平成9404日目

2014/10/07

【赤崎勇氏・天野浩氏・中村修二氏】ノーベル物理学賞受賞決定

スウェーデンの王立科学アカデミーは7日、2014年のノーベル物理学賞を、省エネで長寿命の次世代照明に使われる青色の発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇・名城大終身教授(85)、天野浩・名古屋大教授(54)、中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)の3人に授与すると発表した。

日本人のノーベル賞受賞は、12年の医学生理学賞の山中伸弥京都大教授(52)から2年ぶりの快挙で20、21、22人目となる。物理学賞は10人となり、日本の物理学の高い実力を示した。

LEDは1960年代に赤や緑が開発されたが、光の三原色のうち青は素材の結晶作りが難航し「20世紀中は無理」と言われた。

名古屋大教授だった赤崎氏は、天野氏とともに世界中の研究者が手を引いた窒化ガリウムの結晶化に挑戦。実験を繰り返し、結晶を作ることに成功。89年、世界で初めて青色LEDを実現した。

その後、日亜化学工業(徳島県)の技術者だった中村氏が窒化ガリウム結晶の大量生産技術を独力で開発し、明るい青色LEDを作った。中村氏は青色半導体レーザーも開発し、それぞれ世界で初めて製品化された。

LEDでさまざまな色を表現する道が開け、屋外の大型ディスプレーや信号機が実用化された。レーザーは、DVDより大容量のブルーレイ・ディスクを可能にした。

黄色の蛍光体と組み合わせた白色LEDは、白熱電球や蛍光灯に替わり急速に普及、高い節電効果を挙げている。《共同通信》




【日本マクドナルド】170億円の赤字転落へ

日本マクドナルドホールディングスは7日、平成26年12月期の連結最終損益が170億円の赤字に転落する見通しだと発表した。期初には60億円の黒字という見通しを発表していたが、中国から輸入していた鶏肉の品質期限切れ問題が発覚後、売り上げが落ち込み、いったんこの予想を白紙撤回していた。《産経新聞》

【楽天・星野仙一監督】退任セレモニー

10月7日は何の日【楽天・星野仙一監督】退任セレモニー
https://www.youtube.com/

今季限りで監督退任を発表していた楽天・星野仙一監督の退任セレモニーが7日、オリックス戦の試合後に行われ、コボスタ宮城に訪れたファンへ別れを告げた。

今季はエース・田中将大(現ヤンキース)が大リーグに移籍したこともありチームは低迷。星野監督自身も5月26日から胸椎黄色靭帯骨化症と椎間板ヘルニアの手術を受けるため、7月24日まで休養した。復帰後は、松井裕樹など若手選手を積極的に起用し、来季に向けて若返りを図っていた。

星野監督は中日監督時代に2度、阪神監督時代に1度リーグ優勝に導き、2011年から楽天の監督を務め、3年目の昨季は、球団史上初となるリーグ優勝、日本一に導いた。《ベースボールキング》

【ヤクルト・小川淳司監督】退任あいさつ

【ヤクルト・小川淳司監督】退任あいさつ

DeNA4-3ヤクルト◇7日◇神宮

今季限りで辞任するヤクルト・小川淳司監督(57)が、神宮球場で行われたレギュラーシーズン最終戦のDeNA戦後にあいさつを行った。

指揮官が最後に言葉を詰まらせた。「監督として4年…」。ここまで言うと言葉が続かなかった。目は真っ赤に充血し涙がいまにもこぼれそうだった。それでも「結果を出すことができませんでしたがファンの皆さん、監督代行、監督にさせていただいたフロントの方、選手、関係者の方に感謝を申し上げて最後のあいさつにしたいと思います」と何とか言葉を絞り出した。《スポニチ》

【世界体操男子団体総合】日本、4大会連続の2位

体操の世界選手権第5日は7日、中国の南寧で男子団体総合決勝が行われ、日本は合計273.269点で4大会連続の2位に終わり、1978年ストラスブール大会以来36年ぶりの優勝はならなかった。中国が最終種目の鉄棒で逆転し、273.369点で史上最多の6連覇を果たした。《共同通信》

【御嶽山】3日ぶりに捜索再開、死者54人に

戦後最悪の火山災害となった御嶽山(岐阜・長野県、3067メートル)の噴火で、長野県警、消防、自衛隊は7日、3日ぶりに捜索を再開、山頂付近で新たに心肺停止状態の3人を発見した。麓に搬送され、県警は全員の死亡を確認した。犠牲者は計54人となった。《岐阜新聞》

【民主党・蓮舫氏】うちわ問題で松島みどり法相を追求

参院予算委員会が7日午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席のうえ始まった。この中で、民主党の蓮舫元行政刷新担当相が松島みどり法相を厳しく追及する場面があった。蓮舫氏は松島氏が経済産業副大臣だった今年夏に選挙区の東京都荒川区などで、うちわを配布したことが、公職選挙法が禁止する「寄付」に該当すると指摘した。

松島氏は「討議資料として配った。有価物に値するとは考えていない。うちわのように見えるかもしれないが…」と釈明したが、蓮舫氏は「法律を自分に都合良く解釈するな!」と追及の手を緩めなかった。松島氏の法相の適性を問われた安倍首相は「こうした疑いを受ける以上、今後、こうした物の配布を行わないことが望ましい」と答弁した。《産経新聞》

7日の参院予算委員会で選挙区内で「うちわ」を配布した松島みどり法相を追及した民主党の蓮舫元行政刷新担当相が、平成22年の参院選の際に自らも「うちわ」を配布していたことが分かった。蓮舫氏は7日の記者会見で「個人ビラとして届け出をし、使用することについては選挙管理委員会の承認を得ている。公職選挙法の寄付にはあたらない」と説明した。

蓮舫氏は行政刷新担当相だった22年の参院選で、紙だけで作った円形の「うちわ」に公約などを書き込み、配布。公選法で定めた証紙も貼ってあった。外見はどちらも「うちわ」にしか見えないが、蓮舫氏は「松島氏が選挙でない時に、骨組みがしっかりしたもの(うちわ)を不特定多数の有権者に配るのは明らかに抵触する」と主張し、松島氏との違いを強調した。《産経新聞》

10月7日/のできごと