令和1225日目

2022/09/07

この日のできごと(何の日)

【東京外国為替市場】1ドル=144円台に

7日の東京外国為替市場の円相場は円売りドル買いの流れが止まらず、1998年8月以来、約24年ぶりとなる1ドル=144円台を付けた。日銀が超低金利政策を続ける中、米欧は着々と利上げを進めており、金利差の拡大を意識した円売りドル買いが加速した。日経平均株価や国債価格も下落し、日本売りの様相となった。コロナ禍から回復途上にある景気の冷や水となりかねない状況で、国民生活への影響が懸念される。政府、日銀の対応が焦点となりそうだ。

9月に入ってからの約1週間で円の下げ幅は5円を超えた。

午後4時現在は前日比2円54銭円安ドル高の1ドル=144円07〜12銭。《共同通信》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【プロ野球・7日】

ソ3―4楽

楽天は一回に浅村の適時打で先制し、六回には太田が適時打を放つなど着実に加点した。六回途中1失点の辛島が5勝目、松井裕がリーグトップに並ぶ29セーブ目を挙げた。ソフトバンクは四死球が絡んで6回3失点の石川が9敗目。

日3―2オ

日本ハムが3連勝。0―2の三回に木村の2点二塁打で追い付くと、七回に近藤の適時二塁打で勝ち越した。4番手のロドリゲスが2勝目、石川直が5セーブ目。オリックスは打線がつながりを欠き、八回の絶好機での無得点が響いた。

西1―7ロ

ロッテが連敗を4で止め、今季西武戦の勝ち越しを決めた。一回に山口の3ランで先行し三回に井上のソロ、五回に安田の二塁打、六回に井上の2点二塁打で加点。佐藤奨は5回1失点で2勝目。西武は隅田が4回4失点で自身9連敗。

巨18―3D

巨人が今季最多の23安打で大勝した。一回に中田の適時打で先制し、二回に吉川のソロ、四回にウォーカーの満塁本塁打やポランコの3ランなどで9点を加点。山崎伊が7回1失点で5勝目。DeNAは今季ワーストの18失点を喫した。

中1―3広

広島が逆転勝ちで5連勝。0―1の四回に西川の適時二塁打で追い付き、六回は坂倉の2点打で勝ち越した。新人でプロ初先発の森が4四球を出しながらも5回1失点と粘って初勝利。栗林は29セーブ目。中日は序盤の逸機が響いた。

神9―1ヤ

阪神が連敗を3で止めた。伊藤将は1点しか許さず、今季6度目の完投で9勝目。0―0の四回に木浪の押し出し四球、梅野の2点打、近本の3点三塁打で一挙6点を先制し、七回には伊藤将が2点二塁打。ヤクルトは高梨が誤算だった。《共同通信》

【J1】

明治安田J1第25節第3日(7日・日産スタジアム=1試合)横浜Mは3―0で湘南を下し、首位に返り咲いた。後半に西村らがゴールを重ね、公式戦で6試合ぶりの白星。勝ち点52として、2試合消化の多い広島の同50を上回った。14位の湘南は同29のまま。  この試合は8月13日の開催予定が、台風の影響で日程変更となった。《共同通信》

【東京株式市場】

7日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。終値は前日比196円21銭安の2万7430円30銭で、約1カ月半ぶりの安値を付けた。米連邦準備制度理事会(FRB)による大幅利上げが続くことへの警戒感から幅広い銘柄で売り注文が優勢だった。

東証株価指数(TOPIX)は10.93ポイント安の1915.65。出来高は約11億1500万株。

6日の米ダウ工業株30種平均は続落した。8月の米非製造業景況指数が堅調で、FRBによる積極的な利上げが続くとの見方が強まった。

7日の東京市場もリスク回避の姿勢を引き継ぎ、平均株価の下げ幅は一時300円を超えた。《共同通信》

【COVID-19】

国内で7日、新たに12万9793人の新型コロナウイルス感染者が報告された。1週間前から約4万人減った。内訳は東京1万3568人、大阪9601人、愛知8717人など。死者は東京29人、大阪26人、埼玉18人など計247人が確認された。

厚生労働省によると、重症者は前日から38人減って474人だった。

過去に公表した感染者について、群馬や熊本などで取り下げがあった。

政府は7日、新型コロナウイルスの水際対策を緩和した。日本人帰国者を含む入国者数上限を1日当たり2万人から5万人に引き上げ、観光客の受け入れ対象を102の国・地域としていた制限もなくした。岸田文雄首相は国内での発症者の療養期間短縮などコロナとの共存に本腰を入れるための方策を相次ぎ表明しており、観光面でも訪日外国人旅行者の回復を図る狙いだ。

ただ、ビザ取得の義務づけなど制約は残る。コロナ禍前に最も多かった中国人客も当面の回復は見通せず、今回の緩和でも訪日客の大幅増にはつながらないとの見方が強い。インバウンド(訪日客)消費など経済効果は限定的になりそうだ。《共同通信》

【台湾】米仏議員団が訪問

台湾外交部(外務省)は7日、米国のステファニー・マーフィー下院議員(民主党)率いる超党派の米議員団が同日夜、台湾北部・桃園国際空港に到着したと発表し「心からの歓迎」を表明した。8月以降、ペロシ米下院議長を含め米議員の訪台は4回目。9日まで滞在し、蔡英文総統と会談する。

また、台湾の総統府報道官は7日、フランスのシリル・ペルバ上院議員率いる議員団も同日台湾入りしたと明らかにし「心からの歓迎」を表明した。頼清徳副総統が8日に総統府で議員団と会談し、科学技術やサプライチェーン(供給網)の分野での協力や、インド太平洋地域情勢に関し意見交換するとした。《共同通信》

【ウクライナ侵攻】東部の集落奪還

ウクライナのゼレンスキー大統領は7日の演説で、東部ハリコフ州の複数の集落を奪還したと表明した。米シンクタンク、戦争研究所は7日発表の分析で、ロシア軍が部隊を東部から南部に移しており、兵力が手薄になったことに乗じて、ウクライナ軍が戦果を上げているとの見方を示した。

また、米CNNテレビは7日、ウクライナ軍が年内の南部ヘルソン州奪還に向け、作戦を進めていると報道。ザルジニー総司令官は同国メディアに寄稿し、南部クリミア半島のロシア軍航空基地で8月に起きた爆発は、ウクライナ軍がミサイル攻撃した結果だと初めて認めた。《共同通信》

【MLB】

米大リーグは7日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアナハイムでのタイガース戦に「3番・指名打者」でフル出場し、3―3の七回に右中間へ2試合ぶりの33号ソロを放った。5打数1安打1打点だった。試合は4―5で負けた。

カブスの鈴木はレッズ戦に「2番・右翼」で出場し、4打数1安打。試合は1―7で敗れた。

パドレスのダルビッシュはダイヤモンドバックス戦に先発して6回0/3を投げ、ソロ本塁打3本を含む5安打3失点で13勝目(7敗)を挙げた。チームは6―3で勝った。《共同通信》



9月7日 その日のできごと(何の日)