令和1356日目

2023/01/15

この日のできごと(何の日)

【ネパール】イエティ航空機墜落事故

ネパールの首都カトマンズから中部ポカラに向かっていた同国のイエティ航空の旅客機が15日、ポカラの空港近くで墜落した。72人が搭乗しており、航空当局によると、68人の死亡が確認された。現場は渓谷で、機体は炎上した。現場では救助作業が続いた。

航空当局によると、旅客機はフランスとイタリアの合弁メーカーATR社製のプロペラ機ATR72で、乗客68人と乗務員4人が乗っていた。インド人5人、ロシア人4人、韓国人2人や、欧州や南米などの外国人計15人も搭乗。在ネパール日本大使館によると、日本人の搭乗情報はない。

ネパールの首都カトマンズから中部ポカラに向かっていた同国のイエティ航空の旅客機が15日、ポカラの空港近くの渓谷に墜落した事故で、地元警察当局は乗客乗員72人のうち68人の死亡を確認し、同日夜に捜索活動をいったん打ち切った。残る4人の生存は絶望視されている。

同国航空当局によると、事故当時の現場の天候は良く、視界は悪くなかったとみられる。ポカラ国際空港の関係者によると、旅客機は着陸許可を得ており、機体トラブルの報告もなかった。

ネパールの地元メディアによると、機体が墜落した渓谷は地上から約300メートルの深さがあり、捜索は難航した。《共同通信》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【大学入学共通テスト】

大学入学共通テストは15日、理科と数学を実施し、2日間の日程が終了した。身近なテーマを題材にしたり、図表や実験結果を基に考察したりする設問が随所に盛り込まれ、思考力や判断力を問う出題となった。新型コロナウイルス流行の「第8波」の中、各会場では感染対策を徹底した。

理科では予防接種や風力発電といった題材が取り上げられた。数学では、関数を使って桜の開花時期を計算する設問や会話形式の出題があった。

出願者のうち、「数学1」「数学1・A」を受けたのは68.6%の35万1743人。理科の専門4科目は41.9%の21万4767人だった。

大学入試センターは15日、大学入学共通テストの数学で定規を使う不正行為があったとして、東京都と静岡県の試験会場の計2人が失格になったと明らかにした。

昨年の問題流出を受けて試験開始前に電子機器の電源を一斉に切らせるといった不正防止策が取られ、スマートフォンを使用した不正は確認されなかった。 《共同通信》

【大相撲】

大相撲初場所8日目(15日・両国国技館)大関貴景勝は錦富士との熱戦をはたき込みで制し、1敗を堅持した。

3関脇で正代は小結若元春の寄りに屈し、6敗目を喫した。今場所の2桁勝利を逃し、1場所での大関復帰が消滅した。豊昇龍は佐田の海を送り倒して6勝目を挙げ、若隆景は翠富士を送り出して星を五分に戻した。

先場所覇者の阿炎は3連敗。

貴景勝と平幕琴勝峰の2人が1敗で首位。2敗で豊昇龍、平幕大栄翔ら6人が追う。十両は元大関の朝乃山が唯一の8連勝で勝ち越しを決めた。《共同通信》

【第41回全国都道府県対抗女子駅伝】

第41回全国都道府県対抗女子駅伝は15日、京都市のたけびしスタジアム京都発着の9区間、42.195キロで行われ、大阪が2時間15分48秒で8年ぶり4度目の優勝を果たした。

序盤から先頭を争った大阪は、トップから5秒差の3位でたすきを受けた最終9区(10キロ)の松田瑞生(ダイハツ)が区間賞の快走。福岡と東京をかわし、並走していた神奈川を残り約5キロで引き離した。

新型コロナウイルスの影響で中止となった第39回を挟む3連覇を狙った京都は49秒差の2位。前回2位の福岡が3位、神奈川が4位だった。

3区でドルーリー朱瑛里(岡山・鶴山中)が区間新をマークした。《共同通信》

【ダカール・ラリー】

自動車のダカール・ラリーは15日、サウジアラビアのダンマンでゴールを迎え、四輪部門でナセル・アティーヤ(カタール、トヨタ)が2大会連続5度目の総合優勝を果たした。トヨタの同部門制覇は3度目。ダカール・ラリーはサウジアラビアで4度目の開催だった。《共同通信》

【ヒューストン・マラソン】

ヒューストン・マラソンは15日、ヒューストンで行われ、女子で1万メートルとハーフマラソンの日本記録を持つ34歳の新谷仁美が2時間19分24秒の日本歴代2位の好記録で優勝した。

2005年に野口みずきが樹立した日本記録、2時間19分12秒には12秒届かなかったが、19分台は01年の高橋尚子、04年の渋井陽子を含め、日本女子で18年ぶり4人目。新谷は今回が5度目のマラソンで、昨年3月の東京でマークした2時間21分17秒の自己記録も大幅に更新する快走だった。

男子は前回大会4位の内田健太が2時間14分13秒で6位。《共同通信》

【COVID-19】

国内で15日、新たに10万7139人の新型コロナウイルス感染者が確認された。前週の同じ曜日と比べ8万人余り減少した。内訳は東京8269人、愛知6866人、大阪6580人など。死者は大阪33人、東京30人など計268人の報告があった。

厚生労働省によると、全国の重症者は672人で前日から21人減少した。

秋田などで過去の感染者数の修正があった。《共同通信》

【自民党・麻生太郎副総裁】ロシア反発「いいこと」

自民党の麻生太郎副総裁は15日、福岡県飯塚市で講演した。ロシアの外務次官が岸田政権は軍事化の方向に移行しつつあると反発を示したことを巡り「いいことだ。抑止力が上がったということで、(日本とは)戦えなくなりつつあると言っている」と述べた。戦わずに勝てるのが勝利だとも語った。

ロシアのウクライナ侵攻を巡り「この戦争に勝利者はいない」と指摘。「西に攻めたロシアが東に攻めてこない保証はない。(侵攻が)東に向けて行われた場合、われわれが日本の独立のために戦う決意があるかが問われている」と強調した。《共同通信》

【台湾・民主進歩党】頼清徳氏が党首に

昨年11月の台湾統一地方選で大敗した与党、民主進歩党(民進党)主席(党首)選挙の投開票が15日実施され、唯一立候補した頼清徳副総統が事実上の信任投票で当選した。頼氏は来年1月に予定される総統選の最有力候補。党勢立て直しと中間層の支持引き込みに手腕が問われる。

民進党は統一地方選大敗を受けて蔡英文総統が兼任していた党主席を辞任した。

中国は、「(中台は)互いに隷属しない」として「一つの中国」を認めない蔡政権との対話を拒否。習近平指導部は総統選で民進党追い落としを狙い、軍事圧力を含めた干渉を強めるのは確実だ。《共同通信》

【コンゴ】教会で爆発

コンゴ(旧ザイール)東部の北キブ州カシンディで15日、日曜礼拝中の教会で爆発があり少なくとも10人が死亡した。過激派組織「イスラム国」(IS)が関与を主張した。コンゴ軍はISと連携する地元の反政府勢力「民主同盟軍」(ADF)が実行したとみている。ロイター通信などが伝えた。

コンゴ東部では携帯電話に使われるタンタルなどの鉱物を目当てに武装勢力が乱立し、紛争が続いている。AP通信によると、ADFの攻撃による市民の犠牲者は昨年4月以降、少なくとも370人に上る。《共同通信》

【ウクライナ侵攻】

作戦「計画通り」とロシア大統領

タス通信によると、ロシアのプーチン大統領は15日放映の国営テレビとのインタビューで、ウクライナでの軍事作戦について「肯定的に推移している。全て国防省と参謀本部の計画通りだ」と述べ、順調に進んでいるとの見方を示した。

欧米が武器供与などの軍事支援を続けるウクライナ軍が反撃を強め、戦況は膠着しているとの見方が多い。発言には、批判を受けるショイグ国防相やゲラシモフ参謀総長への信頼を強調し、ロシア国内の動揺や保守強硬派の不満を抑える狙いがあるとみられる。

欧米の制裁で悪化が指摘される経済情勢に関しプーチン氏は「安定しており、予想したよりはるかにいい」と指摘した。《共同通信》



1月15日 その日のできごと(何の日)