在ペルー日本大使公邸占拠事件、人質71人救出(平成9年4月22日)

リマの日本大使公邸人質事件で、ペルー国軍と国家警察の特殊部隊は22日午後3時23分、トゥパク・アマル革命運動(MRTA)武装グループが立てこもる公邸に、トンネルを通じるなどして強行突入、銃撃戦の末に公邸を制圧し、72人の人質のうち青木盛久大使ら24人の日本人人質と日系人全員を含む71人を救出した。《共同通信》

※転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。



1989 平成元年4月22日(土)

平成105日目

【ジャパンオープンテニス】岡本久美子選手が初優勝

テニスのサントリー・ジャパンオープン第6日は22日、東京・有明テニスの森公園で女子シングルス決勝を行い、岡本久美子(オリックス)がエリザベス・スマイリー(豪州)を6−4、6−2で破り初優勝、賞金1万7000ドル(約224万円)を獲得した。《共同通信》

【自民党・渡辺美智雄政調会長】竹下首相退陣論に反論

自民党の渡辺美智雄政調会長は福井市で会見し、リクルート事件の進展で緊迫している政局問題を中心に語った。

その中で経済同友会の石原俊代表幹事が予算成立後に竹下内閣は退陣すべきとの見通しを示したことに対し「石原さんから言われても別に財界が会議を開いて言ったものではない。大所高所論をもって対処したい。今すぐにそれに呼応してそうですというわけにはいかない」と強い調子で反論した。《共同通信》

1990 平成2年4月22日(日)

平成470日目

【ロッテルダムマラソン】谷口浩美選手が初優勝

第10回ロッテルダム・マラソンは22日、当地で行われ、世界歴代7位の記録を持つ谷口浩美(旭化成)が2時間10分56秒で初優勝した。

谷口はスタートから世界歴代2位のアーメド・サラ(ジプチ)、同5位のアベベ・メコネン(エチオピア)と3人で先頭集団を形成して積極的なレース運びを見せた。25キロ過付近でいったんトップに出た後、30キロ過ぎから35キロまで、盛り返したメコネンと競り合ったが、再びスパートして振り切った。《共同通信》

【スペースワールド】北九州市に開園

宇宙をテーマにした大型レジャーランド「スペースワールド」が22日、北九州市にオープンした。

同市八幡東区の新日鉄八幡製鐵歩の遊休地に、新日鉄グループと福岡県、北九州市が出資し、第三セクター方式で約300億円をかけ整備した。鉄冷えの北九州市活性化の起爆剤として期待は大きい。《共同通信》

1991 平成3年4月22日(月)

平成835日目

【鹿児島県伊仙町】町長選で不在者「316票」が死票に

不在者投票の扱いをめぐり町民が開票所に押しかけた鹿児島県・伊仙町(徳之島)町長選は22日朝になっても騒ぎが収まらず、同町選管は不在者投票316票を「不受理」とし開票作業を終了した。この結果、樺山資敏氏(54)が盛岡正博氏(47)に104票差をつけ3004票で当選した。不在者投票分は死票の形となり、盛岡氏は同選管に異議申し立てを行った。

同町では、不在者投票の方法に不審を抱いた町民約1000人が21日夜から開票所の役場に押し掛け「不在者投票の名簿を見せろ」などと要求。投石などの騒ぎが続いたため、不在者投票の投票箱の移動ができなくなった。《共同通信》

【海部俊樹首相】ペルシャ湾への掃海隊派遣を決断

政府、自民党は22日の首脳会議で、ペルシャ湾の機雷除去に協力するため海上自衛隊の掃海隊を派遣することを決めた。首脳会議で海部首相は掃海隊派遣の必要性を説明するとともに「ぜひ実現させたい」と公式に最終決断を示した。派遣は特別な立法措置はとらず、現行の自衛隊法99条(機雷等の除去)に基づき実施される。《共同通信》

1992 平成4年4月22日(水)

平成1201日目

【メキシコ・グアダラハラ】下水道に流入したガソリンが爆発

4月22日のできごと【メキシコ・グアダラハラ】下水道に流入したガソリンが爆発

メキシコ第2の都市グアダラハラの中心部で22日、化学薬品漏出によるとみられる爆発が相次ぎ、赤十字当局によると同日夜までに200人の遺体を確認、約600人が負傷した。死傷者数はさらに増える恐れがあるという。

グアダラハラはハリスコ州の州都で、州当局、赤十字などによると1000ヶ所近いビル、家屋が破壊された。国営通信ノティメックスは、夜になっても爆発が続き、現場一体に強いガスのにおいが漂っていると伝えた。

連邦政府は軍兵士らを動員し、地元救急隊員らとともに救助、治安維持活動を展開。サリナス大統領も急行し、陣頭指揮をとっている。日本大使館によると、邦人の被害は確認されていない。《共同通信》

【宮澤喜一首相】天皇訪中「政治と分離」

宮澤首相は22日、首相官邸で開いた自民党の衆院当選3回生議員との懇談会で、天皇陛下の中国訪問について「実現するなら受け入れ側は歓迎一色で(日本)国民もみな祝福する条件で行っていただかなければならない。天皇陛下に何か政治的な仕事をしていただくつもりはない」と述べた。《共同通信》

1993 平成5年4月22日(木)

平成1566日目

【河野洋平官房長官】選挙違反者の恩赦は慎重に

河野官房長官は22日の衆院内閣委員会で、皇太子殿下のご結婚に伴う恩赦について「過去の先例にできるだけ即した形であることが大事であると同時に、個人的な感じだが今日の政治状況を取り巻く状況や社会的気持ち、その他を十分に勘案する必要もあろう。十分に検討したい」と述べ、選挙違反者などを恩赦の対象に含めることに慎重な考えを表明した。《共同通信》

【自民党】175人が靖国神社を参拝

自民党の「みんなで靖国神社を参拝する国会議員の会」(会長・橋本龍太郎元蔵相)は22日朝、橋本会長をはじめ、閣僚、衆参国会議員計175人(代理人含む)で靖国神社の春季例大祭に集団参拝した。靖国神社への集団参拝は昭和56年春以来通算37回目。

参拝者の内訳は衆院議員103人(本人出席70人)、参院議員72人(同44人)で昨年に比べて22人減となった。

このうち閣僚の参拝は、村上労相、北・北海道、沖縄開発庁長官、井上国土庁長官、中島科技庁長官の4人で、越智運輸相も同日午後に参拝した。田名部農相は21日に既に参拝している。党幹部では斉藤参院議員会長らが参拝した。《共同通信》

1994 平成6年4月22日(金)

平成1931日目

【連立与党】次期首相候補に羽田孜氏

連立与党は22日午後2時すぎから国会内で5党2会派の党首会談を開き、羽田孜副総理兼外相(58)=新生党党首=を細川首相の後継首相候補として正式決定した。衆参両院本会議での首相指名選挙は25日に行われ、河野自民党総裁、不破共産党委員長も出馬するが、羽田氏が第80代、51人目の首相に選ばれるのは確実。

25日中に組閣を終え、非自民の第二期連立政権が発足する。羽田氏は翌26日には国会で所信表明演説を行う。《共同通信》

【細川護熙首相】2900万円税務申告せず

細川首相が辞任の理由として自ら明らかにした資金運用疑惑で、首相の公設第一秘書八塚南海夫氏は22日午前、記者会見し、首相が東京都内の企画会社社長に資金を預けて得た実質的な運用益約2900万円を税務申告していなかったことを明らかにした。八塚氏は税務申告については「時効分を含めて適切な措置を取る」として修正申告をすることを示唆した。

一方、会社社長に資金を預けて運用していたことについて、出資法と貸金業法の両面から検討した結果、首相の側には法的問題はなかったという見解を明らかにした。《共同通信》

1995 平成7年4月22日(土)

平成2296日目

【オウム真理教】信者に元・現自衛官58人

警視庁など捜査本部が把握したオウム真理教(麻原彰晃教祖)の信者リストの中に、陸、海、空の現職、退職合わせて58人に上る自衛隊員の名前が含まれていたことが22日、明らかになった。

自衛隊員は一般の信者より早い段階で出家を勧められ、修行中に教団から専門的な軍事知識を問われたケースもあったという。

薬物や化学担当の部署に所属していた隊員や特殊な武闘訓練経験者もおり、捜査当局は、教団が”武装強化”を図るために隊員を勧誘。サリンなど毒ガス製造や拉致など教団の「非公然活動」に一部が関与した疑いもあるとみて、身元や隊内での経歴の確認を急いでいる。捜査当局は同日も引き続き、「第七サティアン」などの捜索を行った。《共同通信》

【河野洋平外相】シリア外相と会談

河野外相とシリアのシャラ外相が22日夜、都内のホテルで会談、中東情勢や両国関係を中心に意見交換した。

日本が自衛隊の派遣を検討しているゴラン高原に展開する国連平和維持活動(PKO)の「兵力引き離し監視軍」についてシャラ外相は「日本から人員が派遣されることになれば、シリアはそれに対して感謝する。日本人を敬意と礼儀をもって受け入れるだろう」と述べ、日本の参加に期待感を表明した。《共同通信》

1996 平成8年4月22日(月)

平成2662日目

【曙関】日本に帰化、「曙太郎」さんに

大相撲の横綱、曙(26)=東関部屋、米国ハワイ州出身=の日本への帰化が22日認められ、同日付の官報で告示された。日本人名は曙太郎。

曙は将来、親方として日本に残り後進の指導にあたるため、昨年6月に東京法務局に日本帰化を申請していた。

相撲界で外国出身力士が日本に帰化したのは、曙の師匠、東関親方(元関脇高見山)が初めてで、次いで小錦(高砂部屋)が帰化。ことし1月には武蔵丸(武蔵川部屋)も日本人となった。いずれもハワイ出身。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】有事対応「法的側面を検討」

橋本龍太郎首相は22日午前、首相官邸で村山富市社民党党首、武村正義新党さきがけ代表と会談、続いて小沢一郎新進党党首、不破哲三共産党委員長と個別に会談した。

首相は与党党首会談で「(1)集団的自衛権の行使は認められないとの憲法解釈は変えない(2)日米安保条約6条の「極東」の範囲は変更しないーと表明。日米防衛協力のための指針(ガイドライン)見直しに関して「現行憲法、法制の中で地道な研究をする」と述べ、村山、武村両氏も了承した。

これを受けて首相は午後の参院本会議で「(有事対応の)法的側面を真剣に検討しておかなければならない」と強調した。

ただ梶山静六官房長官は同日午後、加藤紘一自民党幹事長と会い「今の法令の範囲内では(有事の際の)見直しはできない」と述べ、緊急時を想定した法律改正の必要性を指摘、加藤氏も同調した。《共同通信》

1997 平成9年4月22日(火)

平成3027日目

【在ペルー日本大使公邸占拠事件】武力突入

リマの日本大使公邸人質事件で、ペルー国軍と国家警察の特殊部隊は22日午後3時23分、トゥパク・アマル革命運動(MRTA)武装グループが立てこもる公邸に、トンネルを通じるなどして強行突入、銃撃戦の末に公邸を制圧し、72人の人質のうち青木盛久大使ら24人の日本人人質と日系人全員を含む71人を救出した。

人質のペルー最高裁のカルロス・ジュスティ判事が銃撃で負傷した後、収容先の病院で心不全のため死亡、特殊部隊の2兵士も銃撃戦などで死亡した。判事は、手投げ弾の破片で足の動脈が切断され、出血多量で心不全を起こしたことが分かった。

リーダーのネストル・セルパ容疑者ら武装グループ側の14人は全員、特殊部隊によって射殺された。

事件は昨年12月17日夜の発生以来、127日目に一挙に解決した。古代ペルーの遺跡の名に由来した「チャビン・デ・ワンタル作戦」と命名された白昼の大胆な急襲は、奇跡的とも言える少ない犠牲者を出すにとどまった。《共同通信》

【オウム裁判】井上嘉浩被告、教団の教義は「悪魔の技」

オウム真理教元幹部井上嘉浩被告(27)は22日、東京地裁で開かれた公判で意見陳述し、一連の犯行に導いた教団の教義について「悪魔の技としか表現しようがない」と指摘した。松本智津夫被告(41)の公判に証人出廷し、松本被告の姿に接したことからそのような結論に達したとし「本当に大ばか者でした」と自分を悔いた。

意見陳述は裁判官が人事異動で交代したことに伴う公判の更新手続きの中であった。黒いスーツ姿の井上被告は約15分間にわたり、メモを持った手を震わせながら陳述した。

井上被告は「逮捕直後は松本氏の教えを完全に否定し取り除くすべがなかった」と告白。その後、両親からもらった仏教の本を読み、法廷でも井上被告を意のままに操ろうとした松本被告を見て「本来の仏教とは根本的に違う松本氏の教えが原因で自分は変化した」と考えるようになったという。

教義は「自分を空っぽにして、そこへグル(教祖)からデータをコピーしてもらい、クローンとなることによってのみ、救われるとした」と陳述。仏教が「現実世界の中に存在の本質を自覚し、解脱する」のに対し、「松本被告は、存在の本質を知るのは最終解脱者の特権とし、現実世界を全否定した」と述べた。《共同通信》

1998 平成10年4月22日(水)

平成3392日目

【日中共産党首脳】31年ぶりに顔合わせ

共産党の不破哲三委員長は22日夜、外務省飯倉公館で開催された胡錦濤・中国国家副主席の歓迎夕食会(小渕恵三外相主催)に出席、中国共産党政治局常務委員でもある胡氏のほか党中央対外連絡部の戴秉国部長ともあいさつを交わした。文化大革命中の1967年に関係を断絶して以来、両党の首脳陣が接触するのは約31年ぶり。

出席者によると、不破氏は夕食会の中で、胡氏、戴氏と会話。夕食会後も、会場を出ようとする胡氏を不破氏が待ち受けて、握手をしながら二言、三言、言葉を交わした。

会話の内容は明らかになっていないが、不破氏が胡氏との接触を積極的に試みたことで、日本側が関係改善に前向きのサインを送ったとも言え、両党の歴史的和解に向けた流れが一層強まりそうだ。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】大蔵OBら排除せず

橋本龍太郎首相は22日の衆院行政改革特別委員会で、6月をめどに発足する金融監督庁の長官人事について「どういう方であれ、一番いい人材、なるほどと思っていただける方に長官になってもらうのがいい」と述べ、大蔵官僚やOBを排除しない考えを示した。村岡兼造官房長官も「(大蔵省関係者などが)なり得るかもしれない」と述べた。《共同通信》

1999 平成11年4月22日(木)

平成3757日目

【 NATO】ユーゴスラビア大統領公邸を空爆

北大西洋条約機構(NATO)は22日午前4時ごろ、『政権の司令塔』(NATO)であるベオグラードのミロシェビッチ・ユーゴスラビア大統領公邸を空爆、公邸は大破した。ユーゴ国際タンユグ通信によると、大統領と家族は別の場所にいて無事だった。

今回の大統領公邸空爆は23日からのNATO首脳会議を前に、あらゆる手段を使ってユーゴに譲歩を迫るNATO側の強硬姿勢を鮮明にした。《共同通信》

【東京都・青島幸男知事】退任会見「百点つけてやりたい」

任期満了を迎えた東京都の青島幸男知事は22日午後、都庁でお別れ会見し「生涯の中で(都知事という)大きな責任を果たせてもらったことは最大の誇り。自ら『良くやったね』と言ってやりたいし、100点をつけてやりたい」と述べた。《共同通信》

【小渕恵三首相】21世紀日本の構想懇談会に出席

22日、 「21世紀日本の構想懇談会」の第2回会合が官邸で開かれ、小渕首相が1月の施政方針演説で国政の基本として示した「21世紀への5つの架け橋」をもとに、5つの分科会が設置された。この日設置された5つの分科会は 1.世界に生きる日本、2.豊かさと活力、3.安心と潤いの生活、4.美しい国土と安全な社会、5.日本人の未来と名称がつけられ、懇談会メンバーを含めた10人程度でそれぞれが構成される。《首相官邸》

2000 平成12年4月22日(土)

平成4123日目

【森喜朗首相】太平洋・島サミットに出席


https://www.kantei.go.jp/

太平洋の16の国や地域を招いた「太平洋・島サミット」が22日、宮崎県宮崎市で開催された。森首相は、開会式で、「私たちのフロンティアへの旅立ち」と題する基調演説を行い、「若者」「海」「未来」をキーワードに「太平洋フロンティア外交」の推進を表明。「太平洋・島サミット」は首脳会議のあと、「太平洋・島サミット宮崎宣言」「太平洋環境声明」を採択して閉幕した。《首相官邸》

2001 平成13年4月22日(日)

平成4488日目

【李登輝氏】16年ぶりに来日

台湾の李登輝前総統(78)は22日午後6時15分、曽文恵夫人らとともに台北から関西空港に到着した。日本政府が、心臓病治療に限るという条件で入国査証(ビザ)を発行したことを受けての来日。

李氏を「台湾独立派のリーダーとみなす中国は、日本がビザを発給したことに猛反発しており、滞在中の李氏の言動次第では日中関係が深刻な危機に直面する可能性もある。李氏が日本を訪れるのは、副総統時代の1985年9月、中南米訪問の帰途に東京に立ち寄って以来約16年ぶり。《共同通信》

【自民党総裁選予備選】小泉純一郎前厚相が得票伸ばす

自民党総裁選は22日、小泉純一郎元厚相が予備選でさらに得票を伸ばし、新総裁に選出されることが確実となった。都道府県連の同日までの開票で小泉氏に対する党員の圧倒的な支持が明確になり、この事実を無視して他候補を選出できないとの判断が党内の大勢となっているためだ。

小泉氏は予備選の得票で120票台をうかがう勢い。24日の両院議員総会での本選挙は党所属国会議員と地方代表で行われ、小泉氏が新総裁に選出される運びだ。《共同通信》

2002 平成14年4月22日(月)

平成4853日目

【長嶋茂雄氏】野球日本代表強化本部長に就任

野球のプロ、アマ各団体の代表者で構成する全日本野球会議全体会議が22日、東京都内のホテルで開かれ、同野球会議の分科会に当たる日本代表編成委員会内に新設される強化本部長として、前巨人監督の長嶋茂雄氏(66)の就任を正式発表した。同氏は全日本野球会議の顧問にも就いた。《共同通信》

【新・首相官邸】開館披露式典

4月22日のできごと(何の日)【新・首相官邸】開館披露式典
https://www.kantei.go.jp/

約73年ぶりに建て替えられた新首相官邸の開館披露式典が22日午前、小泉純一郎首相や中曽根康弘、宮澤喜一、村山富市各氏など歴代首相らが出席して行われた。

式典は、5階建ての新官邸の3階にある玄関ホールで行われ、小泉首相らが開館のテープカット。外国要人の歓迎式典などに使われる2階の大ホールで祝宴を開いた。《共同通信》

2003 平成15年4月22日(火)

平成5218日目

【小泉純一郎首相】訪欧日程固まる

小泉純一郎首相の欧州5カ国訪問の主要日程が22日、各国との調整で固まった。26日から5月3日までの日程で英国、スペイン、フランス、ドイツ、ギリシャの順に訪問、イラク戦争後の復興支援に向けた国際協調体制の再構築を狙った首脳外交を展開し、亀裂が入っている米英とフランス、ドイツの関係の橋渡し役を目指す考えだ。《共同通信》

2004 平成16年4月22日(木)

平成5584日目

【北朝鮮列車爆発事故】

22日午後1時、北朝鮮・新義州から平壌側に50キロ離れた場所にある平安北道竜川郡竜川駅で大規模な爆発事故が発生、多数の人命被害が生じたと、中国国境都市・丹東の中国消息筋らが伝えた。

この日の事故は、金正日国防委員長が汽車でこの駅を通過してから約9時間後に発生したもので、注目を集めている。

正確な事故原因や内容、具体的な人命被害は確認されていないが、丹東の中国人らは事故地域に住む親戚らの安否を憂慮していると、消息筋らは伝えた。《中央日報》

【小泉純一郎首相】イラク復興は国連主導で

小泉純一郎首相は22日午後、首相官邸で内閣記者会のインタビューに応じ、イラクの治安情勢の深刻化を踏まえ、復興や民主化プロセスを国連主導で進めるよう米国への働き掛けを強めていく意向を明らかにした。《共同通信》

2005 平成17年4月22日(金)

平成5949日目

【小泉純一郎首相】アジア・アフリカ会議で演説


https://www.kantei.go.jp/

小泉純一郎首相は22日、ジャカルタで開幕したアジア・アフリカ会議(バンドン会議)50周年記念首脳会議で演説した。冒頭、歴史認識に触れ、戦後50年(1995年)の村山富市首相談話を踏襲し、過去の植民地支配と侵略に対する「痛切なる反省と心からのおわびの気持ち」を表明、日本が今後も「平和国家」として歩んでいく姿勢を強調した。《共同通信》

【ポール牧さん】死去

指パッチン芸で一世を風靡したタレントのポール牧さん(63)が22日午前5時前、東京・新宿のマンション前で倒れているのが発見され、間もなく死亡が確認された。警視庁は自室の9階ベランダから飛び降り自殺したとみている。遺書はないが、最近は仕事を求め、うつ病にも悩んでいたという。《日刊スポーツ》

2006 平成18年4月22日(土)

平成6314日目

【三遊亭円楽さん】「笑点」降板を発表

日本テレビ系の人気演芸番組「笑点」の司会を23年間務めてきた落語家の三遊亭円楽さん(73)が22日、東京都内で記者会見し、体調不良のため5月14日放送の番組40周年特番を最後に降板することを明らかにした。後任は同番組レギュラーの桂歌丸さん(69)が務める。

円楽さんは1966年の番組開始当時から人気コーナー「大喜利」のメンバーとして出演。一時、番組から離れたが、急逝した司会者の三波伸介さんの後任として83年に復帰した。

昨年10月に脳梗塞で入院。今年3月に番組の案内役として復帰したが、「大喜利」の司会は歌丸さんらが代行していた。《共同通信》

2007 平成19年4月22日(日)

平成6679日目

【スコットランドプレミアリーグ】中村俊輔選手、MVP受賞

サッカーのスコットランド・プレミアリーグで2連覇したセルティックの日本代表MF中村俊輔(28)が22日、スコットランド・プロ選手協会が選ぶ今季の年間最優秀選手に輝いた。欧州主要リーグ所属の日本選手が年間最優秀選手に選出されるのは初めて。同賞は選手投票によるもので、スコットランドには記者協会選出の年間最優秀選手賞もある。中村は今季リーグ戦でここまで全34試合に先発して9得点するなど活躍し、チームを2連覇に導いた。《共同通信》

【安倍晋三首相】拉致解決協力を米大統領に要請へ

安倍晋三首相は22日午後、拉致被害者家族会代表の横田滋さんらと都内のホテルで昼食会を開き、冒頭のあいさつで「皆さんの平和で穏やかな日々を取り戻すことが私の責任であり使命だ。拉致問題は国際的に連携して取り組まなければならない。訪米で拉致問題の解決の重要性についてブッシュ大統領と話したいと思う」と表明した。《共同通信》

2008 平成20年4月22日(火)

平成7045日目

【光市母子殺害事件】広島高裁、元少年に死刑判決

1999年4月、山口県光市の会社員本村洋さん(32)方で、妻の弥生さん(当時23歳)と夕夏ちゃん(同11か月)が殺害された事件で、殺人、強姦致死などの罪に問われた元会社員(27)(犯行時18歳1か月)の差し戻し控訴審判決が22日、広島高裁であった。楢崎康英裁判長は「死刑を回避すべき事情は認められない」と述べ、無期懲役の1審・山口地裁判決を破棄、求刑通り死刑を言い渡した。元会社員側は上告した。《読売新聞》

【福田康夫首相】「税制法案」30日に再議決へ

福田康夫首相は22日午後、自民党の伊吹文明幹事長、町村信孝官房長官と官邸で会談し、揮発油税の暫定税率維持などを盛り込んだ税制改正法案に関する与野党修正協議がまとまらない場合は、今月30日に衆院で再議決して成立させる方針を確認した。

同時に、道路特定財源を2009年度から全額一般財源化することなどを柱とした「政府与党決定」を堅持することで一致。再議決を機に、この実現に取り組む首相の決意を記者会見などで明らかにすることも決めた。《共同通信》

2009 平成21年4月22日(水)

平成7410日目

【相撲協会】力士ら103人に尿検査を実施

日本相撲協会は22日、東京・両国国技館で大麻や違法薬物の使用をチェックする「抜き打ち尿検査」を実施した。対象となったのは武蔵川部屋など5部屋で、武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)は自ら1番手で検査を受けた。横綱朝青龍(28=高砂)は、手続きの面で、前回(昨年9月2日)の検査より厳格化された今回の検査を評価。一方で前夜に医薬品を服したことが、検査結果に影響しないか不安も口にした。《日刊スポーツ》

【河村建夫官房長官】解散総選挙は都議選との近接回避

河村建夫官房長官は22日、都内で講演し、衆院解散・総選挙の時期について、公明党の意向に配慮して7月12日投開票の東京都議選との近接は避けざるを得ないとの考えを示した。

野党はこれに「党利戦略だ」(民主党・鳩山由紀夫幹事長)と強く反発。自民党内は解散のフリーハンドを維持するためにできない麻生太郎首相との「役割分担」との見方も出た。《共同通信》

2010 平成22年4月22日(木)

平成7775日目

【自民党・舛添要一氏】離党届提出


https://www.youtube.com/

自民党の舛添要一前厚生労働相は22日午後に自民党本部に離党届を提出。改革クラブの渡辺秀央、荒井広幸両氏らを加えた結党メンバー6人は同日午後に協議し、基本政策の最終調整に入る。

舛添氏は同日午前、国会内で記者団に結党メンバーに改革クの渡辺、荒井両氏と矢野氏が参加することを明らかにした。このほか、改革クの山内俊夫氏とすでに自民党に離党届を提出した小池正勝氏が結党メンバーに名を連ねる見通しだ。《日経新聞》

【鳩山由紀夫首相】普天間「代替施設なき返還は現実的に不可能だ」

鳩山由紀夫首相は22日の衆院本会議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり「代替施設なき返還は現実的に不可能だ」と述べ、地元負担の軽減に向けた海兵隊ヘリコプター部隊の一部訓練移転などにとどまらず、あくまで代替施設の確保を目指す考えを表明した。《共同通信》

2011 平成23年4月22日(金)

平成8140日目

【東電・清水正孝社長】福島県の避難所を訪問

「いつ戻れるのか」「社長もここに住んでみろ」。

福島県内の避難所を謝罪のために訪れた東京電力の清水正孝社長は22日、避難者から厳しい言葉を浴びせられた。避難所の訪問は、福島第一原発の事故後、初めて。清水社長は終始うつむき、目を伏せたままだった。

同県富岡町と川内村の両役場が置かれ、約2000人が生活する「ビッグパレットふくしま」(郡山市)。清水社長が「一日も早く古里へ戻れるよう全力を尽くしたい」と述べると、遠藤勝也・富岡町長は「住民は避難生活に疲れ、気力も体力もなくしている」と窮状を語り、遠藤雄幸・川内村長も「住む人の将来や運命、地域の有り様まで変わってしまった。長期化すれば地域が崩壊する」と訴えた。《読売新聞》

【菅直人首相】自公に「復興実施本部」参加を呼びかけ

4月22日のできごと(何の日)【菅直人首相】自公に「復興実施本部」参加を呼びかけ
https://www.kantei.go.jp/

菅直人首相は22日の記者会見で、国民新党の亀井静香代表が提唱する「復興実施本部」の設置を支持したうえで「自民、公明両党の協力が不可欠だ」との考えを表明した。

与野党の党首級が参加する亀井氏の案は、首相と全閣僚による「復興対策本部」を設置する政府の「復興基本法案」とは似て非なるもの。民主党幹部も寝耳に水で、今後の与野党調整は混乱する可能性がある。

「亀井氏が努力している」。首相は記者会見で「復興実施本部」構想を掲げて野党各党と調整を進める亀井氏を評価した。《日経新聞》

2012 平成24年4月22日(日)

平成8506日目

【三井化学岩国大竹工場爆発事故】


https://www.youtube.com/

22日午前2時15分ごろ、山口県和木町和木6の1の2、三井化学岩国大竹工場のプラントで爆発を伴う火災が発生、延焼している。山口県警岩国署によると、工場内にいた社員や隣接する工場の作業員ら計12人が巻き込まれ、三井化学社員Aさん(22)=和木町=が死亡、11人が重軽傷を負った。

爆発は数回確認されている。木材やタイヤなどの接着剤を作るプラントで不具合があり、停止作業中に爆発が起きたとみられる。現時点で有毒ガスなどの発生は確認されていない。《共同通信》

【自民党・茂木敏充政調会長】2閣僚の更迭を要求

自民党の茂木敏充政調会長は22日のNHK番組で、参院の問責決議を受けた前田武志国土交通相と田中直紀防衛相について「資質に欠ける。このままでは(国会)審議は進まず、辞めてもらうしかない」と改めて更迭を求めた。

公明党など他の野党も同調したが、民主党の前原誠司政調会長は「職責を全うしてもらいたい」と交代の必要はないとの考えを示した。《日経新聞》

2013 平成25年4月22日(月)

平成8871日目

【プレミアリーグ】マンチェスター・ユナイテッドが20度目の優勝

サッカーのイングランド・プレミアリーグで日本代表MF香川真司(24)が今季加入したマンチェスター・ユナイテッドが22日、リーグ最多を更新する20度目の優勝を2シーズンぶりに決めた。同日、英マンチェスターで行われたホームのアストンビラ戦で3―0と快勝。ファンペルシーが前半だけで3点を奪い、香川はフル出場して得点にも絡んだ。

勝ち点を84とし、68の2位マンチェスター・シティーが残り5戦で全勝しても届かない。昨シーズンまでドルトムントでドイツ1部リーグ2連覇に貢献した香川は、これで3季連続でのリーグ制覇となった。《共同通信》

【安倍晋三首相】「村山談話」そのまま継承せず

安倍晋三首相は22日の参院予算委員会で、戦後50年を機に過去の植民地支配と侵略を謝罪した1996年の村山富市首相(当時)の談話について「安倍内閣としてそのまま継承しているわけではない」と述べた。

「戦後70年を迎えた段階で安倍政権として、アジアに向けた未来志向の談話を出したい」と語り、2015年に新たな談話を発表する考えを示した。《日経新聞》

2014 平成26年4月22日(火)

平成9236日目

【ゴルフ・横峯さくら選手】ご結婚

人気女子プロゴルファーの横峯さくら(28)が22日、結婚したことを自身のブログで明かした。お相手は昨年から横峯がツアーに帯同しているメンタルトレーナーの森川陽太郎氏(33)。2年半の交際を経て、同日に婚姻届を提出した。横峯は今後も試合に出場する予定で、最愛の人と公私ともに支え合いながらツアーを戦っていく。《スポニチ》

【安倍晋三首相】東京五輪「活力の弾みに」

政府は22日午前、首相官邸で2020年の東京五輪・パラリンピックに関する閣僚会議の初会合を開いた。会議には全閣僚が出席した。安倍晋三首相はあいさつで「日本全体の祭典として我が国が活力を取り戻す弾みとなる」と意義を強調した。

そのうえで「東日本大震災の被災地の復興を加速し、その姿を世界に発信していきたい」と意気込みを語った。《毎日新聞》

2015 平成27年4月22日(水)

平成9601日目

【首相官邸ドローン落下事件】

22日午前10時20分ごろ、東京都千代田区の首相官邸の屋上に小型無人飛行機(ドローン)が落ちているのを官邸職員が見つけた。機体の上部には液体の入った茶色いプラスチック容器(直径約3センチ、高さ約10センチ)のようなものが取り付けてあり、放射線が検出された。警視庁は威力業務妨害などの疑いで捜査を始めた。《朝日新聞》

【安倍晋三首相】中国・習近平国家主席と会談

安倍晋三首相は22日夕、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)の60周年記念首脳会議が開かれているインドネシアで、中国の習近平国家主席と会談した。両首脳の会談は5カ月ぶり。習氏は「日本との対話を強化し、信頼を増加して相互の疑念を解いていきたい」と強調。首相は「さまざまなレベルでの対話と交流を深めて関係を発展させる」と語った。《日経新聞》

2016 平成28年4月22日(金)

平成9967日目

【国産ステルス機・X2】初飛行

国産のステルス戦闘機開発に向け、三菱重工業などが製造したステルス実証機「X2」が22日午前、愛知県営名古屋空港(同県豊山町)を離陸し、初飛行した。約25分間飛行し、航空自衛隊岐阜基地(岐阜県各務原市)に着陸した。ステルス機はレーダーに探知されにくいことが最大の特長で、防衛省は今後、X2の実験データを基にス­テルス性や運動能力を検証し、次期戦闘機開発に生かす。

機体は全長14.2メートル、全幅9.1メートル、全高4.5メートルで、実証機のため通常の戦闘機より一回り小さい。X2はこれまで9回の地上滑走試験を実施していた。20日に初飛行の予定だったが、天候条件を理由に延期していた。《時事通信》

2017 平成29年4月22日(土)

平成10332日目

【フィギュア・世界国別対抗戦】日本が3大会ぶりの優勝

フィギュアスケートの世界国別対抗戦最終日は22日、東京・国立代々木競技場で行われ、女子フリーで四大陸選手権女王の17歳、三原舞依が世界歴代4位となる日本歴代最高の146・17点で2位、16歳の樋口新葉が145・30点で3位となるなど、日本はチーム得点を109点に伸ばし、3大会ぶり2度目の優勝を果たした。

女子フリー1位で自身の世界歴代最高を塗り替える160・46点を出したエフゲニア・メドベージェワらを擁したロシアが105点で2位。メドベージェワは20日のショートプログラム(SP)と合計した得点も241・31点で自身の世界歴代最高を更新した。《共同通信》

2018 平成30年4月22日(日)

平成10697日目

【北朝鮮による日本人拉致問題】国民大集会

北朝鮮による拉致問題の解決を求める「国民大集会」が22日、東京都内であり、被害者の田口八重子さん(失踪当時22)の兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(79)は、トランプ米大統領が米朝首脳会談で拉致問題を取り上げると約束したことを「千載一遇のチャンスだ。秋ごろにはいい話が出てくると期待している」と帰国の実現を願った。

横田めぐみさん(同13)の母、早紀江さん(82)は「子供たちが日本に帰ってきて当たり前の生活ができる日が来ることを祈っている」と話した。《共同通信》

2019 平成31年4月22日(月)

平成11062日目

【堺市・竹山修身市長】辞職願提出

政治資金収支報告書の記載漏れが発覚していた堺市の竹山修身市長(68)が、市政を混乱させた責任を取るとして、22日午後、辞職願を市議会議長に提出した。

竹山氏の収支報告書を巡っては、2月に自らの後援会の報告書に記載漏れが発覚。以後も次々と記載漏れが見つかったほか、支出の二重計上なども判明した。後援会など関連3団体での収支の記載漏れ総額は、2億3307万円に上っていた。《読売新聞》

2020 令和2年4月22日(水)

令和358日目

【COVID-19】専門家会議「人の接触、8割削減できていない」

新型コロナウイルス対策を検討する専門家会議は22日、感染拡大を防ぐため、大型連休中は自宅で過ごすとともに、人の集まりがちなスーパーや商店街では混雑時に入場制限をすることを求めた新たな提言を発表した。尾身茂副座長は記者会見で「(人との)接触の8割削減が達成できているとは言えない」とし、さらなる工夫や努力が必要との見解を示した。

宣言後、4月18日時点で都内の主要な駅では人の数が7~9割程度減少。娯楽施設の利用も都市部を中心に減った。一方で、公園の利用者は増える傾向にあり、尾身氏は「注意して利用しないといけない」と指摘した。《共同通信》

【COVID-19】国内感染者1万1830人に

国内で新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。各自治体などによると、22日は午後10時までに447人の感染が確認された。国内で確認された感染者の累計は46都道府県で1万1830人に上る。死者は13人増えて計296人となった。このほか、海外から入国して空港検疫で確認されたのは計131人(22日正午現在)。「密閉」「密集」「密接」の回避など、一人ひとりの感染防止の取り組みが重要となる。

厚生労働省は22日、新型コロナウイルスの退院患者数について、同省が確認中の人数を含める方式に変更して公表した。22日は確認中の616人を含め684人の増加となり、退院患者は2023人となった。《日経新聞》



→4月23日のできごと

4月のできごと

←4月21日のできごと