平成7293日目

平成20年12月26日(金)

2008/12/26

【名古屋鉄道】「7000系電車」定期運転終了

日本初の前面展望車両として知られる名古屋鉄道の7000系パノラマカーが、車両老朽化で26日の運行を最後に定期運行から外れることになり、名古屋市の神宮前駅で多くの鉄道ファンや市民が最終電車を見送った。

パノラマカーは最前部の2階に運転席、1階に座席を置いた画期的なデザインで1961年にデビュー。正面の窓から進行方向の風景を楽しめるため、47年間にわたり多くの鉄道ファンに愛された。

4両編成の最終電車は満員。約400人が待ち構える神宮前に到着すると、一斉にカメラのフラッシュがたかれ、ホームは「ありがとう」と叫ぶ声や拍手に包まれた。《共同通信》

【麻生太郎首相】景気対策最優先を強調

自民党は26日、麻生太郎首相(党総裁)が出席し、全国幹事長・政調会長会議を都内のホテルで開いた。首相はあいさつで「世界中の経済不況の津波の外にいるわけではない。どう対応するかが問われている。不況から最初に脱出して、先頭に立つための予算、政策を果敢に実行したい」と述べ、最優先で景気対策に取り組む姿勢を強調した。

細田博之幹事長は「一致結束して難局を乗り越え、選挙で堂々たる勝利を収めるのがわれわれの目的だ」と指摘。古賀誠選対委員長は「自民党は結党以来の逆風だ。わが党の統治責任に対する国民の不安と不信を招いている。党本部と都道府県連は結束すべきだ」と呼び掛けた。《共同通信》

12月26日のできごと