平成3901日目

1999/09/13

【神戸空港】着工

神戸市が2005年秋の開港を目指し、神戸沖に計画していた神戸空港の建設工事が13日、始まった。1982年の新空港計画発表から17年たっての着工となった。地方公共団体が設置、管理する第三種空港で、総事業費は3140億円。財源は、67%に当たる約2108億円を市債発行で賄うほか、用地売却益677億円などを充てる方針。

空港建設をめぐっては、市民の間に「阪神大震災で財政が悪化しており、市債という借金頼みの大規模公共工事は不要だ」との反対論が根強くあり、反対派の市民団体が海上や陸上で抗議活動を行う中での着工となった。《福井新聞》




【小渕恵三首相】政権協議後に人事断行

小渕恵三首相は13日夜、ニュージーランド・オークランド市内で同行記者団と懇談し、自民党総裁選再選後の党執行部人事と内閣改造について「ルールは別にない。(党執行部の)任期は決まっているが、延ばしたこともある」と述べ、連立政権発足に向けた自自公政権協議を現執行部で決着させた上で、一連の人事を断行したいとの意向を表明した。

首相は「全部が関連することだ。党人事をやって何日かやって改造するというルールはない」と指摘、内閣改造と党執行部人事を同時に行うのが望ましいとの考えを示した。また「全党挙党体制をつくる」として、総裁選を争っている加藤、山崎両派にも配慮する考えを示した。《共同通信》

9月13日/のできごと