平成5537日目

2004/03/06

【サッカー・ゼロックス杯】ジュビロ磐田が2年連続3度目の優勝

サッカーJリーグの幕開けを告げるゼロックス・スーパーカップは6日、東京・国立競技場で昨季の天皇杯全日本選手権覇者ジュビロ磐田とJリーグ王者の横浜F・マリノスが対戦、磐田が1−1からのPK戦を4−2で制した。2年連続3度目の優勝。

磐田が1−1からのPK戦に4−2で勝った。1点を追う磐田は後半40分、攻め上がった鈴木のパスを受けたグラウがDF1人をかわしてシュート気味に折り返し、GKの前に走り込んだ福西が合わせて同点ゴールを奪った。横浜Mは後半19分に奥がPKを決めて先制したが、攻撃の連携はいまひとつだった。

PK戦で磐田は、GK佐藤が後げり横浜Mの3番手、久保のキックをストップ。4、5番手のキッカー名波と服部がきっちり決めた。《福井新聞》

広告




【ボクシング・トリプル世界戦】戸高秀樹選手、初防衛ならず

ボクシングのトリプル世界タイトルマッチ各12回戦はさいたまスーパーアリーナで行われ、世界ボクシング協会(WBA)バンタム級暫定王者の戸高秀樹(緑)はフリオ・サラテ(メキシコ)に1−2の判定で破れ初防衛に失敗した。戸高はサラテのフットワークを使ったボクシングに自慢の強打を封じられた。

世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級1位の西岡利晃(帝拳)はチャンピオンのウィラポン・ナコンルアンプロモーション(タイ)に0−3の判定で敗れ、王座奪取はならなかった。西岡は4度目の世界挑戦に失敗。ウィラポンは12度目の防衛に成功した。

WBCスーパーバンタム級タイトルマッチでも、挑戦者の仲里繁(沖縄ワールドリング)が王者オスカー・ラリオス(メキシコ)に0−3で判定負けした。ラリオスは6度目の防衛を果たした。《福井新聞》

3月6日/のできごと