平成7674日目

2010/01/11

【この日の民主党】

政府・民主党首脳会議

官邸で11日午前、政府・民主党首脳会議が開かれ、政府側から鳩山由紀夫総理大臣(代表)、菅直人副総理、平野博文官房長官、党側から小沢一郎幹事長、輿石東幹事長職務代行、山岡賢次国会対策委員長が出席し、約1時間にわたって意見交換した。オブザーバーとして松野頼久、松井孝治両官房副長官が同席した。

会議では、通常国会に臨むにあたり、政府が考えている法案の概略と重点課題、国会の進め方等について協議され、また同会議は今後、定例化して週1回開催していくことを決定した。

会議で鳩山総理は、景気の動向をふまえ、今年度の第2次補正予算、来年度予算について早期成立に努力してほしいと求め、また、藤井裕久前財務大臣の辞任に伴う菅副総理の財務大臣兼任に至った経過を報告。さらに、政治主導を確立していくため、明日12日の閣議において、総理から副大臣、政務官を増員する法案準備に向けた方針を示すことを明らかにした。

また、副大臣や政務官らを15人程度増員し、政府に90人程度の国会議員を配置できるようにする法改正への動きは、党主導で進めている国会審議の活性化に向けた国会法改正と住み分けしながら法案提出時期等の調整を行い、成立を図っていくとの認識で小沢幹事長とも一致した。

さらに、小沢幹事長からは景気の状況をふまえ、予算成立後は速やかに執行できる体制をとるように政府としても対応してほしいとの求めがあった。

会議後に平野官房長官が記者に明らかにした内容。《民主党ニュース》



【第88回高校サッカー】山梨学院大付(山梨)初優勝

第88回全国高校サッカー選手権決勝が11日、東京・国立競技場で行われ、山梨学院大付(山梨)が青森山田(青森)を1―0で下して初出場初優勝を飾った。前半11分、MF碓井鉄平主将(3年)が挙げた1点を5試合連続完封の鉄壁守備陣が守り切った。

山梨県勢は韮崎以来27大会ぶりの決勝進出で初の全国制覇。横森巧監督(67)は自身4度目の決勝で初めて頂点に立った。初出場校の優勝は86年度第65回大会の東海大一(静岡、現東海大翔洋)以来の快挙となった。《スポニチ》

【ボクシング・内山高志選手】12回TKOでWBA王座奪取

世界ボクシング協会(WBA)スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦は11日、東京ビッグサイトで行われ、挑戦者の内山高志(ワタナベ)はチャンピオンのフアンカルロス・サルガド(メキシコ)を12回TKOで破り、王座獲得に成功した。

内山が会心のTKO勝ちで世界の頂点に立った。挑戦者の気迫が、無敗同士の世界戦として注目された試合を制したといえるだろう。

王者サルガドが昨年10月、安定感抜群のホルヘ・リナレス(帝拳)から衝撃の1回TKOで世界を奪ったのは記憶に新しい。その難敵を相手に内山は序盤から強い気持ちで闘った。

それを証明したのが優勢で迎えた最終12回だ。無理な打ち合いをしなくても勝利はまず間違いなかった。しかし、内山はKOの好機にラッシュをかけ、12秒を残してのTKOに結び付けた。《スポニチ》

【鳩山由紀夫首相】首相補佐官を倍増へ

鳩山由紀夫首相や民主党の小沢一郎幹事長らは11日、政府・民主党首脳会議を官邸で開き、政治主導体制の強化のため、現行では5人まで任命できる首相補佐官を倍増して10人までとし、増員分は民間から登用する方針を決めた。12日の閣議で首相が説明し、18日召集の通常国会で内閣法など関連法改正案の成立を図る。《共同通信》



1月11日のできごと