平成4186日目

2000/06/24

【第42回衆院選】最後のお願い

第42回衆院選は24日、選挙戦最終日を迎え、各党党首は全国各地で最後の支持を訴えた。与党は森喜朗自民党総裁(首相)と神崎武法公明党代表、千景保守党党首が午前10時すぎ、前日に続き3党首そろい踏みの街頭演説を横浜市旭区で行った。

首相は「政党の離合集散で困るのは国民の皆さんだ。連立を組んで信頼しあえる政党が協力する。野党も枠組みを示さなければならない」と与党の結実をアピール。

神崎氏も「この政権で経済成長率を3年ぶりにプラスに押し上げた」と連立の成果を強調し、扇氏は「野党が政策を掲げても絵にかいたもちだ」と指摘した。

これに対し、民主党の鳩山由紀夫代表は大阪府高槻市内で街頭演説。「森さん(の政権)を続けたいのか、鳩山を軸に新しい民主政権をつくるのか」と政権の選択を強調し、「(無党派層も)起きあがって投票所で思いをぶつけてほしい」と訴えた。午後は都内で菅直人政調会長らと合流する。

不破哲三共産党委員長は昼すぎ、東京都狛江市で街頭演説し「与党は消費税を増税することが明るみに出た。増税反対は共産党だけ」と主張。小沢一郎自由党党首は東京・JR中野駅前で「今度の選挙は国民の将来の生活を維持、安定させられるかだ」と強調した。

土井たか子社民党党首は地元・兵庫県西宮市のJR西ノ宮駅近くでの街頭演説で「数が足りず悔しい思いをしてきた。増やしていただきたい」と訴えた。

改革クラブの小沢辰男代表は埼玉県所沢市、無所属の会の椎名素夫代表は盛岡市で、それぞれ午後から街頭演説。自由連合の徳田虎雄代表は鹿児島県指宿市などで支持を訴えた。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【ダイエー・斉藤和巳投手】プロ初勝利

ダイエー1−0ロッテ

ダイエーが好継投で1点を守り、今季3度目の4連勝。5年目で初先発の斉藤は、持ち味の速球を低めに集めて7回を2安打に封じ、プロ初勝利を挙げた。八回は篠原、九回はペドラザが完ぺきに抑えた。《共同通信》

【J1】第2ステージ第1節

Jリーグ一部(J1)第2ステージ第1節(24日・国立競技場ほか=8試合)伏兵のFC東京が第1ステージ覇者の横浜F・マリノスに3−0で完勝。東京は快進撃を演じた第1ステージ開幕戦でも横浜を破っており、殊勲を再現した。東京は前半、ツゥットのゴールで先制。後半もスピード豊かな攻撃から小池、アマラオが2点を追加し、横浜の反撃を封じた。初のステージ制覇を狙うセレッソ大阪は1−1の後半中盤から盧廷潤、森島の連続ゴールで清水エスパルスを3−1で圧倒、柏レイソルも北島の2得点でジュビロ磐田を2−1で退けた。第1ステージ低迷した名古屋グランパスと鹿島アントラーズの一戦は鹿島が3−0で快勝した。《共同通信》

【警視庁】偽造タバコ9万5000個所持、58歳会社社長を逮捕

日本たばこ産業(JT)のマイルドセブン・ライトとセブンスターの精巧な偽造たばこが大量に見つかった事件で、警視庁生活経済課と新宿署は24日、大量の偽造たばこを所持していたとして、東京都杉並区高円寺南、会社社長A容疑者(58)を逮捕した。

調べによるとA容疑者は同日午後7時半すぎ、東京都新宿区にある事務所で、段ボール約189個分、計9万5000個のセブンスターとマイルドセブン・ライトを所持していた疑い。警視庁は、群馬、茨城両県警と合同で販売ルートの解明と偽造品の製造元の特定を急ぐ。《共同通信》



6月24日 その日のできごと(何の日)