令和616日目

2021/01/05

【豊洲市場・初競り】大間産マグロ、2084万円

東京都江東区の豊洲市場で5日、今年最初の取引となる「初競り」が開かれた。例年注目されるマグロは208.4キロの青森県大間産クロマグロがこの日最高値の2084万円で競り落とされた。

昨年、一昨年のような億単位の値は付かなかったが、都によると、統計のある1999年以来7番目の高値となった。落札したのは仲卸の「やま幸」。山口幸隆社長は記者団の取材に「妥当な初値。ネガティブなニュースが多い中、いい結果で終わった。いいマグロだと思う」と語った。東京などですし店「銀座おのでら」を運営する企業に提供するという。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【日経平均終値】2万7158円63銭

5日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。新型コロナウイルスの国内感染状況が深刻化し、売り注文が優勢となった。終値は前日比99円75銭安の2万7158円63銭。新年最初の取引だった4日終値も185円安で、年始から続落したのは5年ぶり。2021年はコロナ不安を背景にさえない滑り出しとなった。

5日の平均株価終値は昨年12月28日以来の安値を付けた。東証株価指数(TOPIX)も続落し、3.37ポイント安の1791.22。出来高は約9億8900万株だった。《共同通信》

【COVID-19】

国内新規感染4915人

国内の新型コロナウイルスの感染者は5日、新たに全47都道府県と空港検疫で計4915人が確認され、過去最多となった。神奈川、千葉、埼玉など10県で過去最多を更新。死者は18都道府県で計76人となり、これまでで最も多かった。厚生労働省によると、重症者は前日より40人増え771人だった。

東京都の新規感染者は1278人で、先月31日(1337人)に次いで2番目に多かった。重症者は前日から3人増の111人で過去最多となり、入院患者は3025人で初めて3000人を超えた。

都によると、計14人の死亡が確認された。うち2人は自宅から救急搬送され、死亡が確認された後に感染が判明した。また、銭湯で倒れて死亡した後に感染がわかった男性もいた。

感染経路別では、家庭内は244人、会食は49人で、ともに過去最多となった。全体の69%に当たる881人は感染経路が特定できなかったという。

大阪府では、394人の新規感染者が確認された。300人を超えるのは、今年初めて。重症者数は161人となり、50歳代〜90歳代の男女7人が亡くなった。《読売新聞》

首都圏は感染爆発相当

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は5日、「埼玉、千葉、東京、神奈川の首都圏では、既にステージ4(爆発的感染拡大)に相当する対策が必要な段階に達している」として、行政機関や大企業での極力7割のテレワーク実施やイベント開催要件の強化などを求める緊急提言を発表した。

分科会の尾身茂会長は記者会見で、首都圏を中心に感染拡大が続いており「緊急事態宣言を発出すべき時期が来ている」と述べた。

また「緊急事態宣言で感染が下火になる保証はない。1〜2週間の単位では無理だ。必要ならさらに強い対策もあり得る」と強調した。《共同通信》

9都府県「ステージ4」

厚生労働省は5日、新型コロナウイルス患者向けの病床使用率(昨年12月30日時点)を公表した。政府の対策分科会がステージ3(感染急増)の指標とする「確保病床の25%以上」は28都道府県となった。また感染ピーク時の想定病床数などを基にしたステージ4(爆発的感染拡大)の目安にも達していたのは群馬、埼玉、東京、愛知、滋賀、大阪、兵庫、奈良、広島の9都府県だった。

無症状や軽症の感染者増加を背景に、12月30日時点の自宅療養者は前週より3559人増え、1万3083人となった。《共同通信》

【秋田県】大雪で陸自災害派遣要請

秋田県の佐竹敬久知事は5日、横手市で記録的な大雪となっているとして、除雪支援のため陸上自衛隊に災害派遣を要請した。陸自秋田駐屯地は6日早朝から隊員約100人を派遣し、倒壊の恐れのある高齢者宅や木造の小学校校舎などでの除排雪を担う。

秋田地方気象台によると、県南部にある横手市では5日午後6時時点で、平年の4倍を超える170センチの積雪を観測。隣接する湯沢市でも154センチを記録している。

県によると、県内では除雪中の事故が相次ぐほか、道路脇の雪崩も起きており、今季は5日夕までに横手市の2人を含む計5人の死者、80人超の負傷者が判明している。《共同通信》

【板野友美さん、高橋奎二投手】ご結婚

アイドルグループ「AKB48」の元メンバーで歌手の板野友美さん(29)とプロ野球ヤクルトの高橋奎二投手(23)が5日、結婚した。

板野さんの所属事務所などによると、2人は既に同居している。板野さんはグループの中心メンバーとして「ともちん」の愛称で親しまれた。高橋投手は龍谷大平安高を経てヤクルト入り。速球左腕として活躍している。《共同通信》

【ラグビー・全国高校大会】第6日

ラグビー・全国高校大会第6日(5日・大阪花園)――準決勝が行われ、初優勝を目指す京都成章(京都)と、2大会連続3度目の頂点を狙う桐蔭学園(神奈川)が決勝に進んだ。京都成章は東福岡(福岡第1)との接戦を制し、初の決勝進出。桐蔭学園は後半に大阪朝鮮(大阪第2)を突き放し、3大会連続で決勝に進んだ。決勝は9日午後2時5分から行われる。《読売新聞》

【サッカー・全国高校選手権】第4日

サッカーの全国高校選手権第4日は5日、東京・駒沢陸上競技場などで準々決勝が行われ、前回準優勝の青森山田や11大会ぶりの優勝を目指す山梨学院が準決勝に進んだ。矢板中央(栃木)帝京長岡(新潟)は2大会連続で4強入りした。

2大会ぶりの頂点を狙う青森山田は堀越(東京A)に4―0で大勝。山梨学院は昌平(埼玉)に1―0で競り勝った。矢板中央は小川らのゴールで富山第一に2―0で快勝し、帝京長岡は市船橋(千葉)を2―1で振り切った。

山梨学院―帝京長岡、矢板中央―青森山田の準決勝は9日に埼玉スタジアムで行われる。《共同通信》

【座間9人殺害事件】白石被告の死刑確定

神奈川県座間市のアパートで2017年、SNSなどで知り合った男女9人を殺害したとして、強盗・強制性交殺人罪などに問われた白石隆浩被告(30)に対し、求刑通り死刑を言い渡した1審・東京地裁立川支部の裁判員裁判判決が5日に確定した。同支部が同日午後、明らかにした。

判決は先月15日で、4日が控訴期限だった。弁護側は先月18日、判決を不服として控訴したが、被告が同21日に取り下げた。検察側は控訴せず、期限が経過した5日午前0時に確定した。

主任弁護人を務めた大森顕弁護士は「高裁で審理されるべきだと考えていたので残念だ」とコメント。一方、4日の接見で被告から「取り下げを後悔しない」と聞かされたとも明かし、取り下げの無効を求める申し立てはしないと説明した。

判決によると、被告は17年8〜10月、自宅アパートで男女9人(当時15〜26歳)を殺害して現金を奪い、遺体を遺棄するなどした。《読売新聞》



1月5日 その日のできごと(何の日)