平成5386日目

2003/10/07

【小泉純一郎首相】中国・温家宝首相と会談

小泉純一郎首相は7日午後、インドネシア・バリ島で中国の温家宝首相と初めて会談し、小泉首相の靖国参拝で途絶えている日中首脳の相互訪問再開に向けて努力する考えで一致した。

温首相は靖国参拝問題に直接言及せず、日中関係の発展に向けて協力する必要性を強調。両首相は北朝鮮の核開発問題解決への連携を確認した。《共同通信》

ASEAN+3(東南アジア諸国連合と日本、中国、韓国)首脳会議等に出席するため、インドネシアのバリ島を訪れた小泉総理は、平成15年10月7日午前、ASEANビジネス投資サミットでスピーチを行った後、中国の温家宝首相、韓国の盧武鉉大統領との日中韓首脳会合に臨みました。

日中韓首脳会合で各首脳は、日中韓3カ国の協力を発展、深化させることが東アジア全体の平和、安定、繁栄の実現に貢献することを確認し、3首脳による初の共同宣言となる「日中韓三国間協力の促進に関する共同宣言」に署名しました。この宣言には、朝鮮半島が直面する核問題の、対話を通じた平和的解決及び朝鮮半島の非核化を始め、各分野での緊密な連携が盛り込まれています。

この日の午後行われたASEAN+3首脳会議では、午前中のASEAN首脳会議で安保、経済共同体を目指すASEAN協和宣言IIが採択されたことを受け、この宣言が東アジア地域の経済連携、地域協力の枠組み強化につながることを確認しました。また、北朝鮮問題に関する六カ国協議をASEAN側が歓迎するとともに、食糧、通信、犯罪対策等の分野についても協議を行いました。

その後、小泉総理は、ミャンマーのキン・ニュン首相、中国の温家宝首相とそれぞれ首脳会談を行いました。キン・ニュン首相との会談では、同国の民主化問題について意見交換を行ったほか、日中首脳会談では、日中首脳による相互訪問に努力することで一致するとともに、北朝鮮問題の対話を通じた平和的解決の必要性や未来志向のニ国間関係の協力について確認しました。《首相官邸》



【巨人・原辰徳監督】甲子園で最終戦

今季限りでの辞任を表明しているプロ野球・巨人の原辰徳監督(45)が7日、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われた阪神戦で最終戦を迎えた。勝利で飾った試合終了後、阪神の星野仙一監督から花束を贈られ、ねぎらいと激励の言葉を掛けられながら肩を抱きかかえられると感極まって涙を流した。

高橋由伸外野手からも花束を受け取るとマイクを握り、初めてファンに直接、声を掛けた。

「ここで宙に舞った時の巨人ファンの歓声、最後まで祝福してくれた阪神ファンの歓声は忘れることはできません」。就任1年目の昨年9月24日、幾多の思い出が詰まった球場での胴上げを振り返ると、スタンドを埋め尽くした4万8000人のファンからは敵味方を越えて温かい拍手が送られた。

突然の辞任劇。9月に表面化したフロントとの感情的なもつれから、わずか2年で監督の座を退いた。それでも悔しさを胸にしまい、選手には最後まで平常心の大切さを説いた。ラストゲームを前に球場に足を踏み入れた時も「特別な思いはないよ。いつもと一緒です」と話して臨んだ一戦だった。

「夢の続きをしっかりと胸の中にしまい込み、温めて宝物にしていきます」。通算157勝118敗5分け。あまりにも短い監督生活を惜しむファンから「ハラコール」が鳴りやまない中、背番号「83」は静かにタクトを置いた。《共同通信》

【プロ野球・西武】新監督に伊東勤氏

今季限りで現役を引退した西武の伊東勤捕手(41)の監督就任が7日、正式に決まった。この日、小野賢二球団代表と伊東本人が東京・原宿のコクド原宿ビルに堤義明オーナーを訪ね、同オーナーから了承を得た。複数年契約だが、年数、待遇などは明らかにならなかった。背番号は83。

伊東新監督は緊張した面持ちで会見に臨み「やるからには勝ちたい。守りを重視した野球をしたい。特にバッテリーの強化が一番のポイント」と抱負を語った。《共同通信》

【ゴルフ・宮里藍選手】プロ転向を表明

女子アマチュアゴルフの第一人者、宮里藍選手(18)=宮城・東北高3年=が7日、仙台市の同校でプロ転向を表明した。日本女子プロゴルフ協会(LPGA)に8日にも選手登録を申請し、手続きが完了した時点で正式にプロとなる。

LPGAによると、これまでの女子プロ最年少記録は足立香澄選手の18歳4カ月2日。現在18歳3カ月の宮里選手が最年少の記録を更新することになる。《共同通信》

【山梨県都留市】キャンプ場に3人目の遺体

いったい何人の遺体が埋められているのか――。山梨県都留市朝日曽雌の朝日川の渓流沿いにあるキャンプ場で7日朝、3人目の遺体が見つかった。地元では今年夏ごろから「キャンプ場に遺体が埋まっている」とうわさになっており、付近の住民らは「うわさが本当になった」と不安と衝撃に包まれた。

県警捜査本部によるキャンプ場内の捜索は午前9時から始まった。3人目の遺体は捜査員ら約50人が重機1台を使って、前日に2人目の遺体が見つかったすぐわきを掘り返した直後、深さ1.5メートルの地中から、人の黒い上着とズボンがのぞいた。しかし、大量の地下水が流れ出ているため、遺体の収容は難航している。

捜査本部では、既に収容された2人の遺体の身元は、同市大幡にあった建設会社「朝日建設」の元従業員の可能性が高いとしており、新たに見つかった遺体も同社の元従業員と見ている。捜査本部は、ほかにも遺体が埋められている可能性が捨てきれないとして、キャンプ場内の捜索を続けることにしているが、すべてを掘り返すのには3日ほどかかるという。

このキャンプ場は、土地を同市内の鉄工会社が所有し、朝日建設が経営していた。同社では今年6月、作業員宿舎で従業員4人が重軽傷を負う火事があり、同社は8月に倒産したため、キャンプ場も実質的に閉鎖されている状態だった。

地元では、同社が倒産する前の今年7月ごろから、複数の元従業員が行方不明になっているといううわさが広がり、「キャンプ場に遺体が埋められている」という文書もキャンプ場近くの民家に投げ込まれていた。都留署には同月、「5年前、従業員が殺されたらしい」との情報が入り、8月には、元従業員と名乗る人物から「社長に指示されて3年前、自分がキャンプ場に重機を使って穴を掘り、箱のような物を埋めた」との情報も同署に寄せられた。《読売新聞》

【米・カリフォルニア州知事選】アーノルド・シュワルツェネッガー氏が初当選

7日投票の米カリフォルニア州のリコールと後継知事選挙は同日即日開票され、俳優アーノルド・シュワルツェネッガー氏(56)=共和党=が地滑り的勝利で当選した。同時に民主党のデービス知事のリコールが成立した。シュワルツェネッガー氏は同日「市民のための知事になる。みなさんを失望させない」と勝利宣言した。

全米最多人口でフランスに次ぎ世界第6位の経済規模といわれる巨大州のトップにハリウッドのアクションスターが就任する。行政手腕は未知数で、知事としての能力より、新鮮さと現状打開に対する有権者の期待の表れとみられる。《共同通信》

【この日の民主党】

全国知事会とマニフェストで継続的協議を確認

民主党の菅直人代表らは7日、47都道府県の知事で構成する全国知事会の呼びかけで、同会の梶原拓会長(岐阜県知事)ら8知事と民主党の政権政策(マニフェスト)について意見交換。国の役割の限定や国から地方への抜本的な税財源移譲などの地方分権改革の重要性で一致し、今後も増田寛也・岩手県知事と民主党の枝野幸男政調会長を窓口に継続的に意見交換を進めるなど、「全国知事会と民主党が継続的に協調態勢をとっていく」(梶原会長)ことを確認した。

菅代表は、「民主党は、ナショナルパーティーとして国の形を根本から変え、『国のやるべきことはこれだけに限る。それに必要な財源はこれだけで結構』という形にすることを目指している。地方団体側からも『あとは県や市町村でできる』というメッセージを発してもらえれば、国民も安心できる」と述べ、国政を担う政党と地方自治を担う知事会との連携の必要を説いた。

意見交換会の出席者は、全国知事会から、会長の梶原拓・岐阜県知事、増田寛也・岩手県知事、浅野史郎・宮城県知事、國松善次・滋賀県知事、山田啓二・京都府知事、木村良樹・和歌山県知事、片山善博・鳥取県知事、麻生渡・福岡県知事。民主党から菅直人代表、岡田克也幹事長、枝野幸男政調会長、中川正春政調会長代理、玄葉光一郎「次の内閣」ネクスト総務相、朝日俊弘政調筆頭副会長、福山哲郎政調副会長、大塚耕平政調副会長。

菅代表、東京湾アクアラインを視察

民主党の菅直人代表は7日、政権政策(マニフェスト)に盛り込んだ高速道路の原則無料化に向け、その実態を把握するため、日本道路公団が管理する東京湾アクアライン(川崎~木更津間)を視察。湾上のパーキングエリア「海ほたる」で日本道路公団職員の説明を受けた。

現地の状況を見た菅代表は「車が走っていないなという印象。作ること自体がよかったかどうか、償還の見通しからいうとかなり問題があったと思うが、作ったものが十分に利用されていないのも問題。宝の持ち腐れ」と批判した。通行量は当初見込みの半分以下で、利用率改善にむけて通行料金も大幅に引き下げたという道路公団側の説明に対しては、「今の3倍以上の通行料が入ってこないと借金は返せないということ」と指摘したうえで、債務償還の財源として道路特定財源をあてて無料化することで通行量を増やし、京浜・房総両地域の経済発展につながる政策を進めることこそ国民の理解が得られる政策だとの考えを示した。

菅代表はまた、水越木更津市長とともに、“シャッター通り”と化したJR木更津駅前商店街を視察。市長からは東京湾アクアラインによる経済効果を見込んで高騰した木更津駅前の地価は現在10分の1以下となり、商店街からは大型店舗の撤退が相次ぐとともに、小売店の多くも商売が成り立たなくなっている実情が語られた。東京湾アクアライン無料化案に対して市長は、地域活性化につながる政策として前向きに評価した。

視察を終えた菅代表は、千葉県庁で堂本暁子知事と会談。民主党が示す政権政策(マニフェスト)を説明するとともに、視察の印象を踏まえて東京湾アクアライン無料化案をめぐる意見交換を行った。

「党の見解を明確に示せ」菅代表、自民党に迫る

民主党の菅直人代表は7日午後、千葉県庁内で定例記者会見を行い、民主党が示した政権政策(マニフェスト)に対して自民党などから批判が出ていることに関して、「大いに結構。しかし批判するなら自分の党なり閣僚としての見解を明確にしていただきたい」と述べ、自民党に早急に政権公約を打ち出すよう求めた。

日本道路公団の藤井治芳総裁の更迭をめぐる混乱については「現国交相の指導力のなさとやるべきことをやらなかった前国交相、そして2人を任命した小泉首相がこの問題を政治利用したことが問題」と指摘した。

また、衆院解散・総選挙に関して「マニフェスト(政権政策)解散と呼びたい。あえてもう一つ言えば政権選択解散だ」と述べ、政権政策を示すことで政権選択を問う戦いとする強い姿勢を改めて示した。

日本青年会議所とマニフェスト懇談会開く

民主党の岡田克也幹事長、枝野幸男政調会長らは7日、日本青年会議所の役員らと「政権政策(マニフェスト)懇談会」を開き、マニフェストの内容をめぐって意見交換するとともに、今後、マニフェスト選挙を推進する同会議所の取り組みに民主党としても積極的に協力していくことを表明した。

懇談会の冒頭、岡田幹事長が「マニフェストについてのこうした意見交換を楽しみにしていた。忌憚のない意見を聞かせてほしい」と挨拶。続いて枝野政調会長がマニフェストの概要を説明し、意見交換に移った。

日本青年会議所側からは、マニフェストで打ち出された「創憲」と憲法改正との違い、マニフェストがめざす国家像などについて質問が出された。前者について枝野政調会長は、「形式は改正になる場合もあるだろうが、重要なことは、国民的な憲法議論を通じて憲法全体をゼロから考え直すということだ」と説明。また後者について、福山哲郎政調副会長は、「脱官僚・地域主権。政治が特定の国家像を押しつけるというよりは、国民が自分たちで考えて決められる仕組みをつくるという発想だ」と述べた。

懇談会には、日本青年会議所から、揚原安麿会頭、西野晃透副会頭ら6人が出席。民主党からは、岡田幹事長、枝野政調会長、福山政調副会長のほか、中川正春政調会長代理、大塚耕平政調副会長が出席した。《民主党ニュース》



10月7日のできごと