1996 平成8年1月5日(金)のできごと(何の日)

平成2554日目

平成8年1月5日(金)

1996/01/05

【村山富市首相】退陣表明

村山富市首相(社会党委員長)は5日、退陣を表明した。首相、橋本龍太郎自民党総裁(通産相)、武村正義さきがけ代表(蔵相)ら与党三党首脳が同日昼協議し、橋本、武村氏らは最終的に退陣を了承した。

首相はこれを受けて同日午後、首相官邸で緊急記者会見し、1996年度予算編成が終了したことや景気回復の兆しが出てきたことを挙げ「この機会に人心を一新し、当面の課題に取り組むことがより清新な力をつくり出すと考えて退陣を決意した」と説明した。

ただ、社会党委員長選には立候補し、新党結成に全力を挙げる考えを示した。《共同通信》




【多摩テック】観覧車に14時間客放置

5日午前6時半ごろ、東京都日野市、遊園地「多摩テック」の大観覧車のゴンドラ2基の中に、男女6人が閉じ込められているのをジョギング中の男性が発見、110番した。6人は1時間後に救出され、けがはなかった。ゴンドラは4日午後5時ごろから、高さ約50メートルの最上部に約14時間にわたり停止したままになっていた。

4日夕、観覧車を操作していた19歳と20歳の女性アルバイト2人が終業時に客の有無を確認しておらず、日野署は管理に落ち度があったとみて関係者から事情を聞いている。《共同通信》

1月5日のできごと

シェアする

フォローする