平成5981日目

2005/05/24

【石津謙介さん】死去

人気ブランド「VAN」を創業して、50年代から70年代にかけて若者の間に「アイビールック」を大流行させた服飾デザイナー・評論家の石津謙介さんが、24日午前2時2分、肺炎で死去した。93歳だった。故人の遺志で献体し、葬儀は行わない。後日お別れの会を開く予定。

岡山市の古い紙問屋に生まれた。明治大学商科専門部卒業後、中国・天津で衣料会社に入った。帰国後、大阪レナウン研究室勤務を経て、51年大阪で男性衣料専門のヴァンヂャケット社を創業。55年東京へ進出、青山に本社を構え、デザイナー社長の草分けとして、若者ファッションの開拓者の役割を担った。

米国東部の大学群アイビーリーグの学生ファッションからヒントを得たブレザーやボタンダウンのシャツに白靴下の「アイビールック」は、東京・銀座に集まる「みゆき族」を生み出すなど、その後の若者風俗にも大きな影響を及ぼした。64年の東京オリンピックの選手団の制服デザインや「TPO」という造語を広めたことでも知られる。《朝日新聞》

【イカリソース】会社更生法適用申請

経営陣らが詐欺事件で逮捕されたソースメーカー大手のイカリソース(大阪市)は24日、大阪地裁に会社更生法の適用を申請した、と発表した。同社によると、負債総額は約54億円。業界大手のブルドックソースが資本、業務面で支援に乗り出す。《デイリースポーツ》

【プロ野球・楽天】48戦目で10勝到達(球団創設1年目・田尾安志監督)

楽天3−2中日◇24日◇ナゴヤドーム

情けないのは承知でも、1勝の喜びと大きさは12球団の中で一番だろう。楽天が48試合目で勝利数を「嬉し恥ずかし」の2けたに乗せた。

48試合目での10勝到達は1979年の西武の47試合を超えるパのワースト記録でもある。10勝目を挙げても戦力のひ弱さがすぐに改善されるわけではないが、楽天にとってまずはほっと一息の一夜となった。《福井新聞》

【中国外務省】副首相帰国は小泉首相「靖国発言」への対抗

中国外務省の孔泉報道局長は24日の記者会見で呉儀副首相が小泉純一郎首相との会談をキャンセルして帰国したのは「緊急の公務のため」としていた説明を翻し、首相が靖国神社参拝の継続を示したことなどで「会談に必要は雰囲気がなくなった」ことが理由であることを明らかにした。

会談中止が対抗措置であることを初めて明確にし、歴史問題で日本側に一切妥協しない姿勢をあらためて強調。中国が小泉首相に対し参拝中止の圧力を一層強め、対日強硬姿勢を強めるのは必至とみられる。《福井新聞》

5月24日/のできごと