平成5536日目

2004/03/05

【サッカー五輪アジア予選】日本2−0UAE

サッカーのアテネ五輪アジア最終予選B組1回戦で5日、日本はアブダビで最終戦となる第3戦でアラブ首長国連邦(UAE)を2−0で下した。日本は2勝1分けの勝ち点7で首位に立って前半戦を折り返し、3大会連続の五輪出場に前進した。UAEは2勝1敗の勝ち点6で2位。

日本はUAEの速攻に苦しみ、前半途中からピンチの連続だった。しかし、後半は次第に主導権を握り、疲労で相手の足が止まった後半40分に、田中達也(浦和)のドリブル突破から途中出場の高松大樹(大分)が待望の先制点。2分後には田中達が追加点を挙げた。《共同通信》

広告




【長嶋茂雄氏】中程度の脳梗塞

プロ野球巨人の長嶋茂雄元監督(68)が緊急入院した東京女子医大病院の内山真一郎教授(神経内科)は5日、東京都新宿区の同大弥生記念講堂で会見し「中程度の脳梗塞と思われる画像診断があり、右半身に軽いまひがある」と発表した。

心臓の左心房に血栓ができ、血管を通って左大脳でつまったとみられる。意識はあり、話にも応じているという。《福井新聞》

【2004年度予算案】衆院を通過

一般会計総額82兆1109億円の2004年度予算案は5日午後の衆院本会議で、与党などの賛成多数により可決、直ちに参院へ送付された。審議が順調に推移すれば3月中に「年度内成立」する見通しとなった。

これを受けて政府、与党は年金制度改革、道路公団民営化などの重要法案の成立を目指し全力を挙げる。野党は対決姿勢を強める構えで、7月の参院選をにらみ攻防が激化しそうだ。政府、与党は6月16日までの会期は延長しない方針。《福井新聞》

3月5日/のできごと