※転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

1989 平成元年9月13日(水)

平成249日目

【参院茨城補選】告示

岩上二郎氏(自民)の死去に伴う参院茨城選挙区補欠選挙が13日告示され、自民党公認の前県議、野村五男氏(47)、共産党公認で党県書記長の山田節夫氏(41)、社会党公認で元茨城県教組婦人部長の細金志づ江氏(63)=社民連推薦=の3新人が届け出た。これにより事実上、自社対決の一騎打ちとなる選挙戦がスタートした。10月1日投票、即日開票される。

今回の補選は、海部新政権発足後初の国政レベル選挙であり、年内にも予想される総選挙の行方を占う選挙として注目される。

自民党への逆風に歯止めがかかるか、社会党の追い風が続くかが焦点だ。告示日から自民党は海部首相らを、社会党は金子副委員長をそれぞれ応援に繰り出し、総力を挙げて臨む構えを見せている。3候補とも消費税、リクルート問題など政治改革、農政問題の「3点セット」を争点に18日間の舌戦を展開する。《共同通信》

1990 平成2年9月13日(木)

平成614日目

【金丸信元副総理】訪朝問題で見解

金丸元副総理は13日午後、三重県四日市市で記者会見し、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)訪問に関連して「先方が償いの問題をまず解決しなければならないというにならそういう言い分は無理だ。両国が窓口をつくり一日も早く討議すべきだ」と述べ、まず連絡事務所を相互に設置した上で、北朝鮮側が求める賠償問題を政府間で話し合うべきだとの考えを示した。《共同通信》

【梶山静六氏】法相就任

海部首相は13日午前、首相官邸に小沢幹事長ら自民党三役を呼び、病気辞任した長谷川法相、砂田北海道、沖縄開発庁長官の後任人事について協議した結果、法相に竹下派の梶山静六元通産相、北海道、沖縄開発庁長官に渡辺派の木部佳昭元建設相を任命した。同日午後、皇居で認証式を行った。

法相ポストについては長谷川氏が参院竹下派の出身だったことから、後任も参院竹下派から起用する方向で人選が進んだが、小沢幹事長は衆院からの起用を強く主張、参院側との断続的協議の結果、参院側が折れ、竹下元首相側近で自治相、通産相を経験した梶山氏の起用が決まった。《共同通信》

1991 平成3年9月13日(金)

平成979日目

【大相撲秋場所】6日目

大相撲秋場所6日目(13日・両国国技館)平幕、全勝同士の若花田ー大翔山の対戦は、大翔山が寄りの速攻で快勝し、土つかずの6連勝で単独トップ。若花田は5連勝でストップ。

大関霧島は琴錦のもろ差しからの寄りに完敗。前日に続く黒星で2敗目を数えた。小錦は久島海を危なげなく寄り切って4勝目を挙げた。新関脇貴花田は三杉里の左突き落としに敗れ3連敗で3勝3敗の五分の星となった。《共同通信》

【政治改革関連3法案】自民4委員が反対論

衆院小選挙区比例代表並立制導入を軸とした公職選挙法改正など政治改革関連3法案の審議は13日、衆院政治改革特別委員会に論戦の舞台を移し、総括質疑を行った。質問には自民党から7氏が立ち、そのうち石橋一弥、野呂田芳成、島村宜伸、川島二郎の4氏が並立制導入反対の立場を鮮明にして問題点をただした。

島村氏が3法案が廃案になった場合の政治責任について「解散か、総辞職か」と迫り、法案撤回を求めた。これに対し海部首相は「不退転の決意で全力を挙げて取り組んでいる。仮定の問題は申し上げられない」と責任問題への言及は避けた。

政府が提案した法案を与党の自民党議員が反対質問するのは極めて異例。今後も自民党からの反対質問が予想されるため、委員会審議は駆け引きが絡んだ複雑な展開となりそうだ。《共同通信》

1992 平成4年9月13日(日)

平成1345日目

【毛利衛さん】2日目の宇宙実験

12日打ち上げられた米スペースシャトル「エンデバー」に搭乗している日本人宇宙飛行士、毛利衛さん(44)は米中部夏時間13日午前5時(日本時間同日午後5時)すぎ、最初の就寝から起床、2日目の宇宙実験に入った。

毛利さんは初飛行にもかかわらず元気で、打ち上げ3時間20分後、無重力状態の宇宙実験室(スペースラブ)内で細胞培養実験に取り掛かるなど、予定通り日米計43テーマに上る宇宙実験が始まった。《共同通信》

【全米テニス男子単】ステファン・エドベリ選手が2連覇

テニスの全米オープン最終日は13日、ニューヨークのナショナルテニスセンターで男子シングルス決勝を行い、第2シードのステファン・エドベリ(スウェーデン)が3−6,6−4、7−6、6−2で第3シードのピート・サンプラス(米国)に逆転勝ちして大会2連覇、賞金50万ドル(約6250万円)を獲得した。《共同通信》

1993 平成5年9月13日(月)

平成1710日目

【MLB・マリナーズ】鈴木誠投手とマイナー契約

米大リーグのマリナーズは13日、滝川二高を中退し米プロ野球1Aのサンバナディーノで活躍した鈴木誠投手(18)とマイナーリーグ契約をしたことを発表した。契約の条件は明らかになっていない。サンバナディーノが加盟するカリフォルニア・リーグは1日、公式戦を終了。鈴木投手はフリーエージェントになっていた。《共同通信》

【イスラエル・PLO】暫定自治宣言に調印

宿敵として長年にわたり数々の流血を重ねてきたイスラエルとパレスチナ解放機構(PLO)の「パレスチナ暫定自治宣言」調印式が13日午前11時15分から、ワシントン記念塔を望む米ホワイトハウスで行われ南庭で各国代表ら約3000人が出席して行われた。

イスラエルとPLOの歴史的な和解の実現で、パレスチナ紛争は解決へ大きく前進。中東は包括的な和平に向けて、共存と希望の新時代を迎えることになった。《共同通信》

1994 平成6年9月13日(火)

平成2075日目

【大相撲秋場所】3日目

大相撲秋場所3日目(13日・両国国技館)綱取りを目指す大関武蔵丸が平幕、肥後の海の土俵際の突き落としに敗れる波乱があった。武蔵丸の先場所初日からの連勝は17でストップ。他の3大関は安泰で3連勝。

若ノ花は栃乃若の寄りに危なかったが、行司差し違えで勝ちを拾った。貴ノ浪は新小結舞の海を貴ノ花は旭道山をそれぞれ退けた。好調の両関脇、武双山と貴闘力はともに突きで快勝し3戦全勝。

【村山富市首相】国連・ガリ事務総長と会談

来日中のガリ国連事務総長は13日昼、首相官邸で村山首相と会談した後、河野外相、武村蔵相も交えた昼食会で日本の国連安保理常任理事国入り問題を中心に意見交換。続いて外相と個別に会談した。

昼食会で首相は「国民の国連に対する関心は高まっている。開発、環境、人口など多面的な分野で国連が積極的役割を果たし、日本も協力することで合意ができつつある」と述べ、常任理事国を目指すことで、国民合意が形成されつつあるとの認識を表明した。《共同通信》

1995 平成7年9月13日(水)

平成2440日目

【自民党総裁選】小泉候補、学生と懇談

自民党総裁選で小泉純一郎氏と橋本龍太郎氏の両候補は9月14日から18日まで、東京・新宿駅を皮切りに福岡、大阪、名古屋、札幌、苫小牧、東京駅、福島で街頭演説する。これに先立ち小泉氏は13日、若手議員や大学生と懇談、橋本氏も職域団体代表との会合に出席した後、衆院議員全員の事務所を自ら回るなど、ともに精力的に支持を訴えた。

小泉氏は同日午後、党本部で同氏の出身校の慶応大など都内の私立大学計15校、約50人の男女学生と懇談。「行財政改革を今やらないと、借金国家になり皆さんに負担がかかる。国民の間では多数意見になる」と訴えた。

一方、橋本氏は特定郵便局長会、軍恩連盟全国連合会など党の有力支持団体の職域支部代表(約40団体、約100人)を党本部に集め開いた「職域党員代表者会議」に出席。「新しく党が生まれ変わるという夢に取り組みたい」と強調した。《共同通信》

1996 平成8年9月13日(金)

平成2806日目

【高橋素晴さん】太平洋ヨット単独横断に成功

全長約9メートルのヨット「アドバンテージ号」で、太平洋単独横断の最年少記録へ挑戦していた新潟県白根市の中学3年、高橋素晴君(14)が13日夕、目的地の米サンフランシスコに無事到着、家族と約2カ月ぶりに再会した。

素晴君は7月22日、東京・夢の島マリーナを出港、約1万キロを約50日かけ航海し、サンフランシスコに9月上旬に着く予定だった。しかし、8月中旬、アリューシャン列島南方沖から無線交信があったのを最後に、約1カ月間も連絡不能の状態が続いた。

待ちかねた父親で陶芸家の裕雄さん(43)ら家族と再会した素晴君は、約2カ月の孤独な航海にも負けず、たくましく日焼けし元気そう。「おとといから2日間、眠らないで走った。今朝、金門橋が見え、本当にうれしかった」と話し、年長の海の仲間たちの歓迎を受けた。《共同通信》

【沖縄県・大田昌秀知事】代行を応諾

大田昌秀沖縄県知事は13日午後、米軍用地強制使用の公告・縦覧代行に応じることを最終決定し、記者会見で正式に表明した。知事は「苦渋に満ちた決断だった」と述べ、政府の基地問題や沖縄振興策への取り組みを評価。「(問題解決への)今後の道筋が明らかになたことから、国と県の連携を図ることが最も重要」と説明した。県は政府に応諾を通知。橋本龍太郎首相は知事の招請で17日に沖縄を訪問する。《共同通信》

1997 平成9年9月13日(土)

平成3171日目

【マザー・テレサ】国葬

インド・カルカッタを拠点に困窮者の救済活動に生涯をささげたカトリック修道女、故マザー・テレサのインド政府による国葬が13日午前10時から同市内で行われ、ネタジ体育館では葬儀のミサが執り行われた。

ミサはソダーノ枢機卿がつかさどり、マザーが設立したカトリック修道会「神の愛の宣教者会」(代表シスター・ニルマラ)のシスターら約100人が聖歌を斉唱。厳かな雰囲気の中で遺体の祝福が行われ、米国のヒラリー・クリントン大統領夫人ら各国の代表参列者らが献花、「スラムの聖女」に別れを告げた。《共同通信》

【自民党・加藤紘一幹事長】佐藤氏入閣「中曽根氏の強い情念」

自民党の加藤紘一幹事長は13日午前、よみうりテレビの番組で、佐藤孝行氏の入閣について「中曽根康弘元首相の強い強い情念があったのは確かで、皆さんの批判と中曽根元首相の情念の中で橋本龍太郎首相も揺らいだ」と内幕を明らかにした。

加藤氏は「過去のことはあるが、佐藤氏はその後何回か選挙の洗礼を受けている。党の行革本部長として汗を流したことを理解してもらいたい。火だるまになって行革をやることで批判を消す努力をしてもらうしかない」とあらためて理解を求めた。「社民党の反発がかなり強い。(3党体制の維持の上で)一番難しい。理解していただけるよう努力したい」とも述べた。《共同通信》

1998 平成10年9月13日(日)

平成3536日目

【サッカー・中田英寿選手】セリエA公式戦デビューで2得点

世界最高峰のリーグで2ゴールの強烈デビュー。サッカーのイタリア一部リーグ(セリエA)で、Jリーグの平塚からペルージャに移籍した中田英寿選手(21)は13日、当地で三連覇を目指す強豪ユベントスとの今季リーグ初戦に臨み、フル出場した上、いきなり2得点を挙げる公式戦デビューを飾った。《共同通信》

【全米テニス】パトリック・ラフター選手が2年連続2度目の優勝

テニスの四大大会今季最終戦、全米オープン最終日は13日、ニューヨークのナショナルテニスセンターで、28年ぶりに豪州勢同士の対戦となった男子シングルス決勝を行い、第3シードのパトリック・ラフター選手がノーシードの21歳、マーク・フィリプシース選手を下して2年連続2度目の優勝を果たした。《共同通信》

1999 平成11年9月13日(月)

平成3901日目

【神戸空港】着工

神戸市が2005年秋の開港を目指し、神戸沖に計画していた神戸空港の建設工事が13日、始まった。1982年の新空港計画発表から17年たっての着工となった。地方公共団体が設置、管理する第三種空港で、総事業費は3140億円。財源は、67%に当たる約2108億円を市債発行で賄うほか、用地売却益677億円などを充てる方針。《共同通信》

【小渕恵三首相】政権協議後に人事断行

小渕恵三首相は13日夜、ニュージーランド・オークランド市内で同行記者団と懇談し、自民党総裁選再選後の党執行部人事と内閣改造について「ルールは別にない。(党執行部の)任期は決まっているが、延ばしたこともある」と述べ、連立政権発足に向けた自自公政権協議を現執行部で決着させた上で、一連の人事を断行したいとの意向を表明した。《共同通信》

2000 平成12年9月13日(水)

平成4267日目

【 JR西日本】コンクリ落下事故で施工31社に26億円の賠償提示

山陽新幹線のトンネルや高架橋のコンクリート構造物劣化問題で、JR西日本は13日、施工不良が著しかったゼネコン31社の担当者を大阪市内のホテルに呼び、総額26億円の損害賠償請求を提示。同日午後、記者会見で交渉見通しを発表した。《共同通信》

【森喜朗首相】12月上旬にも内閣改造

森喜朗首相は13日午後、首相官邸で内閣記者会のインタビューに応じ、来年1月の中央省庁再編に伴う内閣改造の時期について「新しい中央省庁の予算編成は新しい大臣の方がいい。新大臣が(年明けの通常国会で)国民に説明するのが筋としては一番通っている」と述べ、年末の2001年度予算編成前に内閣改造を行う意向を表明した。《共同通信》

2001 平成13年9月13日(木)

平成4632日目

【パウエル米国務長官】テロ首謀者がビンラディン氏と事実上「断定」

パウエル米国務長官は13日、国務省で記者会見し、国際テロも黒幕とされるウサマ・ビンラディン氏が米中枢同時テロの背後にいる中心人物と事実上断定した。米政府高官としては初めて。《共同通信》

【小泉純一郎首相】米・ブッシュ大統領と電話会談

小泉純一郎首相は13日夜、米中枢同時テロについてブッシュ大統領と電話で会談した。大統領は「われわれは21世紀の新しい戦争に協力して戦っていくことが重要だ」と日本を含む同盟国が協調することの重要性を強調、「テロリストのみならず、その協力者に対しても断固たる姿勢が必要で、自由世界が協力して対応することが重要だ」と指摘した。

首相は「米国のみならず自由、平和、民主主義への挑戦という危機意識を共有している。テロと断固戦うとの大統領の姿勢を支持している。必要な援助と協力を惜しまない」と米国への支持と可能な限り支援する意向を伝えた。《共同通信》

2002 平成14年9月13日(金)

平成4997日目

【第10管区海上保安本部】不審船の船橋天井などを回収

第10管区海上保安部(鹿児島)は13日、不審船が沈んでいた鹿児島県・奄美大島沖の東シナ海で、海底から、船橋(ブリッジ)と後部甲板室の天井を回収した。船橋の天井にはレーダーアンテナの支柱がついており、周囲の海底からアンテナ部分も見つかった。《共同通信》

【小泉純一郎首相】「拉致」進展を期待

小泉純一郎首相は13日午後、ニューヨーク市のホテルで記者会見し、17日の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)訪問で主要議題となる日本人拉致疑惑について「何らかの誠意ある対応がなされるのではないか。また、なされなければならない」と述べ、8件11人の被害者の安否消息などで進展が得られるとの見通しを示した。《共同通信》

2003 平成15年9月13日(土)

平成5362日目

【小泉純一郎首相】21日にも内閣改造断行へ

小泉純一郎首相は13日、20日の自民党総裁選での再選を前提に、翌21日に内閣改造を断行する方向で調整に入った。在任期間が長期の閣僚が多いため、体調を崩している塩川正十郎財務相の交代を含む大幅な改造となる見通し。

総裁選で首相を支持する勢力からも、交代を求める声が強い竹中平蔵金融・経財相の処遇が最大の焦点だ。《共同通信》

【自民党総裁選】札幌で舌戦

自民党総裁選で13日、党主催による4候補の合同街頭演説会が札幌市内で行われた。東京に続き2回目、地方で実施するのは初めての街頭演説だったが、焦点はやはり小泉純一郎首相(総裁)の経済対策の是非。同じ街宣車の上で、激しい論戦が繰り広げられた。《共同通信》

2004 平成16年9月13日(月)

平成5728日目

【J1・磐田】桑原隆監督を解任

サッカーJリーグ1部(J1)の磐田は13日、第2ステージ成績不振のため桑原隆監督(56)の解任を決めたと発表した。後任は鈴木政一強化部長(49)が「短絡的」に務めるとしており、遅くとも来季からアテネ五輪で男子日本代表を指揮した山本昌邦氏(46)が就任することが濃厚とみられている。《共同通信》

【民主党】第2次岡田体制発足


https://www.dpfp.or.jp/

民主党は13日午後、都内で臨時党大会を開き、岡田克也代表の無投票再選を正式に承認した。藤井裕久代表代行、川端達夫幹事長、仙谷由人政調会長、鉢呂吉雄国対委員長らの新執行部人事を決定。鳩山由紀夫外相、管直人国土交通相ら「次の内閣」の新メンバーを発表し、第二次岡田体制が発足した。任期は2年間。《共同通信》

【小泉純一郎首相】3カ国歴訪に出発

小泉純一郎首相は13日夜、ブラジル、メキシコ、米国を訪問するため、羽田発の政府専用機でブラジル・サンパウロに向け出発した。11日間の外遊は最長。《共同通信》

2005 平成17年9月13日(火)

平成6093日目

【広島・山本浩二監督】辞意が明らかに

プロ野球広島の山本浩二監督(58)が12日に球団へ辞意を伝えたことが13日、分かった。松田元オーナーは「辞任の意向は聞いた。正式には今後、本人に直接会って話をして決めたい」と話した。後任の監督については今後、山本監督と同オーナーら球団首脳が話し合って決定する。《スポニチ》

【小泉純一郎首相】郵政民営化を半年延期

小泉純一郎首相は13日、竹中平蔵郵政民営化担当相と会談し、郵政民営化の開始時期を半年延期し2007年10月1日とすることを決めた。新たな情報システムの構築が間に合わないと判断したためだが、反対派議員にも配慮することで、21日からの特別国会に再提出する関連法案の早期成立を図りたいとの思いもあるとみられる。《共同通信》

2006 平成18年9月13日(水)

平成6458日目

【駒大苫小牧・田中将大投手】プロ志望届提出

今夏の第88回全国高校野球選手権大会で準優勝した駒大苫小牧(南北海道)の田中将大投手(3年)が13日午前、北海道高野連にプロ志望届を提出した。複数球団が1巡目指名を明言しており、高校生を対象にした25日のプロ野球ドラフト会議の目玉になる。

田中投手は、11日に大学進学を表明した早稲田実の斎藤佑樹投手(3年)と同選手権決勝で投げ合った本格派右腕。駒大苫小牧の香田誉士史監督や兵庫県に住む両親と話し合い、プロ志望を決めた。《朝日新聞》

【自民党総裁選】3候補が街頭演説

安倍晋三官房長官は13日、大阪府茨木市での自民党総裁選の街頭演説で、社会保険庁改革に関し「抜本的、根本的に新しい組織に組替えたい」と述べ、継続審議となっている現在の法案を廃案にし、改革案全体を見直す考えを重ねて示した。

谷垣禎一財務相も「一度ぶっ壊して組み立て直す」と表明。麻生太郎外相は「年金を運用している人たちの能力、規範、良心があらためて問われている。きちんと運用できないならできる人に替わってもらうし、運用できない制度なら制度を変えればいい」と述べた。《共同通信》

2007 平成19年9月13日(木)

平成6823日目

【 JR信越線】中越沖地震から2カ月、全線で運行再開

新潟県中越沖地震で線路が土砂に埋まり、不通になっていたJR信越線の柿崎ー柏崎間(約18.7キロ)が13日、約2ヵ月ぶりに運転再開した。地震の影響によるJRの不通路線はなくなった。

大阪ー青森間の寝台特急「日本海」など、信越線経由の夜行列車は、13日に始発駅を出る列車から運転を再開した。《共同通信》

【安倍晋三首相】入院

安倍晋三首相は13日、体調不良のため東京・信濃町の慶応大病院に入院した。同病院の日比紀文消化器内科診療部長は記者会見し、首相は精神的ストレスなどによる「機能性胃腸障害」が悪化している状態で、少なくとも3、4日の入院が必要になると発表した。

与謝野馨官房長官は会見で、首相臨時代理について「このままの体制で行く」と置かない考えを示した。首相は13日午後の自民党両院議員総会への出席を取りやめた。

日比氏によると、首相は約1カ月前から腹痛や食欲不振などを訴え始め、この数ヶ月間で体重が約5キロ減少した。《共同通信》

2008 平成20年9月13日(土)

平成7189日目

【WBAスーパーライト級タイトル戦】木村登勇選手、戴冠ならず

世界ボクシング協会(WBA)スーパーライト級タイトルマッチは13日、ウクライナのリビウで行われ、日本同級王者の30歳、木村登勇(横浜光)はチャンピオンのアンドレアス・コテルニク(ウクライナ)に0−3の判定で敗れ、世界初挑戦での王座奪取に失敗した。コテルニクは初防衛。

【自民党総裁選】地方遊説スタート

自民党は13日、総裁選候補者による街頭演説会を大阪、高知両市で相次いで開き、麻生太郎幹事長(67)は中央と地方の格差問題に触れ「医療、介護が一番しんどいのではないか。病院をつくるより病院と結ぶ道路を造った方が安い」と述べ、広域医療体制整備に向け地方の道路整備を急ぐ考えを示した。

石原伸晃元政調会長(51)は「日本を自立と福祉の国にしたい」と社会保障費圧縮方針を見直す考えを表明。「第一次産業に手を差し伸べないといけない」と地方への配慮も強調した。

小池百合子元防衛相(56)は「霞が関をぶっ壊すということは、地方分権を実現することだ」と、格差解消のためにも構造改革継続が必要と主張した。

これに対し、石破茂前防衛相(51)は小泉改革が地方の疲弊を招いたとして「自民党として深く反省する」と述べ、農業政策の強化を主張。北朝鮮情勢に触れ「クーデターがあったらどうする。核を持った国での内乱がそれだけ怖いか。備えを持たないといけない」と防衛力強化の必要性を訴えた。

与謝野馨経済財政担当相(70)は「福祉の財源や教育を支えるためには税制改革を通じて国民にしかるべき負担をお願いしないといけない」と財政再建に理解を求めた。《共同通信》

2009 平成21年9月13日(日)

平成7554日目

【マリナーズ・イチロー外野手】9年連続200安打

米大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー外野手(35)が13日、当地で行われたテキサス・レンジャーズとのダブルヘッダー第2試合で、大リーグ史上初の9年連続200安打を達成した。メジャー1年目の2001年から200安打以上を継続。1894~1901年にウィリー・キーラーがマークした8年連続を108年ぶりに更新した。《時事通信》

【自民党・谷垣禎一元財務相】総裁選出馬へ

自民党の谷垣禎一元財務相(64)は13日午後、麻生太郎総裁の後継を決める党総裁選(18日告示ー28日投開票)について「結党以来の大敗北を受け、誰かが捨て石にならなければならない。自分が捨て石になって党を再生しようと決意した」と述べ、出馬の意向を正式に表明した。都内で記者団に明らかにした。

総裁選への出馬表明は谷垣氏が初めて。党内では石破茂農相(52)や河野太郎衆院議員(46)を擁立する動きがあり、候補擁立に向けた党内の駆け引きが本格化する。《共同通信》

【民主党・鳩山由紀夫代表】戦略局に社・国入れず

民主党の鳩山由紀夫代表は13日、閣僚人事検討など新政権発足に向けた準備を続けた。連立与党間の政策調整は民主、社民、国民新3党の党首級でつくる「基本政策閣僚委員会」に一本化し、予算編成などの司令塔として新設する「国家戦略局」には社国両党を参加させない方針を固めた。

社国両党は連立政権協議で、与党の連絡調整の一環として国家戦略局への参加を強く要求。9日の連立合意の際には「今後検討する」とされていただけに、反発しそうだ。《共同通信》

2010 平成22年9月13日(月)

平成7919日目

【ベルギー教会・レオナール大司教】神父らによる児童への「性的虐待」を認める

ベルギーのカトリック教会のトップ、レオナール大司教は13日、ブリュッセルで記者会見し、同教会で多数の神父らが長年にわたり児童らに性的虐待を行っていたことを 初めて公式に認めた上で、教会として被害者対応に全力を挙げる考えを表明した。虐待にかかわった者に対しては、教会からの永久追放など厳しい処分を下す方針を示した。《共同通信》

【菅直人首相】シュワルツネッガー知事と会談


https://www.dpfp.or.jp/

菅直人首相は13日夜、米カリフォルニア州のシュワルツネッガー知事と官邸で会談し、同州の高速鉄道計画をめぐり「ロサンゼルスは車の街で鉄道はないということだが、入れてもらえるとうれしい」と日本の新幹線を売り込んだ。知事は14日、新幹線に試乗する。

知事はドイツや中韓両国の企業が計画に関心を持っていると説明。首相は「新幹線は開業以来40年以上、死者が出ていない。安全性も考慮してほしい」とアピールした。この後、前原誠司国土交通相も知事と会談した。《共同通信》

2011 平成23年9月13日(火)

平成8284日目

【巨人・原辰徳監督】来季も続投へ

プロ野球巨人が、今季が3年契約の最終年となる原辰徳監督(53)に来季の続投を要請したことが13日、分かった。桃井恒和オーナーは「正式に要請した。7年間で4回優勝をしている。正当に評価してあげないといけない」と説明。原監督は受諾に前向きな姿勢を示したという。契約年数などの細部は今後、詰める。原監督は「全力を持って今季を戦う、一点に集中したい」と話した。《共同通信》

【マイクロソフト】「ウィンドウズ8」概要を発表

米ソフトウエア大手マイクロソフト(MS)は13日、米カリフォルニア州アナハイムで開いた開発者向け会議で、パソコン用の新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8(開発名)」の概要を発表した。タブレット型多機能端末の特徴を取り入れ、原則的に画面を手で触れて操作する方式に刷新した。《共同通信》

2012 平成24年9月13日(木)

平成8650日目

【経団連・米倉弘昌会長】「原発ゼロ承服できない」首相に電話

経団連の米倉弘昌会長は13日、政府が新たなエネルギー・環境戦略の原案に原発ゼロ目標を盛り込んだことに対し、野田佳彦首相に電話して「承服できない」と反対する意向を伝えたことを明らかにした。都内で記者団に語った。

米倉会長によると、電話は13日午前の約10分間で、野田首相は「これから(国民に)いろいろ説明していきたい」と述べたという。

米倉会長は、野田首相が原発ゼロ方針を強く支持しているかは「よく分からない」とし、「首相を取り巻く閣僚が選挙で右往左往している」と語った。米倉会長は、政府のエネルギー・環境会議の上部組織である国家戦略会議の民間委員を務めている。《共同通信》

【自民党・石原伸晃幹事長】「福島原発第1サティアンしかない」

9月13日のできごと(何の日)

自民党の石原伸晃幹事長は13日のTBS番組で、東京電力福島第1原発事故で汚染された土壌について「校庭に放射能を浴びた土の表面を取り除いてシートを掛けている。一カ所に集めたら放射線濃度は高まる。間抜けな政策だ」とした上で「運ぶところは福島原発第1サティアンしかない」と述べた。

「サティアン」はオウム真理教が教団関連施設の呼称に使用した経緯があり、被災者への配慮を欠く発言との批判も出かねない。

石原氏は13日夜「福島第1原発と言うつもりだった。単なる言い間違えだ」と都内で記者団に述べた。《共同通信》

2013 平成25年9月13日(金)

平成9015日目

【楽天・田中将大投手】開幕21連勝

楽天の田中将大投手(24)は13日、Kスタ宮城で行われたオリックス戦で自身が持つ開幕連勝記録を21に伸ばし、稲尾和久(西鉄)が1957年にマークした同一シーズン連勝記録の20を抜いてプロ野球新記録を樹立した。

チームは6―2で勝ち、田中は10安打を許したが2失点に抑えて完投勝利。今季無敗の21勝目を飾った。

昨年8月26日から続くシーズンをまたいだ連勝記録も25に伸ばし、これも自身が持つプロ野球記録を更新した。《日経新聞》

【安倍晋三首相】下村文科相を五輪担当相に任命

安倍首相は13日、下村文部科学相を2020年夏季東京五輪の担当相に任命した。文科相との兼務。下村氏は会見で「五輪を日本の活力に結び付け、単にスポーツの祭典で終わらせないようにしたい」と強調、大震災からの復興や文化芸術の振興なども併せて進める考えを示した。《共同通信》

2014 平成26年9月13日(土)

平成9380日目

【テニス・錦織圭選手】帰国会見

テニスの全米オープン男子シングルスで準優勝し、四大大会シングルスで日本選手初の快挙を成し遂げた錦織圭(24)=日清食品=が13日、拠点を置く米国から成田空港に帰国した。千葉県成田市内のホテルで記者会見に臨み「決勝で負けた悔しさは大きいが、テニス人生の大きなステップを踏み出せた。世界一の夢にほんの少し近づいた」と笑顔で話した。《デイリースポーツ》

2015 平成27年9月13日(日)

平成9745日目

【西武・秋山翔吾外野手】シーズン200安打達成

西武の秋山翔吾外野手(27)が13日、西武プリンスドームでのロッテ24回戦で五回に三塁内野安打を記録してプロ野球史上6人目(7度目)のシーズン200安打に到達した。残り12試合で、1994年にイチロー(オリックス)がマークしたパ・リーグ記録の210安打、2010年にマートン(阪神)が作った214安打のプロ野球記録に挑む。《共同通信》

【安倍晋三首相】拉致問題解決に全力

北朝鮮による拉致被害者の早期救出を訴える国民大集会が13日、東京都千代田区の日比谷公会堂で開かれた。集会では、北朝鮮に対して全拉致被害者の一括帰国を要求するとともに、期限を設定し、期限を過ぎた場合には強力な制裁と国際圧力をかけることを北朝鮮に通告するよう政府に求める決議を採択した。

北朝鮮は昨年7月から、拉致被害者らの再調査を開始したが、報告は北朝鮮の一方的な通告で遅れ、被害者帰国も実現していない。集会に駆けつけた安倍晋三首相は「調査の開始から1年以上が経過したが、いまだに具体的な見通しが立っていないことはまことに遺憾だ」と述べた。さらに被害者家族の高齢化に触れた上で、「われわれは拉致被害者、家族と常にともにある。この思いで問題の解決に全力を尽くしていくことを改めて誓う」と話した。《産経新聞》

2016 平成28年9月13日(火)

平成10111日目

【レスリング・伊調馨選手】国民栄誉賞受賞決定

政府は13日の閣議で、リオデジャネイロ五輪のレスリング女子58キロ級で優勝し、4大会連続で金メダルを獲得した伊調馨選手(32)=ALSOK=に国民栄誉賞を贈ることを正式に決め、発表した。

五輪での4連覇は女子個人種目では史上初となる快挙。菅義偉官房長官は13日の記者会見で「人一倍の努力と厳しい修練の積み重ねにより、最後まで勝利をあきらめずに金メダルを獲得。多くの国民に深い感動と勇気、社会に明るい希望を与えたことにより、顕著な業績があった」と説明した。《朝日新聞》

【民進党・蓮舫代表代行】「二重国籍」認める

民進党の蓮舫代表代行は13日午前、国会内で記者会見し、「台湾籍が残っていた」と明らかにして謝罪した。12日に台湾当局から連絡があったという。蓮舫氏は東京都出身で父が台湾人、母が日本人。17歳だった1985年に日本国籍を取得しているが、いわゆる「二重国籍」ではないかとの指摘を受けて調べていた。

蓮舫氏は会見で「私の記憶の不正確さで混乱を招いたことをおわびしたい」と陳謝した。15日投開票の民進党代表選については、「党を変えたいという思いは変わらない」と述べ、撤退しない考えを示した。

これまでの蓮舫氏の説明では、85年1月に日本国籍を取得し、台湾籍の放棄を宣言した。一方で、当時、東京の台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)に赴き、父が台湾語で手続きをしたため、「私は台湾語がわからないので、どういう作業が行われたか覚えていない」と話していた。13日の会見で蓮舫氏は「記憶が不正確だった。私としては(台湾籍は)抜けたと思っていた」と繰り返した。

会見で蓮舫氏は「政治家として日本人という立場以外で行動したことは一切ない」と釈明。今月6日に台湾籍放棄の書類を改めて代表処に提出しており、「この手続きが完了すれば籍に関することは最終的に確定する」と述べた。《毎日新聞》

2017 平成29年9月13日(水)

平成10476日目

【IBFスーパーバンタム級タイトル戦】岩佐亮佑選手が戴冠

プロボクシングの世界タイトルマッチ12回戦が13日、エディオンアリーナ大阪で行われた。国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級3位の岩佐亮佑(27)=セレス=は同級王者の小国以載(29)=角海老宝石=を六回2分16秒TKOで破り、王座を奪った。小国は初防衛に失敗した。《毎日新聞》

【WBO世界ライトフライ級タイトル戦】田中恒成選手が2度目の防衛

プロボクシングのダブル世界戦が13日、エディオンアリーナ大阪で行われ、WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦は、王者の田中恒成(22=畑中)は初回にダウンを喫したものの、挑戦者で同級13位のパランポン・CPフレッシュマート(32=タイ)を9回1分27秒にTKOで下し、同王座の2度目の防衛に成功した。《スポニチ》

2018 平成30年9月13日(木)

平成10841日目

【テニス・大坂なおみ選手】凱旋会見

テニスの全米オープンで四大大会シングルスの日本勢初優勝を果たし、女子の世界ランキングで自己最高7位に浮上した大坂なおみ選手(20)=日清食品=が13日早朝に凱旋後、横浜市内のホテルで記者会見し「今は眠いが、とてもうれしい」と喜びを語った。

報道陣約150人が詰め掛け、日本でやりたいことを問われ「原宿に行きたいし、東京ドームの(隣の)ジェットコースターにも乗りたい」と無邪気に答えた。多くあった、お祝いの連絡の中でも錦織圭選手(日清食品)からローマ字でもらった「おめでとう」というメッセージが一番印象に残ったことを明かした。《共同通信》

【平成30年(18年)北海道胆振東部地震】発生から1週間

北海道で震度7を観測し、41人が亡くなった地震は13日で発生から1週間を迎えた。道内の被災地では、住民らが犠牲者を悼み、悲しみを新たにした。停電はほぼ解消し、復旧は進んでいるが、現在でも1576人が避難生活を送っており、生活再建は道半ばだ。

大規模な土砂崩れが発生し、36人が死亡した厚真町の役場前では、正午を知らせるサイレンとともに、宮坂尚市朗町長や職員らが黙とうした。

道によると、町内約1650戸で断水が続き、全面復旧には約1カ月かかる見通し。一方、北海道電力苫東厚真火力発電所の敷地内で、液状化現象が確認されたことが13日、同社への取材で分かった。《共同通信》

2019 令和元年9月13日(金)

令和136日目

【台風15号】千葉県、停電なお16万6000軒

台風15号の影響による千葉県の大規模停電で、東京電力パワーグリッドは13日、都内で記者会見し、復旧には最長でさらに2週間程度かかる見通しを明らかにした。県南部で広範囲にわたって甚大な設備被害が生じている地域があるためとしている。県内では同日午後11時現在、南房総市や館山市など計約16万6000軒で停電が続いており、さらなる長期化に備えた支援が急務となった。

発表によると、おおむねの復旧までに最長2週間程度を要するのは、南房総市と館山市、鴨川市、鋸南町。君津市や富津市、山武市など18市町村では最長1週間程度、千葉市や市原市など15市町では最長3日程度で復旧する見込みとしている。《読売新聞》

2020 令和2年9月13日(日)

令和502日目

【全米テニス・車いすの部】国枝慎吾選手、7度目の優勝

テニスの全米オープン車いすの部は13日、ニューヨークで行われ、男子シングルス決勝で第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)が3連覇を目指したアルフィー・ヒューエット(英国)を6―3、3―6、7―6で下し、5年ぶり7度目の優勝を果たした。

女子ダブルス決勝は上地結衣(三井住友銀行)、ジョーダン・ホワイリー(英国)組がディーデ・デフロートらのオランダのペアに6―3、6―3で勝った。上地はデフロートと組んだ2018年大会以来、2年ぶり3度目の優勝となった。《共同通信》



→9月14日 その日のできごと

9月 その月のできごと

←9月12日 その日のできごと