2018 平成30年4月24日(火)のできごと(何の日)

平成10699日目

平成30年4月24日(火)

2018/04/24

【福田淳一財務事務次官】辞任

政府は24日の閣議で、セクハラ疑惑が報じられた福田淳一財務事務次官の辞任を正式に決めた。セクハラ調査を継続するとして、懲戒処分を見送った上で、退職金の支払いは留保した。今後の調査で減給などの処分に相当する事実が認められた場合は、約5300万円とされる退職金を減額する。

次官を辞任し財務省を退職した時点で福田氏は処分対象から外れるため、野党は辞任前の処分を財務省に要求していた。野党は処分なしでの辞任に強く反発、麻生太郎財務相の責任をさらに追及し、辞任要求を強める構えだ。

財務事務次官が不祥事で途中辞任するのは、旧大蔵省の当時の小村武次官が更迭されて以来。《共同通信》




【野党】審議拒否を継続

安倍晋三首相は24日、公明党の山口那津男代表と官邸で会談し、女性記者へのセクハラ問題で財務省の福田淳一事務次官が辞任したことを陳謝した。野党は麻生太郎副総理兼財務相の辞任を求め、24日も衆院本会議を欠席するなど審議拒否を続けた。与党は26日に衆参両院で予算委員会の集中審議を野党が欠席しても開く方針で、与野党の対立は膠着状態が続いている。

首相は山口氏との党首会談で、福田氏辞任について「政府の信頼を損なっていることは大変申し訳ない。しっかり立て直すように政府として誠意を持って取り組みたい」と述べた。山口氏は「政府には一日も早く信頼回復と態勢の立て直しをお願いしたい」と求めた。

一方、立憲民主党の辻元清美国対委員長は記者団に、財務省をめぐる一連の不祥事について「政治家が誰も責任を取らないことは許されない。麻生氏は自身で出処進退をよく考えてもらいたい」と批判した。

立憲民主や希望などの6野党の国対委員長は24日の会談で、麻生氏の辞任要求などに対する与党側の十分な回答が得られていないとして、25日以降も国会審議に応じない方針を確認した。《産経新聞》

【防衛省】3等空佐暴言で中間報告

防衛省統合幕僚監部の3等空佐が民進党の小西洋之参院議員に暴言を吐いた問題で、防衛省は24日、調査の中間報告として、3佐が自衛官と名乗り「国のために働け」「ばかなのか」「国益を損なう」などと発言したとする本人の説明内容を明らかにした。自衛隊法の品位を保つ義務などに反するとの指摘があり、シビリアンコントロール(文民統制)の観点からも批判が強まりそうだ。小西氏は「おまえは国民の敵だ」と言われたとしたが、3佐はこの発言内容を否定している。

防衛省によると、3佐は16日午後8時半ごろ、国会議事堂周辺をジョギング。議員会館前の歩道で小西氏と遭遇し、発言した。《共同通信》

【民進党・小西洋之参院議員】防衛省調査を批判

防衛省統合幕僚監部の3等空佐から暴言を浴びた民進党の小西洋之参院議員は24日、同省が公表した調査の中間報告を「事実に反する点が多々ある。客観的な証拠に基づいていない」と批判した。小西氏は3佐が「国民の敵」と発言したと主張しているが、防衛省は否定。この点について「発言を明確に記憶している。(防衛省の)組織的な隠蔽ではないかと疑念を持っている」と反論した。東京都内で記者団の取材に応じた。

小西氏によると、16日夜、3佐から「国民の敵だ」との発言を受けた際、「シビリアンコントロールが根底からひっくり返る話だ」として現場から同省の豊田硬事務次官に電話で連絡した。《共同通信》

4月24日/のできごと

シェアする

フォローする