平成5533日目

2004/03/02

【鳥インフルエンザ問題】浅田農産社長が謝罪会見

高病原性鳥インフルエンザ感染が確認された京都府丹波町の養鶏場「船井農場」を経営する「浅田農産」(兵庫県姫路市)のA社長(41)らが2日、姫路市の同社で記者会見し「農場で飼育しているすべての鶏の出荷を計画したが、大量死とは一切関係ない」と説明した。

A社長は、陽性反応が出る前の2月23日ごろ、取引先の食鳥加工会社「アリノベ」(兵庫県中町)に出荷計画を持ちかけたことを認めた上で「卵の価格が安いので昨年夏から生産調整のため減産しようと計画していた。(2月20日から始まった)大量死とは一切関係ない」と話した。

アリノベ側は「大量死を知り、出荷を延長したかったのでは」(有延秀棋専務)と指摘していた。《福井新聞》

広告




【小泉純一郎首相】参院選後の内閣改造を示唆

小泉純一郎首相は2日昼、持論の郵政3事業の民営化に取り組むため郵政改革担当相を新設する考えを明言した。時期については夏ごろとしており、7月11日投開票予定の参院選後の内閣改造を念頭に置いていることを示唆した。《福井新聞》

3月2日/のできごと