美浜原発蒸気漏れ事故(平成16年8月9日)

8月9日のできごと(何の日) 美浜原発蒸気漏れ事故

9日午後3時28分ごろ、営業運転中の福井県美浜町の関西電力美浜原発3号機(加圧水型軽水炉、出力82.6万キロワット)で警報が鳴り原子炉が緊急停止した。関電が調べたところ、タービン建屋内に高温の水蒸気が充満。中で作業していた作業員11人がやけどを負い、うち4人が死亡し、2人が重体、2人が重傷。

※転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。



1989 平成元年8月9日(水)

【第71回全国高校野球選手権】開幕

第71回全国高校野球選手権大会は9日、甲子園球場で開会式を行い、14日間にわたる“球児たちの夏”がスタートした。史上最多の3990校が参加した地方大会の激戦を勝ち抜いた49校、735人の若者たちが、あこがれの晴れ舞台を踏んだ。《共同通信》

丸子実3−10上宮

丸子実のうまさも上宮のパワーには通じなかった。1点のリードを許した上宮は3回、持ち前の集中打を発揮した。それも二死から。まず内藤が一塁線を破る二塁打したのが口火だった。捕逸と小野寺の四球で一、三塁とし、主砲・元木が真ん中の直球をスタンドに3点本塁打してたちまち逆転。さらに3連続長短打と攻め手を緩めず、この回計4点を挙げた。2点差に詰め寄られた7回にも二死無走者から2四球を足掛かりに岡田、鈴木の短、長打で3点を追加して大勢を決めた。《共同通信》

【宇野宗佑首相】官邸に別れ

宇野首相は9日昼すぎ、首相官邸玄関で、官邸職員からお別れの花束贈呈を受け、官邸に別れを告げた。花束を受け取った首相は「いや、どうもありがとう」と大きな声を上げ、手を何回も振りながら玄関先から国会へ向かった。2ヵ月余りの官邸暮らしだったが、さすがに感慨深げな表情だった。

これを前に宇野首相は、首相辞任後の派閥復帰について「戻らない。そういうことはきちっとやる」と述べ、自民党旧中曽根派に戻る考えのないことを明らかにした。首相官邸で記者団の質問に答えた。《共同通信》

【海部内閣】成立(発足は7月10日)

自民党政治再生を目指す海部新政権が9日夜、組閣を終え成立した。10日午後、皇居での首相任命式、閣僚認証式を経て正式発足する。9日夕の国会で第76代首相に指名された海部俊樹新首相は直ちに小沢幹事長ら新党三役を決定。同夜首相官邸で組閣に着手し、午後10時半、山下徳夫官房長官(69)が閣僚名簿を発表した。《共同通信》

1990 平成2年8月9日(木)

【国連安保理】イラクのクウェート統合は無効

国連安全保障理事会は9日午前、公式討議を開催、イラクのクウェート併合を無効と宣言し、イラクに対して併合を撤回するよう要求する決議を全会一致で可決した。

決議案は(1)イラクによるクウェートの併合を法的に無効と決定する(2)クウェートの地位を変更しようとするイラクの他のいかなる行動をも法的に無効とする(3)すべての国と国際機関に対し、併合を承認せず併合を間接的に承認すると解釈され得るいかなる行動も差し控えるよう呼び掛ける(4)イラクに対し、クウェートの併合を取り消すよう要求する–の4項目から成っている。《共同通信》

【海部俊樹首相】中東訪問は予定通り

海部首相は9日昼、原爆犠牲者慰霊平和祈念式に出席後、長崎市内で記者会見し、15日から予定している中東5カ国歴訪について「訪問の予定は変化ない」と現時点では訪問日程に変更がないことを強調するとともに「中東との関係を一層緊密にするとともに、中東地域に平和が確保されることを願っている」と述べ、日本としても各国との政治的対話を一層深めることで相応の役割を果たしたいとする強い決意を表明した。《共同通信》

1991 平成3年8月9日(金)

【日本相撲協会】立ち合いの「待った」に罰金

日本相撲協会は立ち合いの乱れをなくすため「待った」に罰金を科すことを決め、9日、巡業先の札幌市で十両以上の関取に通告した。同協会が罰金制度を導入するのは初めてで、秋場所までに「規定」で明文化する。

罰金制度の対象となるのは幕内、十両の全力士。立ち合いが合わなかったり、「待った」で目に余るものについて担当の審判部長が裁定を下し、幕内では両力士に各10万円、十両では各5万円を科す。《共同通信》

【海部俊樹首相】大蔵官僚の天下り規制も

国会は9日の参院本会議で、3日間にわたる海部首相の所信表明演説に対する各党代表質問の最終日の質疑を行った。

海部首相は証券不祥事を招いた要因として指摘されている大蔵官僚の証券業界への天下り問題について「行政への信頼を損なうことのないよう、今後は厳正に対処したい」と述べ、天下り規制に取り組む考えを示した。《共同通信》

1992 平成4年8月9日(日)

【バルセロナ五輪・閉会式】

史上最大の五輪、第25回夏季オリンピック大会は9日午後10時から五輪スタジアムで閉会式を行い、16日間にわたった熱戦に終わりを告げた。《共同通信》

【宮澤喜一首相】靖国神社「私的」参拝に含み

宮澤首相は9日昼、長崎市の原爆犠牲者慰霊平和祈念式典後に同市内のホテルで会見し、靖国神社への参拝問題について「私は閣僚をしていた時に何度も私的な立場で参拝している。適当な時期に、私的な立場で英霊に対して追悼の気持ちを表したい、という気持ちは変わっていない」と述べ、時期をみて私人の立場で参拝することに含みをもたせた。《共同通信》

1993 平成5年8月9日(月)

【細川内閣】発足


https://www.kantei.go.jp/

細川連立内閣は9日午後、皇居での首相任命式と閣僚認証式を終え正式に発足した。新内閣では看板ポストとして政治改革担当相を新設し、山花社会党委員長を起用、羽田新生党党首が副総理兼外相、石田公明党委員長が総務庁長官、大内民社党委員長が厚相、江田社民連代表が科技庁長官に就任、武村官房長官(新党さきがけ)を含め、政権基盤安定と政策実行力確保を狙いとした6党首そろい踏みの「連立結束内閣」が誕生した。本格的な連立政権は1948年の芦田均内閣以来、45年ぶり。《共同通信》

1994 平成6年8月9日(火)

【袴田事件】静岡地裁、再審請求を棄却

昭和41年6月、静岡県清水市でみそ会社専務の一家4人が殺害された事件で、死刑が確定した元プロボクサー袴田巌死刑囚(58)=東京拘置所に収監中=が無実を訴えて再審を請求した「袴田事件」で、静岡地裁の鈴木勝利裁判長は9日、「弁護側が提出した逃走経路、着衣、凶器などに対する証拠は、いずれも確定判決に合理的な疑いを抱かせる新たな証拠とは認められない」として請求を棄却する決定をした。《共同通信》

【村山富市首相】税制改革「年内に法案化」

村山首相は9日午後、原爆犠牲者慰霊平和祈念式典のため訪れた長崎市内のホテルで記者会見し、税制改革について「9月に(与党内の)作業をしてもらい、年内に法案化する準備を進めてもらう」との考えを示した。

政府はこれまで「年内実現(法案成立)に最大限努力する」との立場を示しており、首相の「年内法案化」表明はこの目標を軌道修正したものとみられる。《共同通信》

1995 平成7年8月9日(水)

【globe】デビューシングル「Feel Like dance」発売

【長崎】原爆投下から半世紀

広島に続く原爆投下から半世紀。長崎は9日、原爆の日を迎えた。長崎市松山町の平和公園で、市主催の「原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が開かれ、初めて正式に招かれた韓国人被爆者や在米被爆者ら過去最高の3万人が参列、被爆地は核兵器廃絶を願う人々の平和への祈りに包まれた。

広島、長崎の市長としては初の戦後生まれの伊藤一長・長崎市長は「平和宣言」で、米スミソニアン航空宇宙博物館の原爆展が事実上中止されたことに触れ、核戦争の恐れのない社会を求める長崎の声が世界に届いているかと自問。今年を「核兵器廃絶元年」とし、新たな出発とすることを誓った。《共同通信》

【村山富市首相】「さきがけと連携を強化」

村山富市首相は9日、平和祈念式典出席のため訪れた長崎市のホテルで記者会見し、社会党の新党構想について「党大会で議論して具体的に新しい党を目指して進んで行ける方針を確立したい」と述べ、9月中旬の社会党臨時大会を契機に具体的な新党づくりの作業に着手する意向を示した。

同時に「一番考えが近いさきがけとの連携を深め、新党を目指す互いの協力関係を作っていく必要がある」と、さきがけとの連携強化に強い意欲を示した。《共同通信》

1996 平成8年8月9日(金)

【山梨県上九一色村】オウム施設3棟解体

山梨県上九一色村にあるオウム真理教の教団施設3棟に対する解体、撤去作業が9日行われた。破産管財人(阿部三郎弁護士)が実施したもので、教団施設の解体、撤去は全国で初めて。

作業は同日夕に終了し、今後数日かけてがれきの処理などを行い、教団所有地との境界に有刺鉄線を張る予定。

教団は現在信者が居住している同村の「第6サティアン」などについても9月25日までに退去すると表明しており、最大拠点だった「上九」は大きく変ぼうすることになりそうだ。《共同通信》

【ロシア・エリツィン大統領】2期目就任

エリツィン・ロシア大統領は9日、クレムリン宮殿で行われた就任式で宣誓し、2期目の大統領に正式に就任した。

7月4日の大統領選挙決選投票で、ジュガーノフ共産党委員長を破って再選を果たした大統領だが、チェチェン共和国では9日、独立派武装勢力の攻撃により首都グロズヌイが事実上陥落したと伝えられた上、自らの健康不安も払しょくし切れず、多難な船出となった。《共同通信》

1997 平成9年8月9日(土)

【世界陸上女子マラソン】鈴木博美選手が優勝

第6回世界陸上競技選手権第8日は9日、マラトンーアテネ間を走るマラソン発祥の歴史的コースで女子マラソンを行い、鈴木博美(28)=積水化学=が2時間29分48秒で優勝した。日本選手の世界選手権女子マラソンの優勝は、1993年第4回のシュツットガルト大会の浅利純子以来2人目。《共同通信》

【長崎市・伊藤一長市長】日本は戦争加害国として謝罪を

長崎市の伊藤一長市長は9日、平和祈念式典出席のため同市を訪れた小泉厚相に、日本の戦争加害を国として謝罪するよう求めた。

伊藤市長は「同じ第二次世界大戦の敗戦国であるドイツは、戦争中の侵略行為を認め、相手国に謝罪した。わが国も、きちんと謝るべきだ」と訴えた。小泉厚相は「趣旨は分かるが、外交上の問題は軽々に結論を出せない」とし、即答を避けた。

伊藤市長は、今年の平和宣言に「謝罪」という文言を盛り込まず、「市の姿勢を後退させた」と論議を呼んだが、「謝罪は政府がすべきだ」との考えを示していた。《読売新聞》

1998 平成10年8月9日(日)

【小渕恵三首相】野党対策に柔軟対応

小渕恵三首相は9日、平和祈念式典出席のため訪れた長崎市内のホテルで記者会見し、金融機関の不良債権処理のための金融再生6法案について「一括して一日も早く成立させることが極めて重要だ。何としても野党との妥協点を見いだしたい」と述べ、早期成立のため野党との法案修正に柔軟な考えを強調した。

首相は「まずは最大野党から質疑などが始まるだろうから、そうした考えを受け止め、最も話し合いが可能な中身を持っている野党と真剣な話し合いに入っていかなければならない」と述べ、最大野党の民主党など各野党の対案を真剣に検討する姿勢を示した。《共同通信》

1999 平成11年8月9日(月)

【埼玉県熊谷市】車いすの男が銀行強盗、すぐ逮捕

9日午後3時ごろ、埼玉県熊谷市本町、足利銀行熊谷支店に電動車いすに乗った男が侵入、カウンター越しに女子行員に包丁を突き付け「11万円出せ」と脅迫した。女子行員に代わって応対した支店長代理(41)が「お金を用意している」などと引き伸ばした後、店内にいた男性客と行員が包丁を取り上げ、取り押さえた。けが人はなかった。《共同通信》

【自民党、自由党】「定数削減へ努力」確認

衆院比例代表定数50削減法案をめぐる攻防は9日、小渕恵三首相と自由党の小沢一郎党首が会談「自自合意実現に向けて最後まで努力する」ことを確認するなど、大詰めの調整が続けられた。

自民、自由、公明3党の国対委員長や衆院政治倫理・公選法改正委員会で同法案の審議入りを目指す新たな動きも表面化。公明党の草川昭三国対委員長は条件によっては審議入りに柔軟な姿勢をのぞかせたが、妥協点を見いだすには至らなかった。

自由党は9日の顧問会議を皮切りに、10日には全議員懇談会を開き連立離脱も選択肢に党内結束を図る方針で、政局は13日の国会会期末に向けて一層緊迫化してきた。《共同通信》

2000 平成12年8月9日(水)

【森喜朗首相】日ロ平和条約「領土問題は切り離さず」

森喜朗首相は9日午後、長崎市のホテルで記者会見し、日ロ平和条約締結に関連し、領土問題を切り離した「中間条約」案が一部に出ていることに対して「政府が検討している事実はない。従来通り、領土問題を踏まえた上で条約を締結するとの一貫した方針の下で全力を尽くしている」と述べ、政府方針に変更はないと強調した。

首相は沖縄で行われたプーチン・ロシア大統領との会談に言及し、大統領が「敏感な問題があり、そのことだけ議論するのは国内にも事情があって厳しい」と領土問題の進展は難しいとの認識を伝えていたことを紹介した。

これに対し、首相は「それではいつまでたっても話し合いにならない」と不満を表明、「大きな見地でより前進した話し合いをする中で、敏感な話も議論しなければならない」と訴えたことも明らかにした。《共同通信》

2001 平成13年8月9日(木)

【明石花火大会歩道橋事故】県警、警備会社を強制捜査

兵庫県明石市の花火大会事故で、兵庫県警捜査本部は9日、雑踏警備を請け負った「ニシカン」のA支社長(59)が危険回避の措置を怠り、196人を死傷させたとして、業務上過失致死傷の疑いで、同社の本社(福岡市)、大阪支社(大阪市)や事故現場の歩道橋周辺の警備を担当した下請け警備会社など、計7カ所を家宅捜索した。

ニシカンの事故報告書は「警察に歩道橋への分断入場実施の許可を求めたが不必要と言われた」とする虚偽の記載が多数あることが判明。責任追及を逃れるため証拠隠滅を図った疑いが強いと判断し、強制捜査に踏み切った。《共同通信》

【自民党総裁選】小泉純一郎氏が無投票で再選

自民党の小泉純一郎総裁(首相)の再選が9日、確定した。9月末の総裁任期切れを前に、党執行部は同日夕、先月末から実施していた総裁選立候補の事前受け付けを締め切ったが、小泉氏以外に立候補の意思表明がなく、「無投票再選」となった。

10日午後に党本部で開く両院議員総会で再選を正式決定。任期は今年10月から2003年9月末までの2年間。小泉氏は参院選大勝を背景に経済、財政、社会保障などの「構造改革」を断行する考えだ。《共同通信》

2002 平成14年8月9日(金)

【田中真紀子前外相】議員辞職願を提出

田中真紀子前外相(58)=自民党員資格処分中=は9日、衆院議長公邸で綿貫民輔議長と会い、自らの公設秘書給与疑惑で政治不信が高まるとして、議員辞職願を提出、許可された。

田中氏は同日夕、東京・目白台の自宅前で記者団に(1)党員資格停止で議員立法などができず、議員でいる意味がない(2)疑惑が完全に払しょくされていないという印象を国民が持っている−−と辞職を決断した理由を明らかにした。ただ、疑惑を認めたのかという質問には答えず、疑惑を晴らさないまま国会による解明を遠のかせることになった。《共同通信》

2003 平成15年8月9日(土)

【 Jリーグオールスター】東軍3−1西軍

JリーグのJOMOオールスターは9日、札幌ドームで3万4669人の観衆を集めて行われ、東軍がエムボマ(東京V)の豪快なシュートなどで3−1と西軍を下し、3年連続の勝利となった。最優秀選手にはエムボマが選ばれた。《共同通信》

【アーノルド・シュワルツェネッガー氏】カリフォルニア州知事選立候補届け出

米国の人気俳優アーノルド・シュワルツェネッガー氏(56)が9日、ロサンゼルス郊外のカリフォルニア州選管事務所に知事選の立候補を届け出た。選管事務所には妻のマリア・シュライバーさん(47)が同行。共和党のシュワルツネッガー氏は届け出の手続きを済ませると余裕の表情を見せ第一声。「私はカリフォルニアの人々の知事になる」と訴えた。《共同通信》

2004 平成16年8月9日(月)

【美浜原発蒸気漏れ事故】

9日午後3時28分ごろ、営業運転中の福井県美浜町の関西電力美浜原発3号機(加圧水型軽水炉、出力82.6万キロワット)で警報が鳴り原子炉が緊急停止した。関電が調べたところ、タービン建屋内に高温の水蒸気が充満。中で作業していた作業員11人がやけどを負い、うち4人が死亡し、2人が重体、2人が重傷。

国内の原発で営業運転中に伴い死者が出たのは初めてで、県警は業務上過失致死傷容疑で捜査に乗り出した。外部への放射能漏れはないという。

関電の説明によると、美浜3号機は今月14日から定期検査の予定で、準備作業のため木内計測(本社・大阪市天王寺区)の社員が原子炉建屋の東隣にある、タービンを回して発電するタービン建屋(3階 一部4階建て)内で作業をしていた。死傷したのはいずれも2階で作業していた同社の社員。前回の定検は昨年7月15日に終わっていた。事故当時、同建屋内では1~3階で計211人が作業していた。《毎日新聞》

2005 平成17年8月9日(火)

【野口聡一宇宙飛行士】地球に帰還

野口聡一さん(40)搭乗のスペースシャトル「ディスカバリー」が9日午前5時11分、米カリフォルニア州のエドワーズ空軍基地に着陸した。2003年のコロンビア空中分解事故以来2年半ぶりの再開飛行はひとまず成功。米航空宇宙局(NASA)のグリフィン局長も「(打ち上げ時の)断熱材落下以外はすべてずばぬけた成功だ」と評価した。《共同通信》

【自民党】造反選挙区に小池環境相

自民党は9日、郵政民営化関連法案に反対した亀井派の小林興起前衆院議員が出馬する衆院東京10区に、小池百合子環境相(比例近畿ブロック)を公認候補として擁立する方針を固めた。自民党は小林氏ら反対者37人を全員非公認とする方針を決定。小泉純一郎首相は非公認組の選挙区すべてに対抗馬を立てるよう指示しており、小池氏擁立は第一弾といえる。《共同通信》

2006 平成18年8月9日(水)

【サッカー国際親善試合】オシム監督初采配

サッカーの国際親善試合、キリン・チャレンジカップは9日、東京・国立競技場で行われ、オシム新監督が初めて指揮を執る日本代表が、三都主(浦和)の2得点の活躍などで2−0でトリニダードトバゴ代表に勝ち、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会後初の国際Aマッチを白星で飾った。《共同通信》

【韓国・潘基文外交通商相】安倍官房長官に靖国参拝自粛を要請

安倍晋三官房長官は9日午前、韓国の潘基文外交通商相と首相官邸で会談した。潘氏は、小泉純一郎首相や安倍氏の靖国神社参拝、竹島領有権問題を念頭に「最近の歴史問題で、両国関係が厳しい局面にあることを残念に思う。この問題を格別に念頭に置いて役割を果たして欲しい」と述べ、次期首相最有力候補の安倍氏に今後の参拝自粛などを要請した。《共同通信》

2007 平成19年8月9日(木)

【安倍晋三首相】平和祈念式典に出席

長崎は9日、被爆から62年の原爆の日を迎えた。長崎市松山町の平和公園で市主催の原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が営まれ、就任後初めての平和宣言に臨んだ田上富久市長は核兵器廃絶に対する政府の姿勢が揺らいでいるとの憂慮を示し「国際社会で強いリーダーシップを」と要請。世界唯一の被爆国として自覚し、世界に対する指導力を発揮するよう政府に強く促した。

式典には被爆者や遺族、市民、安倍晋三首相、核保有国のロシア、パキスタンを含む15カ国の駐日大使ら約5700人が参列。

安倍首相は「国際社会の先頭に立ち、核兵器廃絶と恒久平和の実現に全力で取り組む」とあいさつ。伊藤前市長への弔意も示した。《共同通信》

2008 平成20年8月9日(土)

【北京五輪・柔道女子48キロ級】谷亮子選手が銅メダル獲得

北京五輪は9日、柔道の女子48キロ級で谷亮子=トヨタ自動車=が準決勝でアリナ・ドゥミトル(ルーマニア)に敗れ、3位決定戦で一本勝ちして銅メダルを獲得したものの、2000年シドニー、04年アテネに続く五輪3連覇はならなかった。《共同通信》

【福田康夫首相】臨時国会召集「それほど遅くない時期」

福田康夫首相は9日昼、長崎市内で記者会見し、臨時国会の召集時期について「懸案事項や景気対策もある。解決のためにはある程度の時間が必要だ。それほど遅くない時期に始めなければいけない」と述べた。自民、公明両党と最終調整している9月5日前後の召集を念頭に置いた発言とみられる。

同時に「これから具体的な詰めを与党内で行う段階で、断定的なことを申し上げることはできない」と述べた。《共同通信》

2009 平成21年8月9日(日)

【佐用水害】

南海上の熱帯低気圧から湿った空気が流れ込んだ影響で9日、近畿、中国、四国地方を中心に激しい雨が降り続けた。兵庫県佐用町では午後9時20分までの1時間に観測史上最大の87.5ミリを記録。川が増水した影響などで、同町が全7263世帯に避難を勧告した。同県上郡町でも全約6000世帯に避難勧告が出た。

岡山県美作市では家屋2棟の4人が土砂崩れに巻き込まれた。警察や消防が3人を救出したが、60歳代の女性の死亡が確認された。残る1人は行方不明のまま。兵庫、岡山両県知事は同日夜、自衛隊に対し災害派遣出動を要請した。《読売新聞》

【麻生太郎首相】核先制不使用に否定的

麻生太郎首相は9日午後、長崎市内での記者会見で、日本が米国に核の先制不使用を提案すべきだとの主張について「核兵器だけを切り離すのは抑止のバランスを崩す」と述べ、あらためて否定的な見解を表明した。民主党の岡田克也幹事長は、政権を獲得すれば核の先制不使用に関し米国と協議する考えを示している。《共同通信》

2010 平成22年8月9日(月)

【長崎】原爆投下から65年

長崎は9日、被爆から65年の原爆の日を迎えた。長崎市松山町の平和公園で市主催の原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が営まれ、田上富久市長は平和宣言で「わたしたちには核兵器に脅かされることのない未来をつくる責任がある」と世界の市民に連携を呼び掛け、核兵器全廃に最大限の努力を続ける決意を示した。

菅直人首相は「わが国は核兵器のない世界の実現に向けて先頭に立って行動する道義的責任がある」とあいさつ。式典後の記者会見で非核三原則の法制化について「これまでの経緯を含め、私なりに検討していきたい」と述べた。《共同通信》

2011 平成23年8月9日(火)

【古川聡宇宙飛行士】少しスリムに

宇宙航空研究開発機構は9日、国際宇宙ステーションに長期滞在中の古川聡飛行士(47)が、無重力での身体測定や体や感覚の変化を調べる医学実験9件を実施した映像を公開した。

6月8日にカザフスタンからソユーズロケットで出発した古川さんは、約2カ月間、重力のないステーション内で過ごしている。8月2日の実験では、体液が上半身に移動して筋肉も萎縮した影響で、ふくらはぎは4センチ、太ももは1センチ、ウエストは6センチ、それぞれ細くなり、身長は1センチ伸びたことが判明。重さを感じないため、目をつぶると、指先をうまく合わせられなくなることなどが確かめられた。《共同通信》

【安愚楽牧場】民事再生法適用を申請

黒毛和牛のオーナーを募集して出資を受け、牛を飼育する「和牛オーナー制度」で知られる畜産会社、安愚楽牧場(栃木県、三ケ尻久美子社長)が9日に東京地裁に民事再生法の適用を申請し、財産保全命令を受けたことが10日、分かった。同社幹部が明らかにした。東京商工リサーチによると、3月末時点の負債総額は約619億8700万円。和牛のオーナーは全国に約7万人いるとみられる。同社幹部によると、牛の買い戻しを含めると必要な費用は約4000億円以上になる見込み。《日経新聞》

2012 平成24年8月9日(木)

【ロンドン五輪】第14日

ロンドン五輪第14日の9日、レスリング女子55キロ級で吉田沙保里(29)が2004年アテネ、前回北京に続く3大会連続の金メダルを獲得した。サッカー女子の「なでしこジャパン」は決勝で米国に1―2で敗れ「銀」だった。レスリングの吉田は決勝でカナダ選手を破った。日本のメダルは金5、銀14、銅14の計33個。《共同通信》

2013 平成25年8月9日(金)

【秋田・岩手豪雨】

東北北部は9日、局地的な豪雨に見舞われ、土砂崩れや住宅への浸水が相次いだ。秋田県仙北市では土石流で男女5人が行方不明となったほか、岩手県では土砂崩れなどで男女2人が死亡した。各地でけが人も出ており、各自治体が被害状況の確認を進めている。岩手、秋田両県は自衛隊に災害派遣を要請した。《共同通信》

【楽天・田中将大投手】開幕16連勝

楽天の田中将大投手は9日、Kスタ宮城で行われたソフトバンク15回戦で先発して7回無失点でプロ野球新記録となる開幕16連勝を達成した。昨年8月26日から続いている連勝も20に伸び、1951~52年の松田清(巨人)と57年の稲尾和久(西鉄)がマークしたプロ野球記録に並んだ。

開幕連勝記録は前回登板の2日の日本ハム戦で81年の間柴茂有(日本ハム)と2005年の斉藤和巳(ソフトバンク)が持つ15連勝に並んでいた。

田中は七回まで4安打四球なしと安定した投球でソフトバンク打線を無得点に封じた。試合は5―0で快勝した。《共同通信》

2014 平成26年8月9日(土)

【台風11号】全国で130万人に避難指示・勧告

強い台風11号は9日、四国を暴風域に巻き込みながら北上し、西日本に接近した。各地で大雨となり、気象庁は同日夕、三重県のほぼ全域に「数十年に1度」の災害への警戒を呼びかける大雨特別警報を出した。全国で130万人以上に避難指示・勧告が出された。台風の動きが遅く影響が長引くとして、気象庁は大雨や土砂災害に厳重な警戒が必要としている。11号は10日午前0時現在、高知県の足摺岬付近を時速15キロで北北東へ進んでいる。《朝日新聞》

【岸田文雄外相】韓国・尹炳世外相と会談

岸田文雄外相は9日夜(日本時間同)、韓国の尹炳世外相とミャンマーの首都ネピドーで会談した。岸田氏は、従軍慰安婦問題に関する1993年の河野洋平官房長官談話の作成経緯をめぐる検証について説明。談話そのものは見直す考えはないと伝え、理解を求める考え。安倍晋三首相と韓国の朴槿恵大統領による首脳会談実現に向け、環境整備が進むかどうかが焦点となる。

会談で岸田氏は「両国間には困難な問題が存在するが、良好な関係は相互利益だ」と述べ、関係改善への意欲を表明。尹氏は首相の靖国神社参拝などに触れ「関係は大きく損傷された」と強調した。《共同通信》

2015 平成27年8月9日(日)

【長崎】原爆投下から70年

長崎は9日、被爆から70年の原爆の日を迎え、長崎市の平和公園で長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が営まれた。田上市長は平和宣言で、長崎や広島の被爆だけでなく、空襲や沖縄戦、アジアの人々を苦しめた悲惨な戦争の記憶を語り継いでいくよう呼び掛けた。安全保障関連法案についても言及。「憲法の平和の理念が、今揺らいでいるのではないかという不安と懸念が広がっている」と述べ、慎重で真摯な審議を求めた。広島市の平和宣言は言及しておらず、両市で違いが出た。《共同通信》

【テニス・錦織圭選手】今季3勝目

テニスのシティ・オープンは9日、米ワシントンで行われ、男子シングルス決勝で世界ランキング5位の第2シード、錦織圭(日清食品)は世界18位の第8シード、ジョン・イスナー(米国)を4-6、6-4、6-4で下し、この大会で初優勝を果たした。錦織のツアー制覇はメンフィス・オープン、バルセロナ・オープンに続いて今季3勝目。通算では10勝目を挙げた。優勝賞金は34万3000ドル(約4250万円)を獲得した。《共同通信》

2016 平成28年8月9日(火)

【リオ五輪・カヌー】羽根田卓也選手、銅メダル獲得

リオデジャネイロ五輪は第5日の9日、カヌーのスラローム男子で、カナディアンシングル決勝があり、日本の羽根田卓也(29)=ミキハウス=が、銅メダルを獲得した。日本勢のカヌー競技でのメダルは、男女を通じて史上初めて。《朝日新聞》

2017 平成29年8月9日(水)

【安倍晋三首相】核兵器禁止条約「我が国のアプローチと異なる」

安倍晋三首相は9日、訪問先の長崎市で、国連で採択された核兵器禁止条約について「条約は、我が国のアプローチと異なるものであることから、署名、批准を行う考えはない」との方針を改めて示した。

同市で開かれた平和祈念式典などに出席した後の記者会見で語った。首相は「真に『核兵器のない世界』を実現するためには、核兵器国の参加を得ることが不可欠だ。しかし、条約には核兵器国が1カ国として参加していない」とし、「核兵器国と非核兵器国の隔たりを深め、『核兵器のない世界』の実現をかえって遠ざける結果となってはならない」と主張した。《朝日新聞》

2018 平成30年8月9日(木)

【曽我ひとみさん】拉致から40年「時間がない」

新潟県佐渡市在住で、北朝鮮による拉致被害者の曽我ひとみさん(59)が9日、拉致事件から12日で40年となるのを前にコメントを発表した。一緒に拉致された母のミヨシさん(当時46歳)は消息不明のままで、「一日も忘れたことのない母の笑顔。劣悪な環境に置かれていたとしたら一日一日が絶望へと近づく。本当に時間がない」と心境を明かした。

曽我さんとミヨシさんは1978年8月12日夕、真野町(現佐渡市)で買い物帰りに拉致され、離ればなれとなった。「あの瞬間から何気ない平凡な日常が私から切り離された。未来図が消されてしまった」と振り返る。

北朝鮮では「最初の1年は(横田)めぐみさんが心の支えとなってくれた」といい、80年に元米兵のチャールズ・ジェンキンスさんと結婚。監視下の生活ながら娘2人にも恵まれたが、子どもに祖父母がいないことを聞かれた際、「ごまかし切れず拉致されたことを話した」という。《読売新聞》

2019 令和元年8月9日(金)

【長崎】被爆から74年

長崎は9日、被爆から74年となる「長崎原爆の日」を迎えた。長崎市松山町の平和公園では長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が行われ、被爆者や遺族ら約5200人が黙とうをささげた。田上富久市長は「長崎平和宣言」で、米国とロシアによる中距離核戦力(INF)全廃条約が2日に失効したことを踏まえ、核兵器使用の危険性が高まっているとして危機感を表明した。

式典には、核保有国の米露英仏中など66か国の代表が参列。安倍首相のほか、国連のグテレス事務総長の代理として中満泉・軍縮担当上級代表らも出席。原爆投下時刻の午前11時2分、「長崎の鐘」が鳴らされ、参列者全員で黙とうして犠牲者の冥福を祈った。《読売新聞》

2020 令和2年8月9日(日)

【森喜朗元首相】台湾で李登輝氏を弔問

森喜朗元首相は9日、チャーター機で台湾・台北市を訪問し、先月30日に死去した李登輝元総統の追悼場が設置された迎賓館「台北賓館」を訪れ、李氏の遺影に花を手向けて弔意を表明した。これに先立ち森氏は総統府で蔡英文総統と会談し、蔡氏は弔問に謝意を示した。台湾メディアは「弔問に訪れた最初の外国要人」と伝えた。

蔡氏は「李元総統は台日関係を重視してきた。李元総統と皆さんの努力で台日関係は格段に向上した」と強調し、森氏は「日本の政治家は皆、李先生を尊敬してきた」と述べ、安倍晋三首相からの伝言として、李氏への「感謝」を伝えた。《共同通信》



→8月10日のできごと

8月のできごと

←8月8日のできごと