平成4334日目

2000/11/19

【イチロー外野手】任天堂でマリナーズ入団会見

米大リーグ、シアトル・マリナーズは19日、同球団の筆頭株主、山内溥氏(73)が社長を努める任天堂新本社(京都市)で、プロ野球オリックス・イチロー外野手(27)の入団を発表。日本人野手で初の大リーガーが正式に誕生した。3年の複数年契約。それ以外の内容は明らかにされていないが、契約金、年俸などの総額は約15億円とみられる。同球団には今年のアメリカン・リーグの新人王、佐々木主浩投手(32)が在籍している。

背番号はオリックス時代と同じ「51」に決まり、登録名もイチロー選手の希望通り「ICHIRO(イチロー)」となった。

会見で「ICHIRO」と縫い込まれたユニホームにそでを通したイチロー外野手は、「身の引き締まる思い。無事、契約を終え喜んでいる。マリナーズの一員としてプレーできることを光栄に思っています」と語った。《読売新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。更新情報もご確認ください。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【大相撲九州場所】千秋楽

大相撲九州場所千秋楽(19日・福岡国際センター)曙が14勝1敗で2場所ぶり11度目の優勝を飾った。

2敗で追う琴光喜が武双山を送り出し、優勝決定戦に望みをつないだが、結びの一番で、曙は左上手を引きつけて武蔵丸を寄り切り、年間最多勝に華を添えた。

琴光喜は殊勲、技能、敢闘の3賞を獲得、曙を破るなど新小結で9勝を挙げた若の里も殊勲賞を受賞した。十両は金開山が優勝。

今場所は1度も大入り満員がなかった。これは、日本相撲協会が統計を取り始めた1985年以降で初めて。《共同通信》

【自民党】加藤紘一、山崎拓両氏に離党勧告

森喜朗首相に対する退陣要求で危機に直面している自民党抗争は19日、内閣不信任決議案の採決に向けて主流、非主流派が大詰めの攻防を繰り広げた。両派の対立が解けなければ、内閣不信任案は20日の衆院本会議で採決される運びで、賛否は伯仲しており、可否は予断を許さない。自民党は1993年以来、党分裂の瀬戸際だ。

自民党執行部は19日夕、内閣不信任案の賛成を明言している加藤紘一、山崎拓両氏に対し正式に離党勧告。緊急役員会では両氏が応じない場合は本会議採決前にも除名処分を行う方針を決めた。《共同通信》



11月19日 その日のできごと(何の日)