1996 平成8年5月7日(火)

平成2677日目

平成8年5月7日(火)

1996/05/07

【旧ユーゴ】国際法廷が初公判

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の集団殺害などを裁く国連の旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(オランダ・ハーグ)は7日、民間人殺害に問われたボスニアのセルビア人勢力の強制収容所元職員、タディッチ被告に対する初公判を開始した。

ニーマン検事は午前中の罪状朗読で「被告がボスニアの非セルビア人に対し集団殺害を行ったことに疑問の余地はない」と述べたが、午後の弁論で弁護側は「殺害があったとされる当時、被告は家族とともに避難し、収容所にはいなかった」と全面否認し、無罪を主張した。

国際戦犯法廷公判は第二次世界大戦直後、連合国側の戦勝国が敗戦国指導者を裁いたニュルンベルク裁判と極東軍事法廷(東京裁判)以来。国連主導で開かれるのは初めて。

旧ユーゴ法廷はこれまで57人を起訴、7人を逮捕して予備審理を続けてきた。公判としてはタディッチ被告が第一弾。4人の弁護人に付き添われて入廷した被告は終始、うつむいて罪状朗読と弁論に聞き入っていた。

被告は1992年にボスニアのオマルスカ強制収容所でクロアチア人など多数の民間人を虐待、殺害した容疑で昨年2月起訴され、ドイツ滞在中に逮捕された。

公判は今後、数カ月間、法廷で論戦を繰り広げる。オマルスカ収容所での虐殺では約20人が起訴されたが、逮捕されたのはタディッチ被告だけ。セルビア人勢力指導者のカラジッチ氏や軍司令官のムラディッチ氏は別の虐殺容疑で起訴されたが逮捕されておらず、紛争中の虐殺行為の全容解明には時間がかかりそうだ。《共同通信》



【大阪府・横山ノック知事】木津信組支援「できません」

大阪府の横山ノック知事は7日の定例会見で、破たんした木津信用組合などへ財政支援しないとの考えは「公約と受け取ってもらってもいい」と明言した。近く大蔵省に出向く考えを併せて示し「財政支援はできませんと(大蔵省には)はっきり申し上げる」と述べた。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】小沢発言に「あっ、そう」

新進党の小沢一郎党首が北京での記者懇談で「自民党単独少数政権でも大事なことなら賛成する」と現在の自社さ連立政権の精算を主張したことについて与党3党の幹事長・代表幹事は7日、それぞれ記者会見で反論し、連立政権の結束を強調した。

一方、橋本龍太郎首相は同日、官邸で記者団に「(小沢発言は)今聞いたばかりだから『あっ、そう』と言うしかない」とコメント。梶山静六官房長官も午後の記者会見で「首相と同様に『あっ、そう』と答えるしかない」と述べるにとどまり、「保・保連合」を探っているのではないかとされる両氏ともクールな反応を見せた。

自民党の加藤紘一幹事長は、日米安保条約の再定義、国連平和維持活動(PK0)、沖縄問題などを例示し「55年体制では決して歩み寄れなかった問題が、連立政権だから解決できた」と自社さの枠組みを評価。今後も「大上段に振りかざした憲法論議ではなく、現行の憲法解釈の中でやるという信頼関係ができており、日米防衛協力の問題も進んでいくと思う」と述べ、連立が揺らぐことはないとの認識を示した。

社民党の佐藤観樹幹事長も「安保問題で連立内に亀裂を入れようという考えかとも思うが、今すぐそういうことに至る状況ではない」と強調。

さきがけの掲山由紀夫代表幹事は「さきがけから連立を解消する気持ちはない。(小沢発言は)自民党への強いラブコールだと思うが、(焦点となる)集団的自衛権の行使について自民党執行部と社民、さきがけの認識はかなり近い」と小沢氏をけん制した。《共同通信》

【政界談話室】

○・・・橋本龍太郎首相は、家族とのんびり過ごした連休中とは打って変わって7日はいつもの「分刻み」のスケジュールに。春の叙勲親授式、勲二等伝達式と公邸と皇居を2往復。「一日で背広、燕尾服、背広、モーニング、背広と5回も着替えなければならないんだから。しんどいよ」とぼやいてみせる一方で、「初めてだから、緊張したよ」と親授式の正直な感想も。9日の予算成立は固まったものの、住専処理法案の扱いや安保・沖縄基地問題と山積する難問に取り組むには、連休中に養った「英気」だけではまだまだ不十分?

○・・・新進党の小沢一郎党首はこの日、中国・四川省の重慶市内で、経済開発区やインスタントラーメン工場、自然博物館などを視察。博物館では、恐竜の骨格標本を前に、係員の「恐竜は脳が2つで口が1つしかなかったため滅びた」という説明にうなずいていた。「政党も派閥があると指揮系統が乱れる」との同行議員の冗談に、小沢氏も「統一が大事だな」。寄り合い所帯で、何かにつけて足並みの乱れが目立つ党内事情が頭をよぎった様子だが、「党内融和」の妙案を中国で発見できるかどうか…。《共同通信》

【SMAP・森且行さん】芸能界引退

人気アイドルグループSMAPのメンバーの森且行さん(22)が7日、都内で記者会見し、今月限りで芸能生活を引退、オートレーサーを目指す意向を明らかにした。SMAPは残る5人で活動を続ける。

森さんは大のオートバイ好きで、既にレーサー資格試験にも一部合格しているという。《共同通信》

【ジェシー・ジャクソン師】三菱車不買を呼び掛け

シカゴからの報道によると、米黒人運動指導者ジェシー・ジャクソン師は7日、米国三菱自動車製造(イリノイ州ノーマル)が、大規模なセクハラ行為を放置したとして米雇用機会均等委員会(EEOC)から提訴された問題で、同社の製品ボイコットを全米消費者に呼び掛けた。

ジャクソン師は、三菱セクハラ問題をマイノリティー(少数者)差別問題ととらえ、事件を担当するEEOCシカゴ事務所で事情を聴いた後、記者会見してボイコットを呼び掛けた。

会見に同席した女性運動グループ代表も各地の三菱車ディーラーにピケを張る計画を発表した。ボイコットやピケの組織的準備がどこまで進んでいるかは不明だが、ジャクソン師が指導する人権擁護運動団体は黒人層を中心に大きな影響力を持っており、三菱車の商品イメージ低下につながる可能性がある。《共同通信》



5月7日のできごと