平成5538日目

2004/03/07

【ゴルフ・宮里藍選手】プロ初優勝

女子プロゴルフの今季開幕戦、ダイキンオーキッドレディースの最終日が7日、沖縄・琉球ゴルフ倶楽部(6338ヤード、パー72)であり、昨年10月にプロ転向した18歳の宮里藍が、通算10アンダーでプロ入り後初となるツアー優勝を果たした。プロ4試合目での日本選手の優勝は、ツアー史上最速。

宮里藍は昨年9月のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンで30年ぶりのアマ優勝を果たして以来、ツアー2勝目。

単独首位でスタートした宮里藍は、4バーディー、2ボギーの70で回り、追い上げる肥後かおりらを抑えて逃げ切った。《朝日新聞》

広告




【愛知県警】秘書給与詐取、前衆院議員逮捕

愛知県警捜査2課は7日、公設第2秘書の採用を装って国からの秘書給与をだまし取ったとして、詐欺の疑いで前衆院議員佐藤観樹容疑者(62)=民主党を除名=ら3人を逮捕した。国会議員の秘書給与詐取事件は、故中島洋次郎、山本譲司、坂井隆憲、辻元清美の各議員に続いて5件目。

自治相や全国警察を統括する国家公安委員長などの要職を歴任したベテラン政治家の逮捕は、公設秘書制度の在り方を揺るがし、政治とカネの問題をあらためて提起しそうだ。

佐藤容疑者は出頭に先立って愛知県庁で会見。詐取の意思は毛頭なかった」と釈明したが、結果として秘書給与のほとんど全額が事務所経費に使われていたことを認め、謝罪。問題の給与を衆院に返納する考えを明らかにした。《共同通信》

【民主党・菅直人代表】「心からおわび」

民主党の菅直人代表は7日午後、佐藤観樹前衆院議員の逮捕に関し「国民に心からおわび申し上げたい。同じことが起きないよう(党所属の)全国会議員に自覚を促したい」と陳謝した。《福井新聞》

【公明党・神崎武法代表】民主党を批判

公明党の神崎武法代表は7日、青森県弘前市内で開かれた同党の会合で、佐藤観樹前衆院議員が秘書給与をめぐる詐欺容疑で逮捕されたことを受け「自治大臣・国家公安委員長も経験したベテラン議員が逮捕されたことは、国民の政治不信を増大させ、誠に遺憾だ」と述べた。

神崎代表はさらに「問題は民主党にある。先に山本譲司元衆院議員が同じ秘書給与(詐取)事件で逮捕された。一度逮捕者を出せば、二度とこういう事態が生じないよう徹底的に党内を調査し、再発防止策を取るべきだった」と批判。「与野党一致して秘書給与問題について、この国会で再発防止の一定の結論を出さなくてはいけないと思っている」と述べた。《共同通信》

3月7日/のできごと