平成5964日目

2005/05/07

【山崎拓首相補佐官】秋に内閣改造の可能性

山崎拓首相補佐官は7日午後、北京市内で同行記者団と懇談し、小泉純一郎首相が外交、改革課題に取り組むため、今秋に内閣改造に踏み切る可能性があるとの見方を示した。

山崎氏は、郵政民営化関連法案が今国会で成立した後の首相の政権運営について「小泉政権の仕上げとして、残されたテーマについて『これとこれをやる』と天下に明言して進む。そのために必要な人事を行うことはあり得る」と述べた。《共同通信》



【尼崎JR脱線事故】事故後の宴会「中止しよう」は8人

尼崎JR脱線事故を知りながらJR西日本の社員延べ185人がゴルフコンペや宴会に参加していた問題で、同社は7日、開催をやめようと声を上げた社員が8人しかいなかったことを明らかにした。

同社の内部調査によると、事故が起きた4月25日から30日までに開かれたゴルフコンペや送別会など計18件のうち、開催中止の声が出たのは事故現場を管轄する大阪支社と、神戸支社の日帰り旅行など計4件だったという。《共同通信》



5月7日のできごと