平成8158日目

平成23年5月10日(火)

2011/05/10

【秋篠宮ご夫妻】青森県内の被災地を訪問

秋篠宮ご夫妻は10日、東日本大震災で被災した青森県八戸市の漁港などを訪問し、漁業関係者や被災者を激励された。ご夫妻は午後1時40分ごろ、イカ釣り漁船が津波で打ち上げられたままになっている八戸漁港に到着し、被害状況を視察。漁船を所有する水産加工会社の女性社員(39)は「優しい言葉を掛けてもらい、元気を出していきたい」と話した。

紀子さまは、自宅が被災した漁港近くの女性(23)の生後3カ月の長女を抱っこ。女性は「(赤ちゃんを津波から)守ったのね、と声を掛けられた」と感激していた。これに先立ち、ご夫妻は同県三沢市の三沢漁港や、被災者30人が集まった八戸市の集会所も訪問。秋篠宮さまは集会所で「お大事になさってください」と被災者を気遣った。《共同通信》

【米マイクロソフト】「スカイプ」買収を発表

マイクロソフト(MS)は10日、インターネット通信大手スカイプ・テクノロジーズ(ルクセンブルク)を85億ドル(約6800億円)で買収することで合意したと発表した。MSはスカイプの音声や映像による通話技術を活用し、関連サービスを強化。米グーグルやアップルに対抗する。MSによる企業の合併・買収(M&A)としては、過去最大となる見込み。《共同通信》

【菅直人首相】エネルギー計画「白紙に戻し議論」

5月10日のできごと【菅直人首相】エネルギー計画「白紙に戻し議論」
https://www.kantei.go.jp/

菅直人首相は10日、首相官邸で記者会見を開き、総電力に占める原子力の割合を将来的に50%に高めるという政府のエネルギー計画について、「いったん白紙に戻して議論する必要があるだろうと考えている」と述べた。

首相は、現在54基の原発を2030年までに14基以上増やし、発電時に二酸化炭素を出さない原子力などが総電力に占める割合を約70%に――とする昨年決定の政府の「エネルギー基本計画」に言及。内訳を「原子力が50%以上、再生可能エネルギーが20%」と指摘した上で、「この従来決まっている基本計画は白紙に戻して議論する」と強調し、原発の新増設計画を認めない可能性もあることを示唆した。《朝日新聞》

5月10日のできごと