令和1187日目

2022/07/31

この日のできごと(何の日)

【ゴルフ・古江彩佳選手】米女子ツアー初優勝

米、欧州ツアー共催の女子ゴルフ、スコットランド・オープンは31日、英ゲイレスのダンドナルド・リンクス(パー72)で最終ラウンドが行われ、首位と4打差の9位から出た古江彩佳が10バーディーを奪って62で回り、通算21アンダーの267で逆転優勝した。米ツアー本格参戦1年目で初勝利。

同じく9位スタートの畑岡奈紗は68をマークし、通算15アンダーで7位。笹生優花は66で回り、9アンダーで24位だった。第3ラウンドまで首位のセリーヌ・ブティエ(フランス)が3打差の2位となった。《共同通信》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【プロ野球・31日】

ソ4―2西

ソフトバンクが連敗を4で止めた。0―1の二回に柳町の適時打、黒瀬の犠飛で逆転し、四回にはグラシアルのソロなどで2点を加えた。和田は5回7安打1失点で3勝目、モイネロが15セーブ目を挙げた。西武はエンスが乱れた。

ロ2―5オ

オリックスが5連勝を飾った。0―2の三回に中川圭の適時二塁打など3点を奪い逆転。五回に紅林の適時打、八回は若月の2号ソロで加点した。田嶋が8回2失点で7勝目、比嘉が今季初セーブ。ロッテは4連敗で勝率5割を切った。

楽10―5日

楽天が2―5の七回に6点を奪って逆転勝ち。岡島の1号ソロ、島内の2点三塁打、辰己、茂木の連続適時打と打線がつながった。八回にも鈴木大の適時打でダメ押し。3番手の石橋が2勝目を挙げた。日本ハムは宮西が乱調だった。

神2―4ヤ

ヤクルトが逆転勝ちで3連敗を阻止。0―2から村上が七、九回とソロ本塁打を放って追い付き、延長十一回に3打席連発となる37号2ランで勝ち越した。6番手の田口が今季初勝利。阪神は継投が裏目に出て、連勝が5で止まった。

広5―6中

中日が4月以来となる同一カード3連勝。1点を追う八回にビシエドの2点適時打、木下の適時二塁打で逆転した。4番手の福に2勝目がつき、R・マルティネスが23セーブ目。打線が粘った広島は森浦がつかまり4連敗となった。《共同通信》

【J1】

明治安田J1第23節最終日(31日・IAIスタジアム日本平=1試合)清水が鳥栖と3―3で引き分けた。終盤に1―3とされたが、ラピッド・ウィーン(オーストリア)から復帰した北川らのゴールで追い付いた。勝ち点21で神戸と並んだが、得失点差で最下位。9位の鳥栖は同29。《共同通信》

【ゴルフ】

楽天スーパー・レディース最終日(31日・兵庫県東急グランドオークGC=6616ヤード、パー72)首位で出た勝みなみが1バーディー、ボギーなしにまとめ、通算22アンダーの266で今季初勝利、ツアー7勝目を挙げた。4日間72ホール競技でボギーなしの優勝は記録が残る1990年以降初。優勝賞金は1800万円。

5打差の2位は稲見萌寧。3位に小祝さくららが続いた。昨年優勝の吉田優利は6位、前週優勝の菊地絵理香は21位だった。(出場61選手、曇り時々晴れ、気温30.1度、西南西の風2.0メートル、観衆2105人)《共同通信》

【F1】

自動車のF1シリーズ第13戦、ハンガリー・グランプリ(GP)は31日、ハンガリーのモジョロードで決勝が行われ、16番手からスタートしたアルファタウリの角田裕毅は19位でゴールした。10番手から出たレッドブルのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が2戦連勝で今季8勝目、通算28勝目を挙げた。

2位にルイス・ハミルトン、3位にジョージ・ラッセル(ともに英国)とメルセデス勢が続いた。(共同)《共同通信》

【COVID-19】国内新規感染19万7792人

国内で31日、新たに19万7792人の新型コロナウイルス感染者が確認された。5日ぶりに20万人を下回ったが日曜としては過去最多となった。茨城、埼玉、滋賀、香川の4県で最多を更新するなど、オミクロン株派生型BA・5による流行「第7波」の拡大が続いている。

感染者の内訳は東京3万1541人、大阪1万6473人、神奈川1万5088人など。

死者は東京8人、愛知や大阪、熊本で各6人など計83人が確認された。厚生労働省によると重症者は427人で、前日から24人増えた。 東京や福岡などで過去に公表された感染者の取り下げがあった。《共同通信》

【台湾・蔡英文総統】日台関係「史上最も友好」

2020年7月30日に死去した台湾の李登輝元総統が生前に主宰した李登輝基金会は31日、台北で日台断交50年に際したフォーラムを開催した。出席した蔡英文総統は「台日関係は史上最も友好的だ」と述べ、日本と経済や文化など多方面で関係を強化していく意欲を表明した。

蔡氏は「李元総統は『台湾と日本はアジアで最も民主化した国家で、運命共同体だ』と述べた」と指摘。李氏が、死去した安倍晋三元首相と関係が深かったことにも言及した。

また日本政府などが近年、台湾海峡の平和と安定の重要性に繰り返し言及していることに謝意を表明した。《共同通信》

【岸田文雄首相】NPT初演説へ訪米

岸田文雄首相は31日夕、米ニューヨークで開かれる核拡散防止条約(NPT)再検討会議に出席するため、政府専用機で羽田空港を出発した。同会議に日本の首相として出席するのは初めてで、国際社会に核兵器不使用の継続を呼びかける演説に臨む。核保有国に対し、情報開示による核戦力の透明性向上も求める意向だ。

再検討会議は、ウクライナに侵攻したロシアが核の威嚇を繰り返す中での開催となる。核兵器保有国と非保有国の「橋渡し役」を目指す首相の出席が、会議成功の一助となるかが焦点。2015年の前回会議は、最終文書を採択できずに決裂している。《共同通信》

【ミャンマー】非常事態宣言6カ月延長

ミャンマー国軍は31日夜の国営放送で、クーデターに伴って発令した非常事態宣言を、来年2月1日まで6カ月延長すると発表した。引き続き司法、立法、行政の全ての権限を国軍トップのミンアウンフライン総司令官が握ることが確定的となった。

非常事態宣言は国軍がクーデターを強行した2021年2月1日に1年間の期限で発令されたが、国軍は今年1月、半年間の延長を承認した。

現行憲法は宣言の期間を原則1年とし、最長2年までの延長を認めている。その後は6カ月以内に総選挙を実施すると規定しており、国軍は23年8月1日までに総選挙を行う必要がある。《共同通信》

【ウクライナ侵攻】

砲撃で穀物企業トップ死亡

ウクライナ南部ミコライウで7月31日、激しい砲撃があり、地元メディアなどによると、穀物売買の分野で大きな影響力のある企業トップが巻き込まれて死亡した。ウクライナ側は「意図的に狙った」とロシアを非難した。

死亡したのは大手穀物関連企業「ニブロン」のオーナー、オレクシー・ワダトゥルスキー氏。自宅で妻とともに砲撃を受けたという。

ミコライウ州は穀物輸出の主要港があるオデッサ州に隣接。ニブロンは穀物大国として知られるウクライナで、生産や物流などを支える中核企業として発展してきた。《共同通信》

キーウ近郊、ロシア軍拷問の遺体

ウクライナのネビトフ・キーウ州警察長官は7月31日、首都キーウ近郊の村でロシア軍の拷問を受け殺害された男性1人の遺体を発見したと通信アプリで発表した。近郊を一時占領したロシア軍は4月初旬までに撤退したが、州内の約300人が依然として行方不明という。

遺体は手を縛られ、首にもひもと金具があり、ネビトフ氏は「戦争犯罪の証拠だ」と強調した。

ウクライナ当局は戦争犯罪の捜査を継続。ネビトフ氏は既に発見された遺体のうち216人の身元が特定されていないとし、さらにベラルーシで拘束されている人もいると明らかにした。《共同通信》

【MLB】

米大リーグは7月31日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアナハイムでのレンジャーズ戦に「2番・指名打者」でフル出場して2打数2安打、2四球だった。チームは2―5で敗れた。

パイレーツの筒香はフィリーズ戦に「8番・一塁」でフル出場し、九回に左前適時打を放って4打数1安打1打点だった。チームは2―8で敗れ、7連敗。

カブスの鈴木はジャイアンツ戦に「4番・右翼」でフル出場し、4打数1安打だった。チームは0―4で負けた。《共同通信》

【フィデル・ラモスさん】死去

フィリピンのメディアによると、1992〜98年に同国大統領を務めたフィデル・ラモス氏が31日死去した。94歳。86年の「ピープルパワー(民衆の力)政変」で、軍の参謀総長代行を務めながらも当時のエンリレ国防相と共にマルコス大統領(父)に反旗を翻し、政権崩壊に主導的役割を果たした。

28年、北部ルソン島パンガシナン州リンガエン生まれ。米陸軍士官学校を卒業後、フィリピン軍に入り、朝鮮戦争、ベトナム戦争に参加。軍で頭角を現し、マルコス氏が長期独裁政権を敷いていた81年に参謀次長に就任した。《共同通信》



7月31日 その日のできごと(何の日)