平成7503日目

平成21年7月24日(金)

2009/07/24

【プロ野球オールスターゲーム第1戦】全セ10-8全パ

プロ野球マツダオールスターゲーム第1戦は24日、札幌ドームで行われ、全セが10―8で接戦を制した。最優秀選手(MVP)には青木(ヤクルト)が選ばれた。通算成績は全セの69勝74敗8分け。

全セは5点を追う八回に4長短打などで1点差に詰め寄り、九回無死一塁で青木が右越え本塁打して逆転した。三浦(横浜)が八回から2イニングを無失点で切り抜け、反撃を封じた。全パは先発のダルビッシュ(日本ハム)が右肩に打球を受けて1回で降板。攻守に好プレーがあったが、リードを守れなかった。

第2戦は25日に広島市のマツダスタジアムで行われ、全セは大竹(広島)、全パは涌井(西武)が先発する。《スポニチ》




【静岡県浜松市】ネットに自身の「裸画像」女性職員を停職処分

浜松市は24日、動画カメラでインターネットのチャットサイトに自分の裸の映像を送って、男性会員らから計約208万円の報酬を受け取り、地方公務員法に違反したとして、同市の区役所に勤める女性主任(32)を停職6カ月の懲戒処分にした。市は「主任の行為は地方公務員法の兼業禁止に違反し、信用と品位をおとしめたと判断した」としている。

市によると、主任は2007年3~9月と今年3~6月に、会員制のアダルト系チャットサイトに偽名で登録。チャット上で男性会員らが求めるのに応じ、パソコンに取り付けた動画カメラ前で服や下着を脱ぐなどのみだらな行為をした。

主任は相手が1人のときは1時間4500円、複数の場合は1人当たり1時間1800円を受け取っていたという。主任はチャットを通じて知り合った男性と交際し、市職員であることを打ち明けた。昨年12月、別れた男性が浜松市に連絡して発覚した。《共同通信》

【自民党・細田博之幹事長】マスコミ報道に怒り

自民党の細田博之幹事長は24日、報道各社のインタビューで、麻生太郎首相の言動や党内の混乱を取り上げたマスコミ報道に関連し「(首相が見送った)役員人事だろうが、閣僚人事だろうが、どうでもいいことだが、その方がみんな面白いんだから。国民の程度なのかもしれない」などと述べ、怒りをあらわにした。

いら立ちを爆発させたようだが、国民の政治意思は低いと指摘したとも受け取れるだけに、終了後「誤解を招く発言だった。謝罪します」と述べ、発言を撤回した。《福井新聞》

【麻生太郎首相】3日連続の団体回り

「政権交代の先には混乱しかなく、景気も後退する」。麻生太郎首相(自民党総裁)は24日、日本土木工業協会や全国不動産政治連盟など5団体を訪問し、衆院選での自民党支持を訴えた。首相の業界団体回りは3日連続。来週からは細田博之幹事長らも団体回りを始める予定で、党を挙げての組織票固めを急ぐ。

土工協の中村満義会長は首相との会談後、記者会見し「政策全体をみて自民党を応援する。景気対策では本来やるべきことをやっており、無駄ではない」と述べた。《日経新聞》

7月24日のできごと