平成3908日目

1999/09/20

【大相撲・横綱武蔵丸】54場所連続勝ち越し

大相撲秋場所9日目(20日・両国国技館)ただ一人全勝の平幕雅山が、横綱若乃花からはたき込まれ土がついた。若乃花は6勝目。1敗の横綱武蔵丸は敷島を寄り切り、自らの史上1位記録を更新する、54場所連続勝ち越しを決めた。

大関陣は千代大海が関脇魁皇をはたき込み、連敗を3でストップ。出島は安芸乃島を寄り切って6勝目。1敗で武蔵丸と雅山が並び、2敗に和歌乃山と、優勝争いの上位に武蔵川部屋勢が占めた。十両は全勝の追風海が敗れたが、単独トップは変わらず。《福井新聞》




【栃木・宇都宮市】女子高生誘拐事件は「狂言」

宇都宮市のクリニック院長宅に20日朝、「娘を預かっている」と男の声で1億5000万円を要求する電話があった。

栃木県警は院長の二女で私立高校三年の女子生徒(18)が19日夜から帰宅していないため、身代金目的の誘拐事件として捜査、20日午後、現金受け渡し場所に車で現れた男と一緒にいた女子生徒を発見、2人で誘拐を装い身代金を受け取ろうとしたとして、恐喝未遂の現行犯で男を逮捕した。女子生徒は「脅された」などと話している。

男は女子生徒が交際している男友達の父親で宇都宮市の建築会社社長A容疑者(51)。「会社の経営がうまくいかず、金に困っていた。女子生徒に父親から金をとる計画を持ちかけたら乗ってきた」などと供述、女子生徒を巻き込んだとみて追及する。《福井新聞》

【小渕恵三首相】統括政務次官は「閣僚経験者」

小渕恵三首相は20日、自民党総裁選後の内閣改造に関連し、複数の政務次官を置く省庁の「統括政務次官」については、閣僚経験者を充てる意向を固めた。首相周辺が同日夜明らかにした。

首相は、内閣改造について閣僚と政務次官人事を一体として行う方針。特に政務次官人事は、自民党幹事長と各派閥から出ている副幹事長レベルで決定してきた従来の方法を見送り、首相主導で「適材適所」の人事を行いたいとの考えを強調している。《福井新聞》

9月20日/のできごと