2014 平成26年9月11日(木)のできごと(何の日)

平成9378日目

2014/09/11

【政府】吉田調書を公開

政府は11日、東京電力福島第1原発事故で政府の事故調査・検証委員会が行った吉田昌郎元所長(故人)の聴取記録を、内閣官房のホームページで公開した。事故調とのやりとりが記載された調書で吉田氏は、電源喪失によって打つ手が限られた当時の状況を振り返り、「絶望していた」「答えがない」などと語っている。《時事通信》




【朝日新聞】吉田調書に関する記事を取消し、社長が謝罪会見

9月11日は何の日【朝日新聞】吉田調書に関する記事を取消し
https://www.youtube.com/

朝日新聞社の木村伊量社長は11日、東京本社で記者会見し、東京電力福島第ー原発事故をめぐる「吉田調書」に関する報道について、「『命令違反で撤退』との表現を取り消す。読者や東電関係者に深くおわびを申し上げる」と謝罪した。

また、編集担当役員の解職を表明するとともに、自身も社内改革後に進退を判断する考えを示した。《時事通信》

【北海道】石狩地方などに大雨特別警報発令

道内は11日、強い寒気の影響で大気の状態が非常に不安定となり、札幌市南区常盤では国土交通省の雨量計で同日午前0時から9時までの降水量が253ミリに達するなど、道央を中心に猛烈な雨が降った。

札幌管区気象台などは同日、札幌市をはじめ石狩、中空知、南空知、胆振の計35市町村に、数十年に1度の大雨が予想される「大雨特別警報」を道内で初めて発表。消防庁などによると、札幌市、岩見沢市、空知管内栗山町など11市町は土砂災害や洪水の危険があるとして、少なくとも計41万1千世帯、82万4千人に避難勧告を出した。《北海道新聞》

【レスリング世界選手権】吉田沙保里選手、伊調馨選手がV

レスリングの世界選手権第4日は11日、タシケントで女子3階級が行われ、53キロ級の吉田沙保里(ALSOK)が決勝でソフィア・マットソン(スウェーデン)を下し、連覇を12に伸ばした。55キロ級での五輪3連覇と合わせ、15大会連続で世界一に輝いた。

63キロ級で同じく五輪3連覇の伊調馨(ALSOK)は58キロ級の決勝でワレリア・コブロワ(ロシア)にテクニカルフォール勝ちし、9度目の優勝を果たした。

吉田は初戦で中国選手、準決勝でカナダ選手をフォールで仕留めた。伊調は3回戦で米国選手、準決勝ではベラルーシ選手にテクニカルフォール勝ちと圧倒した。

2016年リオデジャネイロ五輪で女子はこれまでの4階級から6階級に増えるため、吉田と伊調は新階級で臨んだ。《スポニチ》

9月11日/のできごと

シェアする

フォローする