平成3560日目

1998/10/07

【韓国・金大中大統領】来日

韓国の金大中大統領は7日正午すぎ、国賓として李姫鎬夫人らとともに特別機で羽田空港に到着、大統領就任後初めて来日した。同日夜には大統領夫妻を歓迎する天皇、皇后両陛下主催の宮中晩さん会が皇居・宮殿の「豊明殿」で開かれた。

陛下はお言葉で「一時期、わが国が朝鮮半島の人々に大きな苦しみをもたらした時代があり、そのことに対する深い心の悲しみは、常に私の記憶にとどめられています」と1990年の盧泰愚、94年の金泳三両大統領へのお言葉を踏襲した戦争被害に言及。「若い人々の交流が盛んになっていることは、今後の両国関係の発展に大きな期待を持たせます」と友好増進へ向けた思いを述べられた。

金大統領は、過去の植民地支配には触れず「われわれ皆が誇るに足る隣国関係を確立して後世に残せるよう努力し合おう」と述べ「正しい歴史の継承を」と呼び掛けた。《福井新聞》




【スズキ・Kei】発売

SZ_S009_F001_M001_1

【プロ野球・西武】2年連続13度目のリーグ優勝

7日、西武は本拠地の西武ドームで行われた近鉄とのダブルヘッダー第2試合に勝って、リーグ優勝を決めた。マウンドにベテランの伊東を中心にした輪ができた。ベンチから駆け付けた東尾監督は4度、ナインの腕で宙に舞った。《福井新聞》

西武が2年連続のリーグ優勝を決めた。

決勝打は五回の和田だった。1−1のこの回一死二塁から左翼席へ3号2ラン。追加点を奪えず重苦しいムードだったが、一気に吹き払った。1点差に迫られた八回には高木大の適時打などで突き放した。竹下の好投も光った。今季初先発ながら8回を5安打2失点に抑え、流れを渡さなかった。

近鉄は借金1で全日程を終了した。《福井新聞》

10月7日/のできごと