日(土)

平成6482日目

【ヤクルト・高津臣吾投手】日米通算300セーブ

広島3−4ヤクルト◇7日◇神宮

ヤクルトが逆転勝ちで3位を確定させた。1−3の八回無死一、二塁でラミレスが25号逆転3ランを放った。9回を高津がしのぎ、日米通算300セーブを挙げた。広島は終盤に救援陣が崩れ、このカード5年連続の負け越しとなった。《共同通信》

【自民党・片山虎之助参院幹事長】「求心力維持には2勝必要」

自民党の片山虎之助参院幹事長は7日、岡山市内で講演し、22日投開票の衆院神奈川16区、大阪9区補選に関して「そちらも自民党の議席だったから勝って当然で、2勝しないと求心力に問題が出る」と述べ、安倍晋三首相の求心力維持には両選挙区とも党公認候補の勝利が必要との認識を示した。《共同通信》

2007 平成19年10月7日(日)

平成6847日目

【ヤクルト・古田敦也選手兼任監督】引退試合

ヤクルトの古田敦也選手兼任監督(42)の引退試合が7日、神宮球場でのホーム最終戦、広島24回戦で行われた。「5番・捕手」で4月19日以来の先発となった古田監督はフル出場し、4打数無安打だった。

試合後のセレモニーで、古田監督は時折言葉に詰まりながらあいさつ。本塁付近で胴上げされたあと、サインボールをスタンドに投げ入れながら、場内を一周し、今季最多の3万3027人を集めた本拠地でファンに別れを告げた。《毎日新聞》

【福田康夫首相】国際派ぶりをアピール

福田康夫首相は7日、京都市で開かれた「科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム」の開会式に出席し、英語でスピーチした。世界全体の温室効果ガス排出量を2050年までに半減するという「美しい星50」構想を紹介。「日本としてもリーダーシップを発揮したい」と国際派ぶりをアピールしてみせた。《共同通信》

【阿部典史さん】死去

7日午後6時20分ごろ、川崎市川崎区大島1丁目の市道で、オートバイレーサー阿部典史さん(32)のオートバイがトラックと衝突。阿部さんは病院に搬送されたが死亡した。阿部さんは世界選手権で3勝を挙げた有名レーサーだった。

川崎署によると、トラックがUターンしようとしたところ、後方からきた阿部さんのオートバイに衝突した。現場は片側2車線でUターンが禁止されている。同署がトラックの運転手(51)から詳しい事情を聴いている。《共同通信》

2008 平成20年10月7日(火)

平成7213日目

【南部陽一郎氏、益川敏英氏、小林誠氏】ノーベル物理学賞受賞決定

スウェーデンの王立科学アカデミーは7日、2008年のノーベル物理学賞を、素粒子物理の「標準理論」と呼ばれる理論体系構築に重要な貢献をした南部陽一郎・米シカゴ大名誉教授(87)=東京都生まれ、旧制福井中学卒、福井市名誉市民、米国籍=と、小林誠・高エネルギー加速器研究機構名誉教授(64)、益川敏英・京都大名誉教授(68)の3人に授与すると発表した。本県関係者のノーベル賞受賞は初めて。《福井新聞》

【麻生太郎首相】対テロ法審議に意欲

衆院予算委員会は7日、2008年度補正予算案に関する基本的質疑を行った。麻生太郎首相は衆院解散・総選挙の時期に関連し、インド洋での給油活動を延長する新テロ対策特別措置法改正案の審議を進め、国際貢献に関する争点を鮮明にした上で、解散に踏み切りたいとの意向を示した。

首相は「民主党との間にきちんとした争点を設定しないといけない。国際貢献などについて(争点を)正確にした上で、どちらが政権担当能力があるかを皆さんの前に明らかにすることが必要だ」と強調。同時に「大量の票を有権者から得た480人の議員を解雇するのに近い。解散は十分に考えた上で決断したい」とも述べた。《共同通信》

2009 平成21年10月7日(水)

平成7578日目

【ロッテ・バレンタイン監督】ラストゲーム

ロッテのボビー・バレンタイン監督(59)が7日、クリネックススタジアム宮城での楽天戦で最後の指揮を執った。0―9で完敗した試合後は名残を惜しむように雨の中、ファンの声援に応え「素晴らしいチームを率いられて幸せ」と話した。日本での通算成績は493勝450敗23分け。《スポニチ》

【鳩山由紀夫首相】普天間移転、県内容認も

10月7日のできごと(何の日)

鳩山由紀夫首相は7日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画をめぐり、県外か国外への移設が望ましいとしてきた自身の発言に関し「時間により変化する可能性は否定しない」と述べ、今後の日米交渉の展開によっては発言を修正する可能性を示唆した。《共同通信》

2010 平成22年10月7日(木)

平成7943日目

【西岡武夫参院議長】蓮舫行刷相を注意

西岡武夫参院議長は7日、蓮舫行政刷新相を呼び、ファッション誌への掲載目的で国会議事堂内で写真撮影したのは不適切だったと口頭で注意した。野党は参院議院運営委員会理事会でこの問題を取り上げて「撮影許可の基準を満たしていない」などと批判した。民主党は事実関係を確認すると約束した。

行刷相は8月18日に「議員活動の記録」を目的に撮影の許可を申請し、翌19日に撮影した。参院事務局によると、議事堂内での撮影は議員活動にかかわるケースでは認められるが、営利目的や私的な宣伝行為に相当する場合は許可していない。《日経新聞》

【菅直人首相】尖閣ビデオ「見ていない」

10月7日のできごと(何の日)
https://www.kantei.go.jp/

菅直人首相は7日、衆参両院の本会議での代表質問に対する答弁で、製造業への派遣を原則禁じる労働者派遣法改正案と郵政改革法案に関し「今国会で速やかな成立を目指す」と強調した。

中国漁船衝突事件を受けた領海警備では「他国の船舶が法令に違反して領海に侵入した場合は厳正に取り締まるのは当然だ」と強調。衝突の状況を海上保安庁が撮影したビデオ映像は、引き続き「見ていない」とした。《共同通信》

2011 平成23年10月7日(金)

平成8308日目

【山下智久さん、錦戸亮さん】NEWS脱退

6人組グループ「NEWS」の山下智久(26)と錦戸亮(26)が7日付でグループを脱退した。同日、所属のジャニーズ事務所が発表した。今後、山下はソロ、錦戸は掛け持ちしていた別グループ「関ジャニ∞」としての活動に専念する。4人組となるNEWSについて同事務所は「解散はない」と強調。しかし、今後の予定は白紙で活動が難しくなる可能性もありそうだ。《スポニチ》

【野田佳彦首相】「1票の格差」是正指示

野田佳彦首相は7日午後、民主党の樽床伸二幹事長代行、城島光力幹事長代理と官邸で会談し、衆院の「1票の格差」を是正する選挙制度改革について「野党の意見をしっかり聞き、全力で取り組み実現してほしい」と指示した。樽床氏は会談後、記者団に「できるだけ速やかに各党協議に入りたい」と述べた。

これに先立ち、首相は共産、社民、たちあがれ日本の各党党首と個別に会談し、選挙制度改革に関する与野党協議を要請、各党は了承した。共産党の志位和夫委員長が「比例定数削減は容認できない」としたのに対し、首相は「分かっている。協議の眼目は1票の格差是正だ」と応じた。《共同通信》

2012 平成24年10月7日(日)

平成8674日目

【楽天オープンテニス】錦織圭選手がツアー通算2勝目

男子テニスの楽天ジャパン・オープン最終日は7日、東京・有明コロシアムで行われ、シングルス決勝で世界ランキング17位の錦織圭(日清食品)が同15位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を7―6、3―6、6―0で破り、2008年のデルレービーチ国際選手権以来、2度目のツアー優勝を果たした。優勝賞金は約30万8千ドル(約2430万円)。《共同通信》

【野田佳彦首相】原子炉内建屋を視察

10月7日のできごと(何の日)
https://www.kantei.go.jp/

野田佳彦首相は7日、水素爆発を起こした東京電力福島第1原発の原子炉建屋内を初めて視察した。政権の最重要課題に掲げた「原発事故との闘い」に取り組む姿勢をアピールする狙い。視察後、記者団に「廃炉へ向け着実に進んでいると実感できた。発電所の安全維持や作業員の健康管理に配慮しながら最後の最後まで緊張感を持って対応しないといけない」と強調した。《共同通信》

2013 平成25年10月7日(月)

平成9039日目

【日本航空】エアバス機を導入

日本航空は7日、欧州の航空機大手エアバスと、次世代旅客機「A350」を最大56機購入する契約を結んだ。うち31機は購入が確定済みで、需要動向などに応じて最大25機を追加する内容。エアバス機の発注は経営統合前の旧日本エアシステム(JAS)では実績があるが、日航としては初めて。《産経新聞》

【安倍晋三首相】ベトナム国家主席と会談

安倍晋三首相は7日、ベトナムのチュオン・タン・サン国家主席と会談した。日越両国がそれぞれ抱える中国との海洋をめぐる問題は対話で解決すべきだとの認識で一致。軍事力を増強して海洋進出に動く中国をけん制した。続いて会談したインドネシアのユドヨノ大統領とも同様の認識を確認した。《日経新聞》

2014 平成26年10月7日(火)

平成9404日目

【赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏】ノーベル物理学賞受賞決定

スウェーデンの王立科学アカデミーは7日、2014年のノーベル物理学賞を、省エネで長寿命の次世代照明に使われる青色の発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇・名城大終身教授(85)、天野浩・名古屋大教授(54)、中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)の3人に授与すると発表した。《共同通信》

【民主党・蓮舫氏】うちわ問題で松島みどり法相を追求

参院予算委員会が7日午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席のうえ始まった。この中で、民主党の蓮舫元行政刷新担当相が松島みどり法相を厳しく追及する場面があった。蓮舫氏は松島氏が経済産業副大臣だった今年夏に選挙区の東京都荒川区などで、うちわを配布したことが、公職選挙法が禁止する「寄付」に該当すると指摘した。

松島氏は「討議資料として配った。有価物に値するとは考えていない。うちわのように見えるかもしれないが…」と釈明したが、蓮舫氏は「法律を自分に都合良く解釈するな!」と追及の手を緩めなかった。松島氏の法相の適性を問われた安倍首相は「こうした疑いを受ける以上、今後、こうした物の配布を行わないことが望ましい」と答弁した。《産経新聞》

7日の参院予算委員会で選挙区内で「うちわ」を配布した松島みどり法相を追及した民主党の蓮舫元行政刷新担当相が、平成22年の参院選の際に自らも「うちわ」を配布していたことが分かった。蓮舫氏は7日の記者会見で「個人ビラとして届け出をし、使用することについては選挙管理委員会の承認を得ている。公職選挙法の寄付にはあたらない」と説明した。《産経新聞》

2015 平成27年10月7日(水)

平成9769日目

【中日・山本昌投手】32年の現役生活に幕

今季限りで現役を引退する中日の山本昌(本名・山本昌広)投手(50)が7日、マツダスタジアムで行われた広島戦で50歳1カ月26日で先発。現役ラスト登板を終えた。試合は中日が3―0で完封勝ちし“引退試合”に花を添えた。

この日出場選手登録され、シーズン最終戦に先発登板。予定通り打者1人だけに対した山本昌は、丸を3球で二ゴロに仕留めて降板。自身が49歳11カ月29日でマークした最年長登板、最年長出場、最年長先発のプロ野球記録を塗り替えて32年間のプロ生活に終止符を打った。《スポニチ》

【第3次安倍改造内閣】発足

10月7日のできごと(何の日)
https://www.kantei.go.jp/

第3次安倍改造内閣が7日夕、皇居での認証式を経て発足した。安倍首相は同日夜の記者会見で改造内閣を「未来へ挑戦する内閣」と位置づけ、少子化対策や社会保障改革に総合的に取り組む「1億総活躍社会」の実現に向け、年内の早い時期に対策の第1弾を打ち出す考えを示した。

新設の1億総活躍相に起用された加藤勝信・前官房副長官ら9人が初入閣し、林幹雄・元国家公安委員長が再入閣、麻生副総理兼財務相ら主要閣僚を中心に9人が留任した。《読売新聞》

2016 平成28年10月7日(金)

平成10135日目

【リオ五輪】メダリストらがパレード

リオデジャネイロ五輪とパラリンピックの選手らによるパレードが7日、東京都中央区であった。五輪、パラリンピックの合同開催は初めて。さわやかな秋晴れの中、87人のメダリストが参加し、沿道には4年前のロンドン五輪直後のパレードを約30万人上回る約80万人(主催者発表)が詰めかけた。《朝日新聞》

【東京都・小池百合子知事】豊洲問題で石原氏に質問状

小池知事は7日の会見で、築地市場(中央区)の豊洲市場への移転を都知事として決断した石原慎太郎氏に質問状を送ったことを明らかにした。小池知事は「石原氏はまさしく当事者で、今までの経緯を伺うのは貴重。より具体的に答えてもらえれば、大きな解明につながる」と述べた。《日経新聞》

2017 平成29年10月7日(土)

平成10500日目

【立憲民主党】衆院選公約を発表

立憲民主党(代表・枝野幸男元官房長官)は7日、衆院選公約を発表した。安全保障関連法は専守防衛を逸脱し、立憲主義を破壊すると指摘し「安保法制を前提とした憲法9条の改悪に反対」と明記した。消費税増税に関し「将来的な国民負担の議論は必要だが、直ちに消費税率10%へ引き上げられない」とした。

原発ゼロを一日も早く実現するため「原発ゼロ基本法」を策定すると記述。森友学園への国有地売却価格や加計学園の獣医学部設置認可を巡る問題を念頭に「安倍政権が誕生してから、政治は一部の権力者に私物化され、大切な情報が隠蔽されてきた」として、徹底して行政の情報を公開すると記した。《共同通信》

2018 平成30年10月7日(日)

平成10865日目

【ボクシング・井上尚弥選手】1分10秒で初防衛

ボクシングのトリプル世界戦各12回戦が7日、横浜アリーナで行われ、25歳の世界ボクシング協会(WBA)バンタム級王者、井上尚弥(大橋)が元世界王者のフアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)に1回1分10秒でKO勝ちし、初防衛に成功した。試合時間は日本人選手の世界戦最速勝利記録。

世界戦7連続KO勝利は具志堅用高を抜き日本選手単独最長。世界戦11度目のKO勝ちも日本選手単独最多となった。

世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王者で26歳の拳四朗(BMB)は元世界王者のミラン・メリンド(フィリピン)に7回2分47秒TKO勝ちし4度目の防衛を果たした。《共同通信》

2019 令和元年10月7日(月)

令和160日目

【能登半島沖】水産庁の取締船と北朝鮮漁船が衝突

石川県の能登半島の北西約350キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で7日午前、北朝鮮の漁船とみられる船舶が水産庁の漁業取締船と衝突、沈没した。現場は好漁場「大和堆」周辺。沈没したのはイカ釣り漁船で違法操業の疑いがあり、取締船が退去警告や放水を行っていた際、衝突した。

海上保安庁によると乗組員約60人が海上に漂流するなどし、救助や現場の確認を進め、北朝鮮側に引き渡した。けが人の情報はないという。政府関係者によると、衝突は同日午前9時7分ごろ発生。取締船は漁船の左側約200メートルでEEZからの退去警告を行ったが、放水開始後に漁船側が接近して衝突した。《産経新聞》

2020 令和2年10月7日(水)

令和526日目

【台湾】李登輝元総統の遺骨埋葬

7月に死去した台湾の李登輝元総統の遺骨が、7日、台北市街を見下ろす新北市の五指山軍人墓地に葬られた。埋葬の式典は、李氏が信仰していたキリスト教の儀礼に沿って営まれ、遺族のほか、蔡英文総統、頼清徳副総統らが参列した。

この日、李氏を送る最後の行事に合わせ、台湾全土の公的機関に半旗が掲げられ、「台湾民主化の父」に改めて哀悼の意を表した。

蔡氏は式典後、自身のフェイスブック上に、「我々は李元総統の願いを心に刻み、台湾の民主主義を更に深化させ、人民の団結を更に強めていく」と記した。《読売新聞》



→10月8日 その日のできごと

10月 その月のできごと

←10月6日 その日のできごと