平成4361日目

2000/12/16

【新庄剛志外野手】メッツ・バレンタイン監督と対面

米大リーグ、メッツ入りする新庄剛志外野手が16日、東京都江東区の東京国際展示場で来日中のバレンタイン監督と初対面。2人並んだ会見の席上で「SHINJO」の文字が入った背番号5のユニホームを手渡された新庄は「目の前に監督がいて、背番号5のユニホームがあって、興奮して何と言っていいのか」と感激の面持ちだった。

ニューヨークでの正式契約のために渡米のこの日、出発便を遅らせてあいさつに訪れた新庄に、バレンタイン監督が初めて掛けた言葉は「大リーグに挑戦する上で最も大事なことは、自分の能力を信じること」だったという。

それにこたえるように、新庄は「アピールしたいところは、常に全力でやっているプレー。一生懸命アピールして一日でも早く試合に出してもらって、レギュラー目指して頑張りたい」と闘志をみなぎらせた。

バレンタイン監督は、オープン戦では、ほかの大リーガーと同じように起用することを明言。打順については「阪神では四番を打っていたようだが、来年はピアザに四番を打たそうと思っている。一番か二番か三番を試してみようと思う」と、期待を寄せた。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【卓球・全日本選手権】第5日

卓球の全日本選手権第5日は16日、名古屋市総合体育館で行われ、女子シングルス決勝で小山ちれ(池田銀行)が羽佳純子(サンリツ)を3−2で下し2連覇。星野美香の7度を抜き、女子史上最多となる8度目の優勝を果たした。

男子ダブルスは鬼頭明、野平直孝組(健勝苑)が、過去6度優勝の渋谷浩(日産自動車)松下浩二(ミキハウス)組を2−1で破り、初優勝した。男子シングルスは6回戦まで終了し、昨年優勝の渋谷が5回戦で敗れる波乱があった。

ジュニアは男子が高木和健一(青森・青森山田高)、女子は平野早矢香(宮城・仙台育英高)が優勝した。《共同通信》

【東京都渋谷区】17歳、バットで通行人襲う

16日午後9時5分ごろ、東京都渋谷区のJR渋谷駅東口付近で、金属バットを持った少年が通行人に次々に襲いかかった。女性7人と男性1人が病院に運ばれたが、東京都港区、A子さん(68)が頭の骨を折り重傷。少年は渋谷署員に取り押さえられ障害の現行犯で逮捕された。

調べでは、横浜市在住の私立高校2年生(17)。調べに対し「今日、お父さんとけんかして殴られた。頭に来てお父さんに恥をかかせようと思った。相手はだれでもよかった」などと供述しているが、言動に不自然な点があり、同署は刑事責任能力に問題がある可能性があるとみて慎重に調べている。

【民主党・横路孝弘副代表】「鳩山代表、退陣を」

民主党の横路孝弘副代表は16日午後、北海道函館市で開かれた民主党有志議員でつくる「21世紀の民主党を考える会」(衆参議員約30人)の会合で、憲法に集団的自衛権の明記を求めている鳩山由紀夫代表について「このまま発言を続けるなら参院選は戦えない。そうであれば代表の座を辞めてもらうしかない」と述べ、代表退陣を求めた。21日の同党の代表・副代表連絡会議で鳩山氏に直接伝える。

横路氏は会合後、要求が受け入れられなかった場合の離党、新党結成については「考えていない」と記者団に述べた。しかし次期参院選に向けて党の結束を強化し、森政権への対決姿勢を鮮明とした矢先に、公然と退陣論が噴き出したことで、鳩山氏の求心力低下は避けられず、厳しい党運営を迫られるのは必至だ。

鳩山氏は16日夜、都内で記者団に対し「憲法を議論するなら代表を辞めろというのは、副代表として言ってはならないことだ」と述べ、反発した。《共同通信》

【森喜朗首相】「森」は大事にしないと

森喜朗首相は16日午後、都内で開かれた地球環境に配慮した製品の展示会「エコプロダクツ2000」を川口順子環境庁長官と視察した。

家電メーカーの展示コーナーでは、省エネ度チェックに挑戦。洗濯の際に「ふろの水を使う」「洗剤はいつも同じ量を入れる」などの4つの質問に対し3問正解で75点を獲得した。説明員から「なかなかのもの。エネルギーや水を大切にしている」と持ち上げられにっこり。首相は視察後、記者団に「民間企業は進取の気持ちを持っている。民間企業の環境を整えるのがわれわれの仕事」とコメント。川口長官が「森をさらに緑にしないといけませんね」と話し掛けると「『森』を大事にしないといけませんよ。特に記者の皆さんは」と相変わらずの軽口が飛び出した。《共同通信》

【米・ブッシュ次期大統領】パウエル国務長官を指名

ブッシュ次期米大統領は自分の牧場があるテキサス州クロフォードで16日午後、次期政権の最初の閣僚人事としてコリン・パウエル元統合参謀本部議長(63)を国務長官に指名したと発表した。パウエル氏は「米国と世界の民主主義と自由に仕える機会を光栄に思う」と受諾の言葉を述べた。黒人が国務長官に指名されたのは初めて。

ブッシュ氏は次期政権の外交姿勢として日本など極東や欧州の同盟国との協力を強める方針を表明。中東和平交渉の進展、自由貿易の推進や大量破壊兵器の拡散防止への決意を示した。

ブッシュ氏は17日午後、大統領選の投票日以降初めて首都ワシントンに入る。《共同通信》



12月16日 その日のできごと(何の日)