平成8157日目

2011/05/09

【中部電力】浜岡原発全基の停止を決定

中部電力は9日午後の臨時取締役会で、政府による浜岡原発(静岡県御前崎市)の全面停止要請の受諾を決めた。代替となる火力発電の燃料確保のめどが立ち、ほかの電力会社から融通も受ければある程度電力不足を回避できると判断した。ただ、トヨタ自動車など製造業が集積する中部地方で電力需給が逼迫(ひっぱく)するのは必至。

東京電力管内に続き、中部でも電力供給が制約されることで、東日本大震災からの復興を目指す国内経済への影響も懸念される。稼働要件を満たして運転している原発を、法的な裏付けなく停止させるのは極めて異例。政府は停止期間を、防波壁など中長期的な津波対策が完了するまでの約2年間と説明している。《共同通信》



【菅直人首相】浜岡原発停止受諾「大変良かった」

菅首相は9日夜、中部電力が浜岡原子力発電所のすべての原子炉の運転停止要請を受諾したことについて、「中部電力が浜岡原発停止の要請を受け入れたことは、大変良かったと思っている」と評価した。その上で「政府としても、これから電力が足らなくならないように対応には力を入れたい」と述べた。首相官邸で記者団に語った。《読売新聞》

【経団連・米倉弘昌会長】浜岡原発停止要請「唐突感が否めない」

日本経団連の米倉弘昌会長は9日の会見で、菅直人首相が中部電力浜岡原発の全原子炉停止を要請したことについて「唐突感が否めない。自分の意見を発表してから中電に説明するという手順は政治的パフォーマンスにほかならない」と厳しく批判した。

米倉会長は「原発を停止するかどうかは中電の判断だが、中電は首相要請ではなく命令だと思っているのではないか」と指摘。「本来は原子力安全・保安院と知見やリスクについて科学的に検討したうえで論議して決定すべきもの」と述べたうえで、「原発に対する一連の政府の対応は極めて拙劣だ」と切って捨てた。《産経新聞》

【ボクシング・山崎静代選手】五輪強化選手に選出

来年のロンドン五輪出場を目指す女子ボクシング強化選手に選ばれた南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代(32)が9日、大阪市内で会見を行い「命がけで頑張りたい」と意気込みを語った。

女子ボクシングはロンドン五輪から正式種目になるもので来年3月、連盟の推薦を受けて出場する全日本選手権の結果を踏まえ同5月、世界選手権に出場。ここでベスト8に残れば自動的に五輪出場が決まる。《日刊スポーツ》



5月9日のできごと