平成10676日目

2018/04/01

【大阪メトロ】出発進行

大阪市営地下鉄・バスが1日、民営化した。

市100%出資の新会社「大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)」が地下鉄事業を引き継ぎ、年9億人が利用する関西最大級の鉄道会社が誕生した。全国に九つある公営地下鉄で民営化は初めて。バスも同社の子会社「大阪シティバス」に引き継がれた。

午前5時前、地下鉄御堂筋線なかもず駅(堺市)で出発式が開かれ、パナソニック元専務の河井英明社長が「安全安心を大事にしながら、社員一丸で取り組む」と決意を語り、関係者がテープカット。駅長の合図で始発電車が出発した。

市営地下鉄は1933年、御堂筋線梅田―心斎橋間で開業した国内最古の公営地下鉄で、現在はニュートラムを含む9路線で営業する。《読売新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【加山雄三さん】船が炎上

1日午後9時25分ごろ、静岡県西伊豆町の港で「船が燃えている」と119番があった。船は、俳優で歌手の加山雄三さんが事実上のオーナーとして知られるプレジャーボート「光進丸」(104トン)で港に係留されていた。所属事務所などによると、加山さんは沖縄県でのコンサートに出演しており無事という。

下田海上保安部や下田署によると、現場は安良里漁港。港中央の沖に係留されていたのは光進丸1隻で、けが人の情報は入っていない。光進丸は今年に入って一度も出航していないという。

加山さんの公式ホームページなどによると、加山さんは同日夜、沖縄県宜野湾市でコンサートに出演していた。《共同通信》

【坂口憲二さん】芸能活動を休止

俳優の坂口憲二さん(42)が、体調不良を理由に芸能活動を休止することが、1日分かった。

所属事務所を通して坂口さんが書面を公表した。坂口さんの書面によると、国が難病に指定している「特発性大腿骨頭壊死症」にかかっており、治療に専念するため活動休止を決断したという。5月末に所属事務所も退社する予定。

特発性大腿骨頭壊死症は、股関節に組み込まれた骨の一部が、血流の低下によって壊死し、激しい痛みが出る場合がある。《読売新聞》

【東京都】子どもいる家や車内は禁煙に

18歳未満の子どもがいる家庭の室内や自動車内でたばこを吸わないよう求める、東京都の「子どもを受動喫煙から守る条例」が1日、施行された。罰則はない。家庭などの私的空間の喫煙を規制する全国初の条例として昨年10月成立した。

条例は「子どもは自らの意思で受動喫煙を避けることが困難で、保護の必要性が高い」として、たばこの煙から守ることが都民の責務と記載。喫煙者は学校周辺の路上や公園で、子どもが煙にさらされないよう努めなければならないとした。

保護者には受動喫煙の防止措置がされていない飲食店などに子どもを立ち入らせないよう求めた。東京を訪れた都外の人も対象になる。《共同通信》

【民進党】全国幹事会で新党結成を了承

民進党は1日、地方組織幹部を集めた全国幹事会を党本部で開き、大塚耕平代表が表明した民進党出身者による新党結成構想について全会一致で了承を得た。大塚氏は終了後、記者団に、立憲民主党の枝野幸男、希望の党の玉木雄一郎両代表に対して会談を呼びかける考えを示し、自由党の小沢一郎代表についても「呼びかける方向で考えている」と述べた。

全国幹事会で、大塚氏は「統一地方選まで1年前という局面こそ、皆さんに了解をいただくタイミングだと判断した」と述べ、新党に理解を求めた。「新党がすぐに国民に受け入れられ支持率が上がるという甘い考えは持っていない」とも語り、国会論戦を通じ支持を広げる姿勢を示した。《産経新聞》

【亀井静香氏】安倍晋三首相を批判する司会者に「ゲスの勘ぐりだ」

「そんなのはゲスの勘ぐりだ」

亀井静香元金融担当相は1日、東京MXテレビの番組に出演し、財務省決裁文書改竄(かいざん)問題について「改竄は役人のせいなのか」などと質問して安倍晋三首相の責任を追及しようとする司会者に不快感を示した。

亀井氏は「役人が自分の責任、省の責任でやったと答弁した。いちいち事前に首相に伺いを立てることは絶対ない」と述べた。

その上で「(役人が)答弁ができていない場合には閣僚を代えればいい。麻生(太郎副総理兼財務相)だって務まらんと思えばクビにすればいい。それが首相たるものだ」と語った。

また、3月23日に首相官邸で安倍首相と面会したときの話に触れ、米国の鉄鋼・アルミの輸入制限措置を念頭に「今がトランプ米大統領と正面からケンカするときだ」と助言し、首相は「分かっている」と応じたと紹介した。《産経新聞》

【安倍晋三首相】桜を見ながら代々木公園へ

安倍晋三首相は1日昼、東京・富ケ谷の私邸周辺を約1時間散歩し、途中で立ち寄った代々木公園で桜を観賞した。私邸に戻ると「一瞬、お花見気分を味わえた。非常ににぎわいがあってよかった」と記者団に述べた。

森友学園に関する財務省決裁文書改竄問題で厳しい国会運営が続く中、気分転換となったようだ。

この日は暖かい陽気で絶好の花見日和。首相は途中で着ていたセーターを脱ぎ、肩に掛ける場面も見られた。公園内では花見客から「頑張ってください」などと声を掛けられ、写真撮影や握手にも応じた。《産経新聞》

【エンゼルス・大谷翔平選手】メジャー初登板、初勝利

Embed from Getty Images

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は1日、敵地オークランドで行われたアスレチックス戦に先発し、メジャー初登板で初勝利を上げた。チームは7-4でアスレチックスを下した。

大谷は2-0でリードの二回に3点本塁打を浴びて逆転を許したものの、エンゼルス打線が五回に再逆転。七回にも加点し、大谷を援護した。救援陣がアスレチックス打線の反撃をしのぎ、逃げ切った。

大谷は、六回を3失点、6三振で勝利投手の権利を得て降板した。《産経新聞》



4月1日 その日のできごと(何の日)