平成5365日目

2003/09/16

【名古屋立てこもり放火事件】

16日午前10時ごろ、名古屋市東区東大曽根町本通7丁目のビル4階にある宅配会社「軽急便」(本社・名古屋市中区)の名古屋支店名古屋営業所に男が押し入った。ガソリンとみられる液体を床などにまき、包丁を持って男性社員8人を人質にとって立てこもった。

7人を解放した直後の午後1時10分ごろ、4階は爆発音とともに炎上。この男と同支店長、警察官1人の計3人が死亡した。ビル周辺も含め、負傷者は少なくとも41人。このうち警察官3人が重傷を負った。愛知県警は放火と殺人の容疑で東署に捜査本部を設置、男と同社の間のトラブルが背景にあったとみて調べている。

死亡したのは、押し入ったA容疑者(52)=同市中川区=と、B支店長(41)=愛知県西枇杷島町=、同営業所の入り口近くにいた県警機動捜査隊のC巡査長(31)。宅配会社側は同夜、記者会見し、A容疑者との間で仕事の配分などをめぐってトラブルがあったことを明らかにした。同社によると、同社では個人向けに配達を請け負う独立開業オーナーを募集。A容疑者もその1人で今年1月から同社と契約していた。

同社の説明によると、同容疑者は「仕事が定期的に回ってこない」などと、所属の営業所長にたびたび不満を漏らしていた。その一方で、依頼された荷物の受取時間に遅刻したり、休日を理由に仕事を断ったりすることが数回あった。「対応が悪い」と客からの苦情も寄せられ、仕事の依頼は徐々に減っていたという。《朝日新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【拉致被害者・地村保志さん】「子供の帰国、早く」

日朝首脳会談で北朝鮮が拉致を認めてから9月17日で丸一年になるのを前に、小浜市の拉致被害者、地村保志さん(48)は16日、同市役所で会見した。「6カ国協議以降、日朝間で交渉の進展がないことに強い不満を持っている」とした上で「子供たちが一日でも早く帰ってこれるよう強く望みたい」と、あらためて日本政府の外交努力を求めた。《福井新聞》

【この日の民主党】

「今秋解散に向け、最終的準備を急ぐ」菅代表

民主党の菅直人代表は16日、定例の記者会見で、自民党から「9月26日臨時国会召集、10月10日解散、11月9日総選挙」といったスケジュール案が流されていることについて触れ、「テロ特措法に基づく活動の効果など実態を把握した上で、代表質問や予算委員会でしっかり議論したい」として臨時国会の「短期決着」論にクギを刺した。また同時に、首相の専権事項に属する衆議院の解散がこの時期に強行されることも予想されるとし、「自由党との合併の仕上げと選挙の最終的準備を急ぐ」と述べた。《民主党ニュース》



9月16日 その日のできごと(何の日)