※転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

1989 平成元年8月29日(火)

平成234日目

【三井銀行、太陽神戸銀行】合併へ

都市銀行中位の三井銀行と太陽神戸銀行は29日、来年4月1日に合併すると発表した。合併比率は両行の資産内容などを考慮して太陽神戸銀株1株に対し三井株0.8株を割り当てる。新行名は「太陽神戸三井銀行」とし、合併後3年以内に新しい行名に替える。会長には松下康雄太陽神戸銀頭取、頭取には末松謙一・三井銀社長が就任する。《共同通信》

【礼宮文仁親王殿下】那須御用邸入り

学習院大学院生川嶋紀子さんとの婚約が内定した礼宮さまは29日午前、JR上野駅発の東北新幹線で栃木県の那須御用邸に向かわれた。同御用邸には天皇、皇后両陛下、皇太后さまがご滞在中。9月12日に皇室会議が開かれることが決まり、礼宮さまは婚約内定後、両陛下と皇太后さまに初めてお会いになった。

御用邸には3泊の予定。9月3日帰京予定の両陛下よりひと足先の9月1日に帰京される。《共同通信》

1990 平成2年8月29日(水)

平成599日目

【JITTERIN’JINN】シングル「夏祭り」発売

【海部俊樹首相】中東和平貢献策を発表

政府は29日の持ち回り閣議で日本の中東和平に向けた貢献策を正式了承し、海部首相が記者会見して発表した。

貢献策は米国を中心に中東地域に展開している多国籍軍支援のため①政府チャーターの日本の民間航空機、船舶の提供による輸送協力②砂漠地帯での水源確保のため資材提供による物資協力③計100人をめどとした医療チームの派遣による医療協力④多国籍軍参加の各国の航空機、借り上げ経費負担による資金協力ーの4項目と、紛争周辺国への支援策として①商品借款など担当規模の経済協力②ヨルダンの難民支援のため1000万ドル強の緊急援助の2項目を加え、計6項目が具体的な柱。《共同通信》

1991 平成3年8月29日(木)

平成964日目

【衆院特別委】野村証券元会長、日興証券元社長を証人喚問

「損失補てんで大蔵省と相談はしていない」「東急電鉄株の株価操作はないと確信」衆院証券金融問題特別委員会で29日行われた田淵節也前野村証券会長と、岩崎琢也前日興証券社長に対する証人喚問は爆弾発言も出ず、内容的にはこれまでの記者会見や国会で明らかにされた範囲内にとどまった。《共同通信》

1992 平成4年8月29日(土)

平成1330日目

【グエン・ドク君】来日

分離手術を受けたベトナムの結合双生児ベトちゃん、ドクちゃん兄弟(11)のうちドクちゃんが、ベトナム人看護婦のグエン・ティ・ドアンさんとともに29日夜、日本で義足の取り換えと歩行リハビリ訓練を受けるため、大阪空港に到着した。手術前のベトちゃんドクちゃんが昭和61年に来日したが、手術後の来日は初めて。《共同通信》

【自民・小沢一郎氏】「(竹下派は)金丸体制を維持」

自民党竹下派の青年研修会が29日午後、党内各派のトップを切って静岡県函南町の富士箱根ランドで始まった。開会のあいさつに立った同派会長代行の小沢元幹事長は、同派会長代行の金丸信氏が党副総裁とともに同派会長の座も退く意向を表明したことに関連して「今後も金丸会長のもとに一致団結し、これからも日本の政治の中核を担う中核の存在として最善の努力をしていく」と述べ、今後も「金丸会長体制」を維持、派閥を運営していくとの考えを明らかにし、同派の結束を訴えた。《共同通信》

1993 平成5年8月29日(日)

平成1695日目

【武村正義官房長官】政治改革は自民との妥協を模索

武村官房長官は29日午後、大津市内のホテルで記者会見し、連立与党が政治改革関連法案の骨格をまとめたことに関連し「日本の政治、民主主義の土台を決めていく仕事であり、なるべく幅広い合意の下に政治改革が整うことが望ましい」と述べ、自民党との妥協点を模索する必要があるとの認識を示した。《共同通信》

【細川護熙首相】2度目の静養

細川首相は29日、静養先の長野県・軽井沢町で内田健三東海大教授や盛田昭夫ソニー会長、松永政府代表(元駐米大使)らと相次いで懇談した。首相の軽井沢入りは今夏2度目。前回は就任後初の国会での所信表明演説や代表質問の勉強に忙殺された。《共同通信》

1994 平成6年8月29日(月)

平成2060日目

【関西国際空港】開港記念式典(開港は9月4日)

日本初の本格的な24時間運用の海上空港となる関西国際空港の開港を祝う開校記念式典と祝賀会が29日、大阪府泉佐野市沖の同空港で開かれた。新空港は着工から7年半の歳月と1兆5000億円の巨費をかけて建設され、成田と並び世界に開かれた日本の新しい空の玄関として9月4日午前0時開港する。《共同通信》

【大相撲秋場所】番付発表

日本相撲協会は29日朝、大相撲秋場所の番付を発表。小兵の業師、舞の海と正攻法の濱ノ嶋の日大出身コンビが新小結に昇進した。1横綱、4大関は名古屋場所と同じ。先場所15戦全勝で初優勝した武蔵丸が東大関、14勝1敗の若ノ花が西大関でともに初の綱とりに挑む。《共同通信》

1995 平成7年8月29日(火)

平成2425日目

【高速増殖炉もんじゅ】試験運転で「初送電」

わが国が推進する核燃料サイクルの中核に位置付けられる動力炉・核燃料開発事業団の高速増殖炉(FBR)原型炉「もんじゅ」=敦賀市白木=が29日午前、国内のFBRとしては初めての発・送電を達成した。

今後の試験密偵について、大石博理事長は来年6月に初めて100%出力での試験運転を実施。炉心燃料の一部を交換した後、来年後半には本格運転を始めることを明らかにした。《福井新聞》

【村山内閣】河野外相は当面留任

村山富市首相は29日、自民党総裁選不出馬を表明した河野洋平副総理兼外相(総裁)と会い、9月下旬の国連総会出席を要請、河野氏も了承した。首相は総裁任期切れ後も引き続き河野氏に外相留任を求める方針だ。

新総裁就任がもっとも確実な橋本龍太郎通産相も11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)には内閣の現体制で臨むことを明言しており、当面は河野外相続投の方向だ。しかし首相は副総理ポストについて「自民党総裁の就任が適切」(首相周辺)として、新総裁に要請したい考えだ。《共同通信》

1996 平成8年8月29日(木)

平成2791日目

【三菱・レグナム】発売

8月29日のできごと(何の日)【三菱・レグナム】発売
http://www.goo-net.com/

【薬害エイズ事件】帝京大前副学長を逮捕

エイズウイルス(HIV)に汚染された非加熱血液製剤による薬害エイズ事件で東京地検は29日、業務上過失致死容疑で元厚生省エイズ研究班長の前帝京大副学長、安部英容疑者(80)を逮捕。容疑を裏付けるため東京・霞が関の厚生省、東京都板橋区の帝京大病院などを家宅捜索した。《共同通信》

【新党さきがけ】代表人事が難航

新党さきがけは29日、田中秀征、園田博之両代表を中心に、辞任した武村正義代表と30日に離党する鳩山由紀夫代表幹事の後任トップ人事に本格的に着手した。

党内では後任の代表に菅直人厚相を推す声が若手を中心に強いが、菅氏が強く固辞している。田中氏らはなお説得を続ける構えだが「今後さきがけが新党を目指す時の党首候補として温存すべきだ」(幹部)との意見も一部にあり、難航している。《共同通信》

1997 平成9年8月29日(金)

平成3156日目

【家永教科書訴訟】終結

高校用日本史教科書の執筆者家永三郎・東京教育大名誉教授(83)が「違憲、違法な検定で精神的苦痛を受けた」として国に200万円の損害賠償を求めた第三次教科書訴訟の上告審で、最高裁第三小法廷(大野正男裁判長)は29日、新たに「731部隊」の記述に対する検定意見にも裁量権の逸脱があったと認定。3ヶ所の違法で30万円の賠償を命じた東京高裁判決を変更、10万円を上乗せした総額40万円の支払いを国に命じる判決を言い渡した。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】シンガポール首相と会談

橋本龍太郎首相は29日、首相官邸でシンガポールのゴー・チョクトン首相と会談し、日米防衛協力のための指針(ガイドライン)の見直しや、カンボジア問題などを中心に意見交換した。

ゴー首相はガイドライン見直しについて「日米安保体制の透明性、安定性確保のため有益」と評価しながらも「見直しの結果、あらゆるあいまいさ、誤解が解消されることを期待している」と述べ、中国など周辺諸国に対する配慮を求めた。《共同通信》

1998 平成10年8月29日(土)

平成3521日目

【 i Mac】国内販売開始

imac

【小渕恵三首相】豪雨被災者を激励

小渕恵三首相は29日、集中豪雨に見舞われた福島、栃木両県の被災地を訪れ、被災者を激励し、被災者生活再建支援法の適用の検討も含め、復旧に全力を挙げる考えを表明した。

首相は土砂崩れで犠牲者を出した福島県西郷村の「太陽の国」で、約190人が避難生活を送っている敷地内の体育館を訪れ、「不自由でしょうが、頑張ってください」と激励した。

栃木県では那須町の余笹川のはんらん現場を視察、避難所となっている黒磯市内の小学校で、被災者と車座になり「橋が壊れて家に帰れない。早く直してほしい」といった要望に耳を傾けた。《共同通信》

1999 平成11年8月29日(日)

平成3886日目

【WBCバンタム級タイトル戦】辰吉丈一郎選手、王座返り咲きならず

世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチ12回戦は29日、大阪ドームで行われ、日本人初の三度目の王座返り咲きを目指した辰吉丈一郎(大阪帝拳)はチャンピオンのウィラポン・ナコンルアンプロモーション(タイ)に7回44秒、TKOで敗れ、試合後に現役引退を表明した。《共同通信》

【自民党・森喜朗幹事長】「解散は慎重に」

自民党の森喜朗幹事長は29日夜、長野県軽井沢町で開かれた森派研修会で講演し、衆院解散・総選挙の時期について「経済の動向を十分留意しなければならない。公共事業も12月から1月にかけて底割れするし、補正予算と来年度予算の連結性も考えて小渕恵三首相は解散に慎重であるべきだ」と述べた。《共同通信》

2000 平成12年8月29日(火)

平成4252日目

【三宅島・雄山】大規模噴火、小中生ほぼ全員が島外避難

伊豆諸島・三宅島の雄山は29日午前4時35分ごろ、大規模に噴火し、黒灰色の噴煙は高さ5000メートル以上、白色の部分は約8000メートルに達した。噴煙の高さでは一連の活動で18日の噴火に次いで2番目の規模となり、気象庁は29日夕「低温で勢いのない火砕流が発生した可能性がある」と発表した。

三宅村は当初31日の予定だった小中高生の集団避難を前倒しし、児童、生徒136人は午後3時すぎ、教職員94人と一緒に避難、午後9時20分すぎ、東京都の竹芝桟橋に到着した。《共同通信》

2001 平成13年8月29日(水)

平成4617日目

【東証終値】16年10カ月ぶりに1万1000円割れ

29日の東京株式市場は、内外の景気不透明感の広がりから幅広い銘柄が売られ、東証平均株価(225種)は大幅に下落した。終値は前日比209円64銭安の1万979円76銭と、1万1000円台を割り込み、バブル崩壊後の最安値を更新した。終値の1万1000円割れは、1084年10月以来、16年10カ月ぶり。《共同通信》

【 H2Aロケット1号機】打ち上げ成功

日本の宇宙開発の命運をかけた宇宙開発事業団の国産主力ロケット、H2Aの1号機が29日午後4時、種子島宇宙センター(鹿児島県南種子町)から打ち上げられ、予定通り約40分後に軌道確認装置「宇宙ミラーボール」を放出、打ち上げは成功した。

事業団にとっては先代のH2ロケットが1998年、99年と2回連続で失敗して以来、1年9ヵ月ぶりの成功。「日本のロケットの技術復活をアピールしたい」(山之内秀一郎理事長)との悲願がかなった。《共同通信》

2002 平成14年8月29日(木)

平成4982日目

【中国産輸入野菜】基準の2~28倍の「残留農薬」

農水省は29日、冷凍野菜など市販の輸入野菜の残留農薬を計測した結果、札幌市で販売されていた中国産の冷凍カリフラワーと、愛知県で販売の中国産ホウレンソウから新たに食品衛生法の基準の2〜3倍の残留農薬を確認した、と発表した。また関西空港に輸入された中国産マツタケからも基準の約28倍の残留農薬が検出された。《共同通信》

【小泉純一郎首相】道路財源見直しを指示

小泉純一郎首相は29日の経済財政諮問会議で、道路整備に充てる道路特定財源を見直す具体案を作成し、10月をめどに提出するよう扇千景国土交通相に指示した。竹中平蔵経済財政担当相らによると、小泉首相は特定財源の使徒拡大などを視野に入れているとみられ、自民党や政府の税制改革論議を通じて年末までに決定するとしている。《共同通信》

2003 平成15年8月29日(金)

平成5347日目

【世界陸上・男子200メートル】末續慎吾選手、銅メダル獲得

陸上の第9回世界選手権第7日は29日、パリ郊外のフランス競技場で行われ、男子200メートル決勝で末続慎吾選手(23)が20秒38で3位となり、銅メダルを獲得した。100メートル、200メートル、400メートルの短距離での日本選手のメダルは、五輪、世界選手権を通じて初めての快挙となった。《共同通信》

【鈴木宗男氏】保釈

衆院議員で戦後最長の437日間にわたり拘置されていた鈴木宗男・元北海道開発庁長官(55)が、29日午後5時過ぎ、東京・小菅の東京拘置所から保釈された。保釈保証金は5000万円。 拘置所前には約150人の報道陣が集まり、混乱を避けるため、保釈では通常使わない正門から、外に出す異例の措置が取られた。《読売新聞》

2004 平成16年8月29日(日)

平成5713日目

【アテネ五輪・男子ハンマー投げ】室伏広治選手が繰り上げ金メダル

陸上男子ハンマー投げで、室伏広治選手(29)=ミズノ=の金メダルが29日、決まった。国際オリンピック委員会(IOC)の理事会が、優勝したアドリアン・アヌシュ選手(31)=ハンガリー=をドーピング(禁止薬物使用)で失格とし金メダルのはく奪を決定、2位の室伏選手が繰り上がった。これで今大会の日本選手団が獲得した金メダルは16個になり、64年東京大会の最多記録に並んだ。《サンスポ》

【アテネ五輪・閉会式】

五輪発祥の地に戻った第28回夏季オリンピック・アテネ大会は29日、アテネの五輪スタジアムで閉会式を行い、17日間にわたった祭典の幕を閉じた。米中枢同時テロとイラク戦争後初の夏季五輪には、戦後の混乱が続くイラクを含む史上最多の202カ国・地域から選手、役員ら約1万6000人が参加。つかの間の平和をかみしめた。次回2008年大会は北京で開催される。《共同通信》

2005 平成17年8月29日(月)

平成6078日目

【大相撲秋場所】番付発表

日本相撲協会は29日、大相撲秋場所(9月11日初日・両国国技館)の新番付を発表し、先場所は朝青龍と優勝を争ったブルガリア出身の琴欧洲が関脇に昇進した。初場所から所要17場所での新関脇は、年6場所制となった1958年以降では小錦に次ぎ栃東と並ぶ2位のスピード出世(幕下付け出しを除く)。《共同通信》

【小泉純一郎首相】自公過半数割れば退陣


https://www.dpfp.or.jp/

衆院選の公示を控え、主要政党の党首討論会が29日午後、東京・内幸町の日本記者クラブで開かれ、小泉純一郎首相(自民党総裁)は郵政民営化の是非について国民の審判を仰ぎ、自民、公明両党の獲得議席が過半数の241を1議席でも下回れば退陣する考えを明言した。

首相はこれまでも責任ラインに言及しているが、公示を前にあらためて強調した。首相は自公で過半数をとった場合は、郵政民営化関連法案を基本的内容を変えずに特別国会に提出する方針を表明。「参院で反対した自民党議員のかなりが賛成に回ると確信している」と述べ、成立に強い自信を示した。《共同通信》

2006 平成18年8月29日(火)

平成6443日目

【オリックス・清原和博内野手】21年連続2けた本塁打達成

オリックスの清原和博内野手が29日、西武16回戦(スカイマーク)の延長11回、今季10号となるサヨナラ2ランを放ち、王(巨人)と野村(南海)に並ぶプロ野球3人目の21年連続2けた本塁打を達成した。新人のシーズンからは史上初。

サヨナラ本塁打は通算12本となり、野村を超えてプロ野球新記録。通算打点は1523打点で長嶋(巨人)を超えてプロ野球6位。《共同通信》

2007 平成19年8月29日(水)

平成6808日目

【横綱朝青龍関】モンゴルへ帰国

日本相撲協会から帰国療養を許可された大相撲の横綱朝青龍(26)=モンゴル出身、高砂部屋=は29日午後、療養のため成田空港から離日、モンゴルへ出発した。同日夕、ウランバートルへ到着する予定。温泉施設で、精神科医から「解離性障害」と診断された精神面のケアやひじなどの治療を受ける見通し。《時事通信》

【自民党・麻生太郎幹事長】本格始動

自民党の麻生太郎幹事長は29日、野党各党に就任あいさつ。対外的にも本格的に始動した。副大臣や党役員人事を主導、郵政造反組の復権を果たすなど独自色を発揮し、党内からは「麻生政権の準備人事」との声も漏れる。党運営で「麻生色」が強くなりすぎて安倍晋三首相の存在がかすむようだと、両氏の関係に“すきま風”が吹きかねない。

野党へのあいさつ回りでは終始笑顔。民主党の鳩山由紀夫幹事長が握手しながら「大連立ではありません」とおどけると、爆笑で返した。内閣支持率の上昇に触れた国民新党の長谷川憲正副幹事長には「党の評判は上がっていない」と謙遜してみせたが、党勢回復への強い意欲は間違いない。《共同通信》

2008 平成20年8月29日(金)

平成7174日目

【名古屋市・岡崎市】豪雨で50万世帯に避難勧告

活発な前線と低気圧の影響で関東、東海は29日未明にかけ記録的豪雨となった。愛知県岡崎市で1人が死亡、3人が行方不明、同県一宮市で1人が重体になった。気象庁によると、岡崎市で29日午前2時までに観測された時間雨量は146.5ミリで、国内観測史上7番目。

岡崎市は同日、約14万世帯すべてに避難勧告、県を通じて自衛隊に災害派遣を要請した。名古屋市も36万世帯に避難を勧告。午後1時までに両市とも解除したが、対象は約50万世帯、約127万人に及んだ。《共同通信》

2009 平成21年8月29日(土)

平成7539日目

【第45回衆院選】選挙戦最終日

政権をかけて争う両党党首は29日夜、「最後の訴え」の場所にいずれも東京・池袋を選び、駅をはさんだ東と西で主張をぶつけ合った。同駅周辺は身動きもできないほどの人だかりに。他の政党党首らも各地でフィナーレの演説を行い、列島を選挙一色に染め抜いた長い夏の戦いを締めくくった。有権者はどんな政権を選び取るのか。審判は30日に下る。

JR池袋駅東口。午後7時半過ぎからの演説で、ブルーのワイシャツの袖をまくり上げた麻生首相は日に焼けた拳を握り、「日本の未来に責任を取る」と叫ぶように訴えた。選挙戦前半に見られた「おわび」は封印、「自民党には経済成長させる政策があるが、民主党にはない」と民主党を激しく批判する場面もあった。


https://www.dpfp.or.jp/

西口に陣取った鳩山代表が午後7時40分頃、「日本の歴史を塗り替えるみなさん、お集まりありがとうございます」と切り出すと、支持者で埋まった西口公園の熱気は最高潮に。「頑張れ」「政権交代だ」の声が飛び交った。

鳩山代表は、公約がぶれていると自民から批判されたことについて「誹謗中傷合戦は好まない。堂々とマニフェストを理解してもらうよう訴えてきた」と総括。「日本で初めての『民主政権』を誕生させるため、命を懸けて働く」と宣言すると、「鳩山総理」のかけ声も上がった。《読売新聞》

2010 平成22年8月29日(日)

平成7904日目

【松坂屋・名古屋駅前店】36年の歴史に幕

JR名古屋駅前の松坂屋名古屋駅店が29日、最後の営業を終えて閉店し、36年の歴史に幕を下ろした。1974年の開業以来、名古屋を代表する松坂屋の駅前店として親しまれてきたが、入居するビルの建て替えに伴い閉店することなった。買い物客からは「長い間ありがとう」などと閉店を惜しむ声が上がった。《日経新聞》

【民主党代表選】鳩山前首相は小沢氏支持

民主党代表選(9月1日告示、14日投開票)をめぐり、菅直人首相は29日夜、首相公邸で鳩山由紀夫前首相と約40分間会談した。首相は代表選に立候補を表明している小沢一郎前幹事長との対立激化で党が分裂状態にならないよう、鳩山氏に協力を求めたが、鳩山氏は小沢氏支持の考えを改めて伝えた。《毎日新聞》

2011 平成23年8月29日(月)

平成8269日目

【世界陸上・男子ハンマー投げ】室伏広治選手が初優勝

陸上の世界選手権第3日は29日、韓国の大邱(テグ)で行われ、男子ハンマー投げは36歳の室伏広治(ミズノ)が81メートル24の今季自己最高で初優勝した。7度目の出場だった室伏は、金メダルを獲得した2004年アテネ五輪以来の世界の頂点に立った。《共同通信》

【民主党】新代表に野田佳彦氏

菅直人首相(民主党代表)の後継を決める党代表選は29日午後、投開票し、決選投票の結果、1回目で2位だった野田佳彦財務相(54)が最多得票を挙げた海江田万里経済産業相(62)を破り、新代表に選ばれた。新代表は30日の衆院本会議で第95代、62人目の首相に指名される。2009年の政権交代後、2年足らずで3人目の首相となる。《日経新聞》

2012 平成24年8月29日(水)

平成8635日目

【ロンドンパラリンピック】開幕

障害者スポーツの祭典パラリンピックのロンドン大会は29日午後8時半(日本時間30日午前4時半)から開会式が行われ、開幕した。初参加の北朝鮮などを含む史上最多の164の国と地域から約4280人の選手が参加。身体障害者に加え、知的障害者が出場する競技も3大会ぶりに復活し、20競技で計503個の金メダルを目指し、熱戦が繰り広げられる。《読売新聞》

【参院】野田首相への問責決議を可決

参院は29日の本会議で、野田佳彦首相への問責決議を野党の賛成多数で可決した。決議に法的拘束力はないが、野党は議員立法などを除いて審議を拒否し、国会は事実上空転する。消費増税で築いた民主、自民、公明3党の協調体制は崩れ、首相の政権運営に打撃となる。首相は野党が迫る今国会の衆院解散には応じず、与野党攻防は臨時国会が召集される見通しの10月の解散をにらむ展開になる。《日経新聞》

2013 平成25年8月29日(木)

平成9000日目

【山梨リニア実験線】走行試験再開

JR東海は29日、延伸工事が完了した山梨リニア実験線(山梨県上野原市―笛吹市)で走行試験を再開した。先行区間18・4キロから42・8キロまで延ばし、営業線での使用を想定している新型車両「L0(エルゼロ)系」を5両編成で投入。太田昭宏国交相ら来賓が乗車し、最高時速500キロの走行を体験した。《南信州新聞》

【菅義偉官房長官】潘氏発言問題視せず

菅義偉官房長官は29日の記者会見で、潘基文国連事務総長が歴史認識問題で日本に自らを省みるよう求めた発言について釈明したことを受け「真意は明らかになった」と述べ、日本政府として、これ以上問題視しない考えを示した。

菅氏はオランダ訪問中の松山政司外務副大臣に対し、潘氏と会って真意をただすよう指示していたと説明。「歴史認識に関する安倍政権の立場や、平和国家としての日本政府のこれまでの努力についてよく承知しているとの発言があったと報告を受けた」と述べた。《共同通信》

2014 平成26年8月29日(金)

平成9365日目

【 Jリーグ】「バナナ問題」で横浜Fマリノスに制裁金500万円

サッカーのJリーグは29日、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で23日に行われたJ1の横浜M―川崎で、横浜Mの男性サポーターが川崎の外国人選手に向けてバナナを振りかざす人種差別的行為があった問題でクラブに制裁金500万円とけん責の処分を科した。

3月にもサポーターが会場内に差別的な内容の横断幕を掲げたJ1浦和が、国内初の無観客試合の処分を受けたばかり。Jリーグの判断が注目されたが、横浜Mが速やかに当該男性を特定して無期限入場禁止処分としたことなどを考慮し、制裁金とけん責の処分にとどめた。《共同通信》

2015 平成27年8月29日(土)

平成9730日目

【柔道・野村忠宏選手】1本負けで現役生活に幕

五輪の柔道で3大会連続金メダルを獲得した野村忠宏(ミキハウス)が29日、兵庫県尼崎市で、現役最後の大会として全日本実業団個人選手権大会の男子60キロ級に出場し、3回戦で椿龍憧(ALSOK新潟)に敗れ、現役生活の幕を閉じた。《産経新聞》

【大阪市・橋下徹市長】新党結成を明言

維新の党を離党した橋下徹大阪市長(大阪維新の会代表)は29日、維新の党の「大阪系」議員らによる新党を結成する意向を明言した。全国規模で国政選挙の候補を擁立する考えも示した。大阪系議員と非大阪系議員の対立が続いてきた維新の分裂は不可避の情勢となった。来年夏の参院選をにらみ野党再編が進む可能性がある。《共同通信》

2016 平成28年8月29日(月)

平成10096日目

【天皇、皇后両陛下】静養先から帰京

天皇、皇后両陛下は29日午後、静養先の群馬県草津町から帰京された。 帰京予定は30日だったが、台風10号の接近で新幹線の運行に支障が出る恐れがあるため、日程を1日繰り上げられた。両陛下は20日から長野県軽井沢町で静養に入られ、同県上田市にある国の重要文化財の旧製糸場などを視察。27日に群馬県草津町へ移動した後は、国際音楽祭を鑑賞するなどして過ごされた。《読売新聞》

【安倍晋三首相】ケニアから帰国

安倍晋三首相は29日深夜、第6回アフリカ開発会議(TICAD)出席などケニアでの一連の外交日程を終え、政府専用機で羽田空港に帰国した。台風10号の本州接近に伴い、危機管理対応に万全を期すため、30日午前としていた帰国日程を半日前倒しし、首相公邸に入り、宿泊した。《産経新聞》

2017 平成29年8月29日(火)

平成10461日目

【北朝鮮】弾道ミサイルを発射、日本上空を通過

北朝鮮は日本時間の29日午前5時58分、首都平壌の順安区域付近から弾道ミサイル1発を北東方向に発射した。約2700キロ飛行し、北海道襟裳岬上空を通過、6時12分、襟裳岬の東約1180キロの太平洋上に落下した。新型中距離弾道ミサイル「火星12」(最大射程5千キロ)の可能性がある。日本は迎撃措置を取らなかった。

安倍晋三首相はトランプ米大統領と電話会談し北朝鮮への圧力強化で一致、中国やロシアに働き掛けることも確認した。国連安全保障理事会は緊急会合を29日(日本時間30日午前)に開く方向で調整に入った。《共同通信》

【世界柔道】阿部一二三選手、志々目愛選手が優勝

柔道の世界選手権第2日は29日、ブダペストで行われ、男子66キロ級で注目の20歳、阿部一二三(日体大)が初出場で優勝した。女子52キロ級決勝は日本勢対決となり、志々目愛が角田夏実(ともに了徳寺学園職)に内股で一本勝ちし、初出場優勝。《共同通信》

2018 平成30年8月29日(水)

平成10826日目

【沖縄県知事選挙】玉城デニー氏が出馬表明

自由党衆院議員の玉城デニー幹事長(58)=沖縄3区=は29日、那覇市で記者会見し、翁長雄志知事の死去に伴う沖縄県知事選(9月30日投開票)への立候補を正式表明した。争点となる見通しの米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設について「翁長知事の遺志を引き継ぎ阻止を貫徹する」とし後継候補としての決意を示した。《共同通信》

【体操・宮川紗江選手】コーチの処分「納得いかない」

体操の世界選手権(10~11月・ドーハ)女子代表候補の宮川紗江選手(18)が練習中に暴力を受けたもののパワハラではないとの認識を示し、速見佑斗コーチ(34)に対する日本体操協会の処分に疑義を唱えた問題で、宮川選手は29日、東京都内で記者会見した。暴力行為があったことを認めた上で処分については「重さには納得いかない」と述べた。《産経新聞》

2019 令和元年8月29日(木)

令和121日目

【韓国・文在寅大統領】対日強硬姿勢を鮮明に

韓国の文在寅大統領は29日、臨時閣議を開き、「日本は経済報復の理由すら正直に明かさず、根拠なくその都度、言葉を変え、経済報復を正当化しようとしている。日本は正直にならねばならない」と批判。日本政府が28日、輸出管理で優遇措置を取る「ホワイト国」から韓国を除外したことへの強い不満を暗に示した。

文氏は「どんな理由で弁明しようが、日本が歴史問題を経済問題に絡めたことは間違いない」と述べ、日本の措置が、いわゆる元徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁判決などへの“経済報復”であるとの見方を強調した。《産経新聞》

2020 令和2年8月29日(土)

令和487日目

【競泳・池江璃花子選手】「第2の水泳人生の始まり」

白血病で長期療養していた競泳女子の池江璃花子(20)(ルネサンス)が29日、東京辰巳国際水泳場(東京都江東区)で行われた東京都特別大会の50メートル自由形に出場し、レース復帰を果たした。競技会出場は約1年7か月ぶり。

池江は自身の持つ日本記録(24秒21)から2秒11遅れたものの、出場55人中5位の26秒32をマークし、10月の日本学生選手権の参加標準記録(26秒86)を上回った。レース後はプールサイドで涙を流し、「いい形でリスタートできた。第2の水泳人生の始まりかなと思う」と話した。《読売新聞》



→8月30日 その日のできごと

8月 その月のできごと

←8月28日 その日のできごと