平成7278日目

平成20年12月11日(木)

2008/12/11

【民主党・石井一副代表】「公明党はカルトの命令下」

民主党の石井一副代表は11日朝、東京・丸の内のパレスホテルで講演し、「公明党なんて政党はない。創価学会です。創価学会が逃げたら誰一人(公明党の立候補者は選挙で)通らない。ぜんぶ後ろのカルト集団の命令下でやっている」と述べ、公明党の支持母体の創価学会をカルト集団と称しながら、公明党批判を展開した。

また、「自民党は公明党を政権に引っ張り込み、公明党の票で生き延びている。創価学会が政権を振り回してきている。これに文句を言うのは当たり前だ」と強調した。

石井氏は10月にもテレビ番組で公明党を「ばい菌みたいなもの」と批判した。《産経新聞》

【麻生太郎首相】「ていまいしている」

麻生太郎首相は11日の参院財政金融委員会で、景気の現状認識をめぐり「低迷している」を「ていまいしている」と言い間違い、やじをとばした野党議員とやり合う一幕があった。

首相はすぐに気付き、「ていめい」と言い直したが、野党席からやじと笑い声があがり「ていめいと言ったじゃないか。こういうやじしか出なくなったら悲しい。もうちょっとレベルのたけぇ(高い)やじが聞こえねえかと思わないではない」とべらんめえ調で応戦した。《共同通信》

【競泳・柴田亜衣選手】引退会見

アテネ五輪の競泳女子800メートル自由形で金メダルを獲得した柴田亜衣選手(26)が11日、東京都内で記者会見し、体力の衰えと腰痛などの故障により「体が悲鳴を上げ、限界になったのかなと思うことがあった。今まで以上の自分にはなれない」と述べ、今季限りの引退を正式に表明した。

鹿屋体大4年だった2004年にアテネ五輪に出場。無名の存在ながら800メートル自由形決勝はラストスパートで逆転優勝し、五輪の日本女子自由形選手として史上初の金メダルに輝いた。《共同通信》

12月11日のできごと