平成10500日目

2017/10/07

【立憲民主党】衆院選公約を発表

立憲民主党(代表・枝野幸男元官房長官)は7日、衆院選公約を発表した。安全保障関連法は専守防衛を逸脱し、立憲主義を破壊すると指摘し「安保法制を前提とした憲法9条の改悪に反対」と明記した。消費税増税に関し「将来的な国民負担の議論は必要だが、直ちに消費税率10%へ引き上げられない」とした。

原発ゼロを一日も早く実現するため「原発ゼロ基本法」を策定すると記述。森友学園への国有地売却価格や加計学園の獣医学部設置認可を巡る問題を念頭に「安倍政権が誕生してから、政治は一部の権力者に私物化され、大切な情報が隠蔽されてきた」として、徹底して行政の情報を公開すると記した。《共同通信》




【世界体操・男子床運動】白井健三選手が金

Embed from Getty Images

体操の世界選手権第6日は7日、モントリオールで種目別決勝の前半5種目が行われ、男子床運動で白井健三が15・633点をマークし、前回2015年大会に続く3度目の優勝を果たした。同一種目別で3度の世界一は日本選手初の快挙となった。

予選1位の白井はH難度の「シライ3(後方伸身2回宙返り3回ひねり)」を含む高難度の構成を披露し、2位のアルテム・ドルゴピャト(イスラエル)に1・100点差の圧勝だった。個人総合3位を合わせ、今大会2個目のメダル。

女子跳馬は宮川紗江が13・800点で8位、マリア・パセカ(ロシア)が14・850点で2連覇した。《共同通信》

【安倍晋三首相】9条に「文民統制」明記検討

安倍晋三首相(自民党総裁)は7日夜のインターネット番組での党首討論で、憲法9条への自衛隊明記を巡り、文民が自衛官を指揮監督する「文民統制(シビリアンコントロール)」も合わせて明記することを検討する考えを示した。自衛隊の明記により、自衛官が文民より上位に立ちかねないとの懸念に配慮したとみられる。

首相は9条に自衛隊を明記しても「防衛省と自衛官の関係は変わらない」と強調。「シビリアンコントロールをしっかりと明記していけばよりすっきりしたものになる」と答えた。

新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事はこれまでの改憲論について「9条の議論ばかりにエネルギーがそそがれてきた」と指摘。「それだけに憲法全体を見直す中で、そうはいっても避けられない部分だろうと考える」と述べ、改憲の対象としての議論を認める考えを示した。

小池氏は「北朝鮮情勢が緊迫している中で衆院解散・総選挙を選んだ理由は何なのか」と迫った。首相は「選挙は民主主義の原点だ。北朝鮮の脅かしによって左右されることがあってはならない」と表明。「圧力をかける方針について国民の信を得て、11月のトランプ大統領の訪日などで日本の立場を主導しながら問題の解決にあたりたい」と訴えた。

公明党の山口那津男代表は「希望の党は民進党出身を100人以上公認予定だ。安全保障法制を容認することを条件に公認したが、かつて『廃止せよ』といった人が一夜にして変わってしまった」と批判した。《日経新聞》

10月7日/のできごと