平成3907日目

1999/09/19

【冒険家・河野兵市さん】沖縄ー松山間、シーカヤック航海に成功

沖縄県から松山市まで約1300キロを海のカヌー、シーカヤックで挑んでいた愛媛県瀬戸町の冒険家河野兵市さん(41)が19日午後1時すぎ、無事にゴールの梅津寺海岸(松山市)に到着した。真っ黒に日焼けした河野さんは、ゴール近くから伴走した仲間や海岸で出迎えた友人、支援者ら約100人とともに成功の喜びを分かちあった。

河野さんが沖縄本島北端を出発したのは、6月20日。鹿児島県の佐多岬までは、2人乗りのシーカヤックでパートナーの会社員米田和彦さん(31)と航海し、同岬から松山市までは1人での航海となった。

河野さんは「波が荒く風が強い外洋はきつかったが、それを乗り越えて自信がついた」と疲れた様子もなく、笑顔で次の冒険への意欲を見せていた。《福井新聞》




【小渕恵三首相】「組閣は首相主導で」

小渕恵三首相は19日午後、自民党の森喜朗幹事長と首相官邸で会談し、総裁選再選後の内閣改造について「組閣はじっくりと時間をかけてやりたい。政務次官が答弁に立つなど国会も変わるので新機軸を打ち出したいと思う」と述べ、首相主導で行う考えを表明した。

首相は再選後の22日に自由党の小沢一郎党首、公明党の神崎武法代表と会い、あらためて連立内閣発足への協力を要請する考えを表明。森氏は、自民党が現執行部で連立協議を決着させるか、新執行部に協議を引き継ぐかについて小沢氏はこだわらない意向を示したことも伝えた。《福井新聞》

9月19日/のできごと