平成10677日目

2018/04/02

【陸上自衛隊】イラク派遣時の日報「存在」

小野寺五典防衛相は2日、陸上自衛隊のイラク派遣に関し、政府が野党側の資料要求に「存在しない」としてきた部隊の日報が見つかったと発表した。2004~06年の延べ376日分、約1万4千ページに上る。南スーダン国連平和維持活動(PKO)陸自部隊の日報問題や学校法人「森友学園」を巡る財務省の決裁文書改ざんなどに続き、また公文書のずさん管理が発覚し、野党は隠蔽との批判を強めている。


https://www.youtube.com/

小野寺氏は記載内容の確認などをした上で今月半ばをめどに資料要求のあった国会議員に日報を提出する意向を示し、「国会での質問に適切に対応できなかったのは申し訳なかった」と述べた。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【衆院議員】資産平均2917万円

昨年10月の衆院選で当選した衆院議員の資産報告書が2日、国会議員資産公開法に基づき公開された。共同通信の集計では、株式を除く預貯金などの金融資産と土地、建物を合わせた資産総額の平均は2917万円だった。前回2015年5月の公開時より546万円減り、1993年の法施行による初公開以降、過去最低となった。資産上位6位まで自民党が占め、トップは神山佐市氏の9億3071万円だった。

資産総額30億6520万円で前回トップだった故鳩山邦夫元総務相(自民党)の死去が、平均を約660万円引き下げた計算となり、減少の主な要因となった形だ。《共同通信》

【加山雄三さん】愛船炎上で会見


https://www.youtube.com/

静岡県西伊豆町の港で火災が起きたプレジャーボート「光進丸」の事実上のオーナーの俳優で歌手の加山雄三さん(80)が2日、羽田空港で記者会見し「多くのご心配とご迷惑を掛け、心からおわび申し上げる」と謝罪した。

出火当日に船内でエアコンなどの点検が行われていたことが、下田署への取材で判明。同署は出火との関連の有無を調べる。

加山さんによると、沖縄県宜野湾市で1日夜、コンサートの出演を終え、打ち上げの際に火災を知らされた。原因に心当たりはないという。自ら船の設計に携わったといい「あの船からたくさんの曲が生まれた。長い間の相棒がこんな形で消えていくのは本当につらい」とうつむいた。《産経新聞》

【将棋大賞】最優秀棋士賞に羽生善治棋聖

平成29年度に最も活躍した棋士を表彰する第45回将棋大賞選考委員会が2日、東京都内で開かれ、最優秀棋士賞に史上初の「永世七冠」を達成した羽生善治棋聖(47)=竜王=が選ばれた。2年ぶり22回目。最多29連勝を達成した最年少プロの藤井聡太六段(15)は最優秀同等の特別賞を受賞した。

羽生棋聖は昨年、竜王を奪取して7つ目の永世称号を獲得した。羽生棋聖は「山あり谷ありの1年でしたが、このように評価をしていただき、とても名誉に感じています。昨今の将棋界は尋常ではないスピードで変化を続けているので、これを励みにフットワーク軽く前進を続けたいと思います」とコメントした。《共同通信》

【福岡市】「パートナー制度」開始

福岡市は2日、性的少数者(LGBT)のカップルを公的に認定する「パートナーシップ宣誓制度」の受け付けを始め、高島宗一郎市長が市役所で、同居する市内の戸籍上の女性カップルに最初の宣誓書受領証を手渡した。制度導入は全国7自治体目で、九州では初めて。

第1号となったのは、LGBT支援団体代表で男性として生活する石崎杏理さん(33)と、パートナーの会社員山下みほさん(27)。石崎さんは「互いに家族と思って生活してきたが、社会的にも祝福された気持ちでうれしい」と話した。

カップルが宣誓書に署名し、福岡市が受領証を交付する。《共同通信》

【J1・浦和】堀孝史監督を解任

J1浦和は2日、堀孝史監督(50)を解任したと発表した。チームは1日の磐田戦に1-2で敗れるなど、今季5試合を終えて2分け3敗の未勝利と不振だった。育成ダイレクター兼ユース監督の大槻毅氏(45)が暫定的に指揮を執る。

堀監督は2017年7月末にペトロビッチ監督の後を受けて就任。チームを10年ぶりのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)制覇に導いた。

クラブを通じ「こういう状況にしてしまったということを本当に申し訳なく思う。新しい体制になってクラブが前に進んでいけるようになってほしい」などとコメントした。《産経新聞》



4月2日 その日のできごと(何の日)