新聞記事でたどる平成10000日+α

9月11日は何の日(255/366)

  • HOME »
  • 9月11日は何の日(255/366)

9月11日は何の日(9月11日のできごと)

9月11日は何の日 アメリカ同時多発テロ事件

アメリカ同時多発テロ事件(平成13年9月11日)


政府、吉田調書を公開(平成26年9月11日)

郵政選挙で与党圧勝(平成17年9月11日)

チャールズ・ジェンキンス氏、キャンプ座間に出頭(平成16年9月11日)

広島・大野豊投手、引退会見(平成10年9月11日)

転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

2018 平成30年9月11日(火)

平成10839日目

2017 平成29年9月11日(月)

平成10474日目

【国連安全保障理事会】北朝鮮に対する新たな制裁決議を採択

北朝鮮による6回目の核実験を受け、国連安全保障理事会は11日午後(日本時間12日午前)、北朝鮮への原油や石油精製品の輸出に上限を設定した制裁強化決議案を全会一致で採択した。安保理の北朝鮮制裁決議は、2度の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受けて8月5日に採択して以降、9回目。

米国が当初提案していた石油の全面禁輸措置や、渡航禁止や資産凍結の対象に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を指定することは、制裁強化に慎重な中露の反対で見送られ、米国が譲歩した形となった。《産経新聞》

【米同時テロ】発生から16年

日本人24人を含む約3千人が犠牲になった2001年9月の米中枢同時テロの発生から16年を迎えた11日、航空機が激突して崩壊したニューヨークの世界貿易センタービル跡地などで追悼式典が開かれ、米国は鎮魂の祈りに包まれた。欧州では過激派組織「イスラム国」(IS)の信奉者によるテロが頻発しており、米国でも大規模テロの脅威に不安は尽きない。

トランプ大統領はホワイトハウスで黙とうをささげた後、国防総省での追悼式典で「われわれは全ての悪に打ち勝ち、神の下、一つの国として結束してきた」と語った。《共同通信》

【JR山手線】大学生のリュックから煙

11日午後1時20分ごろ、東京都千代田区のJR神田駅で、「乗客の荷物から煙が出ている」と駅員から119番通報があった。

警視庁万世橋署などによると、山手線内回り電車に乗っていた大学生の男性のリュックサックから発煙し、男性は神田駅で下車。駅員が消火器で火を消し止めた。リュックサックに入っていた携帯電話の充電器が焼けており、同署が詳しい出火原因を調べている。

JR東日本東京支社によると、この火災の影響で、山手線と京浜東北線が運転を一時見合わせた。《産経新聞》

【大相撲・大関高安関】右膝「ブチッといった」

大相撲秋場所2日目(11日、東京・両国国技館)初優勝を狙う大関高安(27)が小結玉鷲(32)に押し出され、土がついた。取組後は右足を痛め、自力で歩けないまま、車いすで花道を引き揚げた。

高安は土俵際で残ろうと右足で踏ん張った際、右膝を痛めた様子。取組後は車いすで運ばれ、右太もも内側をさすりながら、付き添った若者頭に「ブチッといった」と話した。

右足首を痛めた玉鷲は今場所初白星。痛みは問題ないとし「高安に負けないことだけを考えている。稽古場はよくなかったけど場所では全部出せてよかった」と胸をなで下ろしていた。《サンケイスポーツ》

2016 平成28年9月11日(日)

平成10109日目

【全米テニス】スタン・バブリンカ選手が初優勝

テニスの四大大会最終戦、全米オープン最終日は11日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス決勝で第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)が第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に6―7、6―4、7―5、6―3で勝ち、初優勝を果たした。

四大大会制覇は2014年の全豪、15年の全仏に続いて3度目。優勝賞金は350万ドル(約3億6千万円)。今年の全豪と全仏を制し、大会2連覇を狙ったジョコビッチは通算13度目の四大大会優勝はならなかった。《共同通信》

【松本純防災担当相】岩手の豪雨被災地を視察

8月末の台風10号の豪雨災害の現地視察で岩手県を訪れた松本純防災担当相は11日、「台風7号、11号、9号、10号の四つの台風災害を一連の災害とみて激甚災害に指定する方向で早急に作業を進めていく」と述べた。岩手県の達増拓也知事との会談で激甚災害に指定する考えを示した。

会談終了後、報道陣に対し、松本防災相は「先日の北海道の視察と本日の岩手県の状況を見て、インフラや農林水産関連など広範囲の分野が指定の対象になると考えている。(被害額の)調査が進むようお願いしたい」と被災地側に被害額の算定作業を加速するよう求めた。《朝日新聞》

2015 平成27年9月11日(金)

平成9743日目

【TOKIO・国分太一さん】結婚発表

【日本生命】三井生命買収を正式発表

【福島県飯舘村】原発事故の汚染土が流出

環境省は11日、記録的な大雨の影響で福島県飯舘村の河川が氾濫し、東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染廃棄物が入った大型の除染袋が川に流出したと発表した。約30袋を回収したが、周辺一帯が冠水しており全体の流出数は不明。回収した袋は破損しておらず、中身の漏えいは確認されていない。《共同通信》

【明治大学】司法試験漏洩問題:法科大学院の教授を懲戒免職処分

明治大学は11日、司法試験の問題の一部を漏洩したとして国家公務員法(守秘義務)違反の疑いで告発された同大法科大学院のA教授(67)について、12日付で懲戒免職にすると発表した。同大は「司法試験制度の根幹を揺るがしかねない重大な事態で、厳しい姿勢で臨むことにした」としている。 《朝日新聞》

【鈴木大地氏】スポーツ庁初代長官に決定


鈴木大地メソッド

政府は11日の閣議で、文部科学省の外局として10月1日に発足するスポーツ庁の初代長官に、日本水泳連盟会長の鈴木大地氏を起用する人事を決めた。同庁は2020年東京五輪・パラリンピックに向けた強化活動や、スポーツの振興に関する施策を担う。鈴木氏は1988年ソウル五輪100メートル背泳ぎの金メダリスト。10月1日に発令する。《日経新聞》

2014 平成26年9月11日(木)

平成9378日目

【北海道】石狩地方などに大雨特別警報発令

【レスリング世界選手権53キロ級】吉田沙保里選手、世界15連勝

【レスリング世界選手権58キロ級】伊調馨選手、9度目の世界制覇

【政府】吉田調書を公開

政府は11日、東京電力福島第1原発事故で政府の事故調査・検証委員会が行った吉田昌郎元所長(故人)の聴取記録を、内閣官房のホームページで公開した。事故調とのやりとりが記載された調書で吉田氏は、電源喪失によって打つ手が限られた当時の状況を振り返り、「絶望していた」「答えがない」などと語っている。《時事通信》

【朝日新聞】吉田調書に関する記事を取消し、社長が謝罪会見

9月11日は何の日【朝日新聞】吉田調書に関する記事を取消し
https://www.youtube.com/

朝日新聞社の木村伊量社長は11日、東京本社で記者会見し、東京電力福島第ー原発事故をめぐる「吉田調書」に関する報道について、「『命令違反で撤退』との表現を取り消す。読者や東電関係者に深くおわびを申し上げる」と謝罪した。

また、編集担当役員の解職を表明するとともに、自身も社内改革後に進退を判断する考えを示した。《時事通信》

2013 平成25年9月11日(水)

平成9013日目

【スピッツ】アルバム「小さな生き物」発売


小さな生き物

【餃子の王将】店内で全裸になった客10人を告訴したと発表

「餃子の王将」金沢片町店(金沢市)で来店客がカウンターに裸で座るなどした問題で、王将フードサービスは11日、不適切行為を行った来店客10人を業務妨害と公然わいせつの容疑で金沢中署に告訴し、受理されたと発表した。10日に告訴をしていた。

王将は告訴の詳細について「今後の捜査への影響を踏まえ差し控える」としている。王将は金沢片町店の閉店を決めるとともに、不適切行為を行った客への損害賠償請求も検討する。《共同通信》

【元大関・把瑠都】引退会見「相撲から完全に離れることはない」

元大関の東十両3枚目の把瑠都関(28=尾上)が11日、現役を引退した。日本相撲協会へ引退届を提出後、東京・両国国技館内で会見した。青い着物姿の把瑠都は「悲しいけど、ケガが治らずに、土俵の上に立つことができません。1、2カ月してダメなら手術の可能性もある」と左ひざの状態を説明した。

思い出には06年春場所の十両時代に全勝優勝した最後の一番を上げた。「悲しいのは三段目だけ優勝できなかった」と言ったが、一時は横綱候補最右翼だっただけに「横綱のチャンスはたくさんあったが、すべてこぼした。自分のせい。厳しさがなかった」と振り返った。親方になるための年寄名跡を取得しておらず、このまま角界を去る。

今後については全くの未定という。「1つはエストニアの観光大使になること。相撲から完全に離れることはない。北海道を観光したい」と話していた。《日刊スポーツ》

【警視庁】窃盗未遂でみのもんたさんの次男を逮捕

不正に入手した他人名義のキャッシュカード で現金を引き出そうとしたとして、警視庁捜査3課は11日、窃盗未遂容疑で、タレントのみのもんたさんの次男で、日本テレビ社員のA容疑者(31)=東京都港区=を逮捕した。同課によると容疑を否認し、「弁護士が来てから話す」と供述している。

逮捕容疑は8月16日午前1時10分ごろ、 港区内のコンビニエンスストアのATM(現金 自動預払機)で、40代の男性会社員名義の カードを使って現金を引き出そうとしたとしている。暗証番号が分からず、現金を引き出せなかったという。《産経新聞》

2012 平成24年9月11日(火)

平成8648日目

【東日本大震災】発生から1年半

戦後最悪の自然災害となった東日本大震災は11日、発生から1年半を迎えた。被災地では地震が起きた午後2時46分、犠牲者の冥福を祈り、黙とうをささげる遺族らの姿が見られた。午後も続けられた行方不明者の捜索では新たに遺体が見つかった。

警察庁などによると、11日現在、死者は1万5870人、行方不明者は2814人。避難生活で体調を崩すなどした震災関連死も1632人に上る。

保存に向けた切断作業が12日に始まる岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」には、ひっきりなしに地元住民らが訪れた。午後2時46分には、約40人が一本松に向かって手を合わせたりした。《共同通信》

【サッカーW杯アジア最終予選】日本1−0イラク

サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選は11日、各地で行われ、B組で折り返しとなる第4戦を迎えた日本は、さいたま市の埼玉スタジアムでジーコ元日本代表監督が指揮するイラクに1―0で勝ち、5大会連続の本大会出場に近づく勝ち点3を奪った。通算は3勝1分けの同10でB組首位。

日本は前半半ば、岡崎(シュツットガルト)の右クロスを前田(磐田)が頭で決めて先制。追加点を奪えなかったが、GK川島(スタンダール)の好守もあって無失点で切り抜けた。香川(マンチェスター・ユナイテッド)は、腰の違和感でベンチ外となった。《共同通信》

【自民党・石原伸晃幹事長】総裁選出馬を表明

自民党の石原伸晃幹事長(55)は11日午後、党本部で記者会見し総裁選への出馬を正式表明した。党運営に関し「谷垣禎一総裁が進めた政策や路線を実現することが自分の使命だ」と強調した。

石原氏は、派閥横断の中堅・若手議員グループを中心に支持を広げており、有力候補になるのは確実。森喜朗元首相らベテランとの関係も良好なのに加え、知名度の高さから地方票も多くを獲得しそうだ。ただ、谷垣氏が求めた執行部一本化に応じず、不出馬に追い込んだことへの批判も高まっている。《共同通信》

【政府】尖閣諸島の魚釣島など3島を国有化

9月11日は何の日【政府】尖閣諸島の魚釣島など3島を国有化
https://www.youtube.com/

政府は11日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の魚釣島など3島を20億5千万円で購入する売買契約を地権者と交わし、3島を国有化した。これに先立ち、閣議で2012年度予算の予備費から購入費を拠出すると決定した。尖閣諸島の領有権を主張する中国は国有化に強く反発しており、日中間の対立が強まりそうだ。

日本政府の買い取り対象は、5島と3つの岩礁からなる尖閣諸島のうち、魚釣島、北小島、南小島。購入後は海上保安庁が管理する。中国に配慮して船の待避(船だまり)施設や気象観測所などの建設は見送る方針だ。《日経新聞》

2011 平成23年9月11日(日)

平成8282日目

【全米テニス】サマンサ・ストーサー選手が初優勝

テニスの四大大会最終戦、全米オープン第13日は11日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、女子シングルス決勝で第9シードの27歳、サマンサ・ストーサー(オーストラリア)が29歳のセリーナ・ウィリアムズ(米国)を6―2、6―3で破り、四大大会で初優勝した。優勝賞金は180万ドル(約1億3900万円)。

ストーサーはスライスショットなどで相手の強打を封じ、第1セットの第3ゲームをブレークして主導権を握った。S・ウィリアムズは得意のサーブが決まらず、ショットのミスも目立った。《共同通信》

【東日本大震災】発生から半年

東北地方を中心に多くの犠牲者を出した東日本大震災は11日、発生から半年を迎えた。被災地では地震が起きた午後2時46分に黙とうがささげられ、復興を誓う行事が行われた。

警察庁によると、同日現在の死者は12都道県で1万5782人。行方不明者は6県で4086人。不明者は4人を除いて岩手、宮城、福島の3県に集中し、各県警による捜索活動が今も続いている。

津波で74人の児童が死亡・行方不明となった宮城県石巻市の大川小では朝から遺族らが次々と訪れ、校門前の祭壇に花を手向ける姿が見られた。午後2時46分になると遺族約10人が校舎に向かって黙とうした。《共同通信》

【野田佳彦首相】震災復興「あとは実行のみ」

政府は11日午後、東日本大震災復興対策本部、原子力災害対策本部、緊急災害対策本部の合同会合を官邸で開いた。野田佳彦首相は震災復興に関し「世界の英知を集め、官民挙げての大きなエネルギーを投入しなければならない。やるべきことは見えている。あとは実行のみだ」と強調した。

会合の冒頭、首相と閣僚は、発生から半年を迎えた震災の犠牲者に黙とう。首相は東京電力福島第1原発事故について「戦いは道半ばだ。事故の収束なくして日本の信頼回復はない」と述べた。周辺地域の除染に全力を挙げる方針も示した。《共同通信》

【岩手県知事選挙】達増拓也氏が再選

東日本大震災の影響で統一地方選から延期された任期満了に伴う岩手県知事選は11日投票、即日開票され、無所属の達増拓也氏(47)=民主推薦=が、自民党などが支援する元県議高橋博之氏(37)ら無所属新人3人を大差で破り、再選を果たした。

被害の大きかった東北3県で初めての全県選挙で「復興の在り方」が争点となった。震災直後から陣頭指揮を執ってきた達増氏は、今後も復興のかじ取り役を担う。投票率は59・92%で過去最低だった2007年の前回を8・61ポイント下回った。

県議選(定数48)も同日投開票され、民主党は数人の候補者を擁立した複数区で伸び悩み、目標の過半数には達しないことが確実になった。《共同通信》

2010 平成22年9月11日(土)

平成7917日目

【悪人】李相日監督作品公開

【世界柔道】上野順恵、松本薫、秋本啓之選手が金

柔道の世界選手権第3日は11日、東京・国立代々木競技場で男女3階級を行い、女子63キロ級で上野順恵(三井住友海上)が決勝で初出場の田中美衣(ぎふク24)に勝ち、2連覇を果たすなど、日本勢が3階級とも金メダルを獲得した。

女子57キロ級は世界ランキング1位の松本薫(フォーリーフジャパン)が決勝で前回銀メダルのテルマ・モンテイロ(ポルトガル)を破った。五輪や世界選手権での同級(旧56キロ級含む)で日本勢の金メダルは初めて。

男子73キロ級は秋元啓之(了徳寺学園職)が決勝でデクス・オルモント(オランダ)に一本勝ちして初制覇し、1975年大会中量級銅メダルの父勝則に続くメダル獲得。粟野靖浩(筑波大)は銅メダルだった。《福井新聞》

【準天頂衛星・みちびき】打ち上げ

全地球測位システム(GPS)の精度向上をめざす準天頂衛星「みちびき」を載せた大型ロケットH2A18号機が、11日午後8時17分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。約28分後、みちびきを高度約270キロで正常に分離し、地球を回る軌道への投入に成功した。H2Aの打ち上げ成功は12回連続、通算で17回。

みちびきは、縦横約3メートル、高さ約6メートルの箱形で重さ約4トン。日本のほぼ真上の空(準天頂)を通る軌道からGPSを補う信号を送り、山間部やビルの谷間などでも精度よく利用できるようにする準天頂衛星システムの1号機。H2A搭載のカメラの画像で正常な切り離しが確認された。《朝日新聞》

【菅直人首相】チームプレーによる政権運営を訴え

菅直人首相は、代表戦最後の週末となった11日、都心で街頭演説を行い、チームプレーによる政権運営を訴え、トップダウンのイメージが強い小沢一郎前幹事長との違いを強調した。小沢氏は商店街や町工場を視察し、格差是正を訴えるなど地域重視をアピールした。

党員・サポーターと地方議員票の郵便投票受け付けはこの日で締め切られたため両者は態度未定の国会議員に電話などで支持を呼び掛けた。《福井新聞》

【俳優・谷啓さん】死去

クレージーキャッツのメンバーとして活躍し、「ガチョーン」などの流行語を生んだタレントで俳優の谷啓さんが11日午前5時7分、脳挫傷のため東京都三鷹市の杏林大病院で死去した。78歳。東京都出身。

関係者によると、10日午後6時ごろ、三鷹市の自宅の階段で転倒して頭などを強く打ち、同病院に搬送されていた。《福井新聞》

2009 平成21年9月11日(金)

平成7552日目

【北アルプス・奥穂高岳】遭難救助中の防災ヘリが墜落

11日午後3時半頃、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂の北アルプス・奥穂高岳と西穂高岳の間にある岩場「ジャンダルム」(3163メートル)で、登山者を救助中だった同県防災ヘリコプター「若鮎(あゆ)2号」(ベル412EP型機)が墜落したと、同行していた高山署員から同署に通報があった。救助に向かった県警のヘリが、炎上している若鮎2号を発見、3人の遺体を収容した。

国土交通省などによると、同機は同2時10分頃、「ジャンダルム付近で登山中の男性が心肺停止状態になった」との出動依頼を受け、県の防災航空隊員5人を乗せて同県防災航空センター(各務原市)を離陸。高山市内で高山署員1人と高山赤十字病院の医師1人を乗せた後、同市の鍋平ヘリポートで医師と同隊員1人を降ろし、現場に向かった。現場上空に到着後、遭難者の搬送準備のため高山署員ら2人を降ろした直後、機体後部のローター部分が岩壁に接触し、墜落したという。《読売新聞》

【テニス・杉山愛選手】引退会見

女子テニスの杉山愛選手が11日、全米オープンテニスから帰国し、引退会見を行なった。 9日に現役引退を発表した34歳の杉山は、集まった報道陣に対して30年間プレーしてきたテニスをやめる「複雑な心情」を述べている。

杉山選手は「テニスなしの生活はイメージできない。悲しいし寂しい。引退後はまったく違う人生になると思う。日本で長い時間を過ごすことができるし、まだテニスを楽しむこともできる。あと一つ大会に出場し、最後の試合が終われば気持ちをもっとうまく伝えられると思う」と語っている。《AFP》

【社民党・福島瑞穂党首】環境相を要望

民主党の鳩山由紀夫代表は11日、来週の新政権発足に向けて閣僚人事の調整を続けた。政府は、特別国会の16日召集を閣議で正式決定した。社民党は、福島瑞穂党首の入閣ポストに関し「雇用関係の閣僚」との意向を撤回し、新たに環境相を鳩山氏に求めた。厚生労働相の獲得は難しく、特命担当相では政策実現は難しいと判断した。《福井新聞》

2008 平成20年9月11日(木)

平成7187日目

【熊本県・蒲島郁夫知事】川辺川ダム建設計画の白紙撤回を表明

熊本県南部の球磨川水系で計画中の国営川辺川ダム(相良村)について、建設に反対する意向を表明した蒲島郁夫同県知事は11日、県議会終了後に記者会見した。

知事は「大きな部分は球磨川を守りたいという気持ち」と述べ、地域独自の環境を守る立場から反対に踏み切ったことを改めて強調した。ダムに頼らない、「地方の価値観を重視したやり方」(知事)を求めた今回の判断は、国の治水行政そのものにも一石を投じた形となった。《時事通信》

【日石・田澤純一投手】メジャー挑戦を表明

今秋のプロ野球ドラフト会議の注目選手で、先の都市対抗大会で優勝した新日本石油ENEOSの本格派右腕、田澤純一投手(22)は11日、東京都内で記者会見し、「米国で挑戦したい気持ちが強い」と大リーグ挑戦の意思を表明した。《時事通信》

【自民党総裁選】5氏が所見発表

自民党は11日午後、総裁選の立会演説会を党本部で開き、石原伸晃元政調会長(51)、小池百合子元防衛相(56)、麻生太郎幹事長(67)、石破茂前防衛相(51)、与謝野馨経済財政担当相(70)の5候補が所見を発表した。

麻生氏は景気下支えのため当面は積極的な財政出動を行うべきだとの考えを表明。日本経済を「全治3年」と位置付け(1)当面の景気対策(2)中期的な財政再建(3)中長期的な改革による経済成長ーの3段階で経済立て直しに取り組む方針を示した。財政再建については「私は財政出動論者だ。自己目的化する財政再建はしない。経済成長の中で追い求める」と強調した。

これに対し、与謝野氏は「今の不況は需給キャップ発生による不況ではない。総需要対策はしない」と述べ、公共事業費の大幅増など大規模な財政出動には否定的な考えを示した。

石原氏は当面3年間を「集中改革期間」とし、その後に税制の抜本改革の総仕上げとして、消費税率を引き上げて社会保障に充てる考えを表明。

石破氏は「今まさしくテロとの戦いの正念場だ。油が高いから引き揚げるべきだとの議論が行われている。こんなことでいいのか」と、インド洋での給油活動継続が必要と訴えた。

小池氏は「小泉構造改革を進化発展させる」と宣言。「次は霞が関をぶっ壊す」として政治主導の公務員人事、予算編成の断行を約束した。《福井新聞》

広告




2007 平成19年9月11日(火)

平成6821日目

【 FIFA女子W杯・グループA】日本2−2イングランド

サッカーの女子ワールドカップ(W杯)第2日は11日、グループリーグの3試合が行われ、初戦に臨んだA組の日本は、イングランドと2−2で引き分けた。

イングランドのスピードとパワーに防戦一方の日本は55分、宮間(岡山湯郷)がFKを直接決めて先制。81、83分とK・スミスに連続ゴールを奪われたが、後半ロスタイムに、再び宮間がFKを直接決めて追いついた。

B組では、前々回優勝国の米国が昨年のアジア大会王者の北朝鮮と2−2で引き分けた。《読売新聞》

【松山地裁】裏金告発しての異動は違法、県警巡査部長勝訴


告発警官1000日の記録-

県警の捜査費不正支出問題で内部告発したため不当に異動させられ精神的苦痛を受けたとして、仙波敏郎巡査部長(58)が県に慰謝料百万円を求めた国家賠償請求訴訟の判決が11日、松山地裁であった。

高橋正裁判長は告発会見直前の上司の説得行為、配置転換、勤勉手当の減額はいずれも違法で、これらが県警本部長も関与して行われたと認定。請求通り県側に百万円の支払いを命じた。

最大の争点だった配置転換への県警上層部の関与について、被告側は「地域課長の権限」と否定していたのに対し、高橋裁判長は「地域課長の権限のみに基づいて判断して行われたとは到底考えられない」と判断。

根拠に、地域課長が病欠した日に生活安全部長が異動内示▽異動先の通信指令室企画係新設や配置人員の決定は本部長の権限―などを挙げ、「県警本部長の関与を否定できない」と組織的に違法な配置転換が行われたと認定した。《愛媛新聞》

【民主党・小沢一郎代表】党首会談応じず

民主党の小沢代表は11日の記者会見で、インド洋での海上自衛隊の補給活動継続について協議するため、安倍首相が党首会談を呼びかける考えを示していることについて、「政府・与党と野党の折衝はオープンな形を心がけるべきだ。国会の論戦で十分できる」と述べ、応じない考えを示した。

また、海自の補給活動継続のため、政府・与党が11月1日に期限の切れるテロ対策特別措置法に代わる新たな法案の提出を検討していることに関し、「米軍の活動に対して自衛隊が支援するのは明白な集団的自衛権の行使だ」と述べ、反対する考えを示した。《読売新聞》

【安倍晋三首相】「風邪ひいた」

安倍首相は11日夜、首相官邸での報道各社とのインタビューを約1時間前倒しして行い、そのまま隣接する公邸に引き揚げた。首相は先月末の内閣改造、その後の閣僚らの不祥事への対応と慌ただしい日々を過ごした。

週末も豪州でのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席し、10日早朝に帰国してそのまま臨時国会に突入する激務が続いた。首相は記者団から体調を問われると、「大丈夫です。ちょっと風邪をひきました」と答えた。《読売新聞》

2006 平成18年9月11日(月)

平成6456日目

【早実・斎藤佑樹投手】進学を表明

夏の全国高校野球選手権で優勝投手となり、卒業後の進路が注目されていた早稲田実3年の斎藤佑樹投手(18)が11日、東京都国分寺市内の同校で記者会見を開き、大学進学の意思を表明した。進学先については明言を避けたが、高校と系列関係にある早稲田大に進むのが確実な状況だ。

約150人の報道陣が詰めかけた会見で、斎藤投手は「家族、学校関係者と相談した結果、プロ志望届は出しません。大学進学を志望します」と語った。

前日に家族で話し合い、最終的に決めたという。夏の甲子園優勝や、その後に日本代表として米国遠征を経験、プロ野球や米大リーグへの挑戦にも、気持ちが揺れ動いたことも明かした。

しかし、高校入学当初から大学進学を希望していた気持ちを優先し「まだまだ野球選手としても、人間としても未熟。大学生活で成長していきたい」と話した。《毎日新聞》

【安倍晋三官房長官】5年めどに新憲法制定

安倍晋三官房長官は11日、日本記者クラブ主催の自民党総裁選候補者による公開討論会で、今後5年をめどに新憲法制定を目指す考えを表明した。首相に就任した場合の日中首脳会談の早期実現に向け水面下で交渉していることを明かし、継続審議の社会保険庁改革法案を廃案にし、再提出を検討する意向も示した。

また、来年の参院選に勝利するため、既に後任決定した候補予定者の差し替えもあり得ると明言した。

安倍氏は新憲法制定に関し「5年近くの期間を考える必要がある。国民的な議論が進み、国会で通る目安がつけば、さらに前倒しを考える」と指摘。同時に「拙速にできるものではない。党総裁として合意づくりへリーダーシップを発揮していきたい」とも述べた。《福井新聞》

2005 平成17年9月11日(日)

平成6091日目

【世界柔道女子無差別級】薪谷翠選手、金メダル獲得

【世界柔道男子無差別級】高井洋平選手、銅メダル獲得

【全米テニス男子単】ロジャー・フェデラー選手、2連覇

【第44回衆院選】自民党、296議席獲得

Embed from Getty Images

第44回衆院選は11日投票が行われ、即日開票された。自民党は絶対安定多数(269)を大きく上回る296議席を獲得し、公明党と合わせた与党全体の議席が総定数の3分の2(320)を超す圧勝となった。

小泉首相が最大の争点に据えた「郵政民営化」は有権者に信任され、首相の政権基盤は一気に強まった。郵政民営化関連法案が衆院選後の特別国会に再提出され、成立するのは確実だ。

民主党は公示前勢力を大きく割り込む惨敗となり、岡田代表は辞任する意向を表明した。今回の自民党の歴史的勝利は、2大政党化の流れや、衆院と参院の関係などにも影響を与えそうだ。《読売新聞》

社民・辻元清美氏、国政復帰

堀江貴文氏、落選

「また出ます。ふがいなくてすいません」ライブドア社長堀江貴文氏(32)が惜しくも敗れた。国民新党亀井静香氏(68)と民主党の佐藤公治氏(46)の前職2人に挑んだ三つどもえの激戦で「小泉劇場」の表舞台となった広島6区。ぎりぎりの勝利を収めた亀井氏陣営は安堵の声を挙げ、若きIT企業経営者は、らしからぬ苦もんの表情を浮かべた。《福井新聞》

自民・片山さつき氏、初当選

静岡7区では、自民党新人の片山さつき氏(46)が、無所属の前衆院議員の城内実氏(40)らを破り、初当選を決めた。 片山氏は元財務省課長。郵政民営化関連法案に反対した城内氏への対立候補として、党本部が擁立した。

選挙戦では、小泉首相や武部幹事長、竹中経済財政・郵政民営化相らも応援に駆け付けるなど、党本部が全面的にバックアップ。公明党の推薦と、地元の県議や市議の一部からの支援も受け、「日本全体が1%成長なら、この地域は5%伸びる」などと強調。市街地から山間部までくまなく回り、急速に支持を広げた。《読売新聞》

自民・稲田朋美氏、初当選

第44回衆院選は11日投開票され、小選挙区の福井1区は自民党新人の稲田朋美氏(46)、2区は自民党前職の山本拓氏(53)、3区は自民党前職の高木毅氏(49)が当選し、前々回、前回選挙に続いて自民が選挙区議席を独占した。本県の女性代議士は戦後初の総選挙(1946年)で当選した今井はつ氏以来、59年ぶり。《福井新聞》

社民・土井たか子氏、落選

比例選近畿ブロックで、社民党前党首の土井たか子・元衆院議長(名簿5位)が落選した。1969年の衆院初当選から12回連続で守った議席を失った。 憲法学者から政界に転じた土井氏は1986年に旧社会党委員長に就任した。

89年の参院選では、女性候補を次々と擁立し、「マドンナ旋風」を起こして大勝。55年体制下の参院で初めて与野党が逆転し、「山が動いた」と語った。93年には女性初の衆院議長に就任した。前回の衆院選では、自ら小選挙区で敗れるなど大敗の責任を取り、社民党党首を辞任した。《読売新聞》

2004 平成16年9月11日(土)

平成5726日目

【スゥイングガールズ】矢口史靖監督作品公開

【全米テニス女子単】スベトラーナ・クズネツォワ選手が初優勝

【 JR越美北線】福井豪雨から55日、2区間で運行再開

福井豪雨で被害を受け運行が止まっていたJR越美北線福井ー越前大野のうち、福井ー一乗谷(10.9キロ)と美山ー越前大野(13.9キロ)の2区間が11日、55日ぶりに運行再開。全線復旧に向けた一歩を踏み出した。

【華道家宅強盗放火事件】元タクシー運転手を逮捕

京都市伏見区で華道家宅が放火され約20万円が奪われた強盗放火事件で、京都府警捜査本部は11日、住所不定の元タクシー運転手、M容疑者(52)を強盗殺人未遂、現住建造物放火容疑などで逮捕した。

同捜査本部はM容疑者の供述から、今月2日に売上金を奪われ大阪府茨木市のグラウンド跡地で絞殺遺体で見つかった元同僚のA運転手(62)と一緒に事件に及んだと断定。A運転手についても、両容疑などで被疑者死亡で送検する方針。

京都と茨木両事件の現場からM容疑者の指紋が検出されており、両府警は協力して茨木の事件の関与についても追及する。

調べでは、M容疑者はA運転手と共謀。1日午後、京都市伏見区の華道教師(63)方に、妻(56)に私服警察官を装い偽の捜索令状を示して侵入し、ガムテープで妻を縛って現金約20万円などを奪い、灯油をまいて放火。木造2階建て住宅を全焼させ、妻を殺害しようとした疑い。京都府警は現場のポリ袋からM容疑者の指紋を検出。逮捕状を取り行方を追っていた。《毎日新聞》

【チャールズ・ジェンキンス氏】キャンプ座間に出頭

拉致被害者曽我ひとみさん(45)の夫チャールズ・ロバート・ジェンキンスさん(64)は11日午前、入院先の東京女子医大病院(東京都新宿区)を退院し、在日米陸軍基地「キャンプ座間」(神奈川県)にひとみさんら家族を伴い任意出頭した。脱走などの罪で米軍事司法制度にもとづく調査審問や軍法会議に臨む。実刑判決を避けて日本での永住を目指すため、米軍当局との間で司法取引をへて「裁判前合意」を結び、「不名誉除隊」などの形で決着するとの見方が強い。

一家を乗せたワゴン車は11日午前10時45分ごろにキャンプ座間に到着した。在日米陸軍広報によると、ジェンキンスさんは応対した陸軍憲兵隊長のポール・ニガラ中佐に敬礼しながら「ジェンキンス軍曹であります。ただいま出頭しました」と英語で述べた。中佐は「あなたはこれより米陸軍の指揮下に入ります。あなたと家族はこれより、いかなるときも敬意と尊厳をもって扱われることを保証します」と話した。法的手続きは週明けから始まり、早ければ数週間で結論が出るとみられる。《朝日新聞》

2003 平成15年9月11日(木)

平成5360日目

【フジ系連続ドラマ・Dr.コトー診療所】最終回

【世界柔道男子100キロ級】井上康生選手が3連覇

柔道の世界選手権が11日、大阪市中央区の大阪城ホールで史上最多の103カ国・地域が参加して開幕し、男子100キロ級で日本のエース、井上康生(25)=綜合警備保障=が大会3連覇を達成した。

女子78キロ級では阿武教子(27)=警視庁=が大会4連覇、男子100キロ超級では棟田康幸(22)=警視庁=が初優勝し、女子78キロ超級の塚田真希(21)=東海大=も銀メダルを獲得した。

1995年の幕張大会以来、8年ぶりとなる「本家」での開催で、日本は金3個、銀1個と好スタートを切った。《福井新聞》

【野中広務氏】事務所に銃弾入り封筒

11日午後2時20分ごろ、東京・永田町の衆院第二議員会館内の野中広務元自民党幹事長の事務所に、「建国義勇軍」を差出人とする白い封筒が届けられた。 東京中央郵便局の検査では金属反応があり、銃弾が入っているとみられることから、野中氏は開封せず、国会の衛視を通じて警察に届けた。議員会館で警察官が開封したところ、銃弾らしきもの1発が入っていたという。

「建国義勇軍」関連では、10日に外務省の田中均外務審議官宅に不審物が仕掛けられた事件で、現場で見つかった「建国義勇軍」名の封筒に「野中広務事務所にも弾丸を郵送した」と書かれていた。

野中氏によると、封筒の消印は「東京中央郵便局」だったが、料金不足を示す欄には、横浜の郵便局名が記されていた。東京中央郵便局の職員が、直接野中氏の事務所を訪れて封筒を手渡し、金属反応があった事実を説明した。 《共同通信》

【自民党総裁選】公開討論

自民党総裁選で11日午後、日本記者クラブ主催の公開討論会が開かれ、小泉純一郎首相、藤井孝男元運輸相、亀井静香前政調会長、高村正彦元外相の4氏が、首相の構造改革路線で経済再生は可能かなどをめぐり激論を展開した。

「ようやくここに来て目が出てきた。この路線を着実に進める」と自信を示す首相に対し、他の3氏は「軸足を景気回復に移す」(藤井氏)「小泉政治を終わりにする」(亀井氏)「まず経済再建を」(高村氏)と、それぞれ路線転換の必要性を強い調子で訴え、対決姿勢を明確にした。《福井新聞》

2002 平成14年9月11日(水)

平成4995日目

【フラム・稲本潤一選手】リーグ戦初ゴール

【小泉純一郎首相】パキスタン・ムシャラフ大統領と会談

訪米中の小泉純一郎首相は11日午後、ニューヨークの国連本部で、パキスタンのムシャラフ大統領と会談し、米中枢同時テロ1年を受け、今後も両国が「テロとの戦い」に協調して取り組むことで一致した。ただ大統領は米国の対イラク攻撃に懸念を表明した。

首相がパキスタン国民の対米感情を尋ねたのに対し、大統領は「率直に申し上げて、反米感情がある。特にイラク問題について語られることが、良い方向に持っていかないことを心配している」と述べた。《共同通信》

2001 平成13年9月11日(火)

平成4630日目

【アメリカ同時多発テロ事件】

Embed from Getty Images

ニューヨーク・マンハッタンにある世界貿易センターのツインタワービル(110階建て)に11日午前9時前、航空機2機が突っ込んでビルは炎上。間もなく2棟とも崩壊し、姿を消した。

ほぼ同時にワシントンの国防総省に3機目が突っ込んだほか、連邦議会ビルも炎上。ホワイトハウスや商務省などには退避命令が出た。ビルでは24時間体制で多数のビジネスマンらが働いており、死傷者は数千人に達する可能性がある。《共同通信》

【小泉純一郎首相】自動車重量税一般財源化を

小泉純一郎首相は11日午後、首相官邸で扇千景国土交通相(保守党)と会談し、道路財源見直し問題について2002年度に限定して自動車重量税の一般財源化を検討するよう指示した。《福井新聞》

2000 平成12年9月11日(月)

平成4265日目

【東海豪雨】

東海地方は11日、台風14号と秋雨前線の影響で各地で猛烈な大雨となり、愛知、岐阜、三重3県を中心に大きな被害に見舞われた。愛知県東浦町では川の堤防が決壊、住民ら約30人が民家の屋根の上に避難。

県は陸上自衛隊に災害派遣を要請、守山駐屯地が救助に向かった。同県大府市や師勝町でも川のはんらんなどで住民が孤立している。《福井新聞》

【政府・与党】臨時国会を9月21日召集へ

政府、与党は11日昼の連絡会議で、臨時国会を22日に召集、会期は12月1日までの72日間とする方針を決めた。与党はこれを受けて開会式と森喜朗首相の所信表明演説を21日に、衆参両院での代表質問を25日から3日間行う方向で野党側との調整に入り、民主党は代表質問日程を了承した。《福井新聞》

1999 平成11年9月11日(土)

平成3899日目

【全米テニス女子単】セリーナ・ウィリアムズ選手が初優勝

テニスの全米オープン第13日は11日、ニューヨークのナショナルテニスセンターで女子シングルス決勝を行い、セリーナ・ウィリアムズ選手(米国)が第1シードのマルチナ・ヒンギス選手(スイス)を破り、初の四大大会優勝を達成した。《共同通信》

【民主党代表選】菅直人氏、鳩山由紀夫氏、横路孝弘氏が立候補届け出

民主党代表選挙は11日告示され、鳩山由紀夫幹事長代理、菅直人代表、横路孝弘総務会長の3氏が立候補を届け出た。

3氏は11日午後、都内のホテルで共同会見し「自自公連立政権」と厳しく対決する考えをそろって表明、選挙後は党分裂を回避するため挙党態勢づくりに協力する考えを強調した。だが、憲法9条改正問題では、見解の相違が明らかになった。《福井新聞》

1998 平成10年9月11日(金)

平成3534日目

【北海道】「元恋人とより戻したくて」狂言強盗

元恋人とよりを戻すため、友人と共謀して元恋人の所持品を奪う強盗役と強盗から守るヒーローを演じる狂言強盗を図ったとして、北海道警江別署は11日、窃盗の疑いで江別市の大学生A容疑者(22)とB容疑者(21)を逮捕した。

調べによると、同市の女子専門学校生(21)と、一ヶ月ほど前まで交際していたA容疑者に頼まれたB容疑者が10日午前10時50分ごろ、同市野幌町のスーパー駐車場で、女性専門学校生を待ち伏せし、ハンドバッグを奪って逃走。A容疑者は遭遇したかのようにB容疑者を追い、ハンドバッグを取り返し、自らカッターナイフで左腕に傷を付けて強盗と争ったふりをした疑い。

A容疑者は「”けがをしながらも助けてくれた”と自分の元に戻ってくれるのではないかと思ってやった」と話しているという。《福井新聞》

【広島・大野豊投手】引退会見

セ・リーグ現役最年長投手で今季限りで引退する広島・大野豊投手(43)は11日、広島市民球場で引退会見を行い、来季は投手コーチに就任することを明らかにした。

大野は一昨年、左腕血行障害の手術を受けた。それが6月に再発。中継ぎとして復活したが8月4日の巨人戦で高橋に逆転本塁打を浴びた。「このボールでは通用しないと思った」と引退を決意した経緯を説明した。《福井新聞》

【米下院】大統領弾劾へ11の根拠

クリントン米大統領の不倫もみ消し疑惑で、米下院は11日、スター特別検査官の捜査報告書を公表した。報告書は、大統領が国民と議会にうそをつき「誠実な法の執行という憲法上の義務に背き権限を乱用した」と明言し、疑惑が単なる不倫問題でなく、米政治制度上の重大な犯罪であると結論付けた。

特別検査官は報告書で、大統領と元実習生モニカ・ルインスキさんとのホワイトハウスでの性的行為を生々しく再現し、偽証、司法妨害、証人への干渉など11の事由を理由に挙げて「弾劾の根拠となり得る」との判断を強調した。

下院は報告書提出を受け、司法委員会が本格的な弾劾審議の開始を決めるとみられるが、米議会による弾劾審議は1974年のウォーターゲート事件以来。《共同通信》

【共産党・不破哲三委員長】天皇制「連立下では容認」

共産党の不破哲三委員長は11日午後、日本記者クラブで講演し、党綱領で廃止を目指すとしている天皇制について「共産党が入る『民主連合政府』では(皇居での)天皇の認証式はもちろんやる。こんにちの憲法を持っている限り、天皇の存在、役割は否定しない。暫定連合政権でも問題ない」と述べ、共産党が参加する連立政権では天皇制を容認する考えを初めて明言した。

不破氏は昨年8月、党機関紙のインタビューで「(暫定)連合政権」への参加の際には、日米安保条約廃棄という主張を事実上、凍結する見解を表明している。

重要基本政策の相次ぐ方針転換は、参院選で躍進した共産党の自信と政権参加への強い意欲の現れであり、次の総選挙をにらみ、「柔軟、現実路線」への転換をアピールすることで支持層の拡大を図る狙いもあるとみられる。《福井新聞》

広告




1997 平成9年9月11日(木)

平成3169日目

【JR西日本・京都駅】新駅ビルオープン

JR駅ビルとしては国内最大級の規模となる京都駅ビルが11日オープンする。空間を生かした斬新な設計に加え、関西初進出の「ジェイアール京都伊勢丹」、劇場、美術館、ホテルの併設など新しい京都の”顔”として話題を集めている。

京都駅改築工事は、平安遷都1200年を記念し、平成5年に着手された。地上16階、地下3階、敷地面積3万8000平方メートル、延べ床面積は23万8000平方メートル。総事業費は1500億円。地上60メートルの高さが、景観をめぐり物議をかもした。《福井新聞》

【第2次橋本改造内閣】発足

9月11日は何の日第2次橋本改造内閣】発足
http://www.kantei.go.jp/

第二次橋本改造内閣が11日夜、発足した。橋本竜太郎首相は佐藤孝行・自民党行政改革推進本部長を行革担当の総務長官に起用、武藤嘉文氏を交代で同本部長に充てた。1976年のロッキード事件で有罪が確定し、歴代内閣が見送ってきた佐藤氏の入閣に与野党が反発、自社さの協力関係や国会運営に響くのは必至だ。

財政構造改革、医療保険制度抜本改革、日米防衛協力のための指針(ガイドライン)見直しなど課題処理の継続性を重視し、三塚博蔵相、小泉純一郎厚相、久間章生防衛庁長官が留任した。

外相に小渕恵三、通産相に堀内光雄、文相に町村信孝、科学技術庁長官に谷垣禎一、環境庁長官に大木浩の各氏らを配置、実務型の「改革実行内閣」の布陣とした。旧小渕が参院を含めて7ポストを獲得し、首相の出身派閥偏重の人材登用となった。

村岡兼造官房長官は11日夕の記者会見で閣僚名簿を発表。夜に皇居で新閣僚の認証式を終え、深夜の初閣議に臨んだ。《福井新聞》

1996 平成8年9月11日(水)

平成2804日目

【民主党】結党に向け基本政策を発表

菅直人厚相(新党さきがけ副代表)、鳩山由紀夫氏らは11日夕、国会内で記者会見し「民主党」結党に向けた設立委員会結成の「共同アピール」と「新党の基本政策」を発表。

遅くとも衆院解散後一週間以内の新党結成と、総選挙後に行財政改革断行の強力政権を目指すことを打ち出し「民主党」参加を訴えた。両氏と鳩山邦夫氏、岡崎トミ子氏(社民党)の計4人が呼びかけ人となった。《福井新聞》

【橋本龍太郎首相】CTBT「反対説得に全力を」

橋本龍太郎首相は11日午前、包括的核実験禁止条約(CTBT)の国連総会採択について「大きく一歩前進した。これからは国際社会が説得しながら(CTBTに反対している)インド、その他の国を(条約に)入れるよう全力を尽くすことだ」と述べ、反対している国々の説得が重要だとの認識を表明した。

梶山静六官房長官も記者会見で「核兵器のない世界に向け、歴史的な第一歩となるものと歓迎する。条約に反対した国が再考し、早期に条約が発効されることを希望する。核実験を停止している核保有国が再び実験を行わないことを確信したい」と述べた。《福井新聞》

1995 平成7年9月11日(月)

平成2438日目

【スナックママ連続殺人事件】39歳被告に死刑判決

平成3年12月から4年1月にかけ、兵庫県姫路市と松江市、京都市で相次いで女性スナック経営者4人を殺害、大阪市で女性落語家を殺そうとし、いずれも現金などを奪ったとされる警察庁指定119号事件で、強盗殺人罪などに問われた鳥取市生まれ、住所不定、無職N被告(39)の判決公判が11日、大阪地裁であった。

松本芳希裁判長は「1カ月間に4人を殺害するなど犯罪史上まれにみる凶悪な犯行。過去にも殺人などを犯し、矯正の効果は期待できない」と、求刑通り死刑を言い渡した。被告弁護側は控訴した。

N被告は捜査段階で犯行を認めたが、公判では大阪の事件を除き、「犯行時間帯に現場にいなかった。物証も不足している」などと、全面否認していた。《福井新聞》

【自民党総裁選】小泉純一郎氏、橋本龍太郎氏がテレビ討論で舌戦

自民党は11日夜、小泉純一郎元郵政相と橋本龍太郎通産相の総裁選候補者2人による公開テレビ討論会を東京都内のホテルのメーン会場と全国8会場をケーブルテレビで結び、開いた。会場からの質問を受けるとともに、CS衛星放送の朝日ニュースターで生中継する総裁選としては初の試み。

所信発表で小泉氏は「新しい自民党総裁の任務は、国民多数の支持で圧倒的な過半数を得て単独過半数政権をつくることだ」と強調、無党派層に支持を得られる党改革の必要性を訴えた。

これに対し橋本氏は「総裁公選で政治に国民の関心を向け、自民党が信頼を得て再び政権の座に戻るきっかけをつくりたい」と述べた。《福井新聞》

【野坂浩賢官房長官】小泉発言に反発

野坂浩賢官房長官は11日午前の記者会見で、自民党総裁選に立候補した小泉純一郎元郵政相が政策不一致の場合、政権離脱もあり得ると述べたことについて「3党が合意の上で村山内閣を組織しており、小泉氏の発言はあたらない。果たして自民党全体の声なのか。(発言は)極めて不用意であり、不快に思っている」と強く反発した。

村山富市首相も官邸で記者団の質問に答え「政策が合わなくなればそう(政権離脱)なるが、とことん話し合えばいい。それが連立政権のいいところだ」と述べ、連立維持を最優先にすべきだとの認識を表明した。また首相は、総裁選が橋本龍太郎通産相と小泉氏の一騎打ちとなったことについて「いいのではないか。党の活性化にもつながる」と指摘した。《福井新聞》

1994 平成6年9月11日(日)

平成2073日目

【世界水泳シンクロ・団体】日本、銅メダル獲得

【全米テニス男子単】アンドレ・アガシ選手が初優勝

Embed from Getty Images

テニスの四大大会最終戦、全米オープン最終日は11日、ニューヨークのナショナルテニスセンターで男子シングルス決勝などを行い、ノーシードのアンドレ・アガシ選手(米国)が6−1、7−6、7−5で第4シードのミヒャエル・シュティヒ選手(ドイツ)を下し、初優勝。賞金55万ドル(約5500万円)を獲得した。《共同通信》

【参院愛知再選挙】旧連立の都筑氏が圧勝

学歴詐称事件の有罪判決確定による新間正次氏の議員失職に伴う参院愛知選挙区再選挙は11日投票、即日開票の結果、旧連立与党が推す新人で前労働省課長の都築譲氏(43)が、連立与党側の元国連職員水野時朗氏(48)ら6新人を大差で破り、初当選を果たした。

村山政権発足後初の国政選挙となった今回の選挙で与党候補が敗北したことは村山政権には打撃。「自社さ連立」への世論がなお厳しいことを示すもので、秋の政局や政界再編の行方にも影響を及ぼすとみられる。《福井新聞》

【女優ジェシカ・タンディさん】誕生日

1993 平成5年9月11日(土)

平成1708日目

【全米テニス女子単】シュテフィ・グラフ選手、4年ぶり3度目の優勝

テニスの全米オープン第13日は11日、ニューヨークのナショナルテニスセンターで行われ、女子シングルス決勝は第1シードのシュテフィ・グラフ選手(ドイツ)が第12シードのヘレナ・スコバ選手(チェコ)を6−3、6−3で下して4年ぶり3度目の優勝を飾り、賞金53万5000ドル(約5600万円)を獲得した。《共同通信》

【北海道・奥尻島】南西沖地震から2ヶ月、慰霊祭

北海道南西沖地震で死者、行方不明者合わせて199人が出た最大被災地の北海道・奥尻島(奥尻町)で11日午後、町主催の合同慰霊祭がしめやかに営まれた。地震発生から2ヶ月。島ではなお27人の行方不明者がいるが、周辺海域での捜索活動はすでに打ち切られた。不明者を含めたこの慰霊祭を区切りに島の復興に全力が注がれる。

この日の奥尻島は快晴。会場となった島南端の青苗地区の青苗中体育館には島民や観光で訪れていて亡くなった人々の遺族約650人をはじめ、首相代理の鳩山由紀夫官房副長官や北海道の横路孝弘知事ら約900人が参列した。《福井新聞》

1992 平成4年9月11日(金)

平成1343日目

【プロ野球】阪神ーヤクルトの試合時間は6時間26分

史上最長の6時間26分に及んだ激闘も延長十五回、規定により3−3で引き分けた。序盤は点の取り合い。2点を先取されたヤクルトは三回、一死満塁から池山が右翼線へ走者一掃の二塁打を放って3−2と逆転。しかし、阪神はその裏、オマリーの14号本塁打で同点に追いついた。

その後ヤクルト岡林、阪神は弓長らのリリーフ陣が好投し、ともに勝ち越し点を挙げられなかった。《福井新聞》

【WBAジュニアバンタム級タイトル戦】鬼塚勝也選手が初防衛に成功

世界ボクシング協会(WBA)ジュニアバンタム級チャンピオンの鬼塚勝也(協栄)に同級5位の松村兼一(JA加古川)が挑戦したタイトルマッチ12回戦は11日、日本武道館で行われ、鬼塚が5回1分26秒TKO勝ちし、初防衛に成功した。22歳の鬼塚はデビュー以来20戦全勝(17KO)。32歳の松村は4度目の世界挑戦に失敗した。《福井新聞》

【宮沢喜一首相】国際平和協力隊員を激励

アンゴラとカンボジアに派遣される国際平和協力隊員に対する、宮沢首相の激励会が11日午後、首相官邸で開かれた。出席したのは自衛官80人と文民警察官要員となる警察官75人の総勢158人。

首相は「停戦監視や警察行政の指導、橋の修理など多様な分野で任務を遂行することになる。世界平和のため任務に赴く諸君を誇りに思うとともに、つつがなく帰還されることを祈ります」と訓示。前列に並んだ隊員28人と次々に握手し、激励した。《福井新聞》

1991 平成3年9月11日(水)

平成977日目

【ホンダ・シビックフェリオ】発売

【ホンダ・シビック】フルモデルチェンジ

HO_S019_F002_M001_1_L
http://www.carsensor.net/

【X】シングル「Silent Jealousy」発売

【米空母・インディペンデンス】横須賀入港

米空母ミッドウェーの交代艦インディペンデンスが11日午前、神奈川県横須賀市の在日米軍横須賀基地に入港した。ミッドウェーに比べて艦載機数、種類とも教化され戦力は大幅にアップ。米海軍で唯一、海外に母港を持つ空母として、西太平洋やインド洋地域の警戒に機動力を発揮する。

入港式典でロバート・エリス艦長は「世界の安定のために努力したい」と述べ、インディペンデンスの横須賀配置の意義を強調した。

しかし核兵器搭載能力があり、ミッドウェーと同様、核疑惑が改めて問題となりそうで、配備に反対する市民グループは雨模様の中、ゴムボートによる海上デモや集会などで抗議行動を繰り広げた。《福井新聞》

【自民党・渡辺美智雄元政調会長】「(海部首相は)決断が遅い」

自民党渡辺派会長の渡辺元政調会長は11日、自民党有志議員の集まりである「黎明の会」(石原慎太郎代表)の例会に出席し、10月の総裁選に関連して「国際社会が激動する中で、速やかに、間違いなく判断を下す決断力が求められている。私もその立場からしっかりやろうと思う」と出馬への意欲を表明、支援を訴えた。

渡辺氏は海部首相の指導力について「決断が遅い。2年でやれることとやれないことは分かった。任期が来たら交代すべきだ」と述べ、海部首相続投論を強くけん制した。《福井新聞》

【海部俊樹首相】政治改革断行に決意

国会は11日午後、衆院本会議で政治改革関連3法案の趣旨説明に対する2日目の代表質問を行った。海部首相は3法案の撤回、廃案を要求した野党各党に対し「本当の意味で議会制民主主義を政党政治(中心)にしたいと、3法案をお願いした。(制度の)根元にさかのぼった制度(改革)問題まで行かなければならない」と述べ、今国会での成立に重ねて理解を求めた。

特に首相は、政治不信を招く最大要因は政治家が贈収賄事件に関与することだと指摘。不祥事を根絶する手段として、政治家個人の政治倫理の確立とともに(1)多額の政治資金を自前で調達しなければならない現行制度の改革(2)政党中心の公明正大な政治活動に流れを変えるため、公的助成の実現、を挙げ、政治改革の断行に改めて強い決意を表明した。《福井新聞》

1990 平成2年9月11日(火)

平成612日目

【ナゴヤ球場】試合前に火災、観客1000人避難

11日午後5時56分ごろ、名古屋市中川区にあるナゴヤ球場のバックスクリーン横のライトスタンド下にあるごみ集積場から出火、炎が噴き上げ観客席に黒煙が立ち込めた。

球場職員らが消火栓からホースを引いて消火作業にあたり、同午後6時11分、鎮火した。同球場では午後6時20分から中日ー大洋戦が始まることになっており、当時、外野席には3-4000人がいた。

球場側がマイクで出火を知らせるとともにライト側フェンスを外し、外野席の約1000人がグラウンド内に避難する騒ぎにとなったが、けが人はなく、試合も23分遅れで始まった。《福井新聞》

【中山太郎外相】金丸信元副総理と会談

中山外相は11日午後、24日から朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を訪問する金丸元副総理を都内の事務所に訪ね、日本と北朝鮮の課題を中心に意見交換した。

この席で外相は「(日朝間には)いろいろな懸念があるが、外務省としてもできる限りお手伝いしたい」と述べ、第18富士山丸問題などの最終決着に向け、外務省も積極的に対応していく考えを伝えた。

これに対し金丸氏は「日朝関係は長い間閉ざされてきたが、私が訪問することで両国官の壁に風穴が開けられれば結構だと思う」と、訪朝に強い決意を表明した。外相は「両国の関係改善のため、考えを率直に話してきてほしい」と要請した。《福井新聞》

【海部俊樹首相】アジア大会開会式に文相派遣

海部首相は11日、北京で22日に行われるアジア競技大会の開会式に保利文相を出席させる意向を固めた。首相は11日午後、記者団に対し「(アジア大会は)平和のためのものであるし、先進国首脳会議(サミット)参加国に了解を得る必要はない」と明確に述べ、日本独自の政治判断で文相派遣に踏み切る姿勢を示した。

昨年6月の天安門事件後のアルシュ・サミットで、日本など先進各国は中国の民主化を促す一環として、閣僚などハイレベルの政府関係者の交流を禁じており、ことしのヒューストン・サミットでも対中制裁を基本的に維持することを確認している。

政府は、アジア大会が中国政府の主催ではなく、国際機関であるアジア・オリンピック評議会の催しであることから、文相訪中は問題がないとの見解だ。

保利文相の派遣はアジア大会という舞台を利用して、第三次対中円借款の凍結解除に続いて日中間の人的交流の正常化への突破口を開く狙いがあると受け止められている。《福井新聞》

1989 平成元年9月11日(月)

平成247日目

【ハンガリー】東独市民第一陣が西独入り

ハンガリー政府が出国を許可した東ドイツ市民が11日早朝から西ドイツ国境へ続々と到着する中、西ドイツのゲンシャー外相は東ドイツ指導部に対し、改革路線への転換を呼び掛けた。一方、東ドイツは国営通信が簡単な論評を流した以外は、沈黙を続けたままだ。

ハンガリーからの東ドイツ市民の脱出は、第一弾の自家用車利用組が11日午前3時すぎから、西ドイツ・バイエルン州の南部国境に続々と到着し始めた。ハンガリー政府が出国を許可した同日午前0時から、ハンガリー・オーストリア国境の6ヶ所の検問所を自家用車や徒歩で越えた人々は約3100人に達した。

出国者数は西ドイツ当局の予想を大きく上回っている。当局はこれまで合計6500人余りと見込んでいたのを「少なくとも1万人」に上方修正した。《共同通信》

【山中貞則税制会長】辞任表明

行き詰っていた自民党税調会長更迭問題の局面打開のため海部首相は、11日午後、山中貞則会長を招き約1時間にわたって意見交換した。その結果、山中氏は「次の総選挙に向けて消費税の見直しをしたい」との首相の決断要請を受け入れ、税調会長辞任の意向を表明、決着した。

これを受けて首相、小沢幹事長らは直ちに後任人事に着手、梶山静六前通産相、羽田孜元農相らを軸に人選を進めた。《福井新聞》

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 366 平成の記録 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.