平成3501日目

1998/08/09

【長崎市・伊藤一長市長】「核の傘」から脱却を

長崎市は9日、被爆から53回目の原爆の日を迎えた。同日午前、同市松山町の平和公園では、市主催の「原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が営まれ、遺族や被爆者のほか、小渕恵三首相ら約2万5000人が参列し、犠牲者のめい福を祈った。

核拡散防止条約(NPT)、包括的核実験禁止条約(CTBT)を柱としたこれまでの核管理体制が大きく揺らぐ中、伊藤一長市長は平和宣言で、今年5月に核実験を強行したインド、パキスタン両国よりむしろ、核軍縮を怠った米ロなど核保有5カ国の姿勢を厳しく非難。世界の指導者に「核兵器全面禁止条約」の早期締結に向け、直ちに交渉を始めるよう訴えた。




さらに日本政府に対し「『核の傘』に頼らない真の安全保障」を追求するよう求めた。《福井新聞》

【小渕恵三首相】野党対策に柔軟対応

小渕恵三首相は9日、平和祈念式典出席のため訪れた長崎市内のホテルで記者会見し、金融機関の不良債権処理のための金融再生6法案について「一括して一日も早く成立させることが極めて重要だ。何としても野党との妥協点を見いだしたい」と述べ、早期成立のため野党との法案修正に柔軟な考えを強調した。

首相は「まずは最大野党から質疑などが始まるだろうから、そうした考えを受け止め、最も話し合いが可能な中身を持っている野党と真剣な話し合いに入っていかなければならない」と述べ、最大野党の民主党など各野党の対案を真剣に検討する姿勢を示した。《福井新聞》

8月9日/のできごと