2017 平成29年6月8日(木)

平成10379日目

2017/06/08

【プロ野球・巨人】13失点、13連敗

巨人は8日、メットライフドームで行われた交流戦の西武3回戦に2―13で敗れ、球団ワースト記録を更新する13連敗を喫した。プロ野球記録は1998年にロッテが喫した18連敗で、セ・リーグ記録は70年のヤクルトの16連敗。

巨人は先発したドラフト4位ルーキーの池田が一回に3連打で1点を先制され、三回は1死満塁から栗山、メヒアの連続適時打の後に外崎に満塁本塁打を許した。《共同通信》




【楽天・則本昂大投手】8試合連続2桁奪三振

楽天の則本昂大投手(26)は8日、Koboパーク宮城で行われた交流戦のDeNA3回戦で、八回に筒香から見逃しでこの試合10個目の三振を奪い、8試合連続2桁奪三振として自身の持つプロ野球記録を更新した。

米大リーグ記録はレッドソックスのペドロ・マルティネスとクリス・セールが持つ8試合連続。

則本は滋賀・八幡商高から三重中京大を経て2013年にドラフト2位で楽天入り。14年から3年連続で奪三振王に輝いた。《産経新聞》

【ボクシング・村田諒太選手】現役続行を表明

世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦で不可解な判定負けを喫したロンドン五輪金メダリストの村田諒太(31)=帝拳=が8日、東京都内の所属ジムで記者会見し「得られなかったベルトを取りにいくために尽力したい」と現役続行し、再び世界王座を目指すことを表明した。

5月20日のアッサン・エンダム(フランス)戦では4回にダウンを奪いながらも、1-2と小差の判定で敗北。採点結果は物議を醸し、WBAの会長が再戦指示を出した。今後について、帝拳プロモーションの浜田剛史代表は「白紙。相手があることなのでどの方向性、どの団体はこれからの話」と説明した。《産経新聞》

6月8日/のできごと

シェアする

フォローする