平成4335日目

2000/11/20

【加藤の乱】失敗

11月20日は何の日 加藤の乱失敗

「残念なことに現在のところ数の見通しは極めて微妙。突っ込んでいって必ずしも勝利が確定できる状態ではない」20日夜9時半すぎから、港区内のホテルで開かれた加藤派、山崎派の会合。約40人の議員を前に加藤紘一元自民党幹事長は「ここは名誉ある撤退をし、力を蓄えようと山崎(拓)さんと相談した」と本会議欠席を決めた経緯を力なく説明した。

加藤氏は「私と山崎さんと2人だけで(不信任案に)賛成してきます」と続けたが、会場から「話しが違う」「そりゃ駄目です」と声が上がり、石原伸晃氏や谷垣禎一氏ら十数人が壇上に上がって加藤氏を取り囲み、腕を掴んだ。中には「オレも行く」と涙ぐむ議員も。加藤氏は口を真一文字に結び目を潤ませた。《共同通信》

野党4党提出の森内閣不信任決議案は21日未明の衆院本会議で、自民、公明、保守3与党の反対多数で否決される見通しだ。内閣不信任案に賛成を表明していた自民党加藤派会長の加藤紘一元幹事長、山崎派会長の山崎拓元政調会長は20日夜の本会議開会直前に、本会議欠席に転換したためだ。加藤、山崎両氏は主流派の激しい多数派工作の結果、それまで見込んでいた賛成票を切り崩され、加藤派も分裂状態に陥ったことから、内閣不信任案に賛成しても可決できないと判断した。《共同通信》




【保守党・松浪健四郎議員】国会内でヤジに立腹、水をまく

20001121024101[1]

森内閣不信任決議案の採決のため開かれた20日夜の衆院本会議は、内閣不信任案の反対討論に立った保守党の松浪健四郎衆院議員が午後10時20分ごろ、壇上から野党席に向かってコップの水をまいたことから、野党議員が演壇に詰め寄って激しく抗議し、大混乱となった。このため、議事進行が不可能になり、共産、社民両党の賛成討論を前に約30分間にわたり審議が中断した後、綿貫衆院議長が休憩を宣告した。

衆院本会議は約15分後に再開され、綿貫議長が「松浪氏の行動は議院の秩序を乱し、品位を傷つけた」として、職権で衆院懲罰委員会にかける意向を伝え、松浪氏に退場を命じた。しかし、野党側は納得せず、演壇付近で抗議を続けた。《読売新聞》

11月20日/のできごと